三国志関連の書籍で、面白い小説を探しています。
現在、吉川・北方三国志、「反三国志」など、
(たぶん)メジャーだろう小説は読み終えましたが、
他にも色々と関連書籍があるようで…。
どうもどれが面白いのか分からないので、
もしお薦めの小説がありましたら教えてください。

私自身がどちらかというと蜀よりなので、
もし、蜀よりの本で心当たりがあればお願いします。
心当たりがないようでしたら、何でも構いません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 羅漢中『三国志演義』(平凡社)。

岩波文庫版は未見ですので。
 陳舜臣『秘本三国志』(文春文庫)。ご希望の蜀寄りではないのですが、蜀寄りだった私の熱を優しく醒ましてくれました。
 No.1さんの伴野朗は中国派遣の新聞記者上がりなら、No.2さんの柴田錬三郎は中国文学専攻という事もあるかも知れませんが、何より危なかしさがなく安心して愉しめます。
 ところで番外ですが、漫画でお薦めがあります。
 小池一夫/作、平野 仁/画『青春の尻尾』は若き孔明の不思議な世界を描いて印象が強く残っています。

参考URL:http://www.koike-shoin.co.jp/manga_2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「三国志演義」は有名ですよね。
「秘本三国志」、蜀よりの熱を醒ましてくれる…という言葉にどきりと。
ううん、思う存分蜀よりに読んでから最後に醒ましてもらおうかな笑。
伴野朗、柴田錬三郎の情報も有難うございました。
漫画、諸葛亮孔明は蜀の中でもひいきの人物なので、是非手にとってみます!

お礼日時:2004/03/30 09:26

漫画でよければ。


モーニングに連載中の「蒼天航路」がおすすめです。
かなり解釈が他の本と違うのでびっくりしますが、
各人の性格を自分で想像して、それと比較すると楽しいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は…昨晩、「蒼天航路」の一巻を読んだばかりです。
大体の情報はネットで集めていたのですが、
吉川始めとする三国志演義ではなく、正史よりの話…なのでしょうか。
これからじっくりと、長くなりそうですが、読んでいこうと思っています。
ありがとうございました!

お礼日時:2004/03/30 09:29

ついさっきまでNHK教育チャンネルで、北方謙三による三国志の番組をやっていましたね。

(今回で最終回とか..)

#1さんのリストにあるものと同じかもしれませんが、柴錬の三国志は一種独特の雰囲気があって面白いですよ。

また、世間では「なかったことにされちゃっている」志茂田景樹版三国志もちょっとお薦めです。こちらはお金と精神に余裕がある時にどうぞ。

参考URL:http://www2.nightmare.to/~aruaru/book/novel/07.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え、そんなものがやっていたんですか…! しかも最終回ですか!
ちょっとショックを受けつつも、志茂田景樹版三国志のレビューを読んでみてかなり気になりました。
また機会があれば本屋で探してみようと思います。
柴錬三国志も書店で見かけましたが中々売れているようですよね。
是非読んでみます。
有難うございました。

お礼日時:2004/03/30 09:21

こんばんは。



私も三国志は大好きです。

「反三国志」が面白いと感じたのであれば・・・
「孔明、死せず」集英社文庫 伴野朗著
が同様なifモノです。私はこっちの方が好きです。

三国志作品を集めたサイトがありましたので、どうぞ。

参考URL:http://members.aol.com/abukoyawa/who/san.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「孔明、死せず」は、私も一度書店で手にとって見て気になった作品のひとつです。
「反三国志」は訳文をそのまま書いてある、といった雰囲気で、
つまらなくはないのですが少し読みにくかった…かな。
お勧めしていただいたことで、決心がつきました。
是非読んでみようと思います。
参考URL、わかりやすいです。
有難うございました!

お礼日時:2004/03/30 09:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三国志で出てくる「州」について

三国志で出てくる「州」について

州と言えば「徐州」「揚州」「益州」と「州」がありますが、
同時に「天下三分の計」の下りで「西蜀五十四州」とまた「州」がでてきます。

上の「益州」などの州と「西蜀五十四州」の「州」はどう対応するのでしょうか?

天下三分の計では「荊州」+「益州」=「西蜀五十四州」と読めるのですが、
張松が劉備に渡した益州の地図の名前は「西蜀四十一州図」ですから
「荊州」 = 「西蜀五十四州」- ( 「益州= 西蜀四十一州」) = 13州
となり「荊州」=「西蜀十三州」はおかしいですよね。。。。

西蜀五十四州と同じレベルの州も教えてください。

Aベストアンサー

http://wenda.tianya.cn/wenda/thread?sort=wsmorv&tid=21f64694dd85c40d
西四川五十四州とはどこ?

『《三国演義》中、西四川という言葉は大部分の状況下で益州全体を指し、ある時は"東四川"に対する言葉として益州西部を指す。前漢および三国時代の州郡の区分はだいたい下記の通り: (天下は13州に分けられ、別に洛陽は司州または司隷と呼ばれた。三国時期、各国は必要に応じて管理するため、郡県の一部分を更に分割して、下記のようにした。そのため"州"は"郡"ほどの大きさになって、"八十一州"とか"四十一州という言い方がある。"三国志演義"の作者は三国時代の州と後世のいわゆる州を混同している可能性がある。なぜなら後の諸朝が"道"や"省"などの行政単位を設置しはじめて、"州府"は現在の"市"の行政単位ほどの大きさに変化した。《三国志演義》には他にも言い方の誤りがある。たとえば州の長官、後漢時代には"州刺史"と呼んで、紅巾の乱の後、管理の便利のために劉焉が建議して"州牧"と改め、軍政の全権を完全に掌握した。それで、本の中のある場所に"なに州太守"とあるのは誤りである。)

益州:蜀郡、?為、江陽、紋山、漢嘉、朱提、越雋、?柯、建寧、興古、永昌、雲南、漢中、広漢、梓潼、巴郡、巴西、巴東、?陵、武都、陰平などの二十一の州に分けられ、その下に146の県を統括して、これかが蜀の地に属する。おおよそ現在の四川、貴州、雲南および陝西漢中盆地に相当する。』

 このアマチュア研究家によると。時代によって州の規模に大きな変化があるのに三国志演義の作者にはその混同が見られると言っています。前漢は全国を13の州に分けましたが、時代が下って今日"州"と名が付くのは徐州、広州、蘭州などの市政府の大きさです。

 以下は三国時代までの大きかった州。

http://zh.wikipedia.org/zh/%E5%BE%90%E5%B7%9E_(%E5%8F%A4%E4%BB%A3)
(自動リンクでurlが括弧で切れる場合は括弧内を含めて住所としてください)
徐州(古代) 漢武帝が設置した13刺史部のひとつ。管轄地域は現在の江蘇省長江以北と山東省東南部地区。

http://zh.wikipedia.org/zh/%E6%89%AC%E5%B7%9E%E5%88%BA%E5%8F%B2%E9%83%A8
揚州(古代) 管轄は現在の安徽淮河以南部分、江蘇長江以南部分、上海、江西、浙江、福建の全部、湖北、河南の部分の地域に相当する。

http://zh.wikipedia.org/zh/%E7%9B%8A%E5%B7%9E%E5%88%BA%E5%8F%B2%E9%83%A8
益州 中国古地名。前漢が行政区域の設置を始める。その包括する版図は今日の四川盆地と漢中盆地一帯。

http://wenda.tianya.cn/wenda/thread?sort=wsmorv&tid=21f64694dd85c40d
西四川五十四州とはどこ?

『《三国演義》中、西四川という言葉は大部分の状況下で益州全体を指し、ある時は"東四川"に対する言葉として益州西部を指す。前漢および三国時代の州郡の区分はだいたい下記の通り: (天下は13州に分けられ、別に洛陽は司州または司隷と呼ばれた。三国時期、各国は必要に応じて管理するため、郡県の一部分を更に分割して、下記のようにした。そのため"州"は"郡"ほどの大きさになって、"八十一州"とか"四十...続きを読む

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q三国志、荊州争奪戦について

BSフジの「三国志 three kingdam」録画して休日にまとめて観てますが、
疑問に思ってることがあります。

赤壁の戦後、荊州を得た劉備に対して呉の孫権が「荊州は呉の物だから返せ」と迫ります。
それに対して劉備と孔明は「荊州は呉から借りた形にして西蜀を取ったら返す。」という約束を交わします。

しかしながら、荊州は元々劉表が治めていた地域で、その劉表は漢王朝から荊州牧に任じられて治めていたので「荊州は呉のものだ!」という主張はかなりの無理があると思います。

しかも劉備は、劉表の息子の劉奇の後見という形で荊州に侵攻したので
筋としては劉備の方が通っている様に思えます。

呉は一体どういう根拠で「荊州は我々のものだ」と主張してるのでしょうか?

コレを観てると「尖額は中国の領土だ!」って主張している現代の状況と
すごく似ているような感じもしましたが・・・。

Aベストアンサー

 まさに,実力こそが最大の根拠ですね。
 領土紛争があっても調停に入ってくれる権力者がいない状況では,各勢力による領有権の主張も軍事力の有無がすべてです。法的根拠など必要ありません。
 劉備も,孫権による領有権主張を突っぱねればたちまちのうちに滅亡させられてしまうので,そういう約束を交わしながらいざ返還するときには言を左右にして渋るという戦略を採り,最後には呉に実力で荊州を奪われることになりますが,これは劉備に荊州を守る力がなかったからに他なりません。

Qオタク趣味がテーマの小説や漫画に心当たりはありませんか?

オタク趣味がテーマの小説や漫画に心当たりはありませんか?
『げんしけん』や『乃木坂春香の秘密』や『電車男』のような感じの。
できれば恋愛風味のものがよいのですが…
ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もりしげ「フダンシズム-腐男子主義-」漫画
http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/introduction/fudanshi/
若木民喜「神のみぞ知るセカイ」漫画(アニメ化決定)
http://websunday.net/rensai/kaminomi/
神野オキナ「あそびにいくヨ!」ライトノベル(2010年7月よりアニメ放映)
http://asoiku.com/
本田透「ライトノベルの楽しい書き方」ライトノベル(実写映画化決定)
http://ga.sbcr.jp/novel/lightnovel/

Qドイツの州が分かる地図

ドイツの州が分かる地図でオススメのものがありましたらぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

州名が分かりますが都市名がないです:
http://deutschland.de/aufeinenblick/deutschlandkarte.php?lang=2&PHPSESSID=ebaf1dbb2ad8379d12ba942ad09d51eb

州名はないけれど都市名がわかります
http://www.stadtplandienst.de/home.asp?SID=7ea37a40d207606b6ec04f9e25b30d60&oldses=1

詳細まで見れるのは
http://www.dzt-top50.de/index_neu.html/?lang=jp


他にも
http://worldatlas.com/webimage/countrys/europe/special/germaust.htm

Q中国の歴史小説で、時代が三国志以降でお勧めを教えてください。

中国の歴史小説で、時代が三国志以降でお勧めを教えてください。
今まで読んだ本は
宮城谷昌光氏(重耳、菅仲、子産、晏子、孟嘗君、楽毅、奇貨おくべし、香乱期)
海音寺氏(孫子)
司馬遼太郎(項羽と劉邦)
北方謙三(三国志)
蒼穹の昴、ようかしょう です。

小説とは言え、史実を知らなかったので、とてもおもしろかったです。

ですので、史実に基づいた三国志以降の小説をお願いします。

Aベストアンサー

中国の歴史小説で三国志以降で面白い題材となると、

・項羽と劉邦・・・・はすでにおさえられているということで、

・水滸伝(宋代の英雄物語) あたりでしょうか。他の作者でもいろいろ出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B4%E6%BB%B8%E4%BC%9D-%E6%9B%99%E5%85%89%E3%81%AE%E7%AB%A0-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%8D-3-44/dp/408746086X

・少林寺がらみ
http://blog.livedoor.jp/gotaiwan/archives/50830206.html

・チンギスハーンがらみ
井上靖の「蒼き狼」
http://lounge.cafe.coocan.jp/novels/000986.php


余談ですが、宮城谷昌光の初期作品には目を通しておくべきでしょう。
『天空の舟』『沈黙の王』などは漢字にこだわった宮城谷ワールドの
代表作ともいえると思います。
http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/_miyagitani_sakuhinr.htm

それと陳瞬臣の「十八史略」は中国通史ともいえる作品でこちらもお勧めです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%8F%B2%E7%95%A5%EF%BC%88%E4%B8%80%EF%BC%89-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%99%B3-%E8%88%9C%E8%87%A3/dp/4061850776

中国の歴史小説で三国志以降で面白い題材となると、

・項羽と劉邦・・・・はすでにおさえられているということで、

・水滸伝(宋代の英雄物語) あたりでしょうか。他の作者でもいろいろ出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B4%E6%BB%B8%E4%BC%9D-%E6%9B%99%E5%85%89%E3%81%AE%E7%AB%A0-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%8D-3-44/dp/408746086X

・少林寺がらみ
http://blog.livedoor.jp/gotaiwan/archives/50830206.html

・チンギスハーンがらみ
井上靖の「蒼き狼」
http://loun...続きを読む

Qアメリカの州地図は?

アメリカの州地図を探しています。
できれば、gifで白地図がいいのですが、jpgでもかまいません。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

下記ページのものはいかがでしょうか。(JPG)
http://geography.about.com/library/blank/blxusa.htm
他にも探せばあるかも知れません。
http://www7.ocn.ne.jp/~w246/newpage5.htm

参考URL:http://geography.about.com/library/blank/,http://www7.ocn.ne.jp/~w246/newpage5.htm

Q携帯小説『恋空』と書籍

携帯小説で恋空を読んでとても感動しました。
書籍化されたので本も買おうかな~と
思っているのですが、まるっきり携帯の方と
本の方は一語一句同じことを書いているんでしょうか?
すべて同じなら、わざわざ本を買う必要は
ないかなと考えているのですが・・・
ご回答お願いします(><)

Aベストアンサー

#1ですw
ネタバレなんですけど((汗;
後編のほうにある、ヒロの日記はケータイでは普通の文章でしたが、
書籍のほうは日記のように記されていました。
あとこれは聞いた話ですが、
ヒロが書いた、美嘉とヒロと赤ちゃんの似顔絵も描かれていたようですw

私は今金欠なんで((笑
すごく感動した後編のほうを先に買おうと思っています。

ちなみにURLは恋空のPC用のホームページですw

参考URL:http://ip.tosp.co.jp/Portal/i.asp?I=KOI0001&P=10

Q三国志関連ゲーム

無双OROCHIをとなりで見ていた彼女が、三国志に興味を持ったみたいです。

現在、真・三國無双の最新版である7は、
三国志の大まかな流れを理解できる内容ですか?

あまり細かなエピソードまで必要ありませんが、
漢王朝の衰退から黄巾の乱、群雄割拠、三国鼎立、各国の滅亡、晋の成立まで、
なんとなーく教えてあげたいんですw
映画レッドクリフが面白くなる程度の、各国を代表する武将の名前が覚えられる感じで。

あるいは、他に三国志の物語が楽しめるゲームがあれば教えてください。
コーエーの三國志シリーズは自由度が高すぎてダメだし、
他に物語が楽しめるゲームだと、どこまでも遡って三国志英傑伝くらいしか思いつきません(古っ!

正史や演義がどうこうというのは必要ありません。
初心者がゆるく触れられるゲームがあったら教えてください。

Aベストアンサー

真・三國無双7のストーリーモードは三国と晋のそれぞれに用意されており
特定の条件を満たすことで正史ルートとifルートに分岐しますが
正史ルートなら細かい演出を除けば概ね正史や演義の流れに沿った話になります。

正史ルートだと正史や演義の通りに死亡や離反のイベントが積み重なるため
人によってはバッドエンドと受け止めそうな展開になるので
キャラクターに興味を持って始めた人が楽しいと感じるかどうかはわかりません。

ifルートへの分岐フラグは死亡イベントの回避などを全て達成することですが
一度どちらかのルートのエンディング条件を見れば条件は開示されるので
ifルートへ進むことは難しくはありません。

Qおすすめの怪奇小説系書籍を教えてください

最近、夜になると鈴虫が鳴くようになりました。
まだまだ暑いですが、少しずつ秋を感じてきています。

そこで、単純なのですが秋の夜長の読書ということで、おすすめの書籍を紹介して頂こうと思い、投稿してみました。

私の好みとしては、江戸川乱歩など、ノスタルジーを感じさせるような怪奇小説や(最近は朱川湊さんなどを読みました)、じめっとした妖怪や怪談もの、ダンテの神曲に代表される聖書関連や神話関係の書籍などが大好きです。

そこで、

日本の小説ならば、少しノスタルジーを感じさせるような内容の小説(恋愛ものは除く)
海外の小説ならば、神話や聖書関連を題材にした小説

のおすすめ書籍を教えて頂けますでしょうか?
好みのジャンルはホラーになるのですが、ぜひぜひおすすめがあればたくさん教えてください!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホラー という よりは ゴシック・ファンタジー、
海外の もの なのに ノスタルジー 系 に なって
いたり しますが、 以下の ものは いかがでしょうか

ラフカディオ・ハーン (小泉 八雲) の 作品 『怪談』 『心』 他
『剪灯 新話』 (中国 明代 の 怪異 小説集)
サキ の 作品 『ザ・ベスト・オブ・サキ』 『サキ 傑作集』
オーガスト・ダーレス 『淋しい場所』
クラーク・アシュトン・スミス 『呪われし地』 『ゾティーク 幻妖怪異譚』
マーヴィン・ピーク 『ゴーメン ガースト』 『タイタス グローン』
『タイタス アローン』 『死の舞踏』
ジェフリー・フォード 『白い果実』 『記憶の書』 『緑のヴェール』
スーザン・プライス 『エルフ ギフト』
ジョナサン・キャロル の 作品 『犬博物館の外で』 『月の骨』 他
ダニロ・キシュ 『死者の 百科事典』
イスマイル・カダレ 『誰が ドルンチナを 連れ戻したか』 『夢宮殿』
パスカル・キニャール 『舌の先まで 出かかった 名前』
クリストファー・プリースト 『奇術師』 『双生児』
ジョン・バンヴィル 『無限』
クリストファー・プリーストリー 『モンタギューおじさんの怖い話』
『船乗りサッカレーの怖い話』 『トンネルに消えた女の怖い話』

ホラー という よりは ゴシック・ファンタジー、
海外の もの なのに ノスタルジー 系 に なって
いたり しますが、 以下の ものは いかがでしょうか

ラフカディオ・ハーン (小泉 八雲) の 作品 『怪談』 『心』 他
『剪灯 新話』 (中国 明代 の 怪異 小説集)
サキ の 作品 『ザ・ベスト・オブ・サキ』 『サキ 傑作集』
オーガスト・ダーレス 『淋しい場所』
クラーク・アシュトン・スミス 『呪われし地』 『ゾティーク 幻妖怪異譚』
マーヴィン・ピーク 『ゴーメン ガースト』 『タイタス グローン』
『タイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報