ダイヤルゲージはそれだけで使用するのではなく、いろんな機械や器具に取り付けて使用するというのは教えていただきました。今度は、取り付けてからの使用例を挙げていただきたいのですが。できるだけ、たくさんお願いします!

A 回答 (3件)

一般的な使用法ですが、マグネットスタンド(磁石により固定できるスタンドで、通常2箇所程度の調整できる関節があり、ダイヤルゲージを自由な位置に固定できる)に取り付けて使用し、シャフトの振れやカムの動作角やリフトの測定、ディスクの振れなどを測定します。

このような測定を行うには通常、Vブロックやプロトラクターを同時に使用します。また、マグネットスタンドが使用できない非磁性体面への取り付けには、吸盤を使用したタイプもあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。本当に助かりました。また、何かあったらお願いします。

お礼日時:2001/05/27 11:51

ドアのサッシュ剛性にもダイヤルゲージは使われますよ。

車の天井部分にマグネットでくっつけて、窓枠の部分を室外側にひっぱり、計る荷重は一緒にしておいてどれだけ同じ荷重で窓枠が動くか(窓枠の剛性を)計ることができます。これによって、高速で車が走るときの車のまわりの負圧で外に引張られる時のドアとサイドボディのシールの接着具合の低下具合を見る目安になります。
自分の知ってる分野のみですいませんが^^"
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。本当に助かりました!また、何かあったらお願いします。

お礼日時:2001/05/27 11:53

そででわ・・・  改めてこちらで。



本体は強力マグネット付きのベースに固定して、
綱車(滑車の大将みたいな物、一部業界ではシーブとも言う)の芯が
振れていないか(軸に対して直角方向、斜めに綱車が付いていないか)を
綱車を回転させて確認するために使う。
  レコード盤に針を乗せるような感じでダイヤルゲージをセットする。

gooのホームページで『ダイヤルゲージ』にて検索してみてください。
結構色々出てきましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。本当に助かりました!また、何かあったらお願いします。

お礼日時:2001/05/27 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報