質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

水のサイフォン現象は 高さ10m程度までということは
ネットなどで調べると書いているのですが
比重と 高さは 関係するのでしょうか
単純に比率で考えても差し支えないのでしょうか
水は比重1.0 g/cm3で 比重2.0 g/cm3の液体なら
5m程度までということと認識して良いのかがわかりません

比重2.0 g/cm3の液体での サイフォン現象が起こせる
限界高さは何mまででしょうか
教えて頂きたいのですが よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大体、そういう認識でいいのですが、1つだけ、違う要素が入ります。




まずは、質問者様のおっしゃっていることの解説なのですが、トリチェリの真空ってご存知でしょうか?

片方を閉じた1m位のガラス管を水銀で満たし、その口の部分を水銀を満たした桶に突っ込んで立てると、水銀柱が桶の水銀面から760mmのところまで下がる、というものです。

桶の水銀面には大気圧がかかっていますから、ガラス管の中でも、桶の水銀面と同じ高さのところには同じ圧力がかかっていて、釣り合っている必要があります。
大気圧は約1kgf/cm2ですから、760mmの水銀が上から乗ると圧力が釣り合うのです。

もう少しイメージしやすくすると、1cm角の片方を閉じた管に水を満たし、上記と同じようにすると、大気圧1kgf/cm2と釣り合うには1cm2あたり、1kg(10000g)の水が乗っかればいいわけで、水の比重を1g/cm3とすれば、10000cm(10m)の高さになります。
これが、水なら高さ10mまでという理由です。
10m以上は大気圧だけでは押し上げられないということです。

ということで、おっしゃるように比重が2g/cm3なら5mまでということになります。





ですが、ここに1つ、違う要素が入ります。
それは、その液体の蒸気圧と温度です。

気圧がさがると、水の沸点が下がりますよね。
沸騰は周りの圧力と蒸気圧が等しくなる温度で起こります。
ということで、サイフォンの最後部では、圧力が下がるために液体の種類によっては沸騰してしまうケースが考えられます。
こうなると、液の連続性が途切れるので、サイフォンは働きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、助言 ありがとうございました

お礼日時:2013/07/05 23:52

>水のサイフォン現象は 高さ10m程度までということは、ネットなどで調べると書いているのですが



 そこまで調べて、なぜ理由が分からないのでしょう。

 水銀でしたら、760mm以下でないとサイホンになりません。

 水をその高さに押し上げているのはなんでしょう。真空中ではサイホンは働きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/07 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイフォンの原理の公式

サイフォンの原理を用いて、
毎分一定量の水を出したいのですが、
水面の高度差などを計算によって求められるような
公式はありませんか?

Aベストアンサー

式にカッコが足りませんでした。
V=(2gH)^1/2・・19.6*Hをルートで開く
g=9.8m/(s^2)
H=高さ(m)
V=流速(m/s)
よって、配管の断面積A(m^2)*V(m/s)*60(s/min)
が一分間の容積(m^3/min)