アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

こんばんは。

部屋が狭くて困っています。
すごく小さいのに信じられない音がするスピーカーってありませんか?
大きくても高さ30cm幅20cm奥行き25cmが限度です。多少の超過は可です。
小さい分には歓迎です。

信じられない、と言うのは皆さんの実体験に基づく主観で良いのです。
私の趣向は関係ありません、ですからアンケートっぽいのですが、
専門カテのここで聞きます。

クラシック、オールデイズを良く聞きます。
ブックシェルフタイプと言うか、木材に塗装仕上げのようなタイプが好きです。
が、そんなのは気にしないでけっこうなんです。
皆さんが度胆抜かれた小っちゃいスピーカーをご紹介下さい。
価格も御存じなら教えてください、現行品でなくてもいいです。

では宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>コントロールはエッジ破損のものを持ってます。


>そんなにすごいとは思わなかったのですが2票目なので持ってて良かったです。
>すごい小音量で聞きますのでスピーカーの性能が出し切れないのだと思います。

ある程度のボリューム(音量)を出さないと低音も迫力も出ないのは確かです。
そういった意味では小音量になるほどスピーカーを活かしていな(性能を発揮していない)ことになります。
また、control 1は交換用のエッジがいろいろなところから出ているので自分で張り替えることもできます。
ウレタンエッジやゴムエッジは年数が経てば朽ちるのは仕方ありません。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

エッジ破損でもビビる程音量あげませんが気分は良くないです。
まあ器用な人は自分で張り替えてるようですけど。ちょっと私には。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/21 18:45

>大きくても高さ30cm幅20cm奥行き25cmが限度です。



この条件にドンピシャのお勧めSPがあります。
TEACのS-300NEOです。
http://teac.jp/product/s-300neo/

>ブックシェルフタイプと言うか、木材に塗装仕上げのようなタイプが好きです。

この条件にも合致しますね(笑)
本SPは、何と言っても価格が猛烈に安い。
これだけ安いにも関わらず、外観や仕上げの高級感はもちろん、出てくる音も素晴らしい。
小さいくせに、スケール感あふれる、豊潤且つ雄大な音を聴かせます。
この外観や音を「見て・聴いて」、これが3万程度で手に入るとは思えません。
驚異的なコストパフォーマンスと言っていい。
ここ5年くらいの間で発売されたコンパクトスピーカーの中では、文句無くダントツの逸品だと思います。近年稀に見る、傑作SPです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

TEACってテープが得意の?
こう言う塗装が好きですね、寸法も価格も満足。
いつ買うか、今でしょ!
すぐは無理です。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 21:22

すごく小さいのに信じられない音がするスピーカーといえば、これしかありません。

Kiso AcousticのHB-1です。
http://www.kisoacoustic.co.jp/shoukai.html
片手で持てるぐらいのサイズで、しかも軽量です。しかし、そのパフォーマンスには驚愕するばかりです。

私もコンパクト型のスピーカーはいろいろと聴きましたが、クラシックのオーケストラ曲を朗々と鳴らせる小型スピーカーにはお目に掛かったことがありませんでした。ところが、このHB-1はそれが可能なのです。箱全体を一つの楽器のように盛大に振動させ、広大なスケール感を演出します。

ただし、あまりにも高価です。基本仕様で136万円。特別仕様だと200万円にも達します。当然ながら私は買えませんし、購入出来る人は限られるでしょう。でも、一度聴いてみる価値はあります。

HB-1みたいなハイエンド機以外で高性能のコンパクト型スピーカーといえば、HarbethのMONITOR20.1が挙げられます。
http://www.phileweb.com/news/audio/201301/16/129 …
このブランドらしい暖色系のキャラクターを保持しつつ、幅広いジャンルを屈託鳴らします。能率が低くてアンプを奢る必要がありますが、良い製品だと思います。

もっと安いところではDYNAUDIOのExcite X12が考えられます。
http://www.phileweb.com/ec/index.php?p=18589
高解像度ですがキツいところが無く、誰にでも奨められます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

車買えちゃいますね。
確かに断面がギターのような楽器のような。
これ買える人は大きな家にお住みでしょうからこんな小さくなくてもと、
思ったりしたり。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 21:14

DALI Menuet2…。



得手不得手がハッキリ分かれるスピーカーですけど、ハマった時の音はもうね…。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

これも10万円クラスで小遣い貯めて買えるかな。
でもここまで皆さん同じ推薦品がないです、バラバラです。
やはり感じ方が人それぞれと言うか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 21:05

セレッションのモニタースピーカーが良いかと思います。



シッカリ鳴るので、それほどボリュームを上げなくても
充実したリスニングが出来ると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ハイファイ堂で5万くらいで買えそうです。
小音量派なのでいいかも。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 20:54
    • good
    • 2
この回答へのお礼

これは小さい、これ、失くしちゃいそう。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 20:16

テクニクスのSB-2Aが小型のものとしては意外と良かったですね。


ハードツイーターの抜けるような高音と平面ならではの?衝撃波
意外と素直な音で小さい割にはなかなかでした。
最後は内部の配線をすこし変更などしましたが・・・・
いまはオーディオ機器を製造していないブランドの古いスピーカーなのでオークションとかでしか手に入りません。

現行品だと
JBL
4312M II WX
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4312m2wx/
4312M II BK
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4312m2bk/
CONTROL ONE
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/controlone/
辺りはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

JBLって大きいのも小さいのも見た目同じデザインなんですね。

コントロールはエッジ破損のものを持ってます。
そんなにすごいとは思わなかったのですが2票目なので持ってて良かったです。
すごい小音量で聞きますのでスピーカーの性能が出し切れないのだと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 20:01

ALR CLASSIC SERIESもお勧めです。

金属コーンですが金属くささは全くありません。エントリーシリーズもなかなかいけます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

これ小っちゃいですねー、お値段もお手頃で。
(私にとってはまだまだ高いのですけど)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 19:53

jblのコントロール、タイプ、boseナラドレデモ、102・101・300番台もミュージックモニターっていう名前のもの。



どれもすごい音がしますよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

コントロールは一つ持ってます、片側エッジ破損ですが。
そんなすごいと思わなかったです。
実は小音量派なんです、それ先に言っておけば良かったと後悔してます。

どうもありがとうございました。 

お礼日時:2013/07/19 19:45

絶対にお勧めです。

 Sonus Faberの Minima Vintage

これです。もう少しだけ大きいB&WのCM5 なんて

即、ブっ飛びました。音の柔らかさ、繊細さ、とりわけ

バイオリンの音色は凄すぎです。ジャズもOK!

私はこれまでジャズとR&Bオンリーでした。だからSPも

JBL中心でした。4312Aと4333Aです。まあJBLはクラシックは

得意ではないにしても、この小さなスピーカーの音色は

何だぁ~!!と、今でも中毒症状ですw。そして、最近は

バイオリン協奏曲など、素人で何もわからないのに

聴いてしまっています。知らない曲でも音色が余りによいので

いつまでも聴いてしまうのです。このスピーカーはイタリアの

職人が1つ1つ手作りしているらしく、(硬質の木製でとても

美しいです。和室にも合います。) とても人気があるため

オークションでもめったに出てこないそうですが、それが本当によ~くわかります。

いろいろなSP試してきましたが、Sonus faberの大きいSP…

想像するだけでぞっとします。是非視聴してみてください。


実は音チェックだけして飽きたら売却しようと思ってましたが、

今や一生もの決定しております。

絶対に視聴をお勧めします。絶対バイオリンですっ!!

バイオリンがこんなに艶やかな音だとは知りませんでした。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

あっ意外と見た目普通なんですね。
40万ですか、うーーん。
バイオリンは滑らかな音とあとギコギコする感じも生々しくて好きです。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/07/19 19:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔のスピーカーと現代のスピーカーの違いは

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカーに問題があるのは間違いありません。
「どうだい、レコードもいい音すんだろ?」
と言いたかった私の名誉挽回の為にスピーカーを買い換えることにしました。早速、当時の憧れだったYAMAHA NS1000Mをオクで探しましたが、未だにいい値段がするではありませんか!しかも、さすがに25年程前の機種です。現存しているものは大体がオーバーホールしなくてはならないそうです。

そこで質問なんですが、昨今の電気製品の進歩は目を見張るものがあります。NEC PC-98が50万円位したのに今では5万円位でデュアルコアのPCが組めます。当時の1000Mと同等の音を出せる機種(大きさは問いません)を教えて下さい。最後は自分の耳の判断なのは分かっていますが、機種選択の参考にしたいので宜しくお願いします。

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカー...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは音の出方そのものが異なります。そのへんをどうスレ主さんが折り合いを付けるかですね。

それから、予算8万円ではNS-1000Mのような大型スピーカーは買えません。コンパクト型になってしまいます。
候補としてはKEFのiQ30
http://www.kef.jp/products/iq/iq30.html
ALR/JORDANのEntry M
http://www.imaico.co.jp/alr/entrym.htm
B&Wの685
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=2301&sc=hf
JBLの4312MII
http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4312m2.html
。。。などが考えられます。

ただしこれらの製品は実売6万円ほどですから、残り2万円でスピーカースタンド(置き台)を調達されればよろしいです。 スタンドがないと上手く鳴りませんからね。

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q最高に音の良いCDプレーヤーはなに?

実際にお聞きになられた中で最高に音の良かったCDプレーヤーはなにでしょうか?

Aベストアンサー

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポートとDACとの組み合わせならば、47研究所のModel 4704/04 CD Transport “PiTracer”( http://www.47labs.co.jp/4704.html )とMARANTZのProject D-1( http://audio-heritage.jp/MARANTZ/etc/projectd-1.html )とのコンビを挙げたいです。ショップのスタッフ曰く「この音を聴いたら、誰でもSACDなんか不要だと思うでしょう」とのことでしたが、それも頷けるほどのハイ・クォリティなサウンドです。

ただし、Project D-1は今は生産していないので、組み合わせるDACはSOULNOTEのsd2.0B( http://www.soulnote.co.jp/lineup.html )でもいいと思います。

あと、そんなに高価格ではないけど印象に残っている機器として、MICROのCD-M2があります。
http://audio-heritage.jp/MICRO/player/cd-m2.html
アナログプレーヤーの専門メーカーとして知られていたMICROが出したCDプレーヤーで、高解像度よりも芳醇で味わい深いタッチを狙った音作りで、さすがと思ったものです。

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポート...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Q小さな音(雰囲気程度)でいい音のするスピーカーを教えてください。

14畳ほどのLDで家族と過ごすときに音楽をよくかけるのですが、
家族の方はだんだんうるさくなってきてしまうようで音量をしぼ
るのですが、すると物足りなくなってしまいます。
使っているものはビクターのウッドコーンのコンポEX-A3です。
ある程度音を出せばいい音はすると思うのですが、
音をしぼるとつまらない感じになります。
自分なりに調べてみまして、
無指向性のもので、
M'sシステムMS0801-Wとか、
タイムドメインYoshii9とか
バング&オルフセンのBeoLab 4
などが目につきましたが、やはりこのくらい出さなくては
だめなのでしょうか。Yoshii9は無理ですが、
10万くらいならどうにかと考え始めていますが、
私の希望に適しているのかまだよくわかっていません。
好きな雑貨屋では、ボーズを使っているようで、
そこの雰囲気はうるさくなく音も含めて好きなので、
ボーズもいいのかなと思っております。
私は特にオーディオに詳しい訳ではないので、
それほどは大掛かりにはしようとは思っておりません、
長くなってしまいましたが、まとめますと、課題は
リビングダイニングで聞くときに
*家族と過ごすときに疲れずに自然なそれほど大きくない音で聴いても
いい音が出て、
*聴く場所を選ばず音の広がりのあるスピーカーはないでしょうか。
ということになります。
どうぞよろしくお願いします。

14畳ほどのLDで家族と過ごすときに音楽をよくかけるのですが、
家族の方はだんだんうるさくなってきてしまうようで音量をしぼ
るのですが、すると物足りなくなってしまいます。
使っているものはビクターのウッドコーンのコンポEX-A3です。
ある程度音を出せばいい音はすると思うのですが、
音をしぼるとつまらない感じになります。
自分なりに調べてみまして、
無指向性のもので、
M'sシステムMS0801-Wとか、
タイムドメインYoshii9とか
バング&オルフセンのBeoLab 4
などが目につきましたが、やは...続きを読む

Aベストアンサー

回答者どうしの会話や質問の本旨をそれた回答は、禁止事項・利用規約に触れますから、もし買い替えるならばという点を、自分の回答のフォローという形で書いておきます。

買い替えようということであれば、ふつうの2Wayブックシェルフ型をお勧めします。具体的には、Revolver RW16、Chario SILVERETTE 200などです。将来的には、本体の買い替えも視野に入れた方が良いと思います(ETERNOで不満があるなら、それなりに投資をしないと満足はできないと思います。もしくは、BOSEやB&Oのように、音をアクティブにコントロールする方向のメーカーにするか、でしょう)。

上の2機種は、あくまで私が良いと思う製品です。極論すれば、私の好みに合う製品であって、それ以上の意味はありません。同じ価格帯で他にも良いと思うものはありますから、他の人がそれらの方が良いということは、もちろんあるでしょう。

ただ、一般論として「こういうタイプのスピーカーが良い」ということは、不可能ですので、ある程度誰が聞いても及第点は出すだろうという範囲の中から、自分なりの基準を満たすものを挙げざるを得ません(試聴が大事、といわれる所以です)。

なお、能率や口径の大小もスペックのうち、というか音を決める要因のごく一部ではあっても決定的要素ではないので、大口径だ、高能率だといって「良い音」に直結するわけではありません。もちろん、周波数特性や箱の大きさ・形、インパルス応答特性や位相特性(くだんの「タイムドメイン」が重要だと主張するもの)もそうです。しかも、こういう要素は相互に関係しあっているので、どれか1つが改善されても他の部分でデメリットを負うことは良くあります。そういうのを、ときには測定器を使い、ときにはベテランの設計者が耳でチューニングして、「これがベストだろ」というものが製品になって出てくるわけです。その結果として、さまざまな特徴を持った製品が市場に出てきているのですから、ひるがえって、「こういうタイプがいちばん」とはいえないということです。

回答者どうしの会話や質問の本旨をそれた回答は、禁止事項・利用規約に触れますから、もし買い替えるならばという点を、自分の回答のフォローという形で書いておきます。

買い替えようということであれば、ふつうの2Wayブックシェルフ型をお勧めします。具体的には、Revolver RW16、Chario SILVERETTE 200などです。将来的には、本体の買い替えも視野に入れた方が良いと思います(ETERNOで不満があるなら、それなりに投資をしないと満足はできないと思います。もしくは、BOSEやB&Oのように、音をアクティブにコ...続きを読む

Q密閉スピーカーが一番素直な音なのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンなのですが、
店員さんはそのことを忘れていたようで、
「バックロードホーンは音が不自然で大嫌い、
音が遅れてでてきている感じがしてジャズはダメだね」っと言ってました。

でも、そんなことをいってしまったら、
バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。
なにもホーンだけがそんなに言われることもないと思うのです。

っとなると、「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。
DIATONEや昔のVIVTORなんか想像してしまいます。
ベストセラーの10Mや1000Mも密閉ですよね。
いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンな...続きを読む

Aベストアンサー

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なくとも「悪い」という意味ではありません。

「Horn 特有の……」という言葉には「良い意味」も「悪い意味」もなく、単に特徴を言い表しているだけのものです。

「如何にも Horn らしい……」という言葉の後には大抵の場合、良い印象の説明が付くものでしょう。

「如何にも Horn らしく、悪い音がする」と言う人は滅多にいない筈で「Horn 嫌い」の人は「Horn のような変な音がする」と言う場合はあっても Horn Speaker の音を聴いて「如何にも」などという言葉を最初に付けることはないと思います。……日本語としても変でしょう?


>「バックロードホーンは……音が遅れてでてきている感じ」

これはあくまでも「感じ」「聴感上の感覚的なもの」であって、実際には Backload Horn の方が高速です。

例えば 40Hz 1W の信号を 40Hz で 80dB SPL/m (at1W) の Speaker Unit に入力した時、Speaker Unit はいきなり 80dB/m の音圧を出せるものではなく、最初の 25msec (1/40 sec) では 70dB/m ほど、次の 25msec では 73dB/m ほど……と徐々に振幅が大きくなって数百 msec ほどで 80dB/m の音圧に達します。

しかし Backload Horn や Bass Reflex の型式の Enclosure では最初の 25msec で生じた 70dB/m の音圧でも 6dB とか 10dB といった量の共鳴が加わりますので 80dB/m の定格出力に達するまでの Attack (立ち上がり) 時間は密閉型よりも短い、高速のものになります。

但し、逆に Attack 以降の Decay Sustain Release は共鳴が加わっていますので Overshoot 気味になったり尾を引いたものになり、それが「歯切れの悪さ」や「Boomy」と感じられ「音が遅れて出てきている」という「感じ」になるのでしょうね。……そのため、Horn 型や Bass Reflex 型の Speaker System を駆動する Amplifier には制動力 (Dumping Factor) の高い Solid State 型、特に FET (Filed Effect Transistor) 型との相性が良いことになり易いでしょうね。


>昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

真空管式 Amplifier は Dumping Factor が 10 もないものが多かったのですが、高額の Output Transofrmer を不要にすることによって安価に製造できる Transistor 式 Amplifier になってからは歪率を改善するために NFB (Negative Feed Back) を大きくかけるものが流行し、結果として Dumping Factor が高くなり、小口径でも低音を伸ばせる Backload Horn や Bass Reflex 型式の Speaker System を市場に投入し易い環境になったからではないかという気がします。

見方によっては超並列動作のようでもある MOS-FET (Metal Oxydal Semiconductor - FET) や IC (Integrated Circuit) 素子が用いられるような時代になると NFB をかけなくても充分に低い歪率や非常に高い Dumping Factor を得られるようになりましたが、初期の Power FET、例えば V-FET などの時代は (Dumping Factor だけの要因ではないのかも知れませんが) NFB 量の少ない、裸特性が良質の素子が使われている筈の Amplifier なのに「どうにも音がもたつく」感じに悩まされた経験があります。……おかげで PHILIPS (MARANTZ) の Amplifier を 3 度も Grade (Step) Up して散財させられました(^_^;)。


>「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。

駆動させる Amplifier によりけりでしょう。

「密閉型 Speaker System は低 Dumping Factor 値の Amplifier と相性が良い」というのはあくまでも私が使用してきた Speaker System と Amplifier との組み合わせに於いて「私好み」の音がするものだけに言えたことであって決して普遍的な論ではありません。

「YAMAHA NS1000M や NS10M を Transistor Amplifier で馴らすのは良くない」なんてことは決してなく、むしろ真空管式 Amplifier で両 Speaker System を鳴らす方が変と言うか、難しいでしょうね(^_^;)。

どんな音を良い音とするかは人それぞれであり、結果的に良い音と感じる組み合わせが最も良い組み合わせなのですから Speaker System の Enclosure 型式も Amplifier との相性も定型的なものなどなく、人それぞれでしょう。

ただ、真空管式から Transistor 式、FET から IC へと Amplifier 型式 (素子型式) が変化してきたことと、Compact でありながらも低域を伸ばした小型低能率 Speaker System の普及とは無関係ではないだろうと思います。


>いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

Powered Speaker System ならば密閉型の System を Amplifier で補正した方が狙い通りのものを開発し易い気がするのですが、確かに最近は密閉型が少ないですね。……狙い通りの音に追い込む開発費などかけずに安易に低域を出しやすい Enclosure と試聴による追い込みなど殆ど無い、計算だけで作った Amplifier を組み込んだような安価な System が多いからなのかも知れませんが……。

例えば Amplifier は D 級にして「補正は全て Digital 演算部の Software Algorithm で追い込む」なんてものがあっても良いと思います。……まぁ PC Audio 派は Amplifier の前段階である PC で既にやっていることですが(^_^;)……。


個人的に現在、最も興味深いのは D 級 (T 級) Amplifier ですね。

私は小型 Backload Horn (……と言うよりも Labyrinth 型) Super Woofer を駆動させていて、その性能に充分満足していますが、小型 Full Range Speaker を駆動させている方はまだまだ不満が多く、慣れ親しんだ FET 系の Amplifier に較べると未だに信用し切れていません(汗)。……でも、次に買い換える時にはやはり Compact で使い易い、より進化した D 級 Amplifier に手を出すのだろうなぁ(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なく...続きを読む

Q最近のスピーカーは良い音がしますか?

長年、古いスピーカーで満足(我慢)しているアラカン親父です。

最近のスピーカーは多分良くなっていると思いますが、我が家の古いスピーカーたちと比較して、本当に良い音がするのか気になるところです。
実際に購入して、今までの古いものと比較した経験のお有り方、その感想を是非お話し頂きたいと思いと思います。

当方が現在使用しているのは、タンノイ・アーデン、スペンドール・BCII、KEF・304、ロジャース・LS3/5A等です。
今はこの4機種がお気に入りで、ジックリ聴き込んでいます。
ジャンルは、女性ボーカルを主に、ソフトなジャズや小編成のクラッシックが多いです。
60年代のポピュラーや映画音楽もよく聴きます。
大音量が出せない環境なので、交響曲などはあまり聴きません。

昔買ったタンノイとロジャース以外は、中古で安価に購入したものです。
システムに金をかける余裕が無いので、高額の新品はなかなか買えません。
せめて、話だけでも最近の製品の良さを味わいたいと思います。
また、いま手持ちの物の良さも確認できれば、更に幸せかと思います。
宜しくお願いします。

長年、古いスピーカーで満足(我慢)しているアラカン親父です。

最近のスピーカーは多分良くなっていると思いますが、我が家の古いスピーカーたちと比較して、本当に良い音がするのか気になるところです。
実際に購入して、今までの古いものと比較した経験のお有り方、その感想を是非お話し頂きたいと思いと思います。

当方が現在使用しているのは、タンノイ・アーデン、スペンドール・BCII、KEF・304、ロジャース・LS3/5A等です。
今はこの4機種がお気に入りで、ジックリ聴き込んでいます。
ジ...続きを読む

Aベストアンサー

補足を頂きありがとうございました。メインに聞いているのが、50年代から60年代の
一部モノラルを含む、あのルディ・バン・ゲルダーの録音のものが多いので、ffとppの
音量差にはあまり気にかけなくて良いものが音源のメインです。ルディ・バン・ゲルダーが
デジタルリマスターしたCDも聞きますが、そんなにレコードとの差はありません。というか
アナログをかけたりひっくり返すのが面倒になりました。MP3ファイルも使って圧縮音源で
半日聞き流すという事もあります。2トラ38など昔の夢のような世界です。

P610のラジオですか、羨ましいです。
LF8Tも探しましたが、程度の良いものはもう手に入りません。4312の30cmは確かに魅力ですが、
現時点では、サイズと重量で、置く場所が無い状態です。

ニアフィールドで聞く機会も少なく、
BGMとしてリビングに流しています。トランペットのミュート、ビブラフォン、ピアノにドラムの
ブラッシュワークがきちんとそれらしく出て、ウッドベースが背後にあるという状態が好きです。
デキシーのバンジョーの音などは、スピーカーによってかなり違います。最近のスピーカーは、
アンプのパワーを生かして、低能率で広帯域にしているものが多く、ffとppのバランスが、
アンプの影響(電源か?)を受けます。
高能率のスピーカーにはそれなりの良さがあると思います。特に、2Wayの場合には、クロスオーバー
周波数を気にされないと、2Wayかフルレンジ+スパーツイターか分らない製品も出ています。

小型で、音楽を流す、時々ニアフィールドでも聞いてみるかという状況では、小型コンパクトな
現代版スピーカーは、それなりに便利ですが、気に入られたシステムを大切にされた方が良いと
思います。
4301は、純正補修が不可能となり、オリジナルを壊してまで再生する気になれなかったのが、交換の
ひとつの理由でしたが、好みの音の系譜はJBLとして生きていたので、ホッとしています。
SANSUIのアンプを修理できなくて手放しての環境維持に苦労しましたが、良い思い出です。

補足を頂きありがとうございました。メインに聞いているのが、50年代から60年代の
一部モノラルを含む、あのルディ・バン・ゲルダーの録音のものが多いので、ffとppの
音量差にはあまり気にかけなくて良いものが音源のメインです。ルディ・バン・ゲルダーが
デジタルリマスターしたCDも聞きますが、そんなにレコードとの差はありません。というか
アナログをかけたりひっくり返すのが面倒になりました。MP3ファイルも使って圧縮音源で
半日聞き流すという事もあります。2トラ38など昔の夢のような世界です。

P610...続きを読む

QBOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??

BOSEのスピーカーで101MMは音質は良いのでしょうか??口コミ等を見るとみんな音質が良いと書いてありますが本当でしょうか??

Aベストアンサー

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信じられません(^^ゞ

ただ…その「高域低域寸詰まり」な範囲でのバランス感は、BOSEキライ派でも認めざるを得ない絶妙さはありますねぇ。
また、セッティングによる出音の差が非常に少ない…どんなへんてこなセッティングしても、「101です!」という音でしっかり鳴る…という点は、他メーカーではあり得ない特徴ですね。
また、私のような「BOSEキライ派」が、BOSEを嫌う「定番物言い」である『BOSE特有の音のあざとさ』は、101系が一番少ないと思います。

繰り返しですが、スピーカ単体の音質性能だけで「物言い」するなら、101MMは全く大したこと無いスピーカだと思います。同サイズ同価格帯なら、私なんかはYAMAHAのS15なんかの方が段違いに音が良いと思っています。
でも、そんなBOSEキライ派の私でも、「こいつだけは持っておこう」と思わせる、絶妙な魅力のある音のスピーカなのも、認めたくないけど事実ですねぇ(^^ゞ って、結局101だけは手放さず持ってるし(^^ゞ

ただ、「自称:高音質オーディオ指向」なのに、101系2発だけをメインに据えるようなことを推奨している記事等(それも、多分No.3さんなら「なんじゃそら」と言われそうなショボAVアンプをセット推薦とかね(^^ゞ)は、ちょっと詐欺の臭いがすると思いますけどね(^^ゞ

私はBOSEキライ派です(^^ゞ
でも、101MMは4発持ってます(^^ゞ

あくまでも「キライ派」ということを前提として…ですが、このサイズ&似た価格帯のスピーカを、スピーカ単体の音質のみで「キライ派の耳」で比較の限りでは、例えばJBLのControlシリーズやYAMAHA等の方が、低域高域とも延びが違い、断然音が良いと思ってます。この手の10~12センチウーハ+ツィータの2WAY構成の小型スピーカと比べれば、101MMは高域は寸詰まりだし低域は出ないし…で、高音質オーディオ指向の人が絶賛するのは、個人的には信...続きを読む

QBELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良

BELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良いのか悩んでます。
ずっと昔は、スピーカーケーブルは、短い程損失がないので、音が良いと聞いたり、自分でもそう感じていたのですが、現在では、音のピントを合わせるためにケーブルの長さを調整すべきだとの情報がありますよね。
で、8470なら、3メートル以上から長さを調整する。
それ以下の長さなら8460が良いとの情報があります。
自分の場合、波動スピーカーを使っているためもあり、50センチもあれば、充分な長さだったりします。^^
部屋の関係上、他のスピーカーでも2メートルで充分な長さです。
アマゾンなどで評価の高い8470を使う場合、やはり3メートル以上の長さで使った方が、ピントの合った良い音になるのでしょうか?私は、玩具用のバナナプラグを使っていますが、それによっても最適な長さが変わってくるのでしょうか?
実際に長さを色々変えて実験された方などいらっしゃいましたら、情報提供お願いします。<(_ _)>

あ、それから、BELDENのスピーカーケーブル 8470に、偽物本物ってあるんですか?
アメリカ製と日本製の違いでしょうか?
アマゾンで販売されているのは、どこ製なのでしょう?

なお、現在のオーディオ環境で物足りないのは、ボーカルが、
いまいち正面を向いて唄ってないような感じがすることです。

BELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良いのか悩んでます。
ずっと昔は、スピーカーケーブルは、短い程損失がないので、音が良いと聞いたり、自分でもそう感じていたのですが、現在では、音のピントを合わせるためにケーブルの長さを調整すべきだとの情報がありますよね。
で、8470なら、3メートル以上から長さを調整する。
それ以下の長さなら8460が良いとの情報があります。
自分の場合、波動スピーカーを使っているためもあり、50センチもあれば、充分な長さだったりします。^^
部屋の関...続きを読む

Aベストアンサー

hiremekizitugenさま

 BELDENの8470と8460は共に、導体にすずメッキ軟銅撚線を、絶縁体に耐熱PVCを使用した絶縁電線を2本撚り合せた物です。この絶縁電線は米国のUL規格の機器用配線材で、AWM Style1007という規格を取得したものです。この電線は特殊なものではなく、世界中の機器用電線を製造しているメーカーは何処でも製造しています。日本で電子機器の製造が活発に行われた20年程前には、どこのオーディオ、電子機器メーカーでも機器内配線に多用していた汎用電線です。日本では耐熱PVC電線と称されて、最も安価な電線です。因って、現在ではこの電線の製造は中国や東南アジアの安価品に負けて、日本国内ではほとんど製造されなくなりました。BELDENがどこでこの電線を製造しているかは知りませんが、米国の高い賃金で製造している品種では無いように思います。
 8470は16AWG(1.3mm2、19本/0.287mmの撚線)を対よりしたもの
 8460は18AWG(0.81mm2、7本/0.404mmの撚線)を対よりしたもの
がカタログ値です。両製品は断面積の違いですので、太いか、細いか、これはお使いのスピーカーシステムによるでしょう。本来のこの電線の用途は、スピーカーボックス内の配線用ではないかと思います。

 スピーカーの長さで音のチューニングをするというお話がありますが、これは非常に特殊な場合、と考えるべきです。スピーカーケーブルは、アンプとスピーカーシステム間に使用されますが、ここには例えば、ダンピングファクター(DF)という指標があって、ウーハーの逆起電力を打ち消す指標ですが、これを考えると、スピーカーケーブルは左右の長さを同じにして、出来るだけ短く使用するのが基本と成ります。
 スピーカーケーブルの長さで音質を調整すると言う事は、ケーブル以前のオーディオ機器に問題がある事をケーブルで修正していると考えるのが妥当だと思います。

 先に回答された方が引用されています志賀さんのURLですが、基本的に”ケーブルを替えても音は変わらない”ということを前提にして書かれていますので、見方が偏っており、提示しているデーターもポイントでの議論で、音楽を聴く、音声帯域全体の話になっていません。

hiremekizitugenさま

 BELDENの8470と8460は共に、導体にすずメッキ軟銅撚線を、絶縁体に耐熱PVCを使用した絶縁電線を2本撚り合せた物です。この絶縁電線は米国のUL規格の機器用配線材で、AWM Style1007という規格を取得したものです。この電線は特殊なものではなく、世界中の機器用電線を製造しているメーカーは何処でも製造しています。日本で電子機器の製造が活発に行われた20年程前には、どこのオーディオ、電子機器メーカーでも機器内配線に多用していた汎用電線です。日本で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報