寿命の近い親が「自分の骨は海に散骨してほしい」と言っています。
本気のようなのですが、
「海に散骨」はどの程度一般的なのでしょうか。
また、どのようにすれば良いのでしょうか。

親ですが、社会的にとても非常識な人間で、
先祖からの墓があるのですが、私の祖母と相性が悪い為、
本人もその墓には絶対に入りたくないと言っています。
自ら墓を買う予定もありません。

私も大嫌いな人間なので、墓参りに行く予定はありませんし、
私の先祖の墓にも入ってほしくありません。
出来れば遺骨も受けとりたくありません。

(人間として最低の人なので、↑の考えを改めるよう説得するレスは結構です。)


海に散骨する方法(死体遺棄にはならないのでしょうか?)
実際にした事がある人のお話
遺骨の受け取り拒否は出来るのか

をご存知でしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>遺骨の受け取り拒否は出来るのか



拒否というより、受け取らないという選択はできます。

火葬にするときに、遺骨は受け取らない・・と言う所に○を付ける。
(あるいは記入する)と遺骨は火葬場で処理してくれます。

これなら、散骨の手間も要りません。

火葬にしたときに、すべての骨が返ってくるわけではありませんよね。
それらの骨片というのか、それらを処理するのです。
そのときに・・一緒に。
これは、火葬場の内部事情の話。


>>海に散骨する方法(死体遺棄にはならないのでしょうか?)

火葬後の骨は遺体ではありません。
ですから、死体遺棄にはなりません。
    • good
    • 0

本人の希望だけでは済まないのですが・・・


親戚がいれば相談してみましょう。

火葬した骨は全てを受け取るわけでは無く、350ml缶~1lオイル缶ぐらいの大きさの骨壺分をもらいます。
後は斎場の職員が処分してくれます。

また、もっと小さな入れ物でもらうことも出来ます。
入れ物は自分で準備しないといけないでしょうけれど。
全く受け取らないと言うことも出来ます。

都会では多くなってきているようです。
斎場に誰も来ないと言うことも・・・
最後の最後は自分ではどうすることも出来ませんからね。
因果応報と言うことで。
貴方自身、私自身もそうなるかも知れません。

散骨と言ってもゴミ袋一つを巻くわけでも無く・・・
一握りほどを巻くのが普通だと思います。

海水浴場はさすがに迷惑でしょうから、それ以外のところ。
岸壁でも橋の上からでもOKです。
厳密に言えば違法投棄ですが、この辺は黙認されている範囲
罰金を取られたりすることは無いと思います。
    • good
    • 0

散骨は違法ではありません。


近年、そういう方が増えています。
自然葬(散骨)といって団体(協会、寺院)がたくさんあります。ちなみに数年前亡くなった叔父が樹木葬(散骨)でした。本人が先祖伝来の墓に入るよりも、生前よく上っていた山に骨をうずめたいと申しておりましたので、遺言状にも記載。余命宣告を受けた時に自ら某協会の会員登録をして居りました。
有名人では、石原裕次郎(海洋葬)、作曲家のいずみたく(空に撒いた)など。映画になった「世界の中心で愛を叫ぶ」でもオーストリア(?)の山頂で恋人の遺灰をまいたシーンがあった。

>遺骨の受け取り拒否は出来るのか
無縁墓地にでも埋葬したら。死人に口なし。でも、親せきや世間から非難を浴びます。

参考URL:http://www.sankotu-umi.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓の遺骨を出して散骨したい。埋葬許可書が必要?

寺院のお墓に、父だけが眠っています。
母は、「寺院にお墓を返し、自分が逝ったら 夫婦で海に散骨してほしい」と希望しています。 
お墓をお寺に返し、父の遺骨を取出し、自宅で数か月間保管し 時機を見て散骨しようと考えています。
そこで教えてほしいのですが
1、父の「埋葬許可書」は、お墓を管理するお寺に提出したものと考えられます。埋葬許可書をお寺から返してもらうのか  再度、市役所から 「埋葬許可書?」「改葬許可証明書?」のようなものを交付してもらう必要があるのか教えてください。
2、許可証なしに 父の遺骨を数か月間、自宅に保管する事は、法的に問題ありませんか?
3、許可証なしに 父の遺骨を自家用車で自宅まで または散骨場所まで 移送しても良いのですか?
4、散骨を業者にお願いした場合は、証明書を発行してもらえるようですが 自分で散骨した場合はどうなるのでしょう。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題ないよ
散骨が死者への畏敬の念をともなうやりかたであるかぎり
許可書も必要ない

Q父の遺骨と先祖の墓の継承について

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継承し、先祖の墓に父の遺骨を納めて面倒をみることになると思います。

しかし、生前の父の遺言?(書面はなく口頭のみ聞いた)で墓には入りたくないと言っていました。
母(父の妻)が亡くなったら一緒に樹木葬などで納めてほしいと。
それは、墓守になる私達の負担をなくすために、父が考えていたことのようです。
実際、私も墓の面倒をみるには負担が大きく、母も健康とはいえないため、墓守をする余裕がありません。
現在、遺骨は実家にあります。父の遺言に添い、先祖の墓に入れるつもりはありません。
私怨ですが正直な話、母を散々いじめた祖母のいる先祖の墓の面倒をみたくありません。
ただ、無縁仏にするわけにはいかないので、永代供養を考えています。

墓守候補として、父の兄(長男)が生きていますが、遠方住まい&自分用の墓を購入しているため、端っから入る気はないようです。
父の兄は祖母の面倒もみようとはしない人だったので、墓の使用権利者にはなってくれそうもありません。
(相談したところ、墓に父の遺骨を納めておまえらが面倒をみろ。長男の命令だ的な感じに言われました。)

皆様のお知恵をお貸し頂ければと思います。

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継...続きを読む

Aベストアンサー

ご先祖様のお墓を見ることができないとゆうことでしたら、永代管理(供養)して下さる納骨堂に変えることも考えられるのではないでしょうか?そしてお父様のお墓は近くで面倒見やすいところを探されてはいかがでしょうか?もちろん納骨堂をご利用することも検討のひとつと思います。

Q妻の両親が建立し遺骨が納められている墓に、夫の両親の遺骨も一緒にいれて

妻の両親が建立し遺骨が納められている墓に、夫の両親の遺骨も一緒にいれて良いのでしょうか。2つの家の墓を一つにすると良くないことが起きるので止めた方が良いと知人に言われたのですが。

Aベストアンサー

墓というのは一族の流れを示す家でもあります。従って一家系に一つ。
しかも一族でも、例えば長子一家(妻と未婚の娘を含む)は入れても、その他の家族は入れないというのが歴史の中での大筋です。
次男や三男は同じ墓地でも別に墓をあつらえたりします。
でも、元々天皇陵や徳川家を見れば判るように夫と妻も別でしたが、庶民レベルでは一つの墓に入っています。つまりルールというものはありません。

今回の場合は家系が別ですから、基本的には別の墓になります。
ただ、墓が家系(○○家代々)ではなく個人の墓であれば、そして両親同士が仲良く一緒に埋葬される事が望みであったならば可能です。その際墓石には両方の名前が入ります。
墓地に行ってみて下さい。二つの家の名前が書いてある墓石はたまに見かけるはずです。
この場合の問題としては宗旨がありますが、個人が気にしていなければ問題ありません。

但し、悪い事が起きるかどうかは、墓相を信じるか否かによって異なります。信じようと信じまいと人生山あれば谷ありですから、それを墓の所為にするか、しないかは貴方次第です。

Q死んだら、海へ散骨してほしいのは、間違い?

死んだら、永久に、お墓の骨壷に閉じ込められるのではなく、
海へ、海岸からでもいいから、散骨して欲しいと身内に言っています。

それは、間違いでしょうか?

理由は、
1.魂は、無いものと知っているから。=科学で証明されたので、有無を言えない...
2.骨を骨壷に入れておくのは、資源がもったいないから。自然へ撒いて、他の動物なり、
  植物なりの、栄養として活用してほしい。大切な地球の資源を有効活用。
3.魂があるとして、永久にお墓にずっといるのは、退屈すぎる。
4.海へ撒いてもらえば、日本中、海外、好きなところへ、魂が遊びに行ける。
5.お墓へ管理費を永久に払い続けるなら、子孫の育成の為に、そのお金を使って欲しい。
6.他にも色々理由がありますが、省略。
と矛盾だらけですが、こんな理由です。

Aベストアンサー

ファミリーコンフレクト研究のissychanこと石山智男です。将来散骨を含めて、供養のシステムが大きく変わると思います。散骨は都会型生活者の発想だと思います。日本は本土(本州島、九州島、四国島)と北海道、沖縄、周辺離島など、ほとんどがいなかです。つまりほとんど「いなかものの集団」国家です。そして子孫育成についてはこれも、いなかもの発想ですが、現在世帯の25%が一人、30%が二人、三人(老夫婦と未婚の子供)が25%です。残りの20%が4人以上の家族です。つまり子孫の利益発想はほとんど採用されなくなる社会になっていきます。子孫存続可能性のある世帯は10%以下になります(2025年ころか)。したがって散骨などのシステムではなく総数廃棄(火葬・風葬・土葬など)の時代になると思います。また、供養の制度や仏教檀家・神道氏子のシステムも存続不能になっています。したがって海への散骨自体が消滅してしまうと思います。供養は都会的インテリジェンスな発想です。供養、信仰などはおしゃれな発想です。地方での発展はないと考えられます。いなかは現実主義、都会がロマンティズム。逆だと思っていませんか。いなかのひとはおしゃれはしません。

ファミリーコンフレクト研究のissychanこと石山智男です。将来散骨を含めて、供養のシステムが大きく変わると思います。散骨は都会型生活者の発想だと思います。日本は本土(本州島、九州島、四国島)と北海道、沖縄、周辺離島など、ほとんどがいなかです。つまりほとんど「いなかものの集団」国家です。そして子孫育成についてはこれも、いなかもの発想ですが、現在世帯の25%が一人、30%が二人、三人(老夫婦と未婚の子供)が25%です。残りの20%が4人以上の家族です。つまり子孫の利益発想はほとんど採用さ...続きを読む

Q海上に散骨後のお墓参りについて

過去の質問を拝見しましたが、見当たらなかったので改めて質問します。

親戚の人が亡くなりまして、故人の意思により、海上へ散骨することになりました。

そこで質問ですが、散骨後のお墓参りはどうすればよいのでしょう?

1・散骨した海上へ、モーターボート等で出向いて墓参りをする。

2・故人の親族が埋葬されているお墓へ墓参りに行く。

3・墓参りには行かなくてよい。

上記の3つのうちどの選択肢になるのでしょうか?

詳しい方、ご指南いただきたいです

Aベストアンサー

私の母も遺言で海に散骨しました。
私が散骨の会社を探し、手配をいたしました。

散骨をしている会社に墓参りを聞きましたら、普通にお墓へお参りすれば良い、との事です。
なので普通にお墓へ行きお参りしています。

海へ出向いてのお墓参りは、船から花びらを海面にまくだけで(花束を海に投げ入れは禁止されているそうです)味気ないと言うことです。

2番が一番無難でしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報