プログラミングを数学の一部とする人達と、
エンジニアリングとする人達がいると聞きましたが、
実際にそういったお仕事をされている方々から見ると
プログラミングとはどのようなものなのでしょうか。
思うところを教えていただけると幸いです。

A 回答 (4件)

数学の理論、数値解析や、まあ私の場合統計処理とかが多いのですが、そう


いったものを利用して役立てる場合はもちろん数学の一部といいますか、
その応用というか実務への展開といいますか、そういったものになるで
しょう。

そういえば理学部と工学部の違いを言ってたひとがいて、「解無し」とか
「不定」で終わる理論でも、現実として「ある程度信頼性がある値を
ひねりだす」ことが要求される場合があると。なんとなく分る気がします。

ところで、「プログラムを書く」という行為自体もその対象となりますね。
例えば「バグがまったくないことを証明する」とかいう議論はもう数学
以外のなにものでもない気がします。一方でXPのように「とにかくテスト
しまくってユーザから文句が出ない開発手法をやってみよう」などという
現実的な方策も議論されています。

私は研究職ではありませんから、やはり立場としては後者ですね。もちろん
数学的に研究されたプログラミングに関する理論、アルゴリズムやらデータ構造
やらもちょっとは会得しているところもありますが、基本的には、
「うまくお仕事をこなす」ことを目指します。それでお金をもらっている
わけですので。
    • good
    • 0

個人的感想だと、数学やさん理論をつくって発表して数学よりのエンジニアが


それをもとに、各アーキテクチャに最適なライブラリをつくって
そのライブラリを買ってきて現場よりのエンジニアが開発してるって
感じがする・・・・・あくまで私の主観&偏見ですけど
ちなみに。。。現場よりのエンジニアもその理論の大筋の結果だけは
しっておかなきゃいけないことは当然ですが
    • good
    • 0

私は趣味でゲームを作って、仕事でシーケンスソフトを改造する程度なんですが・・・。


数学を知った上でのエンジニアリングだと感じます。
シーケンスソフトを改造している時はエンジニアリングだと思うのですが、やっぱり数学的知識が必要になったりします。

やはり今のプログラミングはノイマン型コンピューターを使っている以上、数学が必要になると思います。
それに、数学はいろんな分野で使うと思います。
切り分けは出来ないのではないんでしょうか。
    • good
    • 0

現在のプログラミングって言うのは、人間の「思考」の論理に出来る範囲


での論理的体現なので、やはり、エンジニアリングという側面が最も濃い
のではないでしょうか。

一方、論理に出来ない範囲や、感情的体現でプログラムができる(未来で
はきっとこうなるでしょう。)とすれば、それはすでにエンジニアリング
という言葉でもニューロンという言葉でも言い表せないような新概念でし
ょうね。

数学的というのは、この論理的体現の最も平易な意味での極値なのではない
でしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ