ネットが遅くてイライラしてない!?

大学時代から大学を卒業し現在25歳なのですが、約5年間オークションで利益を得て生活してきました。(月30万~50万の利益です。)
しかし、確定申告を行っていないので、肩書きは無職です。肩書きが、無職では、色々と都合が悪い事があるので、2004年度末には、きちんと確定申告をして、自営業ということにしたいのですが、それは可能なのでしょうか?
又、確定申告を受ける場合に、とっておくべき必要なものはどんなものがあるのでしょうか?
お手数ですが、お答えの方お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

オークションを継続的に行なって利益を得ている場合は事業所得となります。


なお、自分で使用するために購入したものを販売した場合は、課税対象外ですからその部分は除外されます。

事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告と納税がが必要になります。

このように、納税額が有ったら確定申告をすれば、事前に開業届を提出していなくても問題はありません。

経費については、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、パソコンなどの備品は、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円未満なら3年間で均等償却となります。

又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

いずれにしても、売上と仕入の明細と、仕入代金や経費として処理する場合の領収書を保管しておく必要があります。

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/ …

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

又、過去の分についても、上記のように納税額がある場合は、税法上は申告と納税の義務があり、無申告の場合は脱税となります。

税法では5年間、脱税など悪質な場合は7年まで遡って、税務調査を出来ますから、発覚した場合は、無申告加算金・延滞税など多額の追徴課税をされることになります

過去の分については、とりあえず収支を計算して、納税額かあるか計算してみましょう。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm
    • good
    • 0

そもそもそれだけの利益を出してらっしゃるのにはいったいどんな方法でやってやればそんなに儲かるのかをお聞きしたいですね。



どこかで大量仕入れでもして、それを出品なさっているんでしょうか。

そのノウハウを教えていただきたいものです。

しかし、こんな生き方は良くないと思います。

永続きするはずもないでしょうし、一度は社会人を経験しておくべきですよ。

だからこんなことも解らないわけです。

きつい言い方でごめんなさい。

オークションだけで食べていくというのはどうかと思います。

やるんなら、ちゃんとHPを立ち上げて、きちんと商売でやった方がもっと利益が上がるかもしれませんよ。

でも今の状態ではいずれにしても確定申告はしないといけないでしょう。

中途半端なことでしたらする必要はないでしょう。

だって、落札者がオークションで落札したものを必要経費で出していないと思いますので。

利益があってもばれることはありません。
    • good
    • 0

収入があれば納税をする…これが国民の義務です。


一方、「徴税」の方は、収入があるひとから行う義務がありますが、調査には限界があります。
このようなオークション収入に対して徴税することは、費用対効果でわりがあわないことでしょう。

確定申告は5年前までさかのぼってできますから、質問者さんの良心に従って納税してください。

25歳という年齢的に見て、「親の世話になっていた」は通用する話です。今までの納税分がなくても、税務署は何も言わないでしょう。
今後、わざわざ個人事業主として開業届けをださなくとも、確定申告のたびに白色申告をするだけでいいでしょう。
というのも、基本的にオークションでは、仕入れの費用とインターネット接続の費用しかありません(つまり青色に見合う帳簿をつけるメリットがあまりない)。とはいえ、青色(開業届けをだすと)にすると確かに税金がやすくなりますからメリットはあります。

ということで、自営業としなくても、個人として収入がこれくらいありました、費用はこれくらいでした、と確定申告するだけでいいと思います。
ずっとオークションで生活する・・・という「確定」があるわけでもないでしょうし(将来はどうなるかわからない、という意味。計画はどうであろうと)。

なお、自治体からくる「調査書」に対して、これまではなんと答えていたのか、興味があります。まあ、「収入なし」としていたんでしょうねぇ・・・(^_^;)。
    • good
    • 3

本職でない場合、オークションの収入は雑所得ということになります。


雑所得を確定申告するボーダーラインは年20万円です。
20万円を超えなければ確定申告の必要はありません。
ここでいう所得とは収入から必要経費を引いたものです。
確定申告では領収書やレシートが必要ですが、オークションではそれもあまりないので、よくわかりません。
月30万~50万の実績があれば個人事業主として開業できると思います。
所轄税務署に開業届出書、市町村役場に事業開始等申告書の提出で開業できます。
その場合、確定申告をしていなかったのがばれるような気がしますが・・・。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフオクで税務署からお尋ねがあるのはどれくらいから

今年に入ってから ヤフオクで毎月約30品で7~8万円分ぐらい落札されてるのですが、
これぐらいの取引をしていて、税務署からお尋ねなど来ることはありますか?
だいたいどれくらいの、出品・落札額・評価数の方を税務署は見ているのでしょうか?


私は無職で常時70~80出品 評価は300 収入?は控除ギリギリぐらいの35万前後になる予定。
一時所得50万 + 雑所得36万 計86万までは申告しなくて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

申告義務があるかないかの点。
一時所得50万円÷2=25万円
雑所得36万円
総所得61万円
基礎控除38万円
課税所得は61-38=23万円

他に所得控除がなければ、11,500円の申告所得税が出ます。
納税額が出るなら、申告義務ありです。

ヤフオクでの出品物は「生活用動産で不要になったもの」の譲渡は非課税です。
しかし仕入れて売ってるとなると「事業」です。
評価300というと相当な経験値です。継続的な取引者とみられると存じます。
当局はたまたま売ってるというよりも継続的な取引きをターゲットにしますので、調査対象にならない保障はないです。

確定申告書の提出義務があるかないかは、一度確定申告書を作成してみて納税額があるか無いか判断するしかありません。納税額がでるなら義務有りです。
最低限の基礎控除額は38万円ですから、課税所得が381、000円以上になれば申告義務ありとなります。

Q税務署は個人の副業の収入をどうやって調べる?

よく税務署が3~5年後に副業の税金を払えと言ってきて

追徴課税を請求してくると書いてありますが、

一度も税務署にいった事が無い人が

アフィリエイトや、ネット上でのコンテンツの販売で年間200万稼いだとして
(アルバイトなどの企業に勤めて入る収入は簡単にわかるので除外)

それをどうやって税務署が発見できるのでしょうか?

アフィリエイトのASPや、コンテンツ販売サイトから税務署に誰誰が何年にいくら売り上げて

いくら振り込んだという記録を全て税務署に提出しているのでしょうか?

提出していたとしても、税務署が動くのは年間1000万クラスの人間から狙っていくと思います

年間売上げ200万とかの人間だと何万人という人間がいるでしょうし、経費とかでもろもろ引かれて、数十万くらいの追徴課税しか狙えなくて

ノルマ制の税務署の人間はスルーすると思うのですがどうなんでしょうか?


あとASPやコンテンツ販売サイトからの振り込みを、たとえば10の銀行に毎月分けて

振り込んでもらっていた場合、税務署がどの銀行にいついくら振り込まれたかを全て把握するのも現実的に無理ではないかと思います

その個人がどこの銀行の口座をどれだけ持っているかなんて税務署はわからないでしょうし、

1つ1つ銀行に、この個人の通帳の入出金の情報があったら提出して下さいと申請を出すのも相当な労力になると思います。

それをましてや年200万程度の売り上げの人間を対象に行うとは思えません。


知り合いはRMTやパチンコで過去600万稼いでいたが一度も税務署から連絡が来た事が無いと言っていました。

ただし一度でも税務署に申告に行ってしまうと名前などが登録されてしまい申告を続けないと危ないとも言っていました

そういった情報はあまりネットには載っていなくて、税務署に申告しよう!とか申告しないと必ずバレます!などといった
嘘臭い脅し文のようなものは沢山ネット上で見受けられます。

現実的に考えて税務署が狙うのは年500万以上とか、ある程度のボーダーラインを決めてトップランカーから調査して潰していくという方法を取ると思いますが

みなさんはどうお考えでしょうか?

よく税務署が3~5年後に副業の税金を払えと言ってきて

追徴課税を請求してくると書いてありますが、

一度も税務署にいった事が無い人が

アフィリエイトや、ネット上でのコンテンツの販売で年間200万稼いだとして
(アルバイトなどの企業に勤めて入る収入は簡単にわかるので除外)

それをどうやって税務署が発見できるのでしょうか?

アフィリエイトのASPや、コンテンツ販売サイトから税務署に誰誰が何年にいくら売り上げて

いくら振り込んだという記録を全て税務署に提出しているのでしょうか?

提出...続きを読む

Aベストアンサー

NO6です。
「6割所得だとして、120万円の所得です。年にして9万円行かない追徴額ですが とありますが 以外と追徴額って安いんですね」とのこと。
全収入に税金がかかるわけではありませんので、その程度でしょう。

120万円所得だとして、基礎控除が38万円ありますから、課税所得は82万円。
所得税はこの5、21%ですから、47,722円。切り捨てて47,700円です。
住民税が(120万円ー33万円)×10%で87,000円。
まったくの所得控除(社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除など)を考えなくて上記の額ですから、所得控除がなにかあれば、合わせて9万円程度の追徴だという話になります。

それ以上に調査側の目的としては、上記の所得がある者(女性だとします)を妻としてる夫が、配偶者控除を受けてる場合です。
ご存じのように、年間所得が38万円を超えてる者を控除対象配偶者にはできませんので、夫が追徴されることになります。
38万円の否認で、夫の給与が高い場合には、その20%である76、000円の追徴になります。
「捕まえた本人の追徴だけでなく、その人を扶養家族にしてた人からも追徴ができる」という、一粒で二度おいしいキャラメル状態なのです。

ご自分一人でえっほっほと稼いで税金をごまかしてるだけなら良いのですが、夫の控除対象配偶者になってる妻が、年間38万円を超えた所得があるとなると、妻が税金の追徴を受けたというだけには済まずに、夫からも「こら!」と言われてしまいます。
このような扶養親族や配偶者控除を受けられない人を扶養親族にしてた人に対して「ちがってるぞ」というのを扶養是正というのですが、これは税務署から、なんと夫の勤務先に通知されます。
「税務署とのかかわりなど持ちたくない」性質の企業は多く、扶養是正を受けないように「妻や子の収入状態をちゃんと把握して、扶養控除をうけるように」と指示し、扶養是正がされる事自体を「会社があれほど注意してるのに、是正を受けた」として、考査のマイナスにする企業もあるのです。
これは、日々身体と神経をすり減らしてるサラリーマンの夫には大きく響くマイナス考査です。
本来、本人の成績とは無関係なはずなのですが、「会社の指示を守ってない」のがマイナスされてしまうのです。

ということまで知ってる賢い奥様は、税金申告をごまかすというリスクよりも「ちゃんと申告しておく」選択をされるでしょう。

すると、するとですね、その申告内容から税務署は「アフィリエイト収入の支払い先」などの情報を得ることができるというわけです。

また、意外に多いといわれるのが「たれこみ情報」。
どこどこの奥様は、アプリエイトだかアフリカエイトだとかをやってて、儲けていて、扶養家族になんてなれないらしいという情報を「あの奥様、ちょっと嫌いだからぁ、チクッてやろ」という「いやな女」が必ず町内にはいるのです。

なんで、そんなことを税務署が知ってるのだ!?
と驚いていてもしょうがないのです。
隣の奥様が税務署にチクッてるのであります。

世の中なんて、そんなものです。

NO6です。
「6割所得だとして、120万円の所得です。年にして9万円行かない追徴額ですが とありますが 以外と追徴額って安いんですね」とのこと。
全収入に税金がかかるわけではありませんので、その程度でしょう。

120万円所得だとして、基礎控除が38万円ありますから、課税所得は82万円。
所得税はこの5、21%ですから、47,722円。切り捨てて47,700円です。
住民税が(120万円ー33万円)×10%で87,000円。
まったくの所得控除(社会保険料控除、生命保険料控除、扶養...続きを読む

Q無職です。税金などいくらぐらい払えばいいの?

今、無職の23歳です。実家に暮らしています。自分の税金ぐらいは払おうかと思っているのですが、どの税金に対して、いくら払えばいいものかわかりません。親は面倒をみてくれると言っていますが、自分のことなので自分で支払っていきたいと思っています。税金、保険など自分が支払うべき金額を毎月、親に渡すつもりです。ここでは一般的成人が暮らしていくのに、毎月いくらお金がいるのか、ぜひとも教えていただきたいと思います。
国民健康保険は親の扶養に入れてもらっています。この場合、親にどのくらい払えば妥当なのでしょうか。あと、県民税、市民税はどのくらいの額なのでしょうか。他にも支払うべき税金などあったらご指摘、お願いします。

Aベストアンサー

【税金関連】

(1)所得税
 今年(2003年)1月から12月末までの収入が年間103万円以下なら所得税は0円です。還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。還付手続先は住所地を所管する税務署です。因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。

 <ご参考:小生回答者No.1>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=412128

(2)住民税
 収入が年間100万円以下なら住民税は0円です。住民税算出式は市区町村により多少異なりますが、主に前年の所得金額に応じた所得割と、所得金額の多少にかかわらず、一定の均等割(東京特別23区の場合は特別区民税分3,000円+都民税分1,000円)との合計額が住民税となります。住民税は前年の所得等により算出され、翌年の6月より支払いがはじまりますので留意が必要です。つまり2002年1月から12月の収入に対し、2003年6月よりの支払いとなります。

 http://www.taxanser.nta.go.jp/7300.HTM

【社会保険関連】

(1)年金関連
 
 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は全て国民年金に加入することになっています。自営業者、農業や漁業に従事している方は国民年金の保険料を自分で納めます。このような方を国民年金の第1号被保険者といいます。会社などに勤め、厚生年金保険や共済組合に加入している方は、国民年金の保険料を直接納めることはありません。これは厚生年金保険や共済組合が加入者に代わって国民年金に必要な費用を負担しているからです。このような方を国民年金の第2号被保険者といいます。従って、会社に就労しなければ第1号被保険者となります。保険料は13,300円/月です。加入手続は住所地を所管する市区町村役場国民年金課です。

 尚、保険料の減免については、市区町村役場を通して申請を行い、社会保険庁長官が認めた場合に限り免除されます(申請免除)。この申請免除については、平成14年4月分の保険料から、これまでの保険料の全額を免除する制度に加えて、保険料の半額を免除する制度(半額免除)が施行されてます。

 http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/qa/qa0601.htm#qa0601-q604

(2)健康保険関連

 国民健康保険料は各市区町村により違いがありますが、概ね前年の所得が関係してきます。因みに、東京特別区(23区)の場合の健康保険料の算出式は次の通りです。
 年間保険料(限度額53万円)=所得割額(世帯加入者の住民税合計額X194/100)+均等割額 (27,300円X世帯の加入者人数)
 つまり、lovebalanceさんが東京23区にお住まいでご両親に国民健康保険で扶養されるとした場合は、あなたを扶養する分の 年間保険料=(あなたの住民税×194/100)+27,300円となります。

 <ご参考:小生回答者No.2>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=360889

【結論】

 所得税  :0円
 住民税  :昨年の所得より算出され2003年6月より支払い
 年 金  :13,300円/月
 健康保険:年間保険料=(あなたの住民税×194/100)+27,300円

   
 

【税金関連】

(1)所得税
 今年(2003年)1月から12月末までの収入が年間103万円以下なら所得税は0円です。還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。還付手続先は住所地を所管する税務署です。因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。

 <ご参考:小生回答者No.1>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=412128

...続きを読む

Q20万以下なのですがヤフオクでの確定申告は必要ですか?

題名の通りなのですが
2014よりヤフオクで利用して一年で約16万ほどの利益がでました。
副業として確定申告は20万以上 で必要とのことですが
ヤフオクでの利益だけでみると20万いってないのですが
ヤフオクでの取り扱った金額が100万越えています。元値、利用料、送料負担など差し引くと20万以下でした。
元値や送料などいくらかかったのか記録はしています。
この場合、利益は20万以下なのですが取り扱った金額が100万越えている場合確定申告必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

「給与所得者で、給与・退職所得以外の所得の合計額が20万円以下なら申告は不要」なのは前述のとおりです。そして貴方は収入から必要経費を引いた利益(つまり所得)が16万円なのですから、取扱いが100万円を超えていようがいまいが、申告不要です。
 とはいえ内容に疑義がある場合はのちに調査の対象となる可能性はゼロではありませんがら、お書きのように「元値や送料などいくらかかったのか記録」していることは賢明です。

 ただし、上記は確定申告をしない場合の話です。もし医療費控除を受けるためなどの理由で確定申告をすることを選択した場合は20万円以下の所得もすべて申告する必要があります。

(番号3より補足)

Qオークション収入の申告について

3年半前から商品を仕入れて出品し、今では月10万位の利益が出ています。
ただその収入が申告しなければならない金額とは思ってもおらず今まで無申告でした。
今年は申告をして、その前の分も期限後申告をしようと考えています。

質問ですが、私は出品も落札もしているのですが
その出品の中には数回着用したような洋服や雑貨、電化製品など家庭での不用品の出品もあります。
そのようなものには課税されないらしいので、申告の際はその分を除きたいのですが
最近の分はなんとか思い出せたとしても、数年前の分は正直思い出せません。
またきちんと管理していなかったので、全て通帳などの入金をみながらの計算になるのですが
例えば出品の2割ぐらいが不用品の出品です・・といった感じで計算して申告しても
大丈夫でしょうか?

経験者の方など教えていただけると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私も以前お勤めしながら、ネットで荒稼ぎしてまして、いきなり税務署から連絡があってバレまして、過去5年分ぐらいを一気に追徴で食らいました。
特にネットの無申告はヤバイって税理士さんとかもいっぱい記事にされてるみたいです↓
http://www.cg1.org/knowledge/tyousa/090915.html

私の場合、なぜバレたのかははっきり分からないのですが、おそらく、何かのタイミングで通帳を全部みられたからだと思ってます。
税務署は金融機関経由で我々の通帳を全部チェックできちゃうんですよね。ほんといやらしいです。
ですので、今回の件でいくと、オークションの場合は、不用品とか新品とか中古品とか関係なくて、入金があった分に対しては税金を求められると思います。
ですんで、見合いの経費として、仕入の支払いが通帳に残ってるとか、領収書を貰ってるとかの対策がないと、税金の額が大きくなるのでかなり危険ですよー
あくまで税金は売上-仕入-経費に対してかかってくるので!!

自ら申告する場合でも、有る程度証拠が揃ってるぞという前提で進まれたほうがいいと思います。
自分で申し出ても後で調査でバレても結局払う額は同じだったー、だとあんまり意味がないかなと思うので。

自分の経験もあって言うのですが、ネット取引は通帳を通すので、バレる可能性が高いと思って、申告した方が気持ちの面で安定するかなと!
頑張って下さいね!!

私も以前お勤めしながら、ネットで荒稼ぎしてまして、いきなり税務署から連絡があってバレまして、過去5年分ぐらいを一気に追徴で食らいました。
特にネットの無申告はヤバイって税理士さんとかもいっぱい記事にされてるみたいです↓
http://www.cg1.org/knowledge/tyousa/090915.html

私の場合、なぜバレたのかははっきり分からないのですが、おそらく、何かのタイミングで通帳を全部みられたからだと思ってます。
税務署は金融機関経由で我々の通帳を全部チェックできちゃうんですよね。ほんといやらしいです...続きを読む

Qオークションを利用していて税務署から追徴課税された方っていらっしゃいますか?

会社員などがネットオークションを利用して20万円以上の売り上げがあると基本的には確定申告が必要であると思いますが、現実にはオークションなどでうっかり20万円以上の売り上げをしてしまって税務署から追徴課税がきたと言う話しは聞いた事がありませんし。現実的にはそこまで調べないのでは?と言う
意見がまわりには多いのですが現実にはどうなのでしょうか??まわりに追徴課税された方っていらっしゃいますか?ネット販売ではなくネットオークションに限った話でお願いいたします。

Aベストアンサー

給与所得者が給与以外の所得が20万円を超える場合は申告が必要です。
この所得とは売上ではなく売上ではなく利益のことです。

販売のために他から購入して売った場合に、売上-仕入原価-送料などの経費=利益(所得)となります。

又、自分や家族のために買ったものが不要になって、オークションなどで売った場合は、生活用動産を売ったことになり、その利益は非課税ですので申告の必要はありません。

従って、事業としてやらない限り、税金が課税される事例は少ないと思います。

Q無職です。収入が10万円ありました。

長らく無職で家の手伝いなどをしており
父の扶養になっております。
何年か前にゼロと確定申告してから
確定申告などもしておりませんでした。
保険は被保険者の社会保険です。特に医療費もかかっておりません。
昨年絵を描く仕事で僅かですが10万円ほどの収入がありました。
その仕事を受けた会社から支払調書が送られてきて
105000円の支払い金額と源泉徴収税額10000円という記載のある書類が
送られてきたのですが、年間二十万円以下は確定申告を
しなくてもいいということなのですが、何かほかに申告しなければ
いけないこと、もしくはこのまましなくても大丈夫なのでしょうか?

初めてのことでどうすればいいかわからず、お教え頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>105000円の支払い金額と源泉徴収税額10000円という記載のある書類が
送られてきた…

「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」ですよね?

『[PDF]報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf

>年間二十万円以下は確定申告をしなくてもいいということなのですが…

「年間二十万円」は「給与所得者(給与所得のある人)」などの「副収入」に関する規定なので、10010190さんは当てはまりません。

なお、「源泉徴収されている」=「給与所得」ではありません。

『Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01

10010190さんの場合は、(4)に当てはまります。

>>(4) (1)~(3)以外の方の場合
>>各種の所得の合計額…から所得控除を差し引き、その金額…に税率を乗じて計算した所得税額…から配当控除額を差し引いた結果、【残額のある方】は、確定申告が必要です。

「105000円の支払い金額」を当てはめると以下のようになります。

・各種の所得の合計額→「105000円-必要経費」
・所得控除→「最低でも38万円(基礎控除)」

「105000円-必要経費」-「最低でも38万円(基礎控除)」=0円

ということで、「残額(納めなければならない所得税)が0円」のため、「所得税の確定申告」は「しなくてよい」ことになります。

>何かほかに申告しなければいけないこと…

「住民税」は、「無収入」でも、原則、申告が必要です。
なぜかといいますと、「市町村」など自治体が行う「行政サービス」の「基礎資料」になるからです。

ただし、以下の「多摩市」の案内にあるように、「一定の条件」を満たすと「申告しなくてもよい」場合があります。(詳しくは【お住まいの】市町村にご確認ください。)

(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

>…もしくはこのまましなくても大丈夫なのでしょうか?

「住民税」についても、「105000円の支払い金額」ならば、「非課税」です。
これまで市町村から何も通知がないのであれば、何もしなくても問題ないとは思いますが、前述のとおり、詳細は市町村にご確認下さい。

※「住民税」には(所得税にはない)「非課税の基準」があります。

---
「所得税の確定申告」は、「しなくてもよい」と結論が出ていますが、「所得税の精算」が行なわれませんので、「源泉徴収された所得税」は戻ってきません。(「還付」されません。)

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

「還付のための確定申告」は、「5年間」いつでもできます。

『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

他には特に「しなければならないこと」はありません。

(参考情報)

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm

---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『彦根市|住民税の非課税基準』
http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/zeimu/shiminzei/juminzei_zeitoha_mi.html#3
※「扶養人数」は、「税法上の扶養親族」のことです。
※「B.均等割の非課税基準」は市町村によって違います。(最低額が31万5千円、35万円の市町村があります。)

【税法上の】『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>105000円の支払い金額と源泉徴収税額10000円という記載のある書類が
送られてきた…

「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」ですよね?

『[PDF]報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf

>年間二十万円以下は確定申告をしなくてもいいということなのですが…

「年間二十万円」は「給与所得者(給与所得のある人)」などの「副収入」に関する規定なので、10010190さんは当てはまりま...続きを読む

Qオークションと確定申告についての経費(仕入れ代)

オークションと確定申告についての経費(仕入れ代)について質問します。

この何年か自営(請負)で仕事をしていて、白色申告でした。
昨年から収入が1/10以下になってしまったので、オークションを副業で始めました。

昨年の1月~7月の間の自営(請負)での収入は、、6か月で8万円でした。

自営(請負)の仕事は昨年の7月まででやめて、その後副業と考えていたオークションの収入だけとなりました。

オークションでの落札額は4,800,000円ほどですが、実際に利益として手元に残ったのは1,000,000円前後だと思います。
(…経費をどこまで計上できるかによって利益はかわってくるのですが)


そこで質問です。

(1)オークションは商品を仕入れて出品していたのですが、この仕入れ代は実際落札された分しか経費として計上できないのでしょうか?
落札されず残っているものが多数あります。

たとえば、昨年の12月までに仕入れにかかった経費はすべて計上していいのでしょうか?


(2)上記のような場合、開業届けは必ず必要でしょうか?
できれば出さなくていいなら出したくないのですが・・・


今年は給料をもらえる仕事を探し、昨年ほどオークション出品はしないつもりなので、開業届など出さなくも問題ないなら
出したくないと考えています。


(3)また、今年も白色申告をするつもりですが、問題ないでしょうか?

どなたか詳しい方教えて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

オークションと確定申告についての経費(仕入れ代)について質問します。

この何年か自営(請負)で仕事をしていて、白色申告でした。
昨年から収入が1/10以下になってしまったので、オークションを副業で始めました。

昨年の1月~7月の間の自営(請負)での収入は、、6か月で8万円でした。

自営(請負)の仕事は昨年の7月まででやめて、その後副業と考えていたオークションの収入だけとなりました。

オークションでの落札額は4,800,000円ほどですが、実際に利益として手元に残ったのは1,000,000円前後だと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…仕入れ代は実際落札された分しか経費として計上できないのでしょうか?…

「実際落札された分」です。

たとえば、当期より前に仕入れた商品が100万円分あったとします。(期首商品棚卸高)
 ↓
そこに、さらに100万円かけて商品を仕入れます。(当期商品仕入高)
 ↓
最終的に、当期売れたのが50万円分だった場合は、150万円分の商品が在庫として残ります。(期末商品棚卸高)
 ↓
これを公式に当てはめます。

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高
      =100万円+100万円-150万円
      =50万円

以下のリンクにありますように、「売上原価」が必要経費になります。

『No.2210 やさしい必要経費の知識 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
>>1 必要経費に算入できる金額
>>総収入金額に対応する【売上原価】…
『売上原価の計算(1)』
http://www.get-boki.com/archives/27/48/000139.html

※簿記を覚えるのがベストですが、「会計ソフトの使い方」を覚えたほうが楽です。

『会計ソフト de 確定申告』
http://tax.f-blog.org/

>…開業届けは必ず必要でしょうか?

「開業届け」は、「税務官庁に開業したことを届け出る」ということなので、「事業の開始」「納税の義務」とは無関係です。

『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

>…今年も白色申告をするつもりですが、問題ないでしょうか?

問題ありません。

「開業届を出していない(青色申告の承認は受けられない)」
  ↓
「青色申告の特典は受けられない」=「青色申告ではない事業所得の申告(=白色申告)」ということです。

(参考情報)

『青色申告と申告義務』
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d146.html

『◆白色申告で帳簿をつける方へ ~青色申告のメリット~』
http://ameblo.jp/choubokouza/entry-10514161846.html
>>…申告する時まで青か白か悩めるんです
『青色から白色へ変更 | 確定申告の相談室』
http://qa2.zeijimu.com/archives/213

---
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『確定申告で空いている時間は何時ごろ』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/797097.html

『大阪国税局からのお知らせ>記帳の仕方がわからない方へ』
http://www.nta.go.jp/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>…仕入れ代は実際落札された分しか経費として計上できないのでしょうか?…

「実際落札された分」です。

たとえば、当期より前に仕入れた商品が100万円分あったとします。(期首商品棚卸高)
 ↓
そこに、さらに100万円かけて商品を仕入れます。(当期商品仕入高)
 ↓
最終的に、当期売れたのが50万円分だった場合は、150万円分の商品が在庫として残ります。(期末商品棚卸高)
 ↓
これを公式に当てはめます。

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚...続きを読む

Q個人事業主で個人の私物を売る場合

個人事業主で個人の私物を売る場合について教えてください。

現在、個人で私物を売ってお小遣い稼ぎをしていますが、

軌道に乗ってきたので個人事業主になろうと思います。

そこで、これから個人事業主になる場合、今個人で所有している物(商品)は、

引き継ぎ売ることができるのでしょうか?

また売ることができるとしたら、それは私個人から個人事業主が買取る(仕入れる)

という形になり経費(仕入れ)になるのでしょうか?


今ある商品在庫(現在個人の私物)、来月私が個人事業主になったら、その商品の扱い

勘定科目はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

資産計上するのは「減価償却が必要なもの」と考えればいいと思いますよ。

ですから「10万を超える価値がある」ものは開業時に資産として計上しますがそれ以外のものは資産にはならないはずです。

たとえばパソコンであっても「10万超え」でなければ自分の私物を事業で使うことになったとしても「資産」にはなりません。

個人の私物を売却した場合は「事業外の収入」ですから「雑収入」として扱うべきでしょうね。

ですからオークションで実際にかかる「手数料」を除いた金額が20万を超えるようならば確定申告で「雑収入」として記載しなければならないです。

個人事業の場合はたとえ仕事でなくてもお金が入ってくれば「収入」として扱われます。

その収入が「事業に絡むもの=売り上げ」「事業外=雑」ということです。

Qどんな物を買うと税務署に未申告がばれるのでしょう?

確定申告せず税務署から知らせが来た!
という話。。。
まれに聞きますが何故ばれるのでしょうか?

何かおっきい金額の物を買ったから?
それはどんな物?
謎です。。。。

そこでみなさん!
下記商品のどのレベルで発覚すると思いますか?

とりあえず今回は乗り物限定で行きたいと思います!
設定は
『20代後半の日本平均月給を未申告でもらいうけてる人物がローンを組んで購入した場合』
です!

1、かっこいい自転車(10~29万)
2、中古のバイクor車(30~69万)
3、新車のバイク(70~119万)
4、新車の車(120~299万)
5、ハーレー(300~499万)
7、ベンツ(500~999万)
8、フェラーリ(1000万~)

※購入物と価格設定が合ってない(怒)!
とかは目をつぶって頂けると嬉しいです。。。。

では、みなさん宜しくお願いします☆

Aベストアンサー

所得税は確定申告とあるように
自分の収入はこうで、税法に従って計算すれば所得はこうなので
この額の所得税を納めますと自分から申告するのが筋です。
サラリーマンの源泉徴収は戦時に戦費を調達する為に始められた
ことですが徴収する費用が申告に比べて安いので
そのまま続けられているだけです。
申告しなければ税務署は申告しない人の収入も所得も知りません。
個人を特定できなければ開示請求もできないので
何らかの手段で網を張っているわけではありません。
個人から匿名でも通報は受け付けているので重要な情報源でしょう。
ガセや中傷目的のものもあるでしょうが
輸入のスポーツカーなどは任意保険料も高額ですし、
メンテや修理には国産車が買えるだけの費用がかかるので
維持できるというのはいい目安になるでしょう。
(ポルシェのブレーキは1脚分の部品代が180万円だそうです)
未申告が発覚すれば5年前に遡って徴収されますし、
悪質なら7年遡って調査されます。
余計な加算税も支払わなければなりませんし。

未申告では所得が確定していないので
所得証明ができませんから
保育所等の利用ができなかったり
自治体が行う補助金がうけられなかったり
優遇措置の対象にはなりませんね。
税務署は呼びつけたりしませんよ。
これから行くからと電話してきて直接やってきます。
現場でやらないと資料がないでしょう。

所得税は確定申告とあるように
自分の収入はこうで、税法に従って計算すれば所得はこうなので
この額の所得税を納めますと自分から申告するのが筋です。
サラリーマンの源泉徴収は戦時に戦費を調達する為に始められた
ことですが徴収する費用が申告に比べて安いので
そのまま続けられているだけです。
申告しなければ税務署は申告しない人の収入も所得も知りません。
個人を特定できなければ開示請求もできないので
何らかの手段で網を張っているわけではありません。
個人から匿名でも通報は受け付けているので重...続きを読む


人気Q&Aランキング