最新閲覧日:

産業用途で要求される性質としての、「耐熱」の意味を教えて下さい

A 回答 (4件)

「熱がかかっても耐えられる」という意味です。

っといったら元も子もないですか?(笑)
一般的にプラスチックの容器などに記載されている「耐熱温度」というのはその温度以下では柔らかくなったりせず本来の機能を失わないことを意味しています。
曖昧な意味で耐熱性に優れるという場合には、同じような用途に使われるものと比較して高い温度でも機能を損なわず(軟らかくなったり割れたり特性が変化したりしない)に使用可能という意味でも使われます。
何度の温度でどのくらい長時間耐えられるかは用途によって指標は違います。
    • good
    • 0

指定された温度(高温)に於いて、その機能を失わないこと。


もしくは、その物が変質しないこと。
    • good
    • 0

いろいろな意味で使われることがありますが。



部品なんかでは、その温度で使用可能かどうかが問題になります。
たとえば、プラスティックなどではその温度でやわらかくなって変形しては使えませんから。

機能性の耐熱温度などもあります。
センサーなどで、使用温度で正確な値が出ないようでは問題になります。
たとえば磁石などは温度特性をもっており、温度によって磁力強度が出なければ使い物になりません。
    • good
    • 0

私の職業では高熱のでる機械の電気配線をする時電線がやけないように


耐熱の材質の中に電線を入れて保護します。いつも使用している物でわ
 テフロンチュウブです。直火であぶっても燃えないというものだった
と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/27 17:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ