昔読んだ漫画で、童謡のかごめかごめの歌(曲名はあっているか分かりませんが)を題材にちょっと怖い話があったのですが誰が書いた本なのかほんのタイトルも分かりません。誰か教えて!!
それと、美内すずえさんが書いた漫画で、人形が襲ってくるような漫画があったと思うのですが、これもタイトルが分かりません。なんか妙に怖かった思いがします。この2冊の本を手に入れてまた読みたいと思ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

すみませーん!質問読み違えました。

妖鬼妃伝です!白泉社文庫で出てます!
白泉社文庫 妖鬼妃伝
美内すずえ傑作選 1
ISBN:4592883616
1995/12出版

お詫びに高階良子の情報も。ざ、ざくろがこわい…(違いましたっけ)
講談社漫画文庫
赤い沼
ISBN:4062606143
階良子;剣持亘 (あ、原作付だったんだ)
講談社 1999/08出版
    • good
    • 0

美内すずえのは、確かに「人形の墓」です。

角川のホラー文庫で出ています。
角川ホラ-文庫
人形の墓
美内すずえ作品集
ISBN:4041924022
1994/07出版
古本屋さんで探せばあるのでは。
この方のは怖いですよね。「黒百合の系図」とか「白い影」とか。
    • good
    • 0

はじめまして。


美内さんのほうだけですが、
>夜中にカーテンを開けると窓の外に人形
は、多分人形の墓だったと思います。
ヒロイン(アナベル?)が、人形(元セーラ)にテラスから落とされそうになったり、フォークかなにかで刺されそうになったりする奴ですよね?
あれは、昔部屋で読んでだときに悪寒を感じたりして大変でした(笑)
    • good
    • 0

美内すずえのほうはタイトルがごっちゃになってはっきりしないんですが、


孤児のヒロインが愛娘を亡くし、その身代わりに大きな人形を溺愛している金持ちの未亡人のところへ養女に行くと、
その人形が母親(未亡人)をとられまいとしてヒロインを襲うっていうのもありましたよね。
たしか「人形の墓」だったような……v
間違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

話の内容はこんな感じだったような気がしますが、私もごっちゃになって分からなくなってしまいました。すごく印象にあるのは、夜中にカーテンを開けると窓の外に人形が・・という場面がありました。すごく怖かった覚えがあるのですが。

お礼日時:2001/05/27 11:32

かごめかごめのほうは#1でもおっしゃってるように、高階良子の「赤い沼」です。



美内すずえのほうは、恐らく「妖鬼妃伝」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

妖鬼妃伝もありましたね。これだと思ったのですが、♯3の方の答えを見てどっちだっけと悩んでしまいました。

お礼日時:2001/05/27 11:27

高階良子さんの「赤い沼」では?


鬼子母神なんかがでてくるんじゃないですか?

あれは良かったですねえ、ということで下記URL参照。

もうひとつのほうも、読んだことはあるはずなんだけど
思い出せない。すいません。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwkk8009/takashina …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。そのとうりです。高階良子でアッと思ったんですが、タイトルではぴんと来なかったのですが、思わず話の内容を思い出して鳥肌が立ちました。

お礼日時:2001/05/27 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみなさんはライトノベルは一日で何冊くらい読むことができますか?

みなさんはライトノベルは一日で何冊くらい読むことができますか?
友達の中には一日で10冊くらい読むよという人もいますが、私にはとっても無理です。
というのも、本を読むこと意外にもたくさんやりたい事が

あるので、一日中本を読んでいないことが一番の原因だと思うのですが、その感覚が染み付いてしまったのか
「ラノベは一冊読むのに時間がかかる」と思ってしまい買いにくいです。
かなり過去の質問にもあるのですが、私はアニメが好きで、アニメを見て面白かったらラノベを買って読もうと思います。
だからとりあえず飽きる前に買うのですが、それを読み切る前に新しいアニメを見て
また面白いと思ってそれもほしくなります。
それが続くとどんどんたまっていきます。もちろん前に買ったラノベは読まなくなってしまいます。
みなさんこんなことないですか?

文章がうまくまとまってないですね・・・。
最初の質問に戻します。

みなさんは一日でライトノベルを何冊くらい読みますか?
また、上に書いたようなことはないですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

そうですね~一日中読んでいれば、それくらいは読んでしまうかもしれませんが、実際は通勤時間に読むくらいなので、一日1冊~2冊程度ですね★

私はアニメを見てラノベを買うというよりは、好きな作家さんやイラストレーターの作品をメインに買って読むので、飽きるとか買って読まないっていうのはあまりないです(^^;)
早く読みすぎてメインの本がなくなってしまい、新しい作家さんやイラストレーターさんに目を留めて余計な買い物をしてしまうくらいです。


あとは本の読み方でも人によってペースが速かったり遅かったりするんだと思いますよ★
一般的には一行ずつ読むのですが、私を含めて、読むのが早い人の中には数行を一度に読んでいくという人もいます。俗に言う『斜め読み』です★

これはページの右上から左下までを一瞥して、読まなければならない箇所だけ読むことで、全部読まなくても内容を理解することができるとする速読法なんですが、この方法は、どこの部分が重要かを見抜けないと無駄な努力となります。これが出来るようにするには、しっかりと読み込む読書量が必要・・・つまり、多くの本を読みこなして、自分なりの速度を上げるしかないんです…(^^;)

そうですね~一日中読んでいれば、それくらいは読んでしまうかもしれませんが、実際は通勤時間に読むくらいなので、一日1冊~2冊程度ですね★

私はアニメを見てラノベを買うというよりは、好きな作家さんやイラストレーターの作品をメインに買って読むので、飽きるとか買って読まないっていうのはあまりないです(^^;)
早く読みすぎてメインの本がなくなってしまい、新しい作家さんやイラストレーターさんに目を留めて余計な買い物をしてしまうくらいです。


あとは本の読み方でも人によってペースが速かったり...続きを読む

Q小説家って何冊くらい本を読んでるんでしょうか?

ふと気になったので、質問してみました。

伝聞や推測だと、事実が誇張されてしまうきらいがあると思うので、できるだけ小説家本人が言っていた(もしくは書いていた)読んだ冊数で答えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

先日のインタビューで桜庭一樹氏は寝る前に毎晩一冊読むといってました。
故米原万里氏は一日5、6冊と書いてました。
恩田陸氏は、年に大体2百冊とか書いてあったような…。

Q本を出版して何冊売れれば成功と言えるでしょうか。

参考になるHP等でも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

何冊という基準はないですが、目安というなら重版がかかれば成功といえるでしょう。版を重ねるということはそれだけ売れているということですし、注目もされますから。ちなみに無名の新人が出してもらえるとなったときは、初版が5000部程度です。印税は100万未満くらいですね。

Q大切な本を、保存用にもう一冊買う人はいますか

(先日コミックカテゴリで同じ質問をさせて頂いたのですが、より多くのご意見を伺いたいので再度質問させて頂きます。)

大切な本(漫画や小説)があるのですが、よく読むので、手あかやヤケなどが付いてしまいます。油断したら、うっかりと水ぬれさせそうで心配です。

保存用にもう1冊購入しておこうかと思うのですが、10巻以上になる作品が2作品で、保管場所にも困りますし、それも結局読まなければ意味が無いし、読めば結局汚れますし・・と、迷っています。

現在手元にあるものの汚れがひどくなってから買いかえればよいのですが、文庫版ではなく新書版でそろえたいので、時間が経つにつれて入手しづらくなります。

2冊持ちをされている方、同じように悩まれたことのある方のご意見を伺えたら幸いです。

つまらない質問ですみません。

Aベストアンサー

>大切な本(漫画や小説)があるのですが、よく読むので、手あかやヤケなどが付いてしまいます。
>油断したら、うっかりと水ぬれさせそうで心配です。
水濡れ以外は私も同感。
+よく読んでいるとバラバラ事件になりそうになっている本もあります。
(セロハンテープと同類のテープでもう少しいいのがあるのでそれで貼り付けていますが。)
・・・ただ、私の場合は2冊は購入していないので、ボロボロ状態で我慢している本もあります。

一方で、眉村卓「司政官 全短編」みたいにずいぶんたってから1冊にまとまって別の出版社から
出版されることもあるし、
神林 長平「戦闘妖精・雪風(改)」みたいに作者が多少手を加えて出版されることもある。
あるいは、漫画ですが星野 之宣「ベムハンター・ソード」みたいにあとで出たほうに
元々未収録だった1話分が追加されて出版されることもある。
(どれも古いほうも新しいほうも買ってしまいましたが、古いほうはボロボロ気味なので。)
ということで、基本的には同じ本を同時期に2冊は入手しないでいます。
(汚れがひどくなっても我慢。古本屋で再入手か、新書、文庫の分類を無視して再入手することで、
 しかたないと考えています。
 ・・・入手不可能で困っているものも結構ありますが。)

>大切な本(漫画や小説)があるのですが、よく読むので、手あかやヤケなどが付いてしまいます。
>油断したら、うっかりと水ぬれさせそうで心配です。
水濡れ以外は私も同感。
+よく読んでいるとバラバラ事件になりそうになっている本もあります。
(セロハンテープと同類のテープでもう少しいいのがあるのでそれで貼り付けていますが。)
・・・ただ、私の場合は2冊は購入していないので、ボロボロ状態で我慢している本もあります。

一方で、眉村卓「司政官 全短編」みたいにずいぶんたってから1冊にまとまっ...続きを読む

Q小説「マークスの山」 一冊の単行本にするか、改正版の上下巻の文庫版にするか?

初めて読もうと思うのですが(VHSを10年前くらいに見た)、どちらがいいですか?
文庫は長いな~と思うのですがマークスの心理描写がやわらかく描かれて人間味が出ているとamazonレビューで見ました。
でも単行本の方が殺人鬼らしくてすっきりしていて読みやすいとありました・・・
両方読めばいいんですけど、そこまでの心の余裕がありません・・・
まあ持ち歩くには文庫がいいですが。

やや神経が細い性格でちょっとメンへラーですが、それだったらどっちが感動しますか?
「カッコーの巣の上で」とか「めぐりあう時間たち」「海の上のピアニスト」などの暗い繊細な映画が好きなタイプの29歳男です。

Aベストアンサー

私は断然単行本派です。
文庫本ではマークスの病状が重く描かれており
とある登場人物との心の交流が本当にあったのか
その人を大事に思っていたのかがかなり微妙で
単に精神病の重い人の犯行?という印象になってしまいました。
感動という面では単行本だと思うんですけど・・・・。
私は、文庫より単行本の方が、マークスの人間味を感じましたよ。

他、名台詞?が文庫版ではなくなってたりしてます。
やっぱり単行本の方が臨場感があっておすすめです。
(持ち歩くなら文庫ですけど)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報