人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

経理事務です。
請求書の締日について理解が乏しいので教えて下さい。以下、私の認識なのですが、誤りなどご指摘下さい。

・自社は、月末締め翌月20日支払い
⇒うちの会社は、毎月1日~月末の間にしてもらった仕事の分を、翌月20日に支払いますよ。

・費用の計上日
⇒上記の場合、例えば6月1日~30日分の請求書が7月頭に届いたとしたら、費用などの計上日は6月付で計上する。
○○○費/買掛金

仕入先から20日締(5月21日~6月20日)の請求書が、6月下旬に届いた場合、自社が月末締め翌月20日払いならば、7月20日に支払いをすればよいのでしょうか?費用の計上日は、5月21日~末日は5月、6月1日~20日分は6月に計上するのが好ましいけど、実務上は6月付で計上するのが好ましいでしょうか?

A 回答 (2件)

>・自社は、月末締め翌月20日支払い


⇒うちの会社は、毎月1日~月末の間にしてもらった仕事の分を、翌月20日に支払いますよ。

その認識でOKです。

>・費用の計上日
⇒上記の場合、例えば6月1日~30日分の請求書が7月頭に届いたとしたら、費用などの計上日は6月付で計上する。

その認識でOKです。

>仕入先から20日締(5月21日~6月20日)の請求書が、6月下旬に届いた場合、自社が月末締め翌月20日払いならば、7月20日に支払いをすればよいのでしょうか?

仕入先との間で絞め日と支払いの日が決まっているはずのでそこの部分を確認してください。
自社の月末締め、翌月20日支払いというのは自社の売上についての話です。

>費用の計上日は、5月21日~末日は5月、6月1日~20日分は6月に計上するのが好ましいけど、実務上は6月付で計上するのが好ましいでしょうか?

各月の正しい仕入金額等を把握するのには別々に分けて計上したほうがいいと思いますが、その分手間のかかりますので締めた日にまとめて計上してもいいですよ。
ただし、決算のときには必ず21日から末締めの分を計上しないとダメです。
    • good
    • 2

>例えば6月1日~30日分の請求書が7月頭に届いたとしたら、費用などの計上日は6月付で計上する。



6月度を締めた後に6月の日付の請求書が来ても6月付で計上することはできないはずです。

月末締めということは、6月末までに処理した請求書については6月度の費用としてけいじょうしますよ、ということでは?


>仕入先から20日締(5月21日~6月20日)の請求書が、6月下旬に届いた場合、自社が月末締め翌月20日払いならば、7月20日に支払いをすればよいのでしょうか?

その通りです。

>費用の計上日は、5月21日~末日は5月、6月1日~20日分は6月に計上するのが好ましいけど、実務上は6月付で計上するのが好ましいでしょうか?

好ましいというより、そうするしかないということでしょう。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求締日とは…。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを締日と呼んでいるようなのですが…。
これは『請求受付締日』ではないのでしょうか?
20日が『請求締日』だとすると、私の考えていたことに当てはめると
9月21日~10月20日までの請求金額で請求をあげるのだということになってしまいます…。

以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。
(本当に初心者なので、全然違うぞ!って指摘もどうぞよろしくおねがいします…)

こんな基本もわかんないヤツに経理やらせるなよ~と思われるでしょうが、
頑張って覚えていきたいので教えてください、お願いします。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを...続きを読む

Aベストアンサー

>うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが

売上先によって、20日締めと末日締めの会社があることだと思われます。

例)
 20日締め:8/21~9/20売上分
 末日締め: 9/1~9/30売上分

>以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。

これは自社の支払日を指すもののことではないでしょうか?

例)
 9/1~9/30の仕入れ金額
 9/1~9/30分の従業員給与
 これらが10/20に支払われる

これは私が以前勤めていた会社で
同様の表現をした場合、このようになると言う例を挙げてみました。
表現方法の問題なのであなたの会社の表現方法と同じとは限らないので前任者か同じ部署の方に確認をしておいた方がいいですよ。

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q請求書の必着日と締め日、どっちが先?

フリーになりたてのWEBデザイナーです。最初の仕事が終わり請求書を出そうとしています。
先方から「弊社は20日締め、翌月20日お支払いの、請求書は27日必着です」と言われているのですが、請求書必着の27日というのは、一般的には締めの月でしょうか、それとも締めの月の前の月のことでしょうか?
後者であれば普通、27日必着で翌月20日締め、翌々月20日支払いという言い方をしませんでしょうか?前者だと締め日より後に請求書が届くこともありますよね?
先方に質問しようかとも思ったのですが、ごく一般的なことだったら恥ずかしいな・・・と思い、こちらで質問させていただくことにしました。
どなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

≫「弊社は20日締め、翌月20日お支払いの、請求書は27日必着です」
 すべて当月のことです。
 今月を例にとると
 締め日 9月20日
 請求書 9月27日必着
    (郵送であればその日数を考慮し早く出すことになります)
 支払日 10月20日(土)
    (この場合は土/日は金融機関が休みになるので前日になるか
     翌々日になるかは契約しだいです。普通取り決めがなければ
     翌々日の22日(月)になると思います。

≫締め日より後に請求書が届くこともありますよね?
  それが当たり前です、締めないと請求書は発行できないと思います。

では、なぜ翌月の20日支払いなのに当月の27日までに必着するよう
要求しているのかというと、経理ではほとんどの場合発生主義で
行っている企業がほとんどで、9月に発生した取引は9月に計上する
ために月内に届くように要求しているのです。


  

Q請求書の〆日について

「請求書は20日〆である」ということは、請求書の作成日が20日までのものを受けつけるという意味ですか?それとも、請求先に20日必着で届けるという意味でしょうか?一般的な解釈を教えてください。

Aベストアンサー

製造業ですが
20日の納入分までを20日〆切の請求にいれます。
請求書は、前月21日付~今月20日までの請求明細をつけて、20日付で発行します。
作成は速くても21日になります。先方へ到着するのは23~24日になります。
「請求書が20日〆」の得意先は、請求書必着日を指定してくるところでも、早くて24日までに必着です。
「20日までに必着」と指定してくるのは、15日〆切の会社が多いです。
確かに、請求書到着が一日でも遅れると、当月請求に入れてくれない会社があるので、念の為確認しておかれたほうがいいと思います。

Q得意先と締日が異なる時の売上計上

当社は月末が締日なので、売上を月末に締めて得意先へと
合計請求書を発行しています。
先日、得意先から「うちの締日は20日なので伝票の処理上
20日で締めた合計請求書を作り直してほしい」と言われました。
こういう場合、20日以降から月末までの当社の納品分は、どのような処理をすればよいのでしょうか。
品物が先方にあっても在庫計上すれば問題ないのでしょうか。
本当に初歩的な事ですみません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4です。

>当社は3月が決算です。3月31日まで売上計上したとして、合計請求書は、先方の言うとおりに20日で発行してもかまわないのでしょうか?

はい。この件は、お得意様の都合に合わせるのが古今東西の商習慣です。請求書の発行というのは、会計というよりも営業に属する問題なのです。お得意様を大切にしなくてはなりません。

一方、3月21日から4月20日までの納品のうち、3月21日から31日までの納品を3月の売上にするのか、3月の売上にするのかは、会計の問題です。

3月が決算の会社なら当然、3月21日から31日までの納品を当期の売上に、つまり3月の売上にしなくてはなりません。1年に1回だけですが、請求書を見て、3月21日から31日までの納品を抜き出して当期の売上に計上して下さい。これが決算手続というものです。

Q請求書の支払い期限について

請求書に記載する支払い期限についてのルールまたは常識を教えてください。請求書の発行日または到着予想日から何日くらいの猶予を持って支払い期限を設けるのが適当なのでしょうか。30日とか45日とかを頻繁に見かけるようですが何かルールがあるのでしょうか。
ご助言お願いいたします。

Aベストアンサー

取引相手によって期限の定め方が異なると思います。
企業相手の取引などでは大方相手方の支払いサイトによることが多いと思います。
個人相手の取引では大方請求書が届いてから2週間から1ヶ月の期限を定めているところが多いいようです。

支払期限のルールは中小企業法で6ヶ月以内と定められているようですので、
その期限内で支払がされれば法律に抵触することはありません。

私の経験から企業相手の支払いサイトは
請求書締め日後30日~60日が多く、
最近の傾向は、支払サイトが30日以上に伸びる傾向があります。
企業相手の取引では相手方の支払いサイトにあわさせざるを得ない場合があります。

Q締め日は大体どのくらいが一般的か

これから起業しますが、大体皆さんどの位が一般的ですか?
業種はHP作成などです。印刷屋さんや外注のプログラマーなどが支払先です。

**日締め 翌月**日払い みたいな形で教えて貰えると参考になります。

Aベストアンサー

外注先へは、相手が個人なら30日以内、法人なら45日以内が一般的でしょう。月末締めにすると、経理処理でその月の経費の集計が楽だ、というメリットがあります。その段階で「未払い金」を計上しますので。
また、その仕事によって、受注した会社からの支払日に合わせて、その都度、相手と相談する、ということとでもいいと思います。規定でがちがちにしてしまうと、万一資金が不足したときに、自己資金を持ち出したり、先方に対して頭を下げなければなりません。「今回は20日に終わって、受け先からの入金が翌月末なので、入金ありしだい支払います」という形でもいいと思いますよ。起業してしばらくは、納得してくれるのではないでしょうか。

Q〆後の請求書はいつまでに送るものなのか?

派遣先(流通)で未経験の経理業務を、引き継ぎの殆どないまま、一人で任せられています。前任者のやり残しが多くファイリングも適当で困ることが多々あります。やり残された仕事、また、経理以外のPC操作や雑用もあり、〆の伝票処理だけに集中することはできず、時間的に全てを一気に処理することは不可能でした。その為、2月末〆翌末払の請求書の一部が5日(月)朝にはまだ発行・発送できていませんでした。事務員が相次いでの辞めた為、私より2週間早くから社長の奥様(経理はほぼ未経験)が事務を始められていますが、「幾らなんでも遅過ぎる」と叱声されました。前回請求分の月末入金(遅延もあり)を確認・入金処理をしてから〆ないと請求書に繰り越しがでる得意先もあります。週末が入って月曜日(5日)に請求書を発送するのが遅過ぎるとは思いませんでした。勤務先が支払う方は請求書が月初に届かなくても(実際現在も未着あり。)支払金額は分かっていて準備しています。それもあり請求書は速攻で送らなければいけないと考えていませんでした。
経理事務の常識としては、〆後、請求書はいつまでに発送していないといけないものなのでしょか。末〆なら1日には発送しないといけないのでしょうか。その場合は実際は28日位に〆ないと間に合わないと思います。どうぞご回答をお願いいたします。

派遣先(流通)で未経験の経理業務を、引き継ぎの殆どないまま、一人で任せられています。前任者のやり残しが多くファイリングも適当で困ることが多々あります。やり残された仕事、また、経理以外のPC操作や雑用もあり、〆の伝票処理だけに集中することはできず、時間的に全てを一気に処理することは不可能でした。その為、2月末〆翌末払の請求書の一部が5日(月)朝にはまだ発行・発送できていませんでした。事務員が相次いでの辞めた為、私より2週間早くから社長の奥様(経理はほぼ未経験)が事務を始められてい...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。
たしかに2月は、普段より営業日数が少なかったし、しかも、土日があったので、大変だったと思います。
今回は、5日発送でも、決して遅くは無いと思います。
仕方が無いです。

ちょうは(私も漢字を知らないのですが、超端かな?)扱いしても良いと、上司が言っているのなら、それでも構いませんが、もし、締め日までに大きな売上があったら、得意先(請求する相手のことです)からの入金が、遅れてしまいますし、決算の時は、避けたほうが良いと思います。

いろんな仕事を任されて大変だと思いますが、請求書発行の時期は、それを優先させるように心がけてください。

会計ソフトが、あるのに販売ソフトは無いのですか?
と、言うことは、請求書は手書きなのでしょうか?

私も、逆に仕入先(貴方の会社が支払う先です)からの請求書が、なかなか届かず、とりあえず、FAXやメールで、金額を教えてくださいとお願いしていました。

なので、郵送できない時は、とりあえずFAXで送るとかしてみては。

遅すぎる!と叱責されるほどのことでは無いと思いますが、上司の方も未経験なので、そう思われるのかもしれませんね。
前任者の方は慣れていたので、請求書の発行も早かったのでしょう。
一つ言えるのは、経理の経験が無い人は、時間ばかりを気にすると言うことです。

何度も言いますが、ミスをするよりは正確な数字を出すことのほうが大切なので・・・
相手からの、信用も失墜してしまいますので。

分引きが、得意先によって違うのも面倒ですね。

今月末は、すんなり、もう請求書発行できたの?と言われるようになりますよ。
あまり、気にせずに・・・

経験が、貴方を成長させてくれます。
こんなことで、落ち込まない、上司にムカっとしないでください。
あんまり、理不尽だと思う時は、少し、手伝っていただけませんでしょうか?くらいいっちゃいましょう。
文句ばっかり、言うなよ~と!
誰でも最初から完璧には、こなせないのが当たり前です。

NO1です。
たしかに2月は、普段より営業日数が少なかったし、しかも、土日があったので、大変だったと思います。
今回は、5日発送でも、決して遅くは無いと思います。
仕方が無いです。

ちょうは(私も漢字を知らないのですが、超端かな?)扱いしても良いと、上司が言っているのなら、それでも構いませんが、もし、締め日までに大きな売上があったら、得意先(請求する相手のことです)からの入金が、遅れてしまいますし、決算の時は、避けたほうが良いと思います。

いろんな仕事を任されて大変だと思い...続きを読む

Q請求書の日付と実際の支払日について

かなり初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願いします。
12月にとある業務を行い、ある方に手伝って頂きました。
うちでは月末締めの翌月末払いですので、その方に請求書を12月の月末までに送ってくださいとお願いしましたが、忘れていたみたいで結局請求書が届いたのは1月の中旬でした。
ですが、請求書の日付は12月と書いてあります。
この場合は請求書が届いたのが1月なので、1月末締めで処理をして2月末払いでも問題ないのでしょうか?
それとも、請求書の日付が12月なので、1月末に支払うべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは契約を確認したほうがいい。

「月末締め」ってのは、計算期間が毎月初から月末だという意味になるのが一般的だ。そうでなく請求書の到着日という意味にするのなら、そのように契約ではっきりさせておく必要があるだろう。はっきりさせていないのであれば、「月末締めの翌月末払い」だからといって請求書未着の場合に翌月回しにすることは出来ないと考えたほうがいいだろう。

また、契約に、請求書未着なら支払を1ヶ月遅らせるという定めがあるかどうかも確かめたほうがいい。そのような定めがあれば、遅らせる根拠となる。定めがなければ、遅らせる根拠に乏しい。


それから、建設業なら建設業法を確認したほうがいい。支払を遅らせると抵触するおそれがある。「国家が法令類で管理していることがらではありません。」という回答は間違いだ。なお、下請法で親事業者となるのは法人に限られるから、「貴社が下請法の対象ならばより注意が必要なことです。」という回答はあなたには無関係だ。


法に依拠すると、このような回答になるぜ。

Q請求日付と売上計上月について

皆さん、こんにちは。
売上計上月について困っていることがありまして投稿させて頂きました。
現在個人事業主としてソフトの受託開発を行っております。昨年9月頃からソフト案件の開発を行ってきまして、今月末(2月末)納品請求することになりました。ところが先方の得意先から昨年12月の仕入にしたいので、請求日付を12月20日にしてくれを言われました。その得意先は12月決算でして、その関係もあるようです。
決算をまたがる期間でしたので、先方の要望もわかるのですが、もし請求書を12月20日にしてしまうと、こちらとしては、12月売上計上にしないとまずいと思います。
しかしながら、私のところもも12月決算でして、既に締めを行っており、できれば節税もしたいので何としてでも当該売上は今年度で上げたいと思っております。
このような状況において、何か良い経理処理の方法はあるでしょうか。
恐れ入りますが、ご教授いただけたら幸いです。
どうか宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

なかなか得意先となると断る事ができない無理を言ってくるケースはありますよね。

どうしても12/20で作成しなければいけないし、自分のところが12/20で計上したくないのであれば、先方には、
どうしてもと言われれば作成はするけれど、こちらは正直に申告をするので、税務調査等で見つかった場合には一切の責任はとらない。と伝えたうえで請求書を渡すしかないと思います。

実際には完成して初めて売上になりますので、こちらの処理が正しいのは明白ですし、税務調査等があった場合には得意先に無理やり頼まれた架空請求書だと言えばあなたのほうには損失はないでしょう。
(相手先には確認がはいるかもしれませんが)

しかし、相手先が単発の仕事ではなく今後も継続した売上のあるところであれば、その場合仕事にも影響がでてくるかもしれませんので、相手先がどれほど自分にとって重要かを考えて処理をされるのがいいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング