最新閲覧日:

人は何故、水の上に浮くのですか?
論理的に知りたいです。
お願いします。

A 回答 (6件)

ボクサーでも、空気を吸っていれば水より軽いから浮くでしょう。

ボクサーは水泳できない、なんてことはあるまい。お相撲さんでも、おぼれたら沈むんじゃないですか?
アルキメデスの原理で、同体積の水と同じ重さの浮力を受けますので、体積を大きくすれば(ほとんど重さのない空気をすって)浮きますね。
ドザエモンは、体内でガスが発生して浮かび上がってきます。

ところで、金属ナトリウムって、ガソリン漬けでしたっけ?灯油だと思ってました。(高校の実験で1回みただけなので、灯油かガソリンか考えたことなかったのですが、ガソリンでは、高校の実験みたいに何個も使うと引火しそうに思いますが・・。
    • good
    • 1

siegmundさんのおっしゃるとおりです、はい。


比重でしたね、ハハハお恥ずかしい。
ちなみに18で合ってたんですね、良かった。
恥かきついでに、金属ナトリウムですが、
大きな薬局に行くと、ガゾリンに漬け込んだ
物を売ってくれますね、プールに投げ込んで
大爆発させて遊んだ、否、実験した事があります。
    • good
    • 1

コメントです.



> 元素表を見ると、浮くか沈むかわかりますよ、
> H+H+Oの重さをたせばいいんです

H+H+Oの原子量という意味だと思いますが,
これは H2O 分子がアボガドロ数個あるときのグラム数 (18グラム)です.
単位体積あたりのグラム数ではありません.
したがって,単に分子の原子量求めても水に浮くかどうかは分かりません.

金属ナトリウムは比重 0.97 で水に浮きますが,原子量は23です.
金属ナトリウムなんて持っている方は余りいないと思いますが,
水に入れると爆発したりして非常に危険ですので念のため.
    • good
    • 1

すみません、間違いがありました。


訂正します。

”厳密に言うと、体積辺りの元素の重さをたして、水の重さと比較して重いものは、沈む、軽いものは沈むです。”

これじゃあ、全部沈んじゃいますね(笑)
”軽いものは、浮く”の間違いです。

すみませんでした。
    • good
    • 1

体脂肪により、浮くか浮かないか決まります。


体の体脂肪が極端に少ない人、たとえば、
ボクサーのように極限まで、体脂肪を落とした人は、
浮かびません。
逆に、お相撲さんは、以外に泳ぎの達者な人が多いです。
脂肪は、油ですから、水に浮きます。
面白い話としては、木は水に浮くと思うでしょ?
実は浮かないんですねぇ、これが!
錘をつけて、水深2000mに木片を沈めた事があります。
水圧で、中に含まれていた空気が全て押し出された、
木片は、水に浮かなくなります。
厳密に言うと、体積辺りの元素の重さをたして、水の重さと比較して重いものは、沈む、軽いものは沈むです。
元素表を見ると、浮くか沈むかわかりますよ、H+H+Oの重さをたせばいいんです、(1+1+16?かな?ちょっと忘れちゃった恥ずかしい)
こんなところでどうでせう。
    • good
    • 1

人(十分空気を吸った状態)の密度は、水より低いからです。


・・・が、空気を全部吐くと、水の密度より高くなり、水に沈みます。
水より密度が低い物質(木や氷など)は水に浮きますし、水より密度が高い物質(金属やガラスなど)は水に沈みます。
本当は人は水より密度が高いのですが、体の中に空気が入る事により、水に浮くことになるのです。
船が金属で出来ているのに、浮く理由と一緒ですね。
ガラスのコップも、何も入っていなければ水に浮きますし。

こんな感じでどうでしょう?
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報