ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

スペインでテロがありました。常識的に考えれば
アメリカと共同歩調を取るイギリスを攻撃すると
思います。そう考えるとスペインはあり得ない
ですよね。となると国内の分離独立派がイスラム
教の聖典を置いたりして自作自演してるのではと
思うのですが。どうなんでしょう?

A 回答 (3件)

スペインのアスナール政権は米国と共同歩調をとっていましたので前提が当てはまりません。



それに共同歩調を取っていなくても、何らかの協力関係があれば、それを止めさせると言う点においてテロの効果があります。

テロリストが協力するのは何も不思議なことではありません。スペインではアラブ人は目立ちますし、爆薬などの入手ルートも「バスク祖国と自由」の方が詳しいでしょう。

「バスク祖国と自由」も最近は取締りが厳しいので新たに活動方針を変えた可能性も否定できません。
    • good
    • 0

効果的なテロを考えれば、選挙直前のスペインを標的にするのは妥当な狙いといえます。


アメリカにテロをしかけても、米国民はイラク侵攻をやめないからです。
テロの目的は「バスク祖国と自由」にかぎらずとも、殺人ではありません。
「独立認めて」とか「侵略やめて」といった主張を伴うものです。
自作自演をして他人の仕業にしては、テロの意味がありません。

蛇足ですが・・・
国家テロと言われるアメリカの軍事侵攻は、国益のための略奪行為ですので、テロとは言えません。
    • good
    • 0

スペインについて。



昨年3月のイラクへの武力攻撃を容認する決議案は
米国、英国、「スペイン」の共同提案です。
これだけでも攻撃対象になりますよね。

米国、英国に比べて警備の比較的手薄なスペインは攻撃しやすいということもありますよね。

ちょうどスペインの総選挙前で国論が当時の与党にやや不利に働いていたところに今回のテロ、得をしたのは(現与党はイラク撤兵に向けた動き)。

バスク独立派は一応武力行使を停止している状態。もし彼らがテロを行ったとしてばれた場合国内の同情派から総スカンを食うおそれあり。

というわけで私はモロッコ方面からのテロリスト潜入説を信じていますが、本当はどうなんでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング