幕末の頃の42両の価値は現在の貨幣価値でいくらくらいになるのでしょうか。また、当時の長屋に住んでいる職人の家庭では年間どのくらいあればそこそこの暮らしができたのでしょうか? どなたかおわかりの方、具体的にお教えくださいませんでしょうか。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

幕末は貨幣価値(当然物価も)の変動が大きいので


安政の大獄で有名な安政期とします。
江戸時代の物価は初期は安定していましたが、経済の
拡大につれ徐々に上昇し、そのたびに改鋳で、貨幣の
通貨高をふやし価値を下げてきました。

物価については文政時代のデータは先答の URL や
諸本にかなり詳しく載っていますが、安政期以降は
はっきりしません。

そこで改鋳による貨幣価値の変化を見ましょう。
一両金貨(小判または判金)の中の純金量。
慶長15.1g  文政7.3g 安政5.1g 万延1.9g
万延の改鋳で貨幣価値は約4割に、物価が連動すれば
約2.5倍になったわけです。  (安政期を選ぶ理由)

江戸時代は貨幣の分析技術は高く、改鋳後は直ちに
大手両替商が含金量を調べ全国に伝わりました。
(灰吹き金精錬技術の応用です)

両と円の換算は条件(物価、環境、生活水準など)により
異った数字になりむずかしいのですが、おおよそ1両が、
慶長30万円、文政15万円、安政10万円、万延4万円
と見るのが妥当と思います。

幕末安政期、長屋住まいの家族持ち職人の年収は
30両(先答えのURLの文政期20~25両)くらいでしょう。
今の300万円位というところですか。
(江戸中期の力士の給料10両から10両の名がついた)


42両というと420万円位で1年半近く暮らせた金額です。


専門的な話ですが以上は金から見た貨幣価値で、
慶長金は安政金の3倍位の価値があるのですが、銀や
銅から見た貨幣価値はこれとは異なるという問題が
あります。
    • good
    • 0

幕末はハイパーインフレの時代でした。


乏しい生産物が輸出されてしまって市中に物がない。

おまけに幕府のタガが緩んだのをこれ幸いとばかり贋金が横行していました。
慶応ごろには幕府や新政府が率先して
何百万両もの金メッキしたような2分金を発行してたんですから
何をかいわんや。藩札私札も乱発に次ぐ乱発。

おまけに庶民が頼りにしていた天保銭までも薩摩や土佐その他の諸藩で
山ほど贋金が作られていたんですから
もう貨幣価値なんてグチャグチャです。藩によっても違いますしね。

1両は4分といった法定交換率まで無視されていたらしい。
1枚100文の偽天保銭を作る原料として鋳つぶされるため、
銅銭の価値が高騰したりもしています。

相当の経済学者でも幕末専門でない限り
あの時代の貨幣価値については簡単に答えられないだろうと思います。
    • good
    • 0

貨幣価値は他の方の回答のとおりですが、「年間いくらなら生活できたか」というのは、現代人の年収の感覚で考えても無意味です。


なぜなら、当時の人たちに「年収」という概念はなかったからです。あ、武士なら年収ですけどね。
当時の町人は「お金がなくなれば働く。あれば働かない」という現代日本人からするととんでもなくプーな暮らしぶりでした。「毎日働くのは野暮だ」という価値観だったんです。
実際に、幕末に江戸で外国人向けの家を建てるとき、「大工が何人来るかはその日にならないと分からない」ということに非常に外国人が腹を立てたという記録が残っています。
これは、当時の江戸では火事が多くて貯金しても火災で失われるリスクが高かったのと、今の銀行のような庶民の貯金を預かってくれるシステムがなかったからです。
だから、「年間どの程度でそこそこの暮らしができたか」ではなく「結果として年収にふさわしい暮らし方をしていた」というのが近かったと思います。
    • good
    • 0

庶民の生活と収入について



江戸時代ですが参考にして下さい

参考URL:http://park5.wakwak.com/~toshkish/kakei/kakei03. …
    • good
    • 0

幕末はかなり変動したらしいですね


参考サイトをご覧下さい

参考URL:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~wonomasa/kahei.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北宋時代の銀10万両、絹20万両の価値

今の日本円に換算すると、どれくらいになりますか?

Aベストアンサー

 以下のページだと「金0.1両=銀1両=銭1000文(1貫文)=米1石=絹1匹」ですから、
   http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/C007.htm

 「銀10万両、絹20万匹」(絹20万両じゃなく絹20万匹ですよね?)だと、米30万石に相当しますね。

 おおよそ、 米1石 ≒ 米1000合 ≒ 米150,000g = 米150Kg で、米5Kgを2000円とすると

   30万石 × 150Kg(1石) × 400円(1Kgあたり) = 180億円

 禁軍兵士の年収の50貫を同様の方式で計算すると
   50貫 × 150Kg × 400円 = 300万円 でそれっぽい数値になります。

Q当時の価値を現在の価値に換算する目安になるサイトを探しています。

たまに明治のお金を現在の価値に換算すると何円とかテレビでやっていたりしますが、各時代ごとの換算の目安にやるようなものをまとめたサイトってないでしょうか?

Aベストアンサー

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人々の作品)で、田山花袋の「田舎教師」には明治35年頃の商品の価格が以下のように記載されています。(1円=100銭、1銭=10厘です。)

煙草:10銭 車(人力車)代:30銭 弁当:4銭5厘 ラムネ:3銭5厘 梨:1銭5厘 
認印:25銭 名詞:22銭 歯磨きと爪楊枝:3銭5厘 筆2本:8銭5厘
硯:14銭 帽子:1円15銭 羽織:1円75銭 へこ帯:30銭 下駄:14銭5厘
遊郭での遊び:2円

この物語の主人公(埼玉県羽生近くの小学校の新任教師)の初任給:7円60銭

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人...続きを読む

Q江戸時代の半ばのころ、江戸の長屋に住んでいる職人の夫婦は、どの位の生活費が掛かったのでしょうか?

江戸時代の半ばのころ、江戸の長屋に住んでいる職人の夫婦は、どの位の生活費が掛かったのでしょうか?

Aベストアンサー

以下のサイトによると年間の生活費は約20両。 1両約13万円ゆえ、大体今の260万円ですね。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1318902180

Q明治末期の貨幣の価値

明治末期(1900年代)から大正年代の1円、1銭は現在のレートで言うといくらぐらいになるのですか?
だれかご存知であれば教えていただけますか?

Aベストアンサー

明治30年頃の1円が現在の貨幣価値にすると、大体2万円ほどだということです。

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s994.htm

Q10万貫という貨幣単位は今の価値で言うとどれくらいでしょうか?

色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます。

物語で10万貫というお金の単位が出てきました。

これは今の貨幣価値になおすといくらくらいに相当するのでしょうか?

かなりアバウトでもよいので教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

結論としては、『銭』10万貫であれば、現在のお金で約10億円のようです。
「貨幣価値の換算」が「色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます」ということは既に理解されているようですが、
http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei.html
が参考になるでしょう。
銭1貫が約1万円とすれば、銭10万貫は約10億円という計算になります。概ね「普通の人が想像できる範囲の巨額のお金」ではないでしょうか。

ただし
「10万貫=銭10万貫=現在価値10億円」
というのは、江戸を中心とする「金遣い経済圏」の話です。

大坂を中心とし、東北地方の日本海側にまで広がる「銀遣い経済圏」の方が江戸時代の日本では大きかったのですが、そこでの話であれば
「10万貫=『銀』10万貫=現在価値1千億円」
となります。上記のHPを再度参照して下さい。
(銀1貫=現在価値100万円)

ただ、いくら物語であっても「銀10万貫」というのはあまりに金額が大きすぎて現実的ではないでしょう。

江戸時代の大商人で「越後屋」を創業して大成功し、現在の三井グループにつながっている三井高利という人がいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E9%AB%98%E5%88%A9
天下の大商人と言われた三井高利の遺産は、銀4900貫であったようです。現在価値で言うと50億円です。銭に直すと50万貫になります。
http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-19.html

結論としては、『銭』10万貫であれば、現在のお金で約10億円のようです。
「貨幣価値の換算」が「色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます」ということは既に理解されているようですが、
http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei.html
が参考になるでしょう。
銭1貫が約1万円とすれば、銭10万貫は約10億円という計算になります。概ね「普通の人が想像できる範囲の巨額のお金」ではないでしょうか。

ただし
「10万貫=銭10万貫=現在価値10億円」
というのは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報