お世話になります。

バカさ加減の表現の一つとして、「底抜けのバカ」と「底なしのバカ」、
どちらが日本語として正しい表記でしょうか?お教え頂ければ幸いです。
併せて、そのお説の元となるような参考資料(URL)等がありましたら、ご紹介願います。

本人の生活都合上、7月14日(日)までは、この画面を見ることができません。
お礼が遅れますことを予めご了承願います。
丁寧な「お礼の見本」とは程遠いものでしかありません。お許し願います。

それでは宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

辞書的に言うと「底抜け」みたいです。

底なしという語句は大辞林にはありませんでした。あくまでも個人的な感覚ですが、両者は微妙にニュアンスが違うような気がします。

底抜けの方は「底抜けに明るいやつ」とかいうように、なにかスカーっと気持ちのいい感じがするですね。なので「底抜けのバカ」って本質的にバカなのではなく、賢い人が馬鹿を演じそれがものすごく板についているというような感じがします。「底抜けのバカ=天才」というイメージです。

対して「底なしのバカ」は本当にバカで、何をやっても失敗し、それを改善しようともしない。馬鹿が計り知れないというイメージを抱きます。「底なしのバカ=究極のバカ」というイメージです。


以上はあくまでも個人のイメージです。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を有難うございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

辞書的な視点では「底抜け」のようですが、わかりやすい「底抜け」と
「底なし」の対比を用いていただき、感謝します。ありがとうございました。

おっしゃるとおり、「底抜けに明るいやつ」の言葉のイメージに沿うものかも知れません。本質的なバカではなく、賢い人がバカを演じ、それが板についている・・・
ちょっと喩えが違いますが、なにか、こう、「Mr. ビーン」を演じたローワン・アトキンソン氏のような・・・
もっとも、彼自身はオックスフォード大学出身のインテリだそうで、個人的には「底抜けの喜劇役者バカ」があれだけのコメディを生み出した、と賛辞を送りたく想います。(笑)


それにしても、おっしゃるとおり、「底なし」に「バカ」をつけると、これは、本当に、もう救いようの無いイメージですね。
ただ、これは一番目のご回答のお礼にも書きましたが、「底なしのバカ」には強い悪意、誹謗中傷の念が含まれているように感じます。とくにネット上の書き込みには、こちらのほうが多いようにも感じますし、見ていて気持ちのよいものでは有りません。

これも納得いくご回答でした。有難うございました。参考にさせて頂きます。

2013/07/14(日)20:21

お礼日時:2013/07/14 20:21

底抜けだと思います。


限りもなく、はなはだしいこと。底抜けのお人よし、底抜けの楽天家、底抜けの馬鹿

底無し、転じて際限の無い事 底無しの大酒飲み 底無しのパチンコ好き

広辞苑6参照

この回答への補足

この欄をお借りします。

拙い問いかけにもかかわらず、この愚問にお付き合いいただいたかたがたに、改めて心よりお礼申し上げます。いただいたご回答は、いずれも甲乙つけがたく、できれば全員のかたがたにポイントを進呈したいのですが、システムの都合上、お一人様にのみポイントを付与しなければなりません。どうか、悪しからずご容赦願います。また、質問文・お礼文・等、本人の語彙・見識不足、文章作成能力の乏しさ等により、不愉快な思いをさせてしまったことがあるやもしれません。併せてお詫び致します。ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

ありがとうございました。 lin(_ _)imo

2013/07/14(日) 21:14

補足日時:2013/07/14 21:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を有難うございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

こちらは広辞苑からのご出展のようですね。
やはり、辞書的な視点としては「底抜け」のようですね。なるほど・・・
「底抜け」「底なし」に続く言葉を幾つか示して頂き、有り難うございました。

「底抜け」と「底なし」では、やはりイメージが違いますね。

「底抜け」は、どちらかと言えば明るく肯定的で楽天的、対して「底なし」は暗くて否定的で悲観的、とは言いすぎでしょうけども、言葉尻のちょっとした違いで、こうも言葉の持つイメージが変わるものか、と改めて想いを強くするばかりです。

これは先のご回答のお礼にも書きましたが、「底なしのバカ」には強い悪意、誹謗中傷の念が含まれているように感じます。
ネット上の書き込みに限らず、見ていて気持ちのよいものでは有りません。ただ、インパクトは、たしかに「底抜け」よりは強く感じます。

これも納得のいくご回答でした。有難うございました。参考にさせて頂きます。

2013/07/14(日)20:57

お礼日時:2013/07/14 20:57

底抜けのバカ、の方に一票。



底なしってのは「吸い込まれそうに深い穴」めいたイメージを持ちます。
でも、どちらかと言えばバカは底が浅いほうですね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答を有難うございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

まずは「底抜けのバカ」に一票ですね。(笑)

「底なし」についてのイメージは、おっしゃるとおりのものなのでしょうね。「吸い込まれそうに深い穴」・・・例えば「底なし沼」のように際限の無い奥深さを感じますが、「バカ」はそれに反して「底が浅いもの」・・・
なかなか「言いえて妙」に感じますし、「底なし」には相通じ
にくいものなのかも知れません。

ただ・・・これは、あくまでも個人的な感想なのですが・・・
ネットなどを眺めていると、「底なしのバカ」の表記の目立つこと、目立つこと。
相手を誹謗中傷するには、こちらのほうがインパクトが強いように感じます。

よくわかりました。ご回答を有難うございました。参考にさせて頂きます。

2013/07/14(日)19:56

お礼日時:2013/07/14 19:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿

バカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿になって、本人も悩んでいたら、追いついていけない私はどうすれば、彼を悲しませずにすむのだろう。

私が笑われる大大大バカになる。

くそ。

なんでいつも遅くなるんだろう。

うん?それで?どうしたらいいの…?
わかったようでわかっていないので

頭の壊し方を教えてください。

Aベストアンサー

十分壊れてます。
安心してください。

Qパンフレットの日本語表現「~する」「~させる」の違いで、困っています。

定年後の、ある同窓サークルの幹事です。シルバーウイークのパンフレットを作成しているのですが、キャッチコピーを「定年後の人生を充実する」か、「定年後の人生を充実させる」かで、論客二人が譲りません。論理的、あるいは文法的な説明ができれば納得・解決できると思うのですが、どなたか助けていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

「充実する」は自動詞です。
自動詞とは、その動作・作用が他に及ばない動詞のことで、「を」格の目的語をとることはありません。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/99104/m1u/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%A9%9E/
「咲く」も自動詞ですが、「花が咲く」とは言えても「花を咲く」とは言えませんよね。それと同じです。
「定年後の人生を充実させる」が正解です。

両者の面目がつぶれないように新たな案にしたいような場合は、候補として以下を挙げておきます。
「充実した定年後人生」
「定年後の人生を充実したものに」
「充実の定年後人生を」

Q籠池証人喚問してるが 参考人承知と考えてたバカは今も馬鹿か?

籠池証人喚問してるが
参考人承知と考えてたバカは今も馬鹿か?

Aベストアンサー

合点承知之介

Q【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか? 「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」と

【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか?

「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」というタイトルで雑誌の特集を組んだら日本語に敏感な方からクレームが来るのか教えてください。

Aベストアンサー

さんぽ散歩  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E6%AD%A9

与謝蕪村は「門を一歩出れば、そこは旅」みたいなことを言いました。師匠と仰ぐ芭蕉のように旅に強く強く憧れましたが、家業の関係で実行できない境遇でした。
日常を離れるのではなく、日常の中にも旅はある、それが蕪村の到達点であり句作の原点でもありました。

はるかな旅も旅でしょうが、結局旅というものは私たちの心の中にある。旅をすればどんな人間かが出てしまう。つまらない人間はつまらない旅しかできない。

不況とかデフレとかで経済は上手く回っていませんが、それだけに身近な旅、心の旅が見直されているのではないでしょうか? クレームよりも好評の方が多いと思いますよ。

また、日本語に敏感であるならば、その自由度こそ日本語の優れた点だと認めてくれると思います。

Qバカ 自分は偏差値34くらいの馬鹿なんですけどじいちゃんと約束して偏差値40はある高校いこうねって言

バカ
自分は偏差値34くらいの馬鹿なんですけどじいちゃんと約束して偏差値40はある高校いこうねって言ったんですけどどうやったら効率よく勉強できるほうほうありますか?

Aベストアンサー

①自分をバカだと思わない事。

②偏差値にあまりこだわらない事。


③予習・復習が一番効率がいいです。

 【予習】…翌日やる授業の事前勉強のこと。
 
 国語なら、翌日やるであろう範囲の、読めない漢字の読み方を調べ、
 意味の分からない言葉の意味を調べておくだけで良い。

 英語なら、単語の意味調べをした後、
 英文を一度、自分で訳してみるだけで良い。

 数学なら、教科書にある「練習問題」を一度チャレンジしてみる。

 ……それだけでいいんです。
 それだけをやっておけば、自分がどこがわからないかも気づけるので、
 授業中、どこに集中して先生の話を聞けば良いのかがわかる様になりますから、
 効率良く、授業を受ける事ができます。



 【復習】…清書ノートを作成するだけ。

 授業中、黒板に書かれた事をノートにうつす=板書(ばんしょ)や、
 先生が口で言った事などをざーっと読める字でメモするのが『板書ノート』。

 そして、家に帰ってから、その板書ノートをキレイに書き直すのが
 『清書ノート』作成です。
 『清書のノート』=自分専用の参考書(カンペ)のつもりで書くのがポイントです。
 
 これだけで、頭の中を整理できます。
 そして、テスト前になったら、この清書ノートを見るだけで、
 すぐに思い出せますので、時間がかかりません。


同じ所を、⑴予習・⑵授業中・⑶復習 の3回も勉強する事になるので、
当然、理解度がぐーっと上がります。

なので、予習・復習は勉強の基本で、何よりも効率のいい勉強法なんです。

むしろ、それをしない人は、無駄な時間を費やし、
勉強ができていないとも言えるくらいです。



④人に教える。

 自分が理解しているかを確認できるのが、『教える』ってことです。
 実は、相手にわかるように説明できる様にするためには、
 しっかり理解できていないとダメなんです。

 曖昧な部分があると、上手く教えられません。

 なので、『人に教える事ができる=きちんと理解できている証拠』になります。
 
 ついでに、教えながら、再度自分も復習できるというメリットがあります。



⑤社会(歴史系)や現代文は、人物相関図を作ると良い。

 ドラマやマンガの登場人物の関係性を図にしているものがありますが、
 それを作ると、とってもわかりやすくなりますのでおススメです。



⑥社会は、教科書の文章を、自分で問題文に直していくと確実に成績上がります。
 教科書とノートと、赤ペンがあれば、それでできます。

 (   )年、
 織田信長が家臣の(     )の謀反にあい命を落とした。
 この出来事を「       」という。
 
 ……という感じです。





どれも些細な事ですが、
そういうちょっとしたコツコツした学習ができていない人が多いです。

最低限のことをしていないのに、効率のいい勉強!とか言う人も多いですが、
それは都合の良い話…というか、自分の実力を本当に理解していないと思うので
図々しいとも思います。


勉強できる人は、基本、これができている人です。

その課程で、自分に合った勉強法に気付くことができるようになるので、
より勉強ができるようになる…という流れです。

がんばれ〜

①自分をバカだと思わない事。

②偏差値にあまりこだわらない事。


③予習・復習が一番効率がいいです。

 【予習】…翌日やる授業の事前勉強のこと。
 
 国語なら、翌日やるであろう範囲の、読めない漢字の読み方を調べ、
 意味の分からない言葉の意味を調べておくだけで良い。

 英語なら、単語の意味調べをした後、
 英文を一度、自分で訳してみるだけで良い。

 数学なら、教科書にある「練習問題」を一度チャレンジしてみる。

 ……それだけでいいんです。
 それだけをやっておけば、自分がどこがわか...続きを読む

Q丁寧表現ですか、それとも謙譲表現ですか?

「私も参加させてもらってもいいですか?」
という表現は、(私としては、時として違和感を持つ表現なのですが、それはさておき、)
丁寧表現でしょうか、それとも謙譲表現でしょうか?

丁寧な表現だという方もおられるようなのですが、
私は「~させてもらう」というのは謙譲表現だと思うのです。

Aベストアンサー

参加させてもらってもいいですか?

この文章を単語に分解すると、以下のようになります。

サ変動詞「参加する」の未然形(参加さ)
助動詞「せる」の連用形(せ)→ 単独では「丁寧」
接続助詞「て」
補助動詞「もらう」の連用形(もらっ) → 謙譲語なら、「いただく」か?
接続助詞「て」
係助詞「も」
形容詞「いい」の終止形(いい)
助動詞「です」の連体形(です)→ 丁寧
終助詞「か」

ということで、文法的な解説では、謙譲の意味にはならないことになりますし、
謙譲なら、

参加させていただいて良いですか?

であるというもの正解です。

ただ、これとは別に、日常的なニュアンスとして、使役(上の分解なら「せる」がこれにあたる)を使って、自分を低める(ようするに謙譲)を表現することはよく行われています。
つまり、「自分は誰かに使われている→(仮想的な)誰かより下」というニュアンスで、謙譲表現をします。
ですから、

「私も参加します」(自分の意志として参加する)より、
「私も参加されてもらいます」(誰かに言われて参加する)が、より、謙譲的な表現になりますし、
さらに、「決定ではなくお伺い」ということで、
「参加させてもらってもいいですか?」は、より謙譲的な表現であるというのは確かだと思います。

※この表現、自主性に欠けるという取り方もできてしまうのではありますが。

参加させてもらってもいいですか?

この文章を単語に分解すると、以下のようになります。

サ変動詞「参加する」の未然形(参加さ)
助動詞「せる」の連用形(せ)→ 単独では「丁寧」
接続助詞「て」
補助動詞「もらう」の連用形(もらっ) → 謙譲語なら、「いただく」か?
接続助詞「て」
係助詞「も」
形容詞「いい」の終止形(いい)
助動詞「です」の連体形(です)→ 丁寧
終助詞「か」

ということで、文法的な解説では、謙譲の意味にはならないことになりますし、
謙譲なら、

参加させていただいて良いで...続きを読む

Q日本のバカ化現象 - 「 馬鹿に期待すべからず 」

昔の偉大な先人達は、自分達が経験した教訓を、
故事成語や諺として後生の人々に伝承しています。

例えば、
「 三つ子の魂百まで 」
「 馬鹿は死ななきゃ治らない 」
「 バカとハサミは使いよう 」

所謂、天才と呼ばれるカテゴリーに属する一員として、
私も次の諺を一つ創ってみたいと思います。

諺 「 馬鹿に期待すべからず 」
意味: 馬鹿に何かを期待すると、大抵は失望する結果に終わるため、
期待するだけ無駄である。そもそも、馬鹿に期待すること自体が馬鹿な行為である。

社会や組織の末端に属する人々は、所謂、馬鹿と呼ばれる人々です。
特に低所得者の比率が高い地域では、馬鹿の比率も高くなります。

この手の馬鹿と呼ばれる人々は、本来、「馬鹿と、それを叱責する者」が1セットになって、
第三者の目に映ることによって、反面教師としての存在価値がある訳です。

例えば、学校で馬鹿が馬鹿な行為によって、恐い教師に怒られると、
それを見ている周囲の第三者にとっては、何らかの教訓を学習する機会になる訳です。

ところが、最近の日本では馬鹿が野放しにされていて、
馬鹿の周囲にも馬鹿が感染し始めているような気がします。

例えば、ネット空間やSNSでは、バカッターや従量制で雇われているようなコメント業者が、大量に馬鹿コメントを撒き散らしていたり、
実社会においても、天才が生み出す知識を吸収できる所謂エリートと
呼ばれる人々でさえ、「 馬鹿(末端)に期待すべからず 」を実践出来ていないが為に、
傾くマンションを作ってしまったり、原発現場では人為的ミスによって放射能汚染物質を
流出させてしまったり、教育現場では容易に学級崩壊を起こしたりと、
日本のバカ化現象が徐々に進行しているのではないかと思います。

もう一度繰り返しますが、
「 三つ子の魂百まで 」
「 馬鹿は死ななきゃ治らない 」
「 バカとハサミは使いよう 」

プラス
「 馬鹿に期待すべからず 」

という事です。


皆様はどのように思われますか?

昔の偉大な先人達は、自分達が経験した教訓を、
故事成語や諺として後生の人々に伝承しています。

例えば、
「 三つ子の魂百まで 」
「 馬鹿は死ななきゃ治らない 」
「 バカとハサミは使いよう 」

所謂、天才と呼ばれるカテゴリーに属する一員として、
私も次の諺を一つ創ってみたいと思います。

諺 「 馬鹿に期待すべからず 」
意味: 馬鹿に何かを期待すると、大抵は失望する結果に終わるため、
期待するだけ無駄である。そもそも、馬鹿に期待すること自体が馬鹿な行為である。

社会や組織...続きを読む

Aベストアンサー

馬鹿は単純であり常に馬鹿な行動をすると期待できます。ところが、より知的な賢い人間はより複雑であり時に馬鹿なこともするので常に期待どおりにはならないのです。私たちがコンピューターに知性を感じないのはそのためだと思います。

Q焼き加減? 焼け加減?

焼き加減と焼け加減、どちらが正しいのでしょうか。
あるいは両方とも正しいのでしょうか。(その場合はニュアンスに違いはあるのでしょうか)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正しい正しくないは別として、「焼き加減」は主観的で、「焼け加減」は客観的な気がします。

Q馬鹿バカしいかもしれませんが

個人で100億円稼ぐのは計算したら意外と簡単ではと思いました。
まず、3300円の利益の出る商品を考えます。
次に、20年で100万個売れる商品を考えます
最後に、それを1ヶ月1個のペースで10年間考え出します。
これだけです。
3300円のうち特許料3%で100円が入ってきます。その100万個分で1億円、10年分のアイデアで120億円。意外な数字で驚きませんか?

Aベストアンサー

いや、すばらしい。
ワタシなどでは、「3300円の利益が出て100万個」売れる商品を考え出すことも、10年の間毎月行うこともコスト0で売る方法も考え付きません。
ぜひ実践して「100億稼ぐのは簡単」本を出してベストセラーにし、さらなる稼ぎを得てください。

Q「告った」「さ入れ言葉」「~させて頂きます」が嫌い

タイトルのままですが、私は「告った」という言葉が
大嫌いです。なんだか大切なことを汚しているような気がします。
例えば、「出産した」を「出した」と言い換えるくらい汚い感じがします。

その他は、「やら『さ』せて頂きます」というのもくどすぎて嫌いです。
文法も間違えてますしなにより語感が気持ち悪いです。
それに付随しますがなんにでも「~させて頂きます」というのも嫌いです。
やはりくどくて鬱陶しいです。卑屈な感じがします。

皆さんもそう思われませんか?
以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、(愛を)告白する。「彼女に―・ってふられた」
[補説]「告白る」とも書く。
==============引用終了


●さ入れ言葉
 現状では単なる誤用です。自分では使いません。
 でも、使いそうになることがあります(泣)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1286.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 6)がいわゆる「サ入れ言葉」になっている。
■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B9%B1%E3%82%8C
==============引用開始
使役の助動詞は、下記のように使う者が多いことから、五段活用動詞とサ行変格活用動詞の後では「せる」が使われ、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が使われるという規則が見出されてきた。

  やる(五段) → やら+せる
  叩く(五段) → 叩か+せる
  降りる(上一段) → 降り+させる
  受ける(下一段) → 受け+させる

しかし、一部では、下記のように五段活用動詞とサ行変格活用の動詞の後でも「させる」を使うことがある。これがいわゆる「さ入れ言葉」である。

  やる(五段) → やら+させる
  叩く(五段) → 叩か+させる

敬語(特に謙譲語)に不慣れな人が、過剰に敬意表現を並べてしまうために使われるのではないか、ということから若い世代に多いと言われる[要出典]。

「ら抜き」は以前から乱れの代表格として指摘されているものの、こちらは2000年代に入ってから取り沙汰されるようになった。特にバラエティ番組「SMAP×SMAP」のコーナー「ビストロSMAP」で中居正広が「(ゲストが注文した料理を)作らさせていただきます」と言っているのはおかしいのではないかと新聞に投書が掲載されたことがある。
==============引用終了

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●「~させて頂きます」
 ご指摘のとおり「なんにでも」つけるのは慇懃無礼で卑屈で気持ちが悪く感じます。
 ただ……どうすればいのかが微妙で、困っています。
 自分では極力使わないようにしています。

よくある誤用32──敬語編2「~させていただく」(「~させていただきます」も同様)
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n132890
 以下は一部の抜粋(重言)。
==============引用開始
●第2段階の説明(中級向け)
「敬語の指針」は一応の解説にはなっています。ただ元々の問題が微妙なんで、スッキリしない部分が残ります。
 結局どうすればいいのかがわかりません。
 よく見る解決策として、「~いたします」にすればいい、というのがあります。
 そのとおりだと思います。↑の「敬語の指針」の例で言うなら、下記のようになります。

1)取る→?
2)発表する→発表いたします
3)休業する→休業いたします
4)勉強した→勉強いたしました
5)卒業した→卒業いたしました

 2)~5)はこの形でOKでしょう。でも1)はどうしますか?
 悪い例としてあげられることが多い「歌わせていただきます」場合はどうしますか?
 場合によっては「お/ご~いたします」にできることもあります。
  答えさせていただきます
  →お答えいたします

 1)は「お取りいたします」にはできません。「お歌いいたします」も×でしょう。 結論としては、「~いたします」にできるものはそうすればいいことが多い、くらいでしょうか。「誤用」だとか「クドい」だとかメクジラを立てるのはどうかと思います。
 「~させていただく」がすべておかしいわけではないので、個々の例で判断するしかないということです。
 その際には以下の点に注意するとよいでしょう。

(1)「許可」「受益」の2つの要件を満たしているか
(2)「~いたします」で十分ではないか
(3)敬語ではない形にして考えてみる
==============引用終了

 お気持ちはわかりますが、こういう問題を「好き嫌い」で考えても……という気もします。個人的に嫌いな言葉はかなりありますが……。

●告る
 個人的には若者言葉の一種だと思います。自分では使いません。
 ただ、「俗」とはいえ辞書が採用したら、これは「正用」になる可能性もあるかと。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%8A%E3%82%8B-500026#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
こく・る【告る】

[動ラ五]俗に、...続きを読む


人気Q&Aランキング