人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

コピー・クローン作成ソフト「EaseUS Todo Backup Free 6.0」にて『セクタバイセクタ方式クローン』でHDDクローンをおこないました。

無事に最後までトラブル(フリーズ等)なくクローン終了画面までいきクローン完了しました。




その後、

「左下のWindowsマーク (クリック)」 →

「コンピュータ (右クリック)」 →

「管理 (クリック)」 →

すると「コンピュータの管理画面」っていう新ウインドウが立ち上がります。 →

その中の「ディスクの管理 (クリック)」 

してディスク情報をみると以下のようになっておりました。

 ※以下の“(数字)”は説明しやすくするために書いております。




【ディスク0(クローン元HDD)】
--------------------------------------------------------------
(1)■・                15.22GB     正常 (回復パーティション)

(2)■・System Reserved      100MB NTFS 正常 (システム、アクティブ、プライマリ パーティション)

(3)■・           (C:) 576.31GB NTFS 正常 (ブート、ページ ファイル、クラッシュ ダンプ、プライマリ パーティション)

(4)■・    ボリューム(E:)   4.54GB NTFS 正常 (論理ドライブ)
--------------------------------------------------------------


【ディスク1(クローン先HDD)】
--------------------------------------------------------------
(5)■・                 15.22GB    正常 (回復パーティション)

(6)■・System Reserved(A:)    100MB NTFS 正常 (アクティブ、プライマリ パーティション)

(7)■・           (C:) 576.31GB NTFS 正常 (プライマリ パーティション)

(8)■・    ボリューム(F:)   4.54GB NTFS 正常 (論理ドライブ)
--------------------------------------------------------------




【違う点】
・(1)と(5)は一緒で問題なし。

・(2)と(6)は、違う内容の記載あり。 (2)には、“システム” 記載があり、(6)にはなし。

・(3)と(7)は、違う内容の記載あり。 (3)には、“ブート”、“ページ ファイル”、“クラッシュ ダンプ” 記載があり、(7)にはなし。

・(4)と(8)は一緒で問題なし。




【質問】

・これらにはどんな意味があるの?→“システム?”、“ブート?”、“ページ ファイル?”、“クラッシュ ダンプ?”

・“クローン元HDD” と “クローン先HDD”に違う記載があるが問題ないの?

・クローンしたのを取り付けて電源入れても問題ないの?

・クローンしたのを取り付けて電源入れてちゃんとウィンドウズ7は立ち上がる?

・クローンしたのを取り付けて電源入れてすぐに何かボタン押す必要があったりする?


回答お待ちしております。

「『セクタバイセクタ方式クローン』元と先で」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問者さんは、この表示を


【ディスク0(クローン元HDD)】で起動したWindows
で閲覧しているのではないですか?

つまり、この表示は
(2)は(システム)
(3)は(ブート、ページ ファイル、クラッシュ ダンプ)
の役割で、Windowsが使用しています・使用予定ですよ
という意味です。

>・“クローン元HDD” と “クローン先HDD”に違う記載があるが問題ないの?
役割が違うので違って当然です。
ためしに、【ディスク1(クローン先HDD)】で起動すれば、
(6)は(システム)
(7)は(ブート、ページ ファイル、クラッシュ ダンプ)
という役割がわりあてられ、そのような表示になるはずです。

この回答への補足

全員ベストアンサー

ベストアンサーを選ばず締め切ります。

ありがとうございました。

補足日時:2013/07/05 17:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者sんのおっしゃるとうりでした。

回答ありがとうございました

お礼日時:2013/07/05 17:10

>・これらにはどんな意味があるの?→“システム?”、“ブート?”、“ページ ファイル?”、“クラッシュ ダンプ?”


おおざっぱですが……
システム…Windowsの起動用ファイルがあること
ブート…Windowsが起動しているドライブであること
ページファイル…ページファイルがあること
クラッシュダンプ…クラッシュダンプが作られるドライブであること

それぞれの用語の意味は調べてみてください。

>・“クローン元HDD” と “クローン先HDD”に違う記載があるが問題ないの?
クローン元は今Windowsが起動しているドライブなので、そのぶんの情報が示されています。
ディスクに何が入っているかは関係ありません。

>・クローンしたのを取り付けて電源入れても問題ないの?
問題ありません。

>・クローンしたのを取り付けて電源入れてちゃんとウィンドウズ7は立ち上がる?
クローンに失敗していなければ、立ち上がるでしょう。

>・クローンしたのを取り付けて電源入れてすぐに何かボタン押す必要があったりする?
ありません。

この回答への補足

全員ベストアンサー

ベストアンサーを選ばず締め切ります。

ありがとうございました。

補足日時:2013/07/05 17:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2013/07/05 17:18

クローン先HDDの作成は成功していると思います。


クローン先HDDは何も問題ありません。
クローン元HDDを外して、クローン先HDD 1台だけを装着して「ディスクの管理」を見れば、現在のクローン元HDDと同じ情報で表示されます。
違いがあるのはクローン元とクローン先の2台のHDDを装着した環境で「ディスクの管理」を見ているからです。
---
クローンですので、クローン元と同じ状況で動作します。
クローン先HDDだけを装着してPC起動してみてください。
質問者さんの疑問は、実際にやってみれば解消します。

この回答への補足

全員ベストアンサー

ベストアンサーを選ばず締め切ります。

ありがとうございました。

補足日時:2013/07/05 17:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者さんの言うとおりでした。

無事起動できました。

ディスクの管理を確認するとクローン元HDDと同じ表記になりました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/07/05 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDDからSSDへ

現在使用中のデスクトップのCドライブがあるHDDがセクター不良で時々ブルーバックで突然落ちます。転ばぬ先の・・・ということで早めにSSDに入れ替えようか思案中です。
現在のPCは仕事用なのでいろいろなソフトや設定関係は再インストールを考えると大変重荷です。そこで目に留まったのがEASEUS Todo Backupというソフトなのですが、このソフトで現在のHDDのクローンをSSDに作成すれば大変お手軽に変更できそうなのですがいくつか不明な点があります。
1.現在のHDDの不良セクターの影響でクローンをうまく作成できるかどうか。
2.win7 やadobe関連のソフトは改めてアクティベーションが必要なのかどうか。
3.下記ハード変更上の問題点などあれば。
現在のスペック
win7pro 64bit  RAM16GB
500GB ATAで空きが300GB(200GB使用)からサンディスクSSD
SDSSDXPS-240G-J25へ考えています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EASEUS Todo Backupは、不良セクターがあっても使えるようですね。ただし下記のページでは、EaseUS® Todo Backup Free 4.0を使っていますが、現在はEASEUS Todo Backup Ver.8.0になっています。バージョンが上がっていますので、機能は継承されているとは思いますが。コピーする容量は、コピー先がコピー元の容量より小さくてもコピー可能ですが、コピー元で実際に使われている容量以上コピー先の容量がないとコピーできません。1TB→256Gでも、実際の使われている容量が128GBならコピー可能というわけです。
http://kira-ism.com/archives/1343
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/
http://www.pc-master.jp/backup/easeus.html#clone

また、インストール中に他のソフトウエアインストール用のチェックが入っている場合がありますので、外して本体のみをインストールしてください。最近は、余計なソフトウエアをインストールしようとするケースが増えていますので注意してください。これらは、アンインストールするのが一寸面倒です。

ただ、クローニングで駄目な場合は、イメージバックアップを作成し(HDDが一つしか無い場合は、USBの外付けHDDに)、それをSSDにリストアするとクローンと同じことができます。まあ、元々このソフトウエアはこちらの方法で使用するのがメインです。

その他に、ウエスタン・デジタル製のHDDを持っている場合は、下記のソフトウエアが使用可能です。これは、アクロニス社のTrue Imageと言うバックアップソフトウエアのOEM版で、ウエスタン・デジタル製のHDDが接続されていれば使用可能です。内蔵されていれば問題ありませんが、USB接続で繋がっているだけでも使えるようです。実際にバックアップの対象でなくても問題ないようです。
http://support.wdc.com/product/downloaddetail.asp?swid=119&wdc_lang=jp
http://support.wdc.com/download/notes/atiwduserguide/ATIH2013WD_userguide_ja-JP.pdf

私は、製品版を持っていて何度もHDDをSSD化したことがあります。あと、SSDは事前にNTFSでクイックフォーマットしておいたほうが良いでしょう。SSDは4KBセクタなので、「プログラムとファイルの検索」で[msinfo32]を実行して、「記憶域」→「ディスク」から、パーティション開始オフセットが[1,048,576 バイト]であることを確認してください。SSDの性能をフルに発揮できるようになります。
http://www.pasonisan.com/pc-storage/hdd-512-4ksector.html
http://magumataishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/ssd-48f8.html

EASEUS Todo Backupは、不良セクターがあっても使えるようですね。ただし下記のページでは、EaseUS® Todo Backup Free 4.0を使っていますが、現在はEASEUS Todo Backup Ver.8.0になっています。バージョンが上がっていますので、機能は継承されているとは思いますが。コピーする容量は、コピー先がコピー元の容量より小さくてもコピー可能ですが、コピー元で実際に使われている容量以上コピー先の容量がないとコピーできません。1TB→256Gでも、実際の使われている容量が128GBならコピー可能というわけです。
http:...続きを読む

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む

QAOMEI Backupper Standardのシステムクローンのエラー対処方法について

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意していないので、
電源を切りCドライブを元に戻して立ち上げたところで、この質問分を打っています。

Cドライブに不良セクタがあってクローンが作成できない?場合、どのようにしたら
クローンを作成できるようになるのでしょうか。

ちなみに、オプション設定?のセクタごとのクローンは時間が掛かるという理由でチェックを入れていません。SSDを最適化する。またはパーテーションを合わせる。にはチェックを入れて作業をしました。

時間が掛かることを承知の上で、セクタごとのクローンにチェックを入れれば良かったのでしょうか。
はたまた、Cドライブにデフラグなど不良セクタをなんとかする?方法を試みてから、
クローンを作成するべきなのでしょうか。

まあ、クローンを作成できたとしても起動しないという現象はあるようなので少し萎えますが、
なんとかできるなら、したいのです。

また、AOMEI Backupper Standardに固執せず、別のクローン作成フリーソフトの方が良いなどありましたら、ぜひアドバスをお願いします。

AOMEI Backupper Standardのシステムクローン(アンロック済み)メニューを用いて、
Cドライブのクローンを作成している途中、54%位のところから急に処理がスピードアップしました。

終わってみるとCドライブに不良セクタがあったようでエラー34と出てきました。
一応、完了のアイコンが出たので完了し、PCをシャットダウン後、CドライブSSDと新しいSSDを換装し電源を投入したところ、立ち上がりませんでした。
起動ディスクに問題あり的なメッセージがでました。他に起動ディスクを用意して...続きを読む

Aベストアンサー

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDSK が思い当たります。
https://pctrouble.net/running/chkdsk.html → chkdsk c: /f

"「chkdsk」は、ファイルシステムのエラーをチェックし、修復するためのプログラムです。つまり、「chkdsk」がチェックして修復する対象は、あくまでもソフトウェア的なものであり、決してハードウェア的なものではないのです。"
→ 一般的なのは、コンピュータでドライブを右クリックし、"プロパティ" から "ツール" を選択、「エラーチエック」 の "チェック" をクリック、"ファイルシステムエラーを自動的に修復する" にチェックをいれて "開始"、再起動して実行です。

また、コマンドプロンプトを管理者権限で開き、sfc /scannow とタイプすると、システムファイルを検査し、不備があると修復してくれます。
http://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html

これらの処理で元ディスクのエラーがなくなればよいのですが。セクタごとのクローンは、元ディスクにエラーがあればそのままコピーするだけなので結果は同じですが、クローン処理自体にエラーが発生せずに終わるのであれば、試してみるのも良いでしょう。上手く起動した後に、上記のエラーチェックをやってみれば、これらのエラーは回復するかも知れません。

クローン自体は成功しているが、起動しないことは稀にあるようなの、スタートアップの修復で修正を試みます。そのためには、Windows7 のインストールディスクが必要です。
http://tipstour.net/windows/1545 ← スタートアップ修復を試してみる
http://tipstour.net/windows/4410 ← ブートセクタを修復

クローンのソフトでは、有名なところだと EaseUS Todo Backup Free があります。何度か使ったことがありますが、普通にクローンできます。実績のあるのは、この AOMEI と EaseUS ですね。後、Acronis True Image の WD版がフリーであるようです。システムに WD の HDD が入っていないと動作しないようですが、USB接続でも取り敢えずは繋がっていれば大丈夫のようです(笑)。
http://www.tekwind.co.jp/faq/WDC/entry_217.php
http://support.wdc.com/downloads.aspx?lang=jp ← ダウンロード

私は、もっぱらメインはこの製品版の Acronis True Image 2010 を使っています。現在は 2016版が出ているようですが、2010 でも Windows10 でイメージバックアップは使えたりします。CDブートでもイメージバックアップとクローン両方ができます。上記の WD版が、殆ど製品版と同じなので意外と良いと思いますよ。

クローン以外の方法もあります。AOMEI Backupper や EaseUS Todo Backup にあるシステムバックアップを使う方法です。これは、一旦別ディスクに C:ドライブのイメージバックアップを完全な形で取り、それを新しいドライブにリストアします。クローンと全く同じ結果になりますが、別のドライブを介するところが違います。これは、その都度のイメージリカバリになりますので、クロ-ンよりは活用範囲が広いと言えますね。

元ディスクに不良セクタがある場合、エラーでクローンできないことがあるとは思いますが、エラー34と言うのが何を示しているのかが判りませんでした。54% から処理速度が上がったのは、空き領域に達したので処理が簡単になってスピードアップしたのか、エラーが発生して処理自体をスキップしたのか? AOMEI Backup の動作説明がもう少し判ると良いのですが、そのあたりの情報が少ないのが、このソフトウェアの難しいところです。

元ディスクのエラーを無くすことができれば一番だと思います。取り敢えずは、CHKDS...続きを読む

QHDDクローン作成、CドライブがBになり、起動無理

こんばんは。

HDDをクローンさせて、新しいHDDに交換しようと思い、Easeus Todo Backup Freeを使いました。
クローンは成功したのですが、HDDを交換しても起動しません。ブートしません。

いろいろ自分でも調べてみたのですが、たぶん新しいHDDのパーティションの文字が(C)ではなく、(B)になっているから?のではないかと思っていますが、正しいでしょうか?

以前の入っていたHDDが(C)で、新しくクローンしたHDDが(B)になっているので、システムがブートしない と考えてよいのでしょうか?

また、このとき、どうすれば起動するようになるのでしょうか?
ご返答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドライブ名がAやBだろうがCだろうがBootローダーがあれば関係なくBootします、Windows起動時にBootしたHDDにCが割り当てられ、CドライブのBと言う名前のHDDとなるだけです。
状態から考えて、パーテーションのみをクーロン化したのではないでしょうか?パーテーション外にあるBoot関連のファイルや設定はクーロンされませんから、当然ながらそのHDDはブート出来ません。
やり方
http://www.pc-master.jp/blog/freesoft/3887.html
もう一度HDDをクーロンコピーするしかありません。
HDDを自分でブートできるようにした場合、全て消してからになるので、再度クーロンしても同じだけ以上に手間がかかります。

Qパーティションアライメント調整とは

パーティションアライメントとは


SSDやHDDにパーティションアライメントという言葉がありネットで調べても

なかなか理解しがたいのですが、以下のSSDを最高のパフォーマンスで利用するためにパーティションを調整しようというサイトがあります。

http://www.lifehacker.jp/2011/09/110908_gpartedalignment.html



・SSDは最適なパフォーマンスのためには、64のデータブロックが必要です。Windowsのインストーラーではない、

他の何かによってSSDが初期化されている場合は、パーティションが間違って調整されているおそれがあり、

データの移行が遅くなることがあります



・通常のハードドライブには、63の空ブロックがあり、その後に最初のパーティションがあります。



パーティションが正しく調整されているかどうかを調べるには、スタートメニューをクリックし、

「msinfo32.」と入力してEnterキーを押します。「コンポーネンツ>ストレージ>ディスク」に進み、表示されたリストから自分のSSDを見つけて、

「パーティションスターティングオフセット」を探します。その数字が4096で割れる場合(10進法ではなく)、

パーティションは正しく調整されています。そうでない場合は、調整が必要です。

とあります。パーティションがそろっていない場合はフリーソフトのGpartedというフリーをフトを使用して調整するそうですが、



パーティション開始位置は8の倍数でなければならないとか、4096で割り切れないといけないといわれていますが、

これはSSDでもHDDでも同じでしょうか?特にAFTに対応しているSSDやHDDはこのアライメント調整をきちんとして

やることが大切でパフォーマンスに差が出てくるとされているそうです。



初心者は、単にHDDからデータをSSDに移行したりそういったことをせずに、SSDやHDDをWIndows7のフォーマットをしてから

OSをインストールすれば、自動的にパーティションアライメントは調整され、開始位置は8の倍数や4096で割り切れる数になっている

そうで最大限のパフォーマンスを発揮できるそうですが、私の理解で正しいですか?



となると、AFTに対応したHDDやSSDのOSでのフォーマット時のアロケーションサイズユニットは規定値もしくは4096にしたほうが

良いと言うことでしょうか?512にはしないほうがよいような気がします。

パーティションアライメントを実際にどうやって調整すれば、最大限のHDDやSSDのパフォーマンスが出るのか正しい知識を

教えてください。単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)

それとも、パーティションの開始位置を調べてそれが8で割り切れなかったり4096で割れなかったりしたら、フリーソフトで

パーティションアライメントを調整しないといけないのでしょうか?



素人には分かりにくいので簡単に上記のことを解説していただけたら幸いです。



Cドライブ、PLEXTOR 512G SSD PX-512M5P

Dドライブ、Seagate Baraccuda 2TB内臓HDD ST2000DM001

Windows 7 64bit Pro DSP版 SP-1

パーティションアライメントとは


SSDやHDDにパーティションアライメントという言葉がありネットで調べても

なかなか理解しがたいのですが、以下のSSDを最高のパフォーマンスで利用するためにパーティションを調整しようというサイトがあります。

http://www.lifehacker.jp/2011/09/110908_gpartedalignment.html



・SSDは最適なパフォーマンスのためには、64のデータブロックが必要です。Windowsのインストーラーではない、

他の何かによってSSDが初期化されている場合は、パーティションが間違って...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、その認識で構いません。ただし、Windows7/8の環境では、パーティション開始オフセットは最初から1,048,576バイトになっており、4096バイトで割ると256になりますのでズレは全くありません。
→ "単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)" これが正解です。

パーティション開始オフセットは、AFTのHDDやSSDをWindowsXPで使った場合、問題になります。WindowsXPでAFT HDDやSSDをフォーマットしますと、32,256バイトとなり4096で割り切れないため、余分なアクセスが生じ特に書き込みでパフォーマンスが低下します。WDCのAFTも同様の問題で、書き込み性能が低下します。SeagateなどHDDでは、AFTであってもWindowsXPで使ってパーフォマンスが低下しない工夫がなされているようです。

また、"msinfo32"でパーティション開始オフセットを調べるのは、安心して使うためには有効だと思います。

"gparted"は、私も日経の記事を読んで知りました。それまで、WindowsXPでSSDを使うため、Easeus Todo BackupやTrue Image等でクローンして工夫してきましたが、なかなかパーティション開始オフセットを1,048,576バイトにできませんでした。唯一、ThinkPad X31のIDE SSDだけはできましたが、それ以外のノートパソコンでは駄目でした。商用ならParagon Softwareのものがありますが、面倒なのでLive CDを焼いて"geparted"を使っています。
http://doplxyz.livedoor.biz/archives/51797623.html  ←皆苦労しています。

IntelのSSDならこの方法が取れるようです。
http://www.pc-master.jp/blog/parts/5278.html

と言う訳で、質問者さんのWindows7 64bit環境では、最初から対応していますのでそのままお使い下さい。

基本的には、その認識で構いません。ただし、Windows7/8の環境では、パーティション開始オフセットは最初から1,048,576バイトになっており、4096バイトで割ると256になりますのでズレは全くありません。
→ "単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)" これが正解です。

パーティション開始オフセットは、AFTのHDDやSSDをWindowsXPで使った場合、問題になります。WindowsXPでAFT HDDやSSDをフォーマットしますと、32,256バイトとなり4096で割り切れないた...続きを読む

QHDDの交換とシステムイメージの復元について

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、一年前のバックアップを取った時の状態まで戻りました。)


【質問2】

システムイメージの復元でバイオス等、OSを起動する前のブート領域まで復元されるのでしょうか。


またバックアップでとってあったシステムイメージの中にブート領域がバックアップが取られているか
確認する方法があれば教えて下さい。
(当方はCドライブしか使っておらず、パテーション別けしてない為、おそらく「システムイメージの作成」の段階では
”C”しかチェックしていなかった記憶があります。)


以上、ややこしい質問で分かりにくいかもしれませんが宜しくお願い致します。




【使用環境】

デスクトップパソコン
OS: windows7 64Bit
グラボ:Geforce GT650
メモリ:8G

周辺機器:USB式のキーボード、マウス

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
  バックアップメディアがDVDの場合、
  何枚かのDVDを作成すると、
  システム修復ディスクを作るように聞いてくるので、
  このディスクも作成します。

DVDイメージディスクが全てできたら、HDDを交換して、
PCがDVD起動できる状態にBIOSを設定してあることを確認した後、
最後に作った「システム修復ディスク」を挿入してDVDを起動してください。
最初の画面のIMEの選択を終えると、
「システム回復オプション」画面が出ます。
ここで「以前作成したシステムイメージを使用して~」を選んで、
後は指示に従っていけば復元できます。
途中、「コンピュータ上にシステムイメージが見つかりません」という
メッセージボックスが出たら迷わず「システム修復ディスク」を挿入してください。


ちなみに私は、ご貴殿と同じくHDDが不安定になって、
DVDにシステムイメージを保存(3枚程度)し、
異なるメーカーのHDD 1TBに乗せ替えました。

システムイメージの作成では、
バックアップ先として、HDDがDVD,またはネットワークに保存できるようなのですが、
私の場合、ネットワーク保存はパスが見つからず、うまくいきませんでした。


以上、お役に立てたら幸いです。

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
 ...続きを読む

QSSDのクローンが起動しない

64GBのSSDから240GBのSSDに換装が目的です。EaseUS Todo Backup Free 9.1を使いクローンを作ったのですがクローンにBOOT関連が入ってない状況です。EaseUS Todo Backup FreeでBOOTディスクを作ろうとしてもなぜかエラーになってしまいます。新SSDはフォーマットしてMBRでクローン作成しました。

あと一つ気になるのが新SSDも元SSDもPC起動する時に3~4回起動と終了を繰り返すようになりました。一度もこんなことはなかったのですが。。。情報が足りなければ補足します。

Aベストアンサー

ANo.2 を書いた後に、補足が来ていました。

あーっ、そのクローンの方法は駄目です。クローンする際には、クローン元 SSD のトップにチェックを入れる必要があります。
http://enjoypclife.net/2015/05/21/hdd-ssd-c-system-drive-windows-os-copy-clone-easeus-todo-backup-usage/

"以下の画面になるので、コピーしたいシステムドライブが含まれるハードディスクを選択します。クリックでチェックマーク✓を入れてください。一般的には【C:】という記号であらわされていると思います。"
→ この部分にチェックを入れて下さい。

それが、丸ごとクローンする方法です。そうしないと、C:パーティションのみコピーされて、肝心の起動部分(MBR)をコピーしません。ブートする部分がコピーされないため、起動できない SSD になります。改めてクローンをやり直して下さい。

Q新品のHDDにOSがインストールできない

自作PC初挑戦で、困ったことが起きています。どうかご教授願います。

以下主な使用パーツ(全て新品)

【CPU】 AthlonII X2 260
【M/B】 GA-880GM-USB3 REV.1.0
【メモリ】 W3U1333Q-1G×2
【HDD】 HDS721010C
【OS】 Windows7HP

パーツを組み立て、光学ドライブにインストールディスクを入れ、電源を入れて、BIOSで1stBOOTをCD-ROMにして、Windows7の画面が立ちあがって・・・と、ここまでは順調に来たのですが、いざ規約に同意してインストールしようとしても、HDDが読み込まれず、『ドライバーをセットして下さい』と言われます。何度再スキャンをしても結果は同じ。「まさか配線がダメなんじゃ・・」と思い、以前から使っていた3.5インチHDD(150G)を接続して再スキャンするとすんなり読み込んでくれます。古いHDDにはXPが入っているのですがインストールディスクがアップグレード版ではありませんし、こちらにはインストールするつもりはありません。

どうすれば新しいHDDが認識され、OSをインストールすることが出来るのでしょうか??
どうか教えて下さい。。。

ちなみに上記の事以外は何もしておりません。(BIOSの細かい設定とか?)

自作PC初挑戦で、困ったことが起きています。どうかご教授願います。

以下主な使用パーツ(全て新品)

【CPU】 AthlonII X2 260
【M/B】 GA-880GM-USB3 REV.1.0
【メモリ】 W3U1333Q-1G×2
【HDD】 HDS721010C
【OS】 Windows7HP

パーツを組み立て、光学ドライブにインストールディスクを入れ、電源を入れて、BIOSで1stBOOTをCD-ROMにして、Windows7の画面が立ちあがって・・・と、ここまでは順調に来たのですが、いざ規約に同意してインストールしようとしても、HDDが読み込まれず、『ドライバ...続きを読む

Aベストアンサー

No.5 の補足です。
念のためHDDのMBRをクリーンにしてみる必要があります。
次のことを試してください。
※書いてある通りに実行してください。
※簡単な操作ですので失敗するとは思えませんが、失敗したら初めからやり直せばいいです。
※仮に入力ミスしてもHDDには何も影響しません。
1. HDDはHDS721010Cを1台だけ接続した環境で作業する。
2. Win7インストールDVD起動でPC起動し、最初に表示される「インストール言語」選択画面で「Shift + F10」を押してコマンド入力画面にする。
3. diskpart と入力し、DISKPART> 入力状態にする。
4. list disk と入力し ディスク 0 が表示されていることを確認。
5. select disk 0 と入力し disk 0 を選択する。
6. clean と入力する。処理はすぐ終了します。
7. exit と入力し diskpart を終了させる。
8. exit と入力し コマンド入力を終了させる。
9. 「1」の「インストール言語」選択画面に戻りますので、インストールを続ける。
これ以降は普通のインストールを行なってください。

No.5 の補足です。
念のためHDDのMBRをクリーンにしてみる必要があります。
次のことを試してください。
※書いてある通りに実行してください。
※簡単な操作ですので失敗するとは思えませんが、失敗したら初めからやり直せばいいです。
※仮に入力ミスしてもHDDには何も影響しません。
1. HDDはHDS721010Cを1台だけ接続した環境で作業する。
2. Win7インストールDVD起動でPC起動し、最初に表示される「インストール言語」選択画面で「Shift + F10」を押してコマンド入力画面にする。
3. diskpart と入力し、DISKPART...続きを読む

QHDDのクローン作成、交換について

現在5年ほど使用しているPC(OSはXP)のハードディスクを交換しようと思っております。
EaseUS Todo Backup Free 5.0というソフトを使ってHDDのクローンを作成して、交換するつもりです。
320GBから500GBのHDDに交換予定です。

そこで交換の手順なのですが
1.クローンHDDを作成する
2.HDDを交換する
という作業だけでいいのでしょうか?
初めて交換するため、正しいのかどうか分かりません。

また、クローン作成やHDD交換における注意点などがありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

EaseUS Todo Backup Free 5.0がもう出ているのですね。前のバージョンは、今でもよく使っています。

さて、作業手順はクローン作成に関しては、その通りです。EaseUS Todo Backupは、英語版ですがそれが操作できるのなら問題ありません。クローンに関しては、移行するHDDは自動でフォーマットされます(元のHDDと同じになりますので選択できません)から、余り手が掛からないと言えます。

無難なのは、元のHDDと同じ容量のHDDを使うことですが、大きな容量でも可能です。パーティションの拡大してコピーしてくれるものもありますが、先ずはオリジナルと同じ構成でコピーした方が安全です。拡大してコピーすると、希にセクターズレを起こして起動しないことがあります。殆どの場合は大丈夫なのですが、隠しパーティションにリカバリシステムが入っているような場合、それらが起動しなくなることもあります。先ずは、オリジナルと同じ構成でクローンを作成し、交換して起動を確認した方が良いでしょう。

後でパーティションの拡張をしたければ、下記を使いましょう。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

慣れてくれば、最初からパーティションをいじってしまうことも可能ですが、それでも上手く行かないことがありますので、ケースバイケースと言ったところでしょうか。

それと、クローンするHDDの健康状態ですが、エラーがあったりすると一寸面倒なので、下記のフリーソフトウエアで事前に調べると良いでしょう。
http://all-freesoft.net/hard3/hdd/hdtune/hdtune.html

エラーがあっても、最近のソフトウエアはエラースキップ機能が付いていたりしますので、クローン自体はできると思います。取り敢えずは、クローン作成後に起動はするが何らかの不具合がある場合は、修復セットアップなどすれば大体は回復するでしょう。新しいHDDには、物理的エラー無い訳ですので、論理的なファイルのエラーならば修復可能です。

長年使ってきてアプリケーションも沢山インストールしてある環境を、なかなか一から作り直すのは労力と時間を要しますので、その点クローンは便利です。ただ、システムが重くなってきたなどの症状が出ているようならば、リカバリも必要でしょう。

小生は、リカバリはせずにメンテナンスとデータの保存に工夫して、起動時間などは殆ど変わっていません。やり方などは、別の機会と言うことで、この辺で失礼します。

EaseUS Todo Backup Free 5.0がもう出ているのですね。前のバージョンは、今でもよく使っています。

さて、作業手順はクローン作成に関しては、その通りです。EaseUS Todo Backupは、英語版ですがそれが操作できるのなら問題ありません。クローンに関しては、移行するHDDは自動でフォーマットされます(元のHDDと同じになりますので選択できません)から、余り手が掛からないと言えます。

無難なのは、元のHDDと同じ容量のHDDを使うことですが、大きな容量でも可能です。パーティションの拡大してコピーしてくれる...続きを読む

Q非AFTからAFT HDDへの換装

Windows7のノートPCのHDDが壊れ、Windowsが起動できなくなりましたので、新しいHDDに乗せ替えました。しかし、正規版リカバリデータディスクでリカバリが終了し、デバイスの設定も出来たのですが、「Windowsを構成できません」のエラーが出て、再起動が止まりません。

ノートPCの品名はFMV-BIBLO MG/G74
型名がFMVMGG73D4
交換したHDD 東芝製MQ01ABD050(2.5inch SATA 500GB 5400rpm 8MB)

ググってみると、HDDの規格が変わってしまっているみたいです。
以下の記事で対策できたというのを発見したのですが、やり方が良く分かりません。
問合せ手段も無いようです(コメントは受け付けていないみたいです)。

http://miiro-n.blogspot.jp/2011/10/aft-hdd.html

紹介サイトに従い、以下の物を準備したのですが、下記文面の「System32\Driver 内のファイルと
DriverStore 内のファイルを上書きしてみました」のところが理解できません。
つまり、上書き元の「System32\Driver 内のファイルとDriverStore 内のファイル」をどうやって準備したのだろうか。
憶測ですが、knoppixはLINUXで、knoppixにRST Driverをインストールしてもダメですし、CD-ROM起動状態で、HDDにRST Driverを直接インストールできないだろうし。
それとも別のWin7マシンにRST Driverをインストールし、その「System32\Driver 内のファイルとDriverStore 内のファイル」をコピーしたのだろうか。

どなたか、ご存知の方、お知恵をお願いします。


-----引用-------------------
4.Windows がインストールされているドライブ内の RST ドライバのファイルを、
用意した RST ドライバで上書きする。
> 私はこの辺あまり詳しくないので System32\Driver 内のファイルと
DriverStore 内のファイルを上書きしてみました。
-----終わり------------------

<準備したもの>
1.CD ブートできる OS
 WindowsPEとknoppixのCD-ROMを準備しました。
2.Intel Rapid Storage Technology Driver のバージョン 9.6 以上
f6flpy-x86.lzhとセットアップファイルの2種類をDLしました。

ところで、WindowsPEの起動CD-ROMを入れる際、RSTドライバのiaAHCIC.infとiaStorAC.infを組み込みました。 WindowsPEにできた「System32\Driver 内のファイルとDriverStore 内のファイル」をHDDの同じところに上書きしても宜しいものでしょうか。

全くの素人考えなのですが、上級者の方、ご教授のほど、お願いします。

Windows7のノートPCのHDDが壊れ、Windowsが起動できなくなりましたので、新しいHDDに乗せ替えました。しかし、正規版リカバリデータディスクでリカバリが終了し、デバイスの設定も出来たのですが、「Windowsを構成できません」のエラーが出て、再起動が止まりません。

ノートPCの品名はFMV-BIBLO MG/G74
型名がFMVMGG73D4
交換したHDD 東芝製MQ01ABD050(2.5inch SATA 500GB 5400rpm 8MB)

ググってみると、HDDの規格が変わってしまっているみたいです。
以下の記事で対策できたというのを発見したのですが、や...続きを読む

Aベストアンサー

> BIOSが初期化された???
そうなると書いてありますよ。なのでリカバリ完走まで再起動のたびにBIOSで設定し直さないといけないと思います。
AHCIモードで使いたい場合は、リカバリ完走後「標準IDEで構成後、AHCIに変更」をやらないといけないと思います。

> oem??.inf(私の場合は5と6)を削除したところ
これはファイル削除ではなくて、中の記述を削除(コメントアウト)するんだと思います。
難易度と手間はかなり高いと思います。

> 非AFT HDDも手に入りませんし
通販で新品売ってますよ。


人気Q&Aランキング