女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

古典落語では、大家が次の台詞をよく述べます。
「私は、三十六軒の長屋を預かっている」
噺の雰囲気では、私は三十六軒もの長屋を預かっており、偉いのだぞ、という感じです。

ところで、三十六軒の長屋とは、どういう意味なのですか?
1、三十六計逃げるが勝ち、とういうように、口調が良くかつ多い、ということですか?
2、あるいは、構造上や制度上、長屋は三十六軒の場合が多い、のですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
教えていただいた引用によると
<中央の狭い路地を挟んで左右に18軒ずつの36軒と云うのが、よくある長屋のワンユニットです。>
ですね。
ワンユニットなのですね。

お礼日時:2013/07/01 07:59

落語が大好きな者です。


三十六という数に意味があるか、というお尋ねですね。
落語を聞いている時には全く気にしなかったのですが、改まって聞かれると気になって仕方ありません。netや手持ちの本を調べてみたのですが、結論としては「わかりません」。
まず「三十六軒」か「三十六間」ですが「軒」です。
「三十六間」の長屋といえば何軒あるのかわかりません。そしてこの言葉が出てくる噺を調べてみると、
おなじみの「長屋の花見」には「長屋三十六軒揃っ てちょいと来いって・・」「長屋三十六軒揃って戸がないんですよ」と2回でてくる。「さんま火事」には「長屋三十六軒秋刀魚を焼いて・・」。「夏どろ」では「大きな声で泥棒と呶鳴どなれば長屋三十六軒残らず出て来る」。などなど・・・。「間」では意味が通じない。
どうやら「たくさん」の意味で使っているようです。「たくさん」なら30でも40でもよさそうなんですが、なぜか36。
「崇徳院」には長屋の軒数ではないが「湯屋を十八軒、床屋を三十六軒・・」とここにも三十六。
さらに三十六が付く言葉で、「三十六歌仙」「東山三十六峰」「富嶽三十六景」などがある。何らかの故事があるように思われますが、見つけられません。

江戸の町割から見た長屋の図があったのでリンクを貼っておきます。
http://www.ginza-machidukuri.jp/column/column1-3 …
まず60間四方の土地を縦横3等分して9個の小ブロックを作ります。中央を除いた8つのブロックに町屋を作るのですが、奥行きは全部20間ですから江戸では土地の広さを間口の幅で示しました。長さの単位で表示したのです。
通りに面した所に店を作り、その奥に主人の居宅を作るのが一般的です。これでも奥行きは半分程度で十分なので、奥の空地に長屋を作ったわけです。

なお「大家さん」には土地・建物を所有している場合と、管理だけを委託されている「差配人」とがいました。お尋ねの大家さんは「・・預かっている」ですから後者ですね。
どっちの大家さんでももし店子が犯罪を犯すようなら責任を問われるので入居者の選択には注意したのです。身元がはっきりしない人の入居はお断りでした。偉そうにすることもある程度必要だったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
綿密な探求には、恐縮いたします。

1、長さの単位である間でなく、家の単位である軒なのですね。
  米朝の貧乏花見には三十六ではないのですが、
  <・・・釜一つ裏ちゅうのは、五十軒長屋があって、御飯炊く釜が一つよりない。・・・」という口演  記録を見つけました。
2、三十六の正確なる故事は不明だが、たくさんを意味しているのですね。
3、江戸の町割はきちんとしているのですね。
4、大家は、店子の責任者として、偉くなければならないのですね。

お礼日時:2013/07/03 22:21

ほかのかたも書いておられますが、けん、は間と書いて、長さの単位です。



とくに、長屋にかぎらず、家の寸法や、窓のおおきさをあらわすときにつ

かいます。お年寄りは、いまでも、わかるひとがおおいと思います。

私は、ピンときませんが、障子2枚くらいが、1間くらいじゃなかったかなと

記憶しています。なので、36間を36軒とまちがえてしまうとだいぶ感覚

をまちがえてしまいますね。ちっちゃい標準サイズのアパートくらいの感覚

では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
けんは、長さの単位、ということですね。
36軒は、
<ちっちゃい標準サイズのアパートくらいの感覚>
ですね。

お礼日時:2013/07/03 08:53

質問とは若干ずれますが、江戸時代の長屋は通り通りで共同体を作って、その長屋の長(おさ)に管理させていました。


便所や井戸端などの管理が出てますが、それ以外に傷病者の看護や身寄りのない年寄りの世話も長屋の人間が共同で行いました。そのための指揮権が長屋の長に与えられていたんです。
よってその台詞の節には住民の生活の管理と面倒をみる責任者なんだと言う意味合いが込められているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
<その台詞の節には住民の生活の管理と面倒をみる責任者なんだと言う意味合いが込められているのでしょう。>
大家が「三十六軒を・・」を述べるとき、責任者という自尊心を発露している、のですね。

お礼日時:2013/07/01 08:35

 江戸の庶民は長屋に住んでいましたが、そのなかでもポピュラーなのが9尺2間といわれる裏長屋でした。

町人地は表通りと横町で区切られ、通りに面して商家や小綺麗な民家が立ち並んでいましたが、その内側には裏長屋が密集していました。
 標準的な町割りは60間ほど、表通りに面した商家の敷地2軒分の奥行きを差し引くと30間ほど残ります。そこに向い合せに間口9尺の長屋を建てると片側18軒、左右合わせて36軒が建つわけです。
 この36軒は行政上の最小単位であり、大家が管理の責任者を兼ねていました。
 もっとも、共同便所や井戸端の敷地が必要なので、18軒が必ずしも連続して建てられていたわけではありません。しかし、36軒がひとつのユニットになっていたのは確かなようです。

 専門家の解説は下記URLで確認できます。
http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/63663555.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
表通りの裏に
<向い合せに間口9尺の長屋を建てると片側18軒、左右合わせて36軒が建つわけです。>
ですね。
<この36軒は行政上の最小単位であり、大家が管理の責任者を兼ねていました。>
ですね。従って、大家は自尊心を持っているのですね。

お礼日時:2013/07/01 08:26

 こんにちは



 質問者様は、落語を本などで読まれているのでしょうか。
それとも耳で聞いておられるのでしょうか。

 「三十六軒」ではなく、「三十六間」です。

 “間”は長さの単位で、畳の長いほうの長さです。
メートル法でいうと

 60÷33=1.8181… メートルです。

 昔の長屋は、幅1.5間(=9尺)のものが多かったそうで、
「三十六間の長屋」とは、横に二十四軒連なった長屋という事
です。

 そう考えれば、それなりの大家さんと言えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
私は、耳で落語を楽しんでいます。
<「三十六軒」ではなく、「三十六間」です。>
ですね。
<横に二十四軒連なった長屋>
ですね。そして、
<それなりの大家さん>
なのですね。

お礼日時:2013/07/01 08:16

その36軒の軒は間違いと思いますよ、だから意味が解からなく成るんじゃないのかな?



ケンは間と思いますよ、大東亜戦の終戦迄使用してた尺貫法の単位で長屋を立てた.統一してた時の単位じゃないですか、今現在使われてる畳なんかも寸.尺法で作られてるし、当然立てる長屋も4畳半とか6畳.8畳とかででその長屋に何間で一家族+何軒で一長屋が標準じゃないですか、いまのジャス規格の様に照準基準が無ければ幾ら江戸時代とかと言え畳の大きさ何かを勝手に決めて生産してたら収集が付かなく成りますからね。

戦後のジャス規格はタダ日本規格を欧州規格に変えただけです、尺貫法をメートル.グラムキロ単位に変えただけです、出ないと欧州にも日本製品等輸出出来ませんからね。

でも今でも国内だけで流通するのは畳の様に尺で生産してるしセンチ.メートルとは使い分けてます。

で米は大東亜戦で勝利した御蔭か知りませんがセンチ.グラム単位に切り替えるチャンスを逃してしまい今現在迄世界標準と違う単位で工業品から容器の単位等を使い続けてますよね?

フットボールの何メーターでは無く何ヤードとか容器の量でも重さの単位迄全部米国だけの使用で、切り替える時に大量の税金を投入しなければ成らないのでそのチャンスを逃してしまいました、現代ではその単位を切り替え何てしようとしたら、1945年当時の何倍の税金を使うか見当が付きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
”軒”ではなく長さの単位である”間”ということですね。
<長屋を立てた.統一してた時の単位>
ですね。説明して頂いたように、当時としてのJIS規格に関わっているのですね。
戦勝国だからこそ、アメリカも変革に乗れない場合もあるのですね。

お礼日時:2013/07/01 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗併用住宅の地震保険について

店舗併用住宅ですが店舗面積の方が住宅面積より大きいのです。
(7:3で店舗面積の方が大きいです)

それでも店舗併用住宅として地震保険を掛けることができますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際住居として使用しているなら、大丈夫です。
単に寝泊りするスペースがあるだけというのはダメです。
ちゃんと電気、水道、ガスなど通っていて、調理や炊事洗濯ができて、お風呂も入れるといったふうに、普通に生活が営める環境が揃っていないと、災害が起こったときにトラブルになることがあります。

Q古典荘園と純粋荘園の違い 今、大学の経済史Iで荘園制をやっています。 そこで、古典荘園と純粋荘園の違

古典荘園と純粋荘園の違い

今、大学の経済史Iで荘園制をやっています。
そこで、古典荘園と純粋荘園の違いがわかりません。
簡単な言葉で教えてください。

Aベストアンサー

http://www.y-history.net/appendix/wh0601-149.html
http://manapedia.jp/text/1469
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n119821

「古典荘園と純粋荘園」は「大学の経済史I」では、どのような説明の中で出てきたのですか。

簡単な言葉で「古典荘園と純粋荘園の違い」がわかると、「大学の経済史I」の理解が進むのでしょうか。

Q江戸時代に、3軒長屋は存在していたのでしょうか

古典落語に、三軒長屋、という大作があります。
長屋の右端に、鳶頭が住んでおり、2階では喧嘩の仲直りが実施されました。
左端には、剣術道場があります。
両隣りに挟まれ、真ん中にはお囲い者が住んでいます。
1DK位の庶民の長屋より、この3戸は大きいと思われます。
この落語では、3軒の長屋で騒動が持ち上がり、その多彩な登場人物を描き分ける噺家の力量が見ものです。

ところで、このような3軒長屋は実在していたのでしょうか?
このくらいの大きさの家なら1戸建てが自然だ、と思います。あるいは、背中合わせの2軒続きの長屋なら、有りそうにも思います。
落語の中だけで、存在していたのでしょうか?

Aベストアンサー

><畳にして37~38枚>
>でしたら、町道場の広さは、まずまずと思います。ただし、
><12~13坪程度>
>でも、十分だったのですか。

門下生の数に対する町道場の規模として、
12~13坪程度が広さとして十分であるかどうか?
ということでしょうか。

大多数の町道場、つまり個人が開いているそれほど
有名ではない流派の場合、そもそもの入門者が少なかったため
稽古をするには12~13坪(37~38畳)程度の広さでで十分
だったという意味です。

藩に抱えられた剣術指南役など名の知れた流派の場合、
門下生が多数集まるため手狭になり拡張が必要になりますし、
資金も潤沢になるため敷地を広く構えることが可能となります。
で、有名なものが「幕末江戸三大道場※」ということになります。

※士学館・玄武館・練兵館

つまり広さが十分or狭いかどうかは門下生の数次第です。

Qなぜ日帝「三十六」年なのか

 合併条約の調印は1910年8月22日ですから、それを基点とすると三十五年弱のはずです。

 朝鮮半島では「三十六」という数に何か特別な意味でもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

基本的には語呂がいいからでしょう。
実際の期間は、満35年でもあり 数え36年でもある。
ひとつには 36>35で 長いほうがいい!という判断もあるでしょう。
また、36はある種の聖数かもしれません
朱子学を集大成した『四書大全』三十六巻
富岳36景
少林寺36坊
始皇帝天下を三十六郡に分けて統治した
不動明王の眷属として八大童子、三十六童子がいることから、不動明王を巡る関東不動霊場巡りの札所(朱印を頂けるお寺)の数が三十六で合わせています
心を養い、福を呼び込む「三十六善」のすすめ

など、36でまるまる全部というようなニュアンスがあります。儒教・仏教・風水と、東洋思想では全てで 何かしらの 意味をこめているようです。

そ こ か ら

日帝36年というときには、全てを日帝が支配した・・・という ニュアンスがあるのではないでしょうか? 憶測ですが

Q大阪の長屋一軒家木造建築の 家に住んでいます… 毎年のように小さいどこにでもいる 黒蟻が家に上がって

大阪の長屋一軒家木造建築の
家に住んでいます…
毎年のように小さいどこにでもいる
黒蟻が家に上がってきて
砂糖や、ハムスターの餌、食べ物に群がったりして困ってます…(´・ω・`)
賃貸だから、大家さんに頼んでも何もしてくれませんし、聞いてもくれません⋯
私は虫が全般的に大嫌いなので、
触ることも出来ないし、
見るだけでも悪寒がして⋯
怖くて眠れません⋯
蟻を完全に死滅させる方法はないでしょうか…
完全じゃなくても構いません⋯
出来るだけ死滅させることが出来れば嬉しいです⋯

蟻に詳しい方どうか助けてください
(´;ω;`)よろしくおねがいします

Aベストアンサー

原因はハムスターと食品です。餌となる物を掃除し(雑巾で拭く)家を清潔にすれば蟻はやってきません。キッチンもよく掃除し砂糖は密閉した容器にいれます。ゴミは家の外に出すか密閉用に入れます。
マンションの2階に住んでいた時に蟻が使いかけの干しシイタケの袋の中に群がっていたのにはびっくりしましたね。一度覚えるとしつこくやってきますが餌がとれないとなると諦めます。そのときは掃除と密閉さらに蟻の道に塩をたくさん撒いておきました。

Q元号について、日本の古典には価値ものがないから、中国の古典から引用するのですか?

元号である平成、昭和、大正、明治の由来は、史記、書経、易経からの引用ですね。
質問は、元号は、なぜ日本の古典から引用せずに、中国の古典から引用するのですか?
(日本には、価値ある古典が無い、という理由でしょうか?)

Aベストアンサー

中国は日本文化の師匠でした。

文字だって中国からの輸入品です。

平安時代の公文書は、漢語でした。

昔の教養人というのは、中国の歴史や
文学に詳しい人を意味しました。

清少納言の次の逸話はあまりにも有名です。

中宮(定子)様 が「少納言よ、香炉峰の雪はどんなでしょうね」
とおっしゃったので、御格子を あげさせて、
御簾を高く巻き上げたところ、(定子様は)
にっこりとお笑いになる。

「A そういうことは誰でも知っているし、歌などにも詠むけれども、とっさには思いつきもしませんでした。
B やはりあなたは、中宮様にお仕えする女房としては、
ふさわしい方なのでしょう」 と言う。

中唐の詩人、白居易の『白氏文集』に出てきます。
平安時代の貴族は広く漢詩を愛読していたのでした。
「 遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き、
香炉峰の雪は簾をかかげてこれを看る 」



つまり、舶来品ということで有りがたいとか
重い意味があったのだと思います。

それが習慣になって残っているのでは
ないですか。

師匠が欧米だったら英語表記になって
いたかもしれません。

中国は日本文化の師匠でした。

文字だって中国からの輸入品です。

平安時代の公文書は、漢語でした。

昔の教養人というのは、中国の歴史や
文学に詳しい人を意味しました。

清少納言の次の逸話はあまりにも有名です。

中宮(定子)様 が「少納言よ、香炉峰の雪はどんなでしょうね」
とおっしゃったので、御格子を あげさせて、
御簾を高く巻き上げたところ、(定子様は)
にっこりとお笑いになる。

「A そういうことは誰でも知っているし、歌などにも詠むけれども、とっさには思いつきもしませんでした。
B ...続きを読む

Q長屋が倒れてこないための鉄筋の壁の費用

この前リフォームの質問をした者ですが、設計士さんに家を見てもらったところ、長屋が築80年以上経つことや、長屋の梁が切断されていることや、長屋自体の半数が取り壊され、重心が変わってきていることからリフォームは不可能と言われました。
もし、この家を建て直して新築にするとした場合、長屋の隣接している隣の家が地震のときにこちら側に傾いてくる可能性があるので、家の間に鉄筋の壁を作って隣の家が傾くのを止めなければならないそうです。
長屋は2階建てなのですが、もしそのような2階並みの高さの鉄筋の壁を作った場合、家の面積も狭くなるし、費用もどれくらいかかるのかわからないので今悩んでいます。
そのような壁はおおよそ費用はいくらぐらいで、幅は何センチぐらいの壁で、家の横幅は何センチぐらい狭まるのでしょうか?
また設計費も発生した場合、設計費はいかほどなのでしょうか?

Aベストアンサー

設計士さんの意見と私の考えと少し違っているように思えます。

>長屋が築80年以上経つことや、
年数では建物の構造は判断できません。昭和初期には戦後と違い資材はあったと思いますので、一般的に悪いとは考えにくいですね。

>長屋の梁が切断されていることや、
減築の場合には不要な梁の切断は必要で、きちんと補強をすれば、残った建物の構造を左右する事項にはつながりにくいと思います。

>長屋自体の半数が取り壊され、重心が変わってきている
重心が変わっても、同時に剛心(建物の強さの中心)が移動するので、現況の建物の壁のバランスがよければ問題無しです。
どれだけを壊したか?は問題ではなく、残っている建物の状態が1つの建物としてどうであるかが問題なのです。

木造の建物に接して鉄筋コンクリート(RC)の構造物を設置する事は、地震や、強風のときに揺れるメカニズムが違うので、かえって破損や崩壊につながる可能性があると考えます。片側をRCで補強するなどということは、建築構造の常識的な知識を持ち合わせている人にとっては愚の骨頂(いいすぎかな?)。

木造であれば、現況の建物の耐震診断をして同じ木造で全体のバランスを考えた上でひとつの建物として成り立つように補強すればよいと思います。
もちろんリフォームも可能な場合が多いです。

設計費は建築家によって人それぞれ。
工務店の設計部であれば無料のところもありますし、設計管理で工事費の10%以上取る人もいます。

値段ではなく、最後まで良質な住まいを造ってくれる人に頼まないと安物買いになってしまいます。
欠陥住宅や、手抜き工事、設計ミス、などなど困っている人は大勢います。
設計士も施工業者も、個人であっても、中小でも、大手でも、名前だけでなく実際に信頼できる会社に頼みましょう。

設計士さんを批判するような文章で心苦しいのですが、もう一度よく調査してみてください。

設計士さんの意見と私の考えと少し違っているように思えます。

>長屋が築80年以上経つことや、
年数では建物の構造は判断できません。昭和初期には戦後と違い資材はあったと思いますので、一般的に悪いとは考えにくいですね。

>長屋の梁が切断されていることや、
減築の場合には不要な梁の切断は必要で、きちんと補強をすれば、残った建物の構造を左右する事項にはつながりにくいと思います。

>長屋自体の半数が取り壊され、重心が変わってきている
重心が変わっても、同時に剛心(建物の強さの中...続きを読む

Q第一次生産革命の次に第二次生産革命と言うのがあるのですか

 人類が農耕を始めたのを第一次生産革命と言うのは知っています。では、第二次生産革命はどういうものだったのか教えてください。また、第三次生産革命、第四次、第五次、・・・・というものがあるのですか、それはどういうものだったのか教えてください。

Aベストアンサー

 第一次生産革命
 農耕:自然界が生産する食物の枠を超えて、人間の数が激増。

 第二次生産革命
 産業革命:人口という労働力の枠を超えて、物品の生産が激増。

 定説として認められているのはここまで。

 一部の人の間で仮説として
 第三次生産(?)革命
 情報革命:人間の肉体的能力の枠を超えて、情報の生産が激増。

Q店舗併用住宅

この度、店舗併用住宅を建てることになりました。そこで
いくつかの金融機関に行ってみたのですが、住居部分は
住宅ローンで借りれるが、店舗部分は無理、との回答でした。
当然の結果ではありますが、どこかに店舗部分と住居部分を
まとめて融資してくれる金融機関はないでしょうか?
また、店舗併用だと申告しないで(全部住居だと嘘をついて)
融資を受けるなんて事は可能ですか?
ちなみに自分は普通のサラリーマンで起業を考えているのは
妻です。

Aベストアンサー

再び失礼します。
店舗併用住宅の融資はみずほ銀行でも相談に乗っていただけたかと
思います。(うるおぼえですみません。)
たぶんどの銀行でもそのようなケースは沢山あると思います。
全てクリアにされた方が起業後の資金繰りとかでも
銀行さんにはお世話になると思いますので。
全てを考えて相談に乗られた方がよろしいと思います。
ローンの利率が高いですが、店舗部分の借入金の利子相当は
経費に入れられるので正直にして損は無いと思います。
よいお宅が建って奥様のお店が繁盛すると良いですね。

Q裏長屋の戸締り

裏長屋での戸締りは外出する時、どのようにしていたのでしょうか?

夜とか、店に居るときは、しんがり棒をしたでしょうが、

外出したときはどうしてたのでしょうか?

戸締りをしてなかった?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

江戸の治安は、町の要所要所に木戸を造り、木戸番を配置して守られました。
木戸は朝夕定刻に開閉されました。木戸の近くには番屋も配置され、異変に気付くと木戸番は番所の役人に通報する仕組みでした。役人は交代で詰めていました。
定刻とはいっても、日中は明け六つから暮れ六つまで、明け六つは日の出の時刻、暮れ六つは日の入りの時刻。
従って今日の時刻制とは大きく異なり、季節によって時刻が異なり、地域毎に可成りの時差もありました。
「しんがり棒」では無く、「心張り棒」です。夜寝る時間は心張り棒で戸締まりしました。雨戸などには敷居や鴨居にホゾを堀り、上下に動く木製留め具を掛け外ししていました。
昼間入る泥棒は余り居ませんでしたから、お隣に声掛けして出かける程度の対策で済ませていました。その程度でも安心な社会だった様です。貧乏長屋には金目な物も無かったでしょうし。
武家や豪商は、高い塀をめぐらせて門を閉めるとか、用心棒を雇ったりなど、可成りの要愼をしていたようです。
昼間も夜も、全くの留守にすることはなかったと思います。留守番という言葉は今も生きています。


人気Q&Aランキング