20年以上前に倒産した英語教材をもっています。

動画での教材なのですが、YOUTUBEへ動画をアップした場合、著作権にひっかかるのでしょうか?

この会社は倒産後、存続会社もありません。

ご教示お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

倒産したとしても「会社が持っていた版権」は、債権者の誰かが引き継いでいます。



債権がちゃんと分配出来ていない場合などには、倒産会社が持っていた版権は「債権者全員の共有財産」になっている場合もあります。

それが原因で、倒産した会社が版権を持っていた本や映画やビデオが再販できず、二度と市場に出回らない、と言う事もあります(権利者全員に確認しないと販売が出来ないので、権利者を全員探し出せない場合、販売も何もできない)

また、倒産した会社の債権者の中には「倒産ゴロ」と言って、債権を買い取って潰れた会社が持っていた資産をかっさらって現金化してシノギを稼ぐヤクザ紛いの人達も居るんで、注意が必要です。

もし、現在の権利者がそういう「ヤクザ紛いの人達」だったら、違法にアップなんかしたら、とんでもない事になりますよ。

権利の所在がハッキリしているなら対処のしようがありますが、権利がどこにあるか判らない場合、ヤクザが権利を押さえてる場合もあるんで、かなり高リスクになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2013/07/19 14:42

基本著作権は死後50年間続くとされています。


その教材を作り、著作権を主張する方が死んで50年以上経っていれば問題ありません。
青空文庫は死後50年経っているので著作権が亡くなっているため無料で公開されています。

逆に50年経っていない場合は相続人等が言ってくるとまずい状況となります。

会社が著作権を持っている可能性もあります。この場合も会社=法人が50年は持つとするとやはりまずいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あいrがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2013/07/19 14:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教材センターの教材内容をインターネットで公開するときの著作権

教材センターの教材内容を分析した冊子はあります。それをPDF化してインターネット上で自由に見られるようにしたいのです。その冊子にはDVDやビデオ名から制作者名まで書いています。ところがインターネットにそれを流すと著作権にひっかかるといわれました。冊子で個人に配布するのは良くて、インターネットで流すのはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

微妙ですが,「評論」「引用」であればOKですが,作品の「構成」「章立て」には著作権が存在すると考えられますので,それをネットで公表する(ネタバレ)のは著作者の権利を侵害するケースと考えられます。

冊子で配るのも同じですので注意が必要ですが,非営利機関が教材として用いるのは著作権法の例外規定により許容されていますのでOK,ということなのでしょう。
※ネット配信はこの例外規定には入らないので教材として用いるのであっても不可と判断すべきでしょう。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/cs01/cs01_2_qa.html

Q会社が倒産した場合の著作権

会社が倒産した場合の、その会社で作成した画像の著作権について伺います。会社の元代表と作成者は一緒です。
この場合、著作権は元代表のものですか?また、倒産前にユーザーに提供した画像の著作権はどうなりますか?
そのときは、著作権は破棄しないものとして提供しました。

Aベストアンサー

>著作権は元代表のものですか?
画像の著作権を持っていたのは法人なのか個人なのか、
その会社は第三者に譲渡されたのか・されていないのかが読み取れないので、
以下は参考にしてください

その画像の著作権を持っていた法人が、倒産処理などで第三者に譲渡されていた場合は譲渡者に移ります
その画像の著作権を倒産した法人が持っており、誰にも譲渡されなかった場合は著作権は消滅します
その画像の著作権を作成した個人だけが持っていれば、法人が倒産しても著作権はその個人のままです

QYouTubeにオリジナル動画+BGM著作権

YouTubeにストレッチする動画をアップしたいなと考えています。
BGMに一般CDの曲を入れるのは著作権違法になることは分かるのですが、
自分がストレッチしているときに流れている曲が、映像とともに聞こえるというレベルでは、
どうでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、素人です。

他人の著作物を使う場合は、どういう使い方をしていても、公開す
る以上、著作権的には同じく、著作者の許可が必要であり、無視す
れば著作権侵害の恐れがあります。
(ただし学問用途や、そもそも著作物ではない等の例外はあります。
例外になるんじゃね?と思う場合は条件がありますので調べてみま
しょう)
http://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3xTxkm2jAFOETEAOluDTwx.;_ylu=X3oDMTEyNTZucDQ1BHBvcwMxBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMDU-/SIG=12uv7h4kr/EXP=1308825206/**http%3A//ja.wikipedia.org/wiki/%25E8%2591%2597%25E4%25BD%259C%25E6%25A8%25A9

QYoutube等の違法動画の著作権について

Youtube等の違法動画の著作権について
YoutubeやMySpace等の動画投稿サイトにある違法にうpされた動画を、埋め込んでいたところ、以下の通知がきました。
--------------
さて、貴社が管理運営されております動画検索サービスを使用して当社が権利を有する音源・
画源の収録物が、当社の許諾なく違法に閲覧可能な状態になっていることを通知致します。

当社は当社が権利を有する音源・画源の収録物に関しまして、一般ユーザーによる動画共有
サイトへのアップロードを一切許諾しておりません。

尚、権利者より著作隣接権を侵害するファイルと通知されながらもそれらを検索し再生させる
行為は、著作権侵害の幇助に該当し、民事上の損害賠償請求などの対象になります。

つきましては、添付するリストをご確認の上、リスト記載の収録物へのリンクを早々削除するよう、
また、貴社の動画検索サービス上のインデックスからリスト記載の収録物を除外するよう、本書
をもちましてご対応の程お願い申しあげます。
--------------
違法な動画をアップロードしたわけではないのにこんなことを言われてしまうんですが、なんとか論破できませんかねぇ。
「検索し再生させる行為」というのはGoogleやYoutubeも同じことをやっているはずですし。
第一に動画がアップロードされているのはYoutubeやMySpaceやMEGAVIDEOなんですし。
なにかおかしい気がしたので質問させていただきました。

Youtube等の違法動画の著作権について
YoutubeやMySpace等の動画投稿サイトにある違法にうpされた動画を、埋め込んでいたところ、以下の通知がきました。
--------------
さて、貴社が管理運営されております動画検索サービスを使用して当社が権利を有する音源・
画源の収録物が、当社の許諾なく違法に閲覧可能な状態になっていることを通知致します。

当社は当社が権利を有する音源・画源の収録物に関しまして、一般ユーザーによる動画共有
サイトへのアップロードを一切許諾しておりません。

尚、権利者...続きを読む

Aベストアンサー

○なんとか論破できませんかねぇ。

無理ですねぇ。向こうの言っていることの方が正しいです。

著作権法においては、違法コピーされた著作物アップロードが禁止されているだけではなく、それを公衆に配信する行為も禁止されています。質問者さんのHPから単に動画へのリンクを貼っているのではなく、質問者さんのHPに直接埋め込んでいるということであれば、その動画の配信の主体は質問者さんということになります。

GoogleやYoutubeも同じことをやっているというのは確かにそうです。従って相手方はGoogleやYouTubeに対しても同じような削除要請をしているでしょうし、GoogleやYouTubeも実際にそれに対応して削除を行うという対応を取っています。


http://www.google.com/support/websearch/bin/answer.py?hl=jp&answer=58

http://www.youtube.com/t/copyright_notice


ということで、おかしくはないです。

Q【著作権ほう助】YouTube動画まとめサイト

YouTube動画まとめサイトで
著作権的に問題があると思われる動画のリンクがたくさんはってあります。
著作権ほう助に当たらないのですか?
逮捕されたという話を聞かないので、実は罪にならない?

Aベストアンサー

リンクによって再生数に貢献したならばその考え方もありだが、著作権法に基本的な間接侵害の規定はなく、実際裁判になったら果たしてどうなるのかは不明
ありえなくはないけど

今のところ著作権侵害の幇助という名目の判例はないと思う。侵害行為の「主体」という言葉で間接的な侵害行為が違法になった例はよくあります。カラオケ法理なんて言われたり。Winnyの事件もソフト開発者が著作権侵害の主体であったかどうかが問われた。主体ではないただの幇助が果たしてどう裁かれるか。気になるところ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報