ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

この度、家を購入することになりました。
現在プランがほぼ決定し、今後設計図、建築確認などへと進んでいく所です。
私たちは最初から住宅性能表示を付ける事を前提に考えていて、今回それにかかる費用の概算を教えていただいたのですが、およそ50万円くらい、と言われました。
住宅情報誌やインターネットで調べると、大概「10数万から20万円程度」と書かれてあり、50万円と聞いてびっくりしました。
また、気密試験を付けると更に15万円程度かかるとの事です。
これは設計図のチェックから立会いの検査まで、全てかかる費用の合計だと言うことなのですが、妥当な額なのですか?。
妥当であれば問題ありませんが、べらぼうな額なら説明を求めないといけないなと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

家を購入中です。

工務店の分譲です。
約26坪で、住宅性能評価を受けたいと工務店に相談・注文しました。
個人で調べて依頼しようと思っていたのはハウスアンサーという会社でしたが、工務店が大阪住宅センターに加盟しており、手数料にあまり差異がなかったのでそちらにお願いしました。

依頼した大阪住宅センターの評価業務手数料は、
100mm以内で設計評価2万3千円および建設評価6万5千円と紛争処理負担金4千円です。
(ちなみに、200mm以内なら2万9千円・9万1千円・4千円ですよ。)

ほかに、設計士から
設計住宅性能評価申請書類作成費4万
同上の申請図面作成費     8万
建設住宅性能評価申請費、施工状況報告書作成、現場立会4回             10万円
消費税            1万1千円の請求書がきました。

総合計32万3千円です。

工務店から、耐震が基準に満たない場合、基準に沿うように金具を準備しないといけないので 数万円かかるかもしれないとのことでした。(木造在来工法です)

住宅センターに確認したところ、設計士の立会いは、義務ではないそうです。が、一般的に施工者(現場監督)ではなく監理者(建築士)立ち会うそうです。

我が家の場合、世話になる設計士が、監理者として立会うだけで、本当に監理者としての役割を果たすのかは不明です(-_-;) ・・・残念ですが、期待はできません。

ハウスアンサーでも、図面をのぞく申請書作成には10万程度かかるそうです。(工務店などが申請書を作成できない場合、引き受けてくれるそうです)

加盟しているものの、工務店としても初めての事だそうです。性能評価ではなく、性能保証はよくしているとのことでしたが。

まだまだ 我が家も不安だらけです。

不安で検索したら、この質問に巡り合い 思わず回答しました。回答にはならないかもしれませんが・・・。
お互い後悔のない家作りになるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんな、忘れた頃にお礼を書いて非常に申し訳なく思っておりますが、回答ありがとうございました。
おうちの方はもう完成されましたか?。我が家はとうとう出来上がり、現在家の外回りの工事をしてもらっています。まだ引渡しをしていませんし、性能評価の審査も残っていますが、とりあえず今までを振り返ると、お金はかかりましたが、大正解だったかなと思っています。
全部ひっくるめて45万円かかりました。
耐震と省エネ対策(断熱、気密)の等級は最高の等級を取ることが出来ました。四隅に当たる部分の柱は太くする予定でしたが、メーカー側の判断で、いつの間にか柱が全部太くなっていました。玄関ドアやキッチンからの勝手口のドアも全て高断熱、高気密仕様の物に変えてくれましたが、元々のプラン通りの代金で済ませてくれました。
先日、使用方法の説明を受ける為、出来立ての家の中で、メーカーの担当者の方と、工務店の責任者の方とお話しました。メーカーの方は、「最初は色々と要求が多くて、どうなることかと思ったけど、本当にいい家が出来ましたよ。この家はいいわ。売る時も確実に高く売れる」とため息をつきながら喜んで下さいました。
これから住んでみないと本当に満足できるかどうかは分りませんが、メーカーさんのこの言葉は私にはかなり嬉しかったです。まだ私たちの物にすらなっていないのに、「売る」なんて言わないで・・・とは思いましたが・・・。
自分達の要求を達成させる為の対策ですから、第三者に認められれば、納得せざるを得ません。もし、思ったより暑い、寒い、などと感じたとしても、それが私たちの望んだレベルだったのだ、と言うことで納得出来るだろうと思います。
性能評価を実際に依頼するまでは、結構しつこく色々質問したりしていましたが、依頼してからは、もう信頼しきってしまい、あまり細かく聞かず、気が付いたら完成間近、と言う感じでした。しかしその間に、予算の許す中で出来る限りの事をどんどんやってくれたメーカーさんにはとても感謝しています。「こんな事まで聞いたら、うっとうしがられるんじゃないか・・」と言う心配を押し殺して、しつこく質問を繰り返した結果の事かな、と少し自負もしています。
domiso様は今、どのようにお感じでしょうね。
なかなかお礼を書けなかったことを申し訳なく思っています。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/27 23:52

#1です。


まず、住宅性能表示制度と住宅性能保証制度は別物です。
(両方セットが望ましいですけど)

前者は住宅品質確保促進法に基づき、住宅の性能を客観的に
比較できるようにした制度です。

後者は住宅保証機構が実施している保証制度の事で、万が一
完成後に不具合が生じた場合にかかる補修料などを機構が保証するもの。

momohahaさんが要求しているのは「住宅性能表示」ですよね?
業者が聞き間違えているのではないでしょうか?
住宅性能表示のみであれば65万円にはならない筈です。

もし住宅性能表示のみでその金額というのであれば、評価機関名を聞き出し、
機関に料金を直接確認すれば良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が随分遅くなり、申し訳ありませんでした。
皆さんにご意見を頂いた後も、色々調べて見ましたが結局、具体的な事が分らずとても迷いました。
ですがハウスメーカーの担当の方はきちんと明細を出してくれましたし、一つ一つの項目についての説明も受けました。また、「高すぎるのでは?。」と言うと評価機関に対して、再度明細を出させて「結局ほとんど安くはならない。うちからはここの機関にしか依頼できないが、評価機関によって価格の差はあるので、別の所に依頼なさっても構わない。」と言われました。
また、調べたサイトによっては、性能表示にかかる全費用として『50~100万』と書いてある所も見つけましたし、評価機関で働いている方のご意見で、「ランクによって価格が上がるので、一般的に出ている価格より高くなる事もある』との書き込みも見ました。
主人ともかなり相談しましたが、ハウスメーカーの対応に、この件も含め不誠実な所が見られたわけではありませんし、依頼しました。別料金の気密検査は省く事にしました。

できれば、私たちと同じような立場で、施主側の依頼で性能表示を付けてもらって、いくらかかった、と言う経験談がお聞きできればと思っていたのですが、そう言うご意見が聞けなかったことが少しだけ残念です。
でも皆様のご意見を見つつ、不信感を拭い去った上での依頼ですので、納得して進めています。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/16 15:31

50万円は確かに高いですね。


私の時は、住宅性能表示は十数万と聞きました。
でも、家の場合は無料でした。(ハウスメーカーです)
営業さんから「住宅性能表示制度というのがありますけど、つけますか?無料です」という具合です。
(といっても、きちんとその分別なところで上乗せされていると思いますが(苦笑))

momohahaさんが契約なさったとことが、ハウスメーカーさんなのか、工務店さんなのか分かりませんが、どちらにしろその価格はちょっと高いのではないでしょうか?
もう一度確認なさったほうがよいと思いますよ。

これから色々と大変でしょうが、頑張ってください。
良い家が建つことをお祈りしています!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を書くのが随分遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
結局細かい明細をもらい、一つ一つについて説明をいただき、いらない物は相談の上省くことにしました。
保障させるランクによって価格が高くなってしまうそうですが、こちらが希望したランクですので、仕方ありません。
少ししか安くなりませんでしたが、主人とも納得の上、そのまま依頼することにし、現在申請中です。1ヵ月後には着工となります。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/16 15:14

住宅保証機構のものでしょう。

それは。(参考URL)
国が設立したいわゆる特殊法人です。

保証料は実は業者の過去の実績などによっても変化するため、ご質問の金額が妥当かどうかはよくわかりません。
もちろんその業者の書類作成手数料なども含まれていると思いますが。

とりあえずHPでよーく制度の仕組みを理解してみてください。

参考URL:http://www.ohw.or.jp/
    • good
    • 1

その工務店は受けたい評価制度のすでに登録されている業者でしょうか?


登録されていない業者の場合は業者側に登録料などがかかるということもあり、その出費が上乗せされているという可能性はあります。

あと評価制度では民間も多数あり、会社によりかなりやり方が異なりますし、値段も結構違います。
高いところですと検査機関に支払う金額も20万は超えますが、ただ50万はそれにしても少し高いですね。
書類・図面審査などで必要なのかもしれませんから、それはきちんと内訳を教えてもらうべきです。

気密測定ですが、一回に15万は高いですが、通常気密測定では断熱・気密施工時と完成時の2回行うのが普通ですから、2回分なのかどうかを確認してください。

この回答への補足

ありがとうございます。
その業者の登録制度、と言う所を見ると
住宅性能保証制度、住宅完成保証制度(一種)
と書かれていました。
と言うことは、登録料は今回新たに払うわけではない、と言う事ですよね?。
それから、50万円の内訳は、
設計評価のみに32万円、建築評価(現場審査)に18万円だそうです。
それ以上の詳しい内訳は、もう少し自分で勉強してから聞く予定です。

これらでまた何か分るようなら、少しでも良いので教えてください。

補足日時:2004/03/29 19:38
    • good
    • 0

10数万と言うのは、評価機関に払う金額だと思います。


評価機関から評価書をもらう為には、評価を受けるために図面や資料を出しますが、これが役所にだす申請用の図面とは異なります。

基礎工事や中間に評価機関に検査を受けますが、その前に工事状況の報告書が必要になります。

インチキな手抜き工事が見つかると、修正に費用がかかります。

評価項目の内容によっては、グレードを上げると、材料費が上がる場合もあります。

50万は高い金額ですが何千万の高い買物ですし、出来た物を見ないで契約するのですから、保険だと思って付けておいては、

予断になりますが、今後10年20年経った時、評価書の在る無しの差が、工事完了後の検査済み書以上に大事になると思われます。

そうそう、評価の申請は、建築主でできるのですから、十数万円の申請料金は直接払いますから、対応のみを、設計者と工務店に頼んではどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>評価を受けるために図面や資料を出しますが、これが役所にだす申請用の図面とは異なります。
そうだったんですね。じゃあ、50万円の中には、ほかのお客さんには作らない図面や書類を作る為の費用(メーカーが取る費用)が入っているかも知れませんね。別にそれなら構わないです。(金額が妥当かどうかは別ですが)
>評価項目の内容によっては、グレードを上げると、材料費が上がる場合もあります。
既に、断熱材や窓ガラス、サッシと工法の変更で、元々メーカーが提示していたプランよりかなり上がっていますが、こちらの希望ですし、予算が許容範囲内と考えられたので頼んだものです。

性能評価は「自分たちが考えて希望したグレードがきちんと守られたかどうか」を確認する為の物で、kag130さんのおっしゃる通り「保険」だと考えています。
評価の申請って自分で出来るんですねー。もし、金額内容に不明な点が残るようなら、そう言って見るのもいいかも知れませんね。
どうもありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2004/03/28 11:11

 私が住宅性能表示にかかるのか聞いた時には、10万円程度と聞きました。


 質問や他の方の回答を見ていて気になったのですが、住宅性能表示制度をつけるからといって家の性能が上がるわけではありません。
 あくまで、今まで普通に建っていた家の性能を第三者に評価させるための制度です。
 別に工務店側が特別なことをするわけではないので、50万円というのはちょっと法外な金額のような気がします。
 私が自宅を建築し、すでに1年がたっていましたので、情報の整理をしようと、再度調べてみたところ、上位の等級で評価を受けようとすると費用がかかるとの説明をする業者のHPを多く見つけました。
 このことについては誤りではないのですが、注意すべき点は、下位の評価であっても欠陥住宅ではないと言うことです。
 評価が高いことは悪いことでは無いのですが、必要以上に高くある必要はありません。
 鉄骨系・木質系を含め、すべてのプレハブ住宅のメーカーの評価は高く、メーカーもそれをセールスポイントにしています。
 在来工法はそれに比べると若干低い評価になる部分が出てきますが、それは欠陥ではありません。
 私が大手のハウスメーカー数社で検討したときには、「うちはそのままで最高等級の性能評価を受けることができますよ。」との話でした。
 費用はそのときにセールスマンに確認したのですが、どのメーカーも10万円程度との回答でした。
 なお、その中の1社と契約しましたが、性能評価は結局つけませんでした。
 理由は、そのメーカーがすでに性能評価を受けたことがあり、基本の構造が同じなので、訴訟の手続きが簡単と言われても、そうなる可能性は少ないと判断したからです。
 性能評価するのはあくまで第三者機関ですから、評価機関に話を聞いて見てはいかがでしょう。
 参考のHPには評価機関の一覧のリンクもあります。 
 
 
 

参考URL:http://club.pep.ne.jp/~wata.forum/house/estimate …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
一応、私も家の価値が上がると思って付けるわけではありません。
今回お願いするハウスメーカーは、たまたま見つけた所なのです。「この辺に住めるといいなー。」と見に行った所で分譲していた会社です。
契約前に自分たちで出来る範囲の勉強をして質問を全てぶつけ、それに対する回答や対応で、不安材料がとりあえずなくなった時点で、本契約を結びました。
ちなみに私たちは高断熱・高気密の家が欲しいので、断熱材の材料や厚さ、窓ガラスやサッシ、工法を色々考えてもらい、次世代省エネルギー基準の断熱、気密を満たす家を造ってもらう予定です。
ただ、設計プランがそうであっても、工務店の仕事事態にかかっている部分がかなりあるわけで、素人では施工の良し悪しは分りませんよね。
手抜き工事はもちろん困りますが、逆にきちんとされているにも関わらず、「予想より暑い・寒い」などと感じて不安に思うのも嫌なので、お金を払っても付けようと思っています。
重視する項目とランクについてはあらかた話し合いをしています。
ただ、金額が20万円程度だと考えていたので、とてもびっくりしているのです。
大手メーカーなら、なんとなく実績で信頼できるのかもしれませんが、私たちはそうは行きません。
今回お世話になっているハウスメーカーも、「うちの家は普通の基準よりも高性能ですし、工務店を見る目も厳しいです。しかも、ここまで詳しく自分で調べるお客さんの家をええ加減に造るわけには絶対行きませんので、安心してください」、とは言っていますが、まあ「安心かどうかは自分で決める」と考えています。
評価機関に話を聞くことが出来るのであれば、ぜひしてみたいと思いました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/28 10:46

住宅の購入とはうらやましい話ですね。



さて住宅性能表示の評価料金についてですが、
第一に法律には料金上限はありません。
つまり料金設定は自由です。

そのため利用する評価機関により利用する
項目の種類・ランクにより料金は不定です。

seroさんの言うとおり建築業者や設計士に
料金の内訳を聞いてみてください。

さらにmomohahaにとって本当に重要な項目
やランクを再確認して下さい。

最後にこの10~20万円という値は制度の発
足当時に国が目安として掲げたものです。
評価料金は市場の中で決まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

料金設定が自由だとは知りませんでした。
評価する項目やランクによって多少違うのは、まあそうかなと思っていましたが、自由に値段を決められるとは・・・。
重視する項目とランクについては、これからじっくり検討していくことになっており、特別全部を高いランクにしたいという計画ではありません。
次回、ぜひ内訳を聞いてみることにします。
早々に回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/28 10:20

1戸建ての住宅性能評価であれば、法外な金額です。


気密性は温熱環境(省エネ対策)の中に含まれていますが・・・
(部屋の中を真空にするくらいの試験をするなら別ですが)

その65万円の内訳を聞いてみたいですね。
某メーカーは住宅性能評価の見積もり内に構造計算の代金が
入っていたそうで・・・
どうやって建築申請するんでしょう?

参考URL:http://www.ehomes.co.jp/Services/price3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気密性の検査は、設計士さんも「もしそこまで望むのであれば付けますよ」と言う事みたいですが、まだ詳細については聞いていません。
普通の9項目の中に入っている検査でカバーできそうなら、付けない事になるかも知れません。
内訳はこの次聞いてみることにします。
早々の回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/28 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今から耐震等級3級の申請できますか?

只今、新居を建てており、ほぼ完成に近づいています。4月初めに引渡し予定です。

優良住宅ローンが最近でてきて、それに何とか当てはめれないかと思ってます。
耐震等級3級が取れる仕様になってますが、申請していません。その時は、こんなに優良住宅に対して優遇されるとは思ってもなかったので取得しませんでした。

今からでも、

・耐震等級3級
・「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業建築主の判断の基準」への適合
・「住宅エコポイント」対象と同等の物件である証明

を取ることは可能ですか?
ローンの契約が迫っており、焦っています。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

既に完成に近づいているのとことですが、
住宅性能表示制度を利用して 耐震等級3 の認定を取ると言うことでしたら、
もう無理だと思いますが。
住宅性能表示制度には、施工中の現場検査がありますので写真だけではダメなはずです。

一度きちんとお調べになった方が良いと思います。

Q住宅性能評価書の有り無しの差

マンションを購入予定の者です。
住宅性能評価書が付いている大手のマンションメーカーの物件か、付いていないけど安い地方のメーカーの物件にするか迷っています。
評価書つけている大手はそれを売りにしていますが、付けていない地方メーカーでは「コストがかかるので付けていない。中身はほとんど変わらない。最近は建築基準法が厳しくなっているので構造の強さに大差はない。」という営業マンがいるかと思えば、「評価書が付いている方が頑丈。」という営業マンもいて、どちらを信用したらいいかわかりません。
住宅性能評価書の有り無しで、実際生活していくうえで差はあるものなのでしょうか。
付け加えて質問です。大手メーカーのマンションは地方のものと比べて高いですが、それは何故ですか。(内装やエントランスにお金がかかっているから?構造が丈夫だから?信用があり、多少高額でも売れるから?)

Aベストアンサー

住宅性能評価書は一種の契約書と思えばよいのではないかと思います。

建築基準法は社会上、最低限必要な性能を定めています。これに対してギリギリで設計するか十分余裕をとるかは設計者によってきます。また当然ながら余裕のある設計の場合コストに反映してきます。
住宅性能評価をつけると性能のよい(余裕のある)仕様にすることが多いので、費用は一般的に高くなると思います。

これらの性能に等級を設けて住宅の性能を一般人に説明するシステムとして住宅性能評価法が作成され、第3者機関に検査をしてもらうことにより確実に検査態勢を整えて、さらに性能を契約事項として明確化することにより、責任の範囲を明確化するとともに、施主に対しては性能と費用の関係を明らかにし、両者を考えて選択できるようにしたのが品確法です。

性能評価書に記載された性能が出ていない場合、契約違反として販売者(売買契約の場合)、施工者(請負右傾役の場合)に損害請求ができます。
評価書がないと責任の範囲が明確でなく判断材料がありませんので、責任を証明することが難しいです。たいていの場合は判断材料としては一般的な建築基準法が判断材料となりますので、何かあった場合については住民側に対して厳しいことになります。

また第3者機関によるチェックがあることから、問題になる可能性も低いことがメリットだと思います。評価書がついていない場合は、性能自体がどれほどのものであるかは、売り主側の資料・言い分からしかわかりませんし、その資料が買い手に理解しやすいものであるとは限りませんので、誤解が生じる可能性もあります。

さらに、性能評価書があるとトラブルがあった場合、品確法により設置された紛争センターの仲裁が受けやすいというメリットもあります。

ちなみに耐震上重要な部分と雨漏り関係についての10年間保証義務は評価書の有無により変わりはありません。
実際生活していく上では、問題全く生じなければ、評価書の有無による差はあまりないと思います。性能評価書は問題発生の確率や問題発生時には有効に働くものであると思います。
評価書がないからといって、良い業者ならば、良い対応をしてくれると思いますので、詰まるところ、業者などに対する信頼と安全に対する保険であるのが評価書だと思います。
その費用が高いかどうかは買い主が判断するものです。

なお、評価書をつけること自体のコストはそれほど大きいものではありませんが、わざわざ評価書をつける物件はかなりグレードの高い物件にすることが多いので、仕様自体が良いものであるので、コストが高くなっているのではないかと思います。

住宅性能評価書は一種の契約書と思えばよいのではないかと思います。

建築基準法は社会上、最低限必要な性能を定めています。これに対してギリギリで設計するか十分余裕をとるかは設計者によってきます。また当然ながら余裕のある設計の場合コストに反映してきます。
住宅性能評価をつけると性能のよい(余裕のある)仕様にすることが多いので、費用は一般的に高くなると思います。

これらの性能に等級を設けて住宅の性能を一般人に説明するシステムとして住宅性能評価法が作成され、第3者機関に検査をし...続きを読む

Q長期優良住宅申請にかかる費用について

新築住宅を建てます。長期優良住宅にするのですが、その際にかかる費用を以下のように、建設会社から提示されました。

適合審査手数料        47000円
京都府認定申請手数料   13000円
設計申請書類作成費用  340000円
合計               400000円

上記2つは、どこでしても変わらないということです。
設計申請書類作成費用が34万円は適切な価格といえるでしょうか。

ちなみに土地価格は約2250万、建物価格は約2200万です。

Aベストアンサー

建設会社は設計事務所登録してますか?
登録してなければ実際の業務は他所の設計事務所に依頼されるでしょう。
登録してても、ほとんどが外注にだしてしまうでしょう。
その場合、34万の内の10~20%位は建設会社の利益ですね

34万の中に、建物の設計費用は含まれてないのであれば
ちょっと、割高なような気がします。

設計事務所の中には、確認申請業務や、こういう申請手続きをメインでやってる事務所もあります。
個人の方が、そういう事務所探すのはちょっと大変だと思いますが。

地域、条件によって金額の前後はありますが、
申請書類を作る事務作業費、窓口に何度か足を運ぶ経費等
安いところでは手数料別で10万位でやるとこもあります。
実際には、確認申請や瑕疵担保保険の手続き等合わせて行うので
ちょっと作成する書類が増える程度だと思いますが…


実際に、契約がまだであれば、設計図を持って、別の設計事務所に相談するのも手だと思います。

その前に、建設会社に34万の内訳をきちん説明してもらい、金額の交渉するのも忘れずに!

Q上下水道 引き込み工事の相場は

公道(市)から、2mで宅内に上下水道を同時に引き込む工事で、見積もり50万円は高くないですか?水道局納付金は含まれていません。
口径20mm、市道は4m幅の砂利敷きで、細かい見積もりを見ると申請手数料、材料費、ガードマン代など30項目もあり、市中の大工事の有様。施工費もカット代、接続代など細かく分かれていて、半日で終わる作業が計30万円位になってます。
材料代もホームセンターなどの小売価格の5倍くらいに書かれてます。
材料費も人件費も何人が何日とリーゾナブルに見積もれば20万円くらいと思われますが、指定業者さんは皆こんな感じでしょうか?
隣町の業者は出来ない工事で、競争が全くないためこうなのでしょう。
危険と責任を伴う工事とはいえ異常ではないでしょうか?

ホームページで各地に支店をもって安くやっているなんて会社ありましたら教えて下さい。

上記は千葉県千葉市の例ですが、安くやった方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4,6です。

確かに、ここまで諸経費を取って商売をしているのは日本くらいでしょ
うね。私も確かにそこの部分に関しては思うところがあります。

商品を買うにしても、メーカーから直接購入する事が出来ず、商社,
販売代理店を経由して、工事業者へとやってくる流れなのでしょう。
2~3社が間にかんでいる分値段も高くなってしまいます。

しかし、工事は専門家に任せなければいけないのが現実です。
金額、施工業者に納得がいくまで検討、協議して下さい。
各地に支社を持っているような会社であれば、安く材料費を調達
しているでしょう。でも考えてみてください、大手HMでも
大量に資材を調達しているのは間違いないと思われますが、坪単価
は高いですよね。会社が大きくなれば資材とは逆に人件費がかさんで
来てその分を工事に上乗せせざるを得ないのです。
(私は中小の建設会社ですので、経費は少ないですが材料費は
それほど安くは入りません)

難しいですね・・・

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます。20mmが容量があり

住宅の水道工事で13mmか20mmか悩んでいます。20mmが容量があり水圧低下が起こりにくく良いのは分かりますが、工事値段が上がるので本当に必要かわかりません。
場所は丘などではなく、同じ高さの平地が続く感じです。
トイレは1F2F一箇所ずつ、エコキュート370L 20mmを選ぶ基準やデメリットなど有るなら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 まず前提として、水道局の決まりに従う必要があります。水栓の数等によってメーターの口径を決めている水道局があるので、とりあえず確認する必要があります(決まりのある水道局・自治体では、従わないと工事許可がおりません)。
 一般に水道口径は使用水量(器具の数・種類)に同時使用率と距離・高低差等を加味して決定されます。実際には水理計算をしてみるのが確実です。

 13mmの口径の場合、複数の同時使用には無理があり、同時使用した場合には極端に水量(水圧)が低下する可能性があります。系統を器具ごとに別々にする意見がありますが、元が13mmメーターである以上(水理計算上)、無意味です(専門家の意見とは思えん)。13mmは13mmでしかないので、水量不足を解消するには20mm等への増径か、貯水設備(+ポンプの場合も)の設置しか方法はありません。
 まあ逆に言うと器具がいくつあっても1箇所しか使わない(1人暮らし等)ならば13mmでも良いと思いますけどね(洗濯機を使用中は駄目かも)。13mmにする場合は複数で同時に使わないとか器具ごとに水量を絞っておく等の工夫(トイレはタンク式にしてタンクへの給水栓は絞っておくとか洗濯機も給水絞っておくとか、節水シャワーとか。もちろん器具はそれに対応してなくては駄目)が必要になると思います。それでも駄目な時は駄目なんですけどね。
 なお、13mm使用の時で、直圧式のトイレ(タンクレス)を使用される場合、同時使用による水量不足でうまく流れない場合があります。

 まあ無難に20mmにして節水に励んではどうでしょうか? 水量不足って結構不便ですよ。
 

 まず前提として、水道局の決まりに従う必要があります。水栓の数等によってメーターの口径を決めている水道局があるので、とりあえず確認する必要があります(決まりのある水道局・自治体では、従わないと工事許可がおりません)。
 一般に水道口径は使用水量(器具の数・種類)に同時使用率と距離・高低差等を加味して決定されます。実際には水理計算をしてみるのが確実です。

 13mmの口径の場合、複数の同時使用には無理があり、同時使用した場合には極端に水量(水圧)が低下する可能性があります。系統を器具ご...続きを読む

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q洗濯機防水パンって、ないと支障がありますか?

洗濯機の防水パンですが、あると掃除がしにくいので、いっそ新築時に設置しない事にしたい、と思うのですが、設置しないと何か支障があるでしょうか?

Aベストアンサー

カリスマ主婦らしき人が生活に便利な家造りに関する本を著しており、その中の1項目にありました。

防水パンは元々集合住宅などで、階下に水漏れが起きないようにするためのもの。しかし、この裏には湿気によるカビ、隙間から入った埃などが溜まり、不衛生この上ない。しかも、現在は水位センサー付きの洗濯機が主流を占めているため、洗濯機の水を溢れさせることは無いので無用の長物になりかねない。
仮に貴方が水位センサーの無い古い洗濯機を利用しており、防水パンを設置しようと考える費用があるなら、少し上乗せして新型の洗濯機を購入する方を薦めます。

とのことでした。同じ助言は不動産業者からも受けました。

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Qあれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の写真を撮っておきました。
しかも窓から、コンセントから、部屋の角からとの距離もすべてわかるようにも撮っておきました。

実際取り付けにあたり、写真を見せて、ここから17cmのここに柱が入っていますから、ここを避けて開けてください。とまでお願いしたのに、壁をトントンたたき「大丈夫ですよ」といい、穴を開け、案の定、柱にぶつけてしまいました。

あきれてものが言えません。

しかも、「傷ついても大丈夫ですよ」と言いつつ穴を貫通させようとしていましたので、慌ててやめさせ、大手家電量販店に連絡したところ、責任者という方と、工務店の社長さんが確認しに来てくれました。不手際は認め、おっしゃるように対応しますとの回答をいただきました。

建築時のハウスメーカーに連絡したところ、(現場は見ていません。電話だけです。)「木に1~2mm程度の傷ならば、構造上大きな問題はないと思う。ただし、2×4は壁が耐力壁になっているので、一枚のボードに二つの穴が開くのはうまくない。当社が修理するならば、ボード一枚の張り替え。壁紙の部分修復はしていないので、部屋すべての壁紙張り替えになる」と言われました。

責任者と社長さんにお話しすると、私がそれを望むならば、そのように対応する。との事でした。

ここまで書くと、それなら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーでは、今は工事が混んでいて、いつ修理できるかわからない。と言うのです。

モタモタしていると夏が終わるかもしれません。

あと、ハウスメーカーに、周囲の1~2mmの傷の他に、先行ドリルの穴がうまく伝わったかも不安なのです。
実際、強度的にどの位、問題となるのでしょうか。
少しでも強度に問題があるのならば、この夏、エアコンがなくても徹底的に修理したいと思います。
強度に問題がないのであれば、業者と何らかの妥協点を探りながら、早めにエアコンをつけてもらおうと思います。
実際強度的には、どんなものなのでしょうか。
私としては今後、どのような対応が出来るのでしょうか。

家を大事にしてきて、今まで、ピン一つ刺したことがなかった(各部屋にピクチャーレールをつけてもらい時計、カレンダー等はこれでぶら下げる。)ので、とても悔しいです。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の...続きを読む

Aベストアンサー

実際問題、2×4なら1本のスタッドにその程度の穴どころか、スタッドを切断しても、家全体の耐震性が著しく損なわれることはないでしょう

マイナスはゼロではありませんが、ほとんど無視できるレベルです

ただ、気分的には著しい損害です
私なら絶対に嫌ですね

それに、ハウスメーカーの保証も、その部分が原因の不具合は、対象にならないでしょう

私なら、今夏はエアコンをあきらめても修理してもらうでしょう

とりあえず、別の部屋には細心の注意を払ってもらって、エアコンを取り付けてもらい、暑い日はその部屋で過ごします

でもしかしスタッドの場所を探る機械がホームセンターとかで2千円くらいで売ってますけどね
それ使えばこんなヘマはしないだろうに

多分そこの業者はいつもこんなことをやっているのでしょうね
2×4ならなんとか大丈夫ですが、在来工法だったら大変なことです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング