人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
を読むと

・立憲政友会
1:内政は保守的
2:中国に対しては強硬外交
3:財政は積極財政であった。
 ↓
右寄り。

・立憲民政党
1:内政は自由主義的
2:中国に対しては不干渉
3:財政は緊縮財政であった。
 ↓
左寄り。

一方でhttp://www.geocities.jp/since7903/senzen-seitou. … の政党変遷図
および、http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question … をみると、

・立憲政友会
1:板垣退助の自由党由来。
2:自由党はフランスをモデルにした急進的な性格。
 ↓
左寄り。

・立憲民政党
1:大隈重信の立憲改進党由来。
2:立憲改進党はイギリスをモデルにした穏健な性格。
 ↓
右寄り。

なぜ、出自と実際の性格が異なるのでしょうか?
何かが、きっかけで変わったのでしょうか?


このあたりの事情について、ご存じの方がおられましたらよろしくご教示くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

creamysoft さん、こんばんわ。




立憲政友会は自由党とは別物です。確かに自由党の流れをくむ、星亨などの自由派憲政党を含みますが、この政友会ができる時点で板垣退助が事実上の引退に追い込まれます。他は伊藤の部下の官僚や他の民党関係者などで成立し、党首は伊藤博文です。そして党首の専制的な政党組織でした。だから急進的な政党にはなりませんでした。

立憲民政党に至っては成立は新しく、昭和に入ってからです。確かにこの党にも立憲改進党の流れをくむ加藤高明の立憲同志会が含まれています。これと尾崎行雄の政治グループとで合併した若槻礼次郎の憲政会と政友会に不満をもって離党して成立した床次竹次郎のグループの政友本党との合併でした。党首は浜口雄幸でした。

このことから、立憲政友会も立憲民政党もそれぞれ自由党や立憲改進党の流れをくむ勢力がいましたが、時代を経るにつれて新しい政治グループとの合併や分離を繰り返すうちに力が小さくなり、やがて、本来の性格から変質していったのです。
理由は党利党略がらみだと思います。

詳細なことは下記のURLを参照ください。
立憲政友会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%86%B2% …
立憲民政党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%86%B2% …
自由党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1% …
立憲改進党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%86%B2% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ithiさん、丁寧なご回答ありがとうございます。

>この政友会ができる時点で板垣退助が事実上の引退に追い込まれます。
そうだったんですか。この経緯を自分なりに探ってみます。

>時代を経るにつれて新しい政治グループとの合併や分離を繰り返すうちに力が小さくなり、
>やがて、本来の性格から変質していったのです。
>理由は党利党略がらみだと思います。
現代にも通ずる部分がありますね。。。

明治~昭和初期の政党は名前が紛らわしくってわかりにくいです。

また、よろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2013/07/07 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm

Q戦前戦後の政党

こんにちは。今回私は、戦前の政党と戦後の政党はどんなものがあったのか?をお聞きしたいと思い質問させていただきます。まず、内閣総理大臣が始めて施行され、伊藤博文がなりましたよね。立憲政友会と立憲民政党の二大政党でしたよね??そこから、どのように現代にいたるまで変化したか?なにしろいろいろな党があるもので、よくわかりません、それから進歩党が発足し、自由党と合同し、憲政会??でしたっけ。とにかく大まかにでいいので、戦前戦後大変でしたどちらでもよろしいです。それと確か、戦後は社会党が分裂し、自民党と社会党の55年体制でしたよね?お願いします

Aベストアンサー

サンフランシスコ講和条約の際ですが、「全面講和」か「単独講和」かで揉めていました。
保守的な自由党の吉田総理は「アメリカなど資本主義国とだけ講和して、中華人民共和国などは後回しだ」とする「単独講和」を進めていました。
しかし社会党は「それじゃ日本は西側諸国の一員になるということじゃないか。日本は戦争放棄したのだから、スイスみたいに永世中立であるべきだ。全面講和しろ」と自由党に反対します。
ただし社会党右派の人達は、社会党とはいえやや保守的ですから、「中国やソ連とは後で講和することだってできるじゃないか。全面講和に繋がるような単独講和ならOKじゃないか」と主張します。
そういうわけで、
社会党右派・・・単独講和
社会党左派・・・全面講和
という主張の違いが分裂の原因となったのです。
ただし右派も左派も講和条約と同時に調印された「安全保障条約」には反対でした。
さて革新政党である社会党と共産党の話ですが、
1950年に日本共産党は「所感派」と「国際派」に分裂してしまいます。「所感派」は武装闘争によって目的を達しようとする人達ですから、「危ないことをする政党」ですが、国際派はあくまで平和的に言論で戦おうとしていました。
当初は所感派のほうが多かったのですが、武装闘争は国民の理解が全く得られず、選挙で惨敗し、その後は正当な政治活動をするようになり、1960年には安保改定に暴力でもって反対する全学連を説得しようとしたりしています。
社会党のほうは危ない活動は最初からしてないと思います。
55年体制以降、「議会に議席を持つれっきとした政党が危ない活動をする」ということはありません。

サンフランシスコ講和条約の際ですが、「全面講和」か「単独講和」かで揉めていました。
保守的な自由党の吉田総理は「アメリカなど資本主義国とだけ講和して、中華人民共和国などは後回しだ」とする「単独講和」を進めていました。
しかし社会党は「それじゃ日本は西側諸国の一員になるということじゃないか。日本は戦争放棄したのだから、スイスみたいに永世中立であるべきだ。全面講和しろ」と自由党に反対します。
ただし社会党右派の人達は、社会党とはいえやや保守的ですから、「中国やソ連とは後で講和...続きを読む

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q戦前の日本は民主主義国家ではなかったのですか?

戦前の日本は民主主義でないということを言う人がいます。確かに男子のみの普通選挙であり、最後は軍国主義一色になっている感がありますが、欧米諸国も男子のみの普通選挙というのは普通であり、日本が特に遅れているわけではありませんでした(戦時中も議会が機能していました)。
また、戦時中は国民の多くが戦争を支持していたこともあり、民主主義が機能していなかったから戦争に突入したというわけでもありませんでした(アメリカは民主主義国家ですが、戦後に何度も戦争を仕掛けています)。
まあ、アメリカと戦争すると必ず負ける(当時の日本も勝てるとは思っておらず、最初に戦局を有利に進めて講和に持ち込む考えでいたようですが)ので無謀な戦争だったと後から見れば言えますが、戦争に負けたからといって戦前の日本が大国であった事実・民主主義国家であった事実まで矮小化するのはどうかと考える次第です。

Aベストアンサー

No8です。
私の回答の補足をさせていただきます。

このような質問では、いわゆる「統帥権干犯問題」が語られるようですが、それすら政党政治が原因になっています。

統帥権とは「軍隊の最高指揮権」であり、帝国憲法では以下のように定められています。

第十一條:天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第十二條:天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム


「統帥権干犯問題」ですが、元々は軍隊が言い出したのではありません。

ロンドン軍縮会議で日本政府が条約を調印したことについて、野党の「政友会」が前述の11条と12条を理由に天皇の統帥権を干犯していると問題化しました。

↑に対して、浜口首相は以下の答弁で退けています。

【最終権限は天皇にあるが、責任内閣制度なので内閣が条約を結んでもかまわない。
これが統帥権干犯なら、外務大臣が外交をするのは外交権干犯になる。】

しかし、この後に浜口首相は暗殺され、以後も軍部は内閣にこの天皇の憲法上の権限によって圧力をかけました。
マスコミや大衆も支持した為に、議会政治の機能が低下してしまいました。

↑の結果、議会で軍の発言力が大きくなったのは事実ですが、それも国民の指示を背景にした議会政治の中での事態であり、民主主義の範囲での事だと思います。


更に「軍部」の定義も問題になります。
陸海軍の総称なのか、陸軍(もしくはその一部)なのか等の他にも、
当時の陸海軍は対立しており政治的主張が一致した皆無です。
その上、両軍内での派閥もありました。
以上から「軍部」の方も独裁など、したくても不可能でした。

確かに軍は「軍部大臣現役武官制」を行使して何度も内閣に圧力をかけてはいます。
(軍部大臣現役武官制:扱いは文官だが武官しかなれない役職。)
これは、軍が軍部大臣を出さなければ組閣ができない&後任が決まらない ということです。

しかし、それによって軍主導の内閣を創っても、他の閣僚との対立による閣内不統一や、官庁の協力を得られないことによる辞職に追い込まれています。

このような状況によって、戦前の政権は短命でした。
敗戦までの8年間に総理7人と9の内閣が生まれています。
(戦時の東条内閣も国務大臣の造反で総辞職しています。)

https://www.youtube.com/watch?v=PA-dNAa8hi0

以上から、当時の日本は ダメな民主主義 ではありましたが、複数の政党が存在しており何度も政権が交代していることから、ナチスのような「ファシズム」ではないと思います。

本当に軍国主義だったら、このようなグダグダにはならなかったと思います。

No8です。
私の回答の補足をさせていただきます。

このような質問では、いわゆる「統帥権干犯問題」が語られるようですが、それすら政党政治が原因になっています。

統帥権とは「軍隊の最高指揮権」であり、帝国憲法では以下のように定められています。

第十一條:天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第十二條:天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム


「統帥権干犯問題」ですが、元々は軍隊が言い出したのではありません。

ロンドン軍縮会議で日本政府が条約を調印したことについて、野党の「政友会」が前述の11条と1...続きを読む


人気Q&Aランキング