新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJニコスがMUFGカードを出している(三菱東京UFJ銀行限定デザインのMUFGカードもあり)その一方で、三菱東京UFJ銀行が独自に三菱東京UFJ-VISAカードを出しているのはなぜでしょうか? この二つは、狙いとする顧客層が違うのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (1件)

三菱UFJニコスは、口座がどこの銀行かは関係なく全ての人をターゲットとしてます。


一方、三菱東京UFJ銀行がクレジットカードを発行しているのは、三菱東京UFJ銀行に口座を持っている人をターゲットとしています。
三菱東京UFJの銀行の発行しているカードも、実際の業務運用の大部分やシステム運用は三菱UFJニコスが行なっています。

三菱UFJニコスニコスは、日本信販とUFJカードとDCカードが合併してできた会社です。
このうち、UFJカードは東海銀行系のミリオンカードとJCBのフランチャイズのひとつである三和カードサービスが合併した会社で、DCカードは三菱銀行系のカード会社です。

かっては、銀行系のクレジットカードは銀行の子会社が発行していました(上記の三和カードサービスもそのひとつ)、2000年以降銀行が直接発行する形態に変わってきています。
都市銀行だけでなく、地方銀行も同様で、例えば千葉銀行はJCBカードとDCカードを自銀行で発行を行なっています。これも、自分の銀行の口座を持っている人の囲い込みです。

MUFGカードは、三菱UFJカードニコス合併後、新たなブランドとして立ちあげ、将来的には3ブランド(Nicos、UFJ、DC)を統一することになっていました。
UFJカードは既になくなりましたが、NicosとDCは一旦新規募集をやめたものの、その後復活しています。
これは、MUFGと言うブランドがあまりに知名度が無く、知名度のあるNicosを復活させたのと、DCカードについては知名度もそうですが、フランチャイズである各銀行の猛反対にあったと聞いています。
と言うわけで、本来は各銀行はMUFGカードを自銀行のクレジットカードとして直発行させられる予定だったのが、千葉銀行のようにDCカードを今まで通り発行しています。

ちなみに三菱東京UFJ-VISAカードは、DCカードの名前が一切見えませんが、DCカードのシステムで運用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/07/13 14:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング