こんにちは。horagaiです。
質問はタイトルの通りですが、これでは私の真意が伝わらないので補足説明をします。

少子高齢化に伴う大きな問題の一つとして労動力不足がよく言われますネ。
しかし私はこれについて大いに疑問を感じています。

もちろん現状の話ではなく長期的観点から見た問題であることはわかっていますが、
それでも日本の国力を左右するほど深刻な労動力不足が起こるとはとても考えられません。

なぜならば
(1)(業種を問わず)IT化などで仕事の合理化が進み、一人あたりの労働生産性
が上昇し、その分で不足分を補える。
(2)(主に製造業・建設業・運輸業)機械化やIT化などが進み、従来は若者・男性
しか出来なかったような分野の仕事が女性や高齢者でも出来るようになり、その分で
不足分を補える。
(3)(主に製造業・流通業)日本人の生活水準がある程度の(いわゆる先進国の)
レベルに達しており、また企業の生産能力も高度成長期とは比較にならないほど高く
なっている以上、景気が回復しても高度成長期のように作っても作っても間に合わない、
作れば作るだけ売れるというような絶対的な成長市場はあり得ない。

などの理由が考えられるからです。
企業が労働者の採用を若者・男性に拘っている限り、確かにその企業にとって少子高齢化
は深刻な労動力不足を意味するでしょうが、いずれ法律的にも社会的にもそういう企業は
生き残れなくなっていくでしょう。

私としては、いろいろな政策が功を奏して景気が回復したとしても、少し前までの
アメリカのような「雇用なき繁栄」になりそうな気がします。

皆様のご意見をお聞かせ下さい。私の認識不足を指摘して下さる回答も大歓迎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

労働力の不足など心配していません。

何故なら新たに発生する人数が減るのだから少年院も警察署も検察庁も裁判所も刑務所も減らせるからです。つまり悪党の絶対数が減るのだからその世話をやく公務員も少なくて済むのです。更に人口密度が下がれば事故の危険性が減るのだから自動車がらみの保険料は少なくて済むし、大破車両の処理買い替えもしなくて済むし、煩わしい信号機も減らせるし、渋滞による甚だしい時間とエネルギーと体力の消費も減らせるし、お互いに相手と衝突する頻度が下がればストレスも減り刑事事件も起きにくくなるし、怪我もしにくく環境汚染
が減れば疾病にもかかりにくくなり要らぬ医療費も節約できます。他にも福音は沢山ありますが逆に人口を殖やすことの弊害は枚挙にいとまがありません。よって21世紀は過剰人口(=不良債権)の削減、縮小を推進こそすれ憂慮する理由はどこにも見当たりません。

この回答への補足

人口が減ることと事件事故やエネルギー消費量が減ることの間に
そんなに分かりやすいほどの相関関係があるとは思えませんが
おっしゃる通り人口の減少は推進されこそすれ'対策'などするべき
ことではないと思います。
ただし最初にvitamin-powerさんが回答されているように、財源の
減少に関しては対策が必要ですね。

補足日時:2001/06/13 00:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そろそろ締めたいと思います。問題の性質上どれが良回答とは言い難く
できれば回答をしていただいた方全員にポイントを差し上げたいところなのですが
そうもいきませんので、ポイントはなしとさせていただきます。
みなさま御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 20:31

私の回答に対するご意見みたいなので、再度登場。


無駄なゴルフ場の解体にそんなに労働力はひつようありません。
なんにしても、つくるより壊すほうが楽(原発は壊すほうが大変か?)

フランスやイギリスを思えば、人口が半分になっても大丈夫だし、それも、5年や10年で半分になるわけじゃない。それを計算に入れていれば、壊す直前まで新しいのをつくることはない。(新首都は作るつもりなのだろうけど、作るのを前提で考えるから大変なのですよ。)

いまの少ない食糧自給率を支えているのは、実際は高齢者です。高齢者をみくびっちゃあいけないですよ。

この回答への補足

>なんにしても、つくるより壊すほうが楽
私もそう思います。

>フランスやイギリスを思えば、人口が半分になっても大丈夫だし
国土面積や地形から考えてもむしろ今の日本の人口が多すぎると思います。
それが戦争や飢餓のような惨事なしに自然に減って行くのだから、むしろ
大いに結構なことだと私は思っています。

>いまの少ない食糧自給率を支えているのは、実際は高齢者です
これも御指摘の通りですね。過剰になった労働力がそちらの方にシフトすれば
食糧自給率も上がるのでしょうが…

補足日時:2001/06/13 00:28
    • good
    • 0

少子化で人口が減るから現状を維持する必要がない


<これは一度建設生産されたモノは、利用するしないに関わらず、コストは発生します。
要らないのに造られてしまい、使用していない施設にしてもです。これらは基本的に税収で
まかなわれます。無駄なゴルフ場、高速道路(統廃合された小学校も含め)維持・解体・
整理にするのも大変な労力です。今の日本は全て与えられたものが多く想像もつかなかも
しれませんが、同じ人間でも日本人と貧しい国の人々が生活するエネルギーが
違いすぎます。
また、昔の日本人と比べても今はエネルギーの消費量が比べものになりません。ちょっと
質問の内容とは離れた話になりましたが、統廃合の整理整頓で事が解決するといった簡単な
問題では済むことはなく、街作り、国の整備とはある意味自然を犠牲にして造られてきた
ことを無視して話してしまうと、自分が生きている時代は良いですが10年、50年、100年
以上で考えると無駄な設備は大変な負の資産になるのです。
    • good
    • 0

日本人みんなが資本家になって、外国人を使えば働かないで暮らせる。


こんな感じでどうですか。

この回答への補足

それはちょっと……

補足日時:2001/06/07 22:53
    • good
    • 0

私も、同じようなことを思います。


1億人の生活レベルを維持しようと思えば、相応の労働力が必要だという考えはそれで正しいのですが、少子化で人口が減るならば、現在の設備をそのまま維持する必要もない。(実際に小学校など、統廃合されている)
交通量がへれば、高速道路の拡幅工事もいらなくなる。諫早湾干拓する必要もない。
ゼネコンがもうけようと思えば、首都移転など、莫大労働力の必要な事業が必要ですが、別にしなけりゃすむ。

日本の得意分野である、機械工業も、輸出先の国で「何がなんでもメイド・イン・ジャパン」といわれるわけではない。

フランスなど、日本の人口の半分以下でやっているし、戦前の「産めよ殖やせよ」政策以前の日本だって、半分ぐらい。世界を敵に回してなにかしようというのでなければ、「国力」を問題にすることもない。ジャマイカやノルウェーみたいに人口の少ない国でもオリンピックで金メダルはとっています。

さらに、いま訳のわからない(オジサンには)肩書きの職業が多いけれど、社会的に必要な仕事なんでしょうかね(べつにやっている人を差別しないけれど、するひとがいなくて困るわけでもないような・・)。
むしろ、総人口が増えても、農業人口がへっているような現実のほうが問題だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。全くそう思います。
>むしろ、総人口が増えても、農業人口がへっているような現実のほうが問題だと思います。
はい。これも鋭い御指摘だと思います。

お礼日時:2001/06/07 22:57

労働力という単語だけでどれだけの範囲、対象としているかにも意見が分かれてしまうかと思います。


単純に考えると、子供の数が減る=近い将来の国の労働力は下がると考えて良いのではないかと思い
ます。一人当たりの労働生産性があがれば、労働力が上がることもあり得ますが、(2)でいってい
る雇用は減りますよね。
また、日本人の生活水準があるので高度成長市場はあり得ないから労働力の心配がないというのは
危険なような気がします。今の水準を維持するには、少子化により、基本的に今の労働力(税金を
納めている人にしましょう)が少なくなるので納税額が減りますから、生活レベルの維持自体が
困難になります。インフラなど生活は便利になっても維持こそが大変なのです。コンクリート
の道も何十年でひび割れなど荒れてきます。ビル建物もそうです。仮に可能だったとしても、
貧富の差が出て一億人が中流というか、同じような生活レベルにあることは難しいでしょう。
小泉さんも言うとおり、大国になりすぎある意味、安全で暮らしやすい国、日本は構造的な
歪みを抱えています。労働力=国力にもなり得ますから、もし世界レベルで労働力を考えたら、
日本の労働力は安い労働力に奪われて行くでしょう。だから簡単に外国の人を受け入れられ
ないのですね。国内の空洞化を招きますから。一億人以上の生活をレベルを維持し支える
労働力というのは、少子化でも労働生産性が上がるので問題ないという簡単な公式のような
問題ではなく、深刻だと思います。そして食料の多くを外国に頼る日本は国際社会の一員と
しても今後の人口増の問題は共通の課題であると思います。

この回答への補足

>労働力という単語だけでどれだけの範囲、対象としているかにも意見が分かれて
>しまうかと思います。
おっしゃる通りです。私の考えている労働力とはどちらかといえば単純労働や肉体労働
あるいはルーチンワーク的な労働のことです。
知的労働や企画、マネージメントなどの仕事はむしろ人材不足になるかも知れませんね。
ただ技術の進歩などで今日では知的労働とされているような仕事が、将来は単純労働に
近いものになるかも知れません。そうなればやっぱり労働力過剰になるのではないでしょうか。

補足日時:2001/06/07 22:48
    • good
    • 0

よく少子化と世間では、言っていますが、わたしは全く心配していません。


私の考えでは、世界の中の日本なので、労働力は世界の人口の中で補える気がし
ます。
そして、日本にも多くの外国人が働いているので世界の人口で考える方が自然
な気がします。
ただ、将来日本人は、少なくなるかもしれません。
    • good
    • 0

シロートです。

自信ありません。

horagaiさんの意見に賛成!!素晴らしい!!見事なもんです。感心しました。

強いて疑問点を探すなら、

1)「日本の国力」とはなんぞや?
・一人当たりGDP?
・全体のGDP?
・それ以外?

2)「IT化などで仕事の合理化」というくだりを含めて「モノの生産」に対して拘り過ぎでは?「モノ」から「モノ以外」の生産に比重が移って行くように思います。「生産」という言葉すら適当でないかもしれないです。勿論霞食っては生きていけないから食糧や、生活必需品は今後も需要が落ちることはないでしょう。

豊かさを「GDP」という尺度で量れるかどうかも疑問です。例えば、社会奉仕や、仕事とは関係のない知的活動は経済的統計数値から落ちこぼれてしまいますが、今後益々重視されていくでしょう。

3)「モノ」の生産拠点は既に海外に移転している。少なくとも製造業の現場での人手不足は疑問。景気が回復しようが、日本の労働賃金が下がろうが、日本国内では「モノ作り」ができないのである。

この回答への補足

さっそくの回答ありがとうございます。

>「IT化などで仕事の合理化」というくだりを含めて「モノの生産」に対して拘
>り過ぎでは?
「IT化などで仕事の合理化」というのは製造業のことよりも、むしろホワイトカラー的
な仕事が合理化されるということを言いたかったのです。しかし
>「モノ以外」の生産に比重が移って行くように思います。
というくだりと3)の
>少なくとも製造業の現場での人手不足は疑問。
は私もまったく賛成です。

補足日時:2001/05/26 21:31
    • good
    • 0

おっしゃる通り、これからの産業はどの分野も省力化が進み生産効率が上がって人的資源としての労働力は比重は高くなくなる傾向にあると思います。

消費の方も総合的な増加傾向は期待できないのかも知れません。近未来的な予測では労働力不足よりは大量失業の懸念の方が大きいのではないかと思います。
少子高齢化による労働力不足、ということが言われるのは、それは産業構造などの点からではなく、高齢者の増加に対して労働人口が少なくなる為に起こる財源の構造的不足の問題を指しているのではないでしょうか。年金問題などは顕著な例ですが、積み立てる人口が減る一方、受け取る人口が加速度的に増えてしまったのでは当然に財源は破綻します。所得税をはじめ一般的な税収についても労働人口が減少すれば楽観的にはなれないでしょう。
来るべき高齢化社会を支える為には、労働人口が足りなくなくなるぞ、という事をいっていると思うのですがいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。なるほど高齢化社会を支える
財政のための労働力が不足すると言う意味でしたか。それならば納得
できます。

お礼日時:2001/05/26 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人材不足や就職売り手市場はいつまで続く?

団塊世代の引退、若い世代の人口減少、景気回復などで就職が売り手市場らしいですが、売り手市場はあと何年ぐらい続くんですか?
8年ぐらい前テレビで将来的、島根県(違う県だったかも)の人数を、毎年日本に入れていかないといけなくなるみたいな事いっていたけど。
現在でも看護師で優秀な国フィリピンから看護師がどんどん入って来てるとか。
人材不足と就職の売り手市場はいつまで続くか教えてください。

Aベストアンサー

売り手市場と言われてますが雇用環境は悪化の一途を辿っています。人材派遣会社の大量採用が売り手市場と呼ばれる原因の1つだと思います。
終身雇用の崩壊と若年層がすぐ離職するため慢性的な人材不足はしばらく続くと思います。企業の採用数はしばらく増え続けると思いますが企業を見る目がないと上手な就職は無理だと思います。

Q自動車運輸業、自動車運送業は何故弱い立場なのか?

タクシー業界、長距離バス業界、トラック運輸業界、建築資材運輸業界は、現在、大変苦しめられている業界と聞きました。
おおむね、運送料(乗車賃)の値切りを強要され、文句も言えずに、ただ値下げを呑まざるを得ない状況に追い込まれているそうです。
長距離バス業界の問題については、NHKスペシャルでもやっていましたが、法定運賃を無視した低価格の要求をゴリ押しする業者が多いそうです。そしてそれをまた屈して受け入れているバス会社も多いそうです。

なぜこれらの業界はそんなに弱い立場なのでしょうか?
荷主に対して、値下げ要求をはねつける力はないのでしょうか?

需要に対して供給過剰なのでしょうか?(確かにタクシー業界、長距離バス業界は小泉総理時代の規制緩和で無駄に台数が増えてしまい、競争激化した、と聞き及んでおりますが)

詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

>おっしゃることはわかりますが、それは参入前からわかっているのであるから、なぜ新規参入者は後を絶たないのでしょうか? 「儲かる業界」だと思って入ってくるでしょうに。
>それとも業界参入してから初めて「儲からない業界」ってことを知って、しかし「今更止めるわけにいかない」ということになるのでしょうか? 不思議ですね。 新規参入者はリサーチ不足なのでは?

それ以外に技能を持っていないからです。英語が話せて、海外に数多くの人脈があれば、オフショア マネジメントで稼ぐでしょう。さらに経営に詳しければ、外国で起業する人たちを相手にコンサルタントで大もうけするでしょう。しかし、そういった技能も人脈も資産もないのであれば、「もうからないこと」を知っていても、日銭を稼ぐために運輸業をやるしかないのです。

>>じきに逮捕者が出るでしょう。
>
>いつごろでしょうか?

具体的には不明です。東京都の猪瀬知事の献金問題も、今頃になって ようやく騒がれていますし。じきは不明としか言いようがありません。少なくとも、ほかの業種は規制緩和を推進しておきながら、タクシーだけ規制強化するのであれば、何がしかの裏(=違法な何か)があると判断するのが常識です。

>おっしゃることはわかりますが、それは参入前からわかっているのであるから、なぜ新規参入者は後を絶たないのでしょうか? 「儲かる業界」だと思って入ってくるでしょうに。
>それとも業界参入してから初めて「儲からない業界」ってことを知って、しかし「今更止めるわけにいかない」ということになるのでしょうか? 不思議ですね。 新規参入者はリサーチ不足なのでは?

それ以外に技能を持っていないからです。英語が話せて、海外に数多くの人脈があれば、オフショア マネジメントで稼ぐでしょう。さらに経...続きを読む

Q売り手市場

現在、就職に関しては売り手市場ということが言われていますが、
これは今後何年くらい続くものなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

人事等で実務を担当してきた者に過ぎません。

「売り手市場」とは言われているものの、依然として非正規雇用が増えたので失業率は多少改善されたものの、正規雇用については、前向きに取り組まれている会社もありますが、全体的には何ともいえない状況かと思います。確かに若年層の労働力不足という面もあるかと思います。
またこの先はどうなるかは分からないと思います。
参考程度にでもなれば幸いです。

Q減価償却費不足額の計上について

 運輸業の役員です。
 当社は、ここ数年赤字を計上しており、取引銀行から
 「経営改善計画書」の提出を求められました。
 実は、当社所有のトラックについては、赤字続きだった
 ことから、減価償却をしておらず、約10,000千円の不足額
 (今期)があります。銀行の担当者は、「不足額は、不良資産に
 該当するので、計画期間内(10年)で償却すべき」との
 アドバイスがありました。
  しかし、トラックの耐用年数(4年)は既に経過しており、
 購入10年以上のトラックがほとんどであり、ましてや
 このトラックが今の収益の源泉です。
  税法上は、価値ゼロですが、実態は価値があるにもかかかわらず
 「不良資産」扱いされるのは納得がいきません。
 この場合、仮に不足額を計上した場合、償却した年の損益計算書には
 どのような項目になるのでしょうか。販売管理費の「減価償却費」に
 上乗せされるのか、あるいは「特別償却」扱いなのか。
 また、(償却前)経常赤字の場合には、償却分がさらに加算されますが
 この場合でも有税償却となるのでしょうか。
教えてください。

 運輸業の役員です。
 当社は、ここ数年赤字を計上しており、取引銀行から
 「経営改善計画書」の提出を求められました。
 実は、当社所有のトラックについては、赤字続きだった
 ことから、減価償却をしておらず、約10,000千円の不足額
 (今期)があります。銀行の担当者は、「不足額は、不良資産に
 該当するので、計画期間内(10年)で償却すべき」との
 アドバイスがありました。
  しかし、トラックの耐用年数(4年)は既に経過しており、
 購入10年以上のトラックがほとんどであり、ましてや
 このト...続きを読む

Aベストアンサー

この場合の償却費は前年度以前の部分ですから、当期の通常の費用となりません。

普通は前期損益修正損で特別損失です。
税法上は価値ゼロということはなく、今の簿価を基礎に耐用年数を元にした償却が当期からできます。
その分節税になりますので、税務上の価値はまだあることになります。

税法上は税法で認める金額までは税法上の償却費となります。それ以上の部分は有税と言うことになりますが、その部分は翌期以降の申告で取り返すことができますので、全く無駄ということにはなりません。

逆に言うと償却をしてこなかった分、これまで税金を余計に払ってきたことになり、それを今期の申告から数年がかりで取り戻すことになります。

Q今も昔も変わらず、売り手市場の職種を教えてください

昔と言っても、過去20年くらい前を想定しています。
タイトル通りですが、今も昔も変わらず売り手市場の職種を教えてください。

Aベストアンサー

なんでしょう・・・薬剤師かな。

Q運輸業の売上原価の出しかた

運輸業の売上原価について教えてください。

運輸業のように 物品を販売するのではなく 役務提供を行う形態のサービス業の場合、
どのよう費用が売上原価に該当するのでしょうか? 

また、運輸業のように 物品を販売するのではなく 役務提供を行う形態のサービス業の場合、
売上原価って乗せる必要があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どのよう費用が売上原価に該当するのでしょうか?

→トラック運送業の例ですと、傭車料、燃料費、運転手の人件費、通行料、トラックの減価償却費、修繕費、タイヤ・チューブ代などが売上原価に該当します。

>役務提供を行う形態のサービス業の場合、売上原価って乗せる必要があるのでしょうか?

→営利企業においては、費用を売上原価と販売費・一般管理費に分ける考え方は、業種・業態に関係なく共通です。

Qアラフォー女の婚活どう思いますか? まじでまだ自分が売り手市場って勘違

アラフォー女の婚活どう思いますか?















まじでまだ自分が売り手市場って勘違いしてるみたいで気持ち悪い❗

Aベストアンサー

ねこさんごです。その35歳の女性がバカなんです。そんな人を見たから貴方の質問がああなったのですね。アラフォーでも素敵な女性いっぱいいますよ☺

Q統計上のサービス業とは?

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業
複合サービス事業 サービス業(他に分類されないもの)
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h21/h21/html/k9100000.html

そこで質問なのですが、
「産業別規模別事業所・企業数」として分類されている16の産業のうち、
名目GDPの構成要素として分類されているサービス業に当てはまるのはどれですか?

つまりは、サービス業の企業数を知りたいのです。

ご教授よろしくお願いいたします。

内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。

農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業
不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf

一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。

鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業
金融・...続きを読む

Aベストアンサー

産業別GDPを参照したい
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/otoiawase/qa8.html

より経済活動別分類を詳しくみてみると、、

サービス業は主に3つに分けられて

●公共サービス
-教育、研究、医療・保健衛生、
その他の公共サービス業

●対事業所サービス
-広告業、業務用物品賃貸業、
自動車・機械修理、
その他の対事業所サービス業

●対個人サービス
-娯楽業、飲食店、
旅館、洗濯・理容・美容・浴場業、
その他の対個人サービス業


とあるから総務省の統計では「飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業」と計上されている後ろの5つの項目が内閣府ではサービス業として分類されていると思われます。。

Q公務員の転職OK!? 売り手市場は続く?!

最近景気がよくなって、売り手市場になっていますが、
そもそも人口が低下していく日本において、今後は売り手市場が続くのでしょうか?
人口が減れば、国内のおいては全体的な需要は減りますが、
世界的には人口は増加しますし、輸出大国の日本では仕事量はそんなには減らないと考えています。
それであれば、公務員の私でも今からでも気軽に民間企業に転職できます。
ご存知であれば、教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

公務員の方が気軽に民間で務まると思ったら大間違いです。
大抵の人はあまりのしんどさに音を上げます。
私も現在は自営業ですが、会社務めの頃は毎日帰るのが夜10時、11時でした。
営業職だったので毎月数字に追われ、成績が悪いと営業会議で怒鳴られ吊るし上げられ、挙句の果ては地獄の特訓をさせられる始末です。
風邪で38度以上熱が出ても、休ませてもらえずガタガタ震えながら仕事をしたこともありました。
民間企業ってこんな世界です。
公務員のぬるま湯に浸かってしまっている人が、いきなりそんな環境に耐えられますか?
しかもそこまで仕事をしても、公務員ほども給料は良くなかったです。
公務員の方々は、自分がどれほど恵まれた環境にいるかまるで分かっていませんね。

Q郵便局と他の配送業の違いについて

郵便局がヤ○ト運輸等の配送業に比べて優れている点には、どういう事例が挙げられるでしょうか?

また郵便局にはあって他の配送業にはないものといえば、どんなものがあるでしょうか?

Aベストアンサー

・まず転送サービス(転居届提出から1年間)で、旧住所に来た郵便物も新住所へ転送します。(配送業にはこれがありません。←無いから配送業が誤配達した場合の苦情がほとんど郵便局に来る。)
・ポストへ入らない場合は盗難防止の為、”不在通知”を入れ持ち帰ります。(配送業は玄関先等に置いて行きます。)
・現金が送れます。(現金書留)
・全国一律料金¥500の”EXPACK500”があり、30kgまでなら¥500で発送いたします。

某局員の回答でした。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報