Tシャツはやぱりだっぽりとした感じで着たいと思うのですけどほとんどのTシャツは洗濯するとちじんでしまって
新品の時のようにだっぽりとは着れなくなってしまいます。でも時折いくら洗ってもそんなにちじまないTシャツも
あります。最初は素材が違うものだとばかり思っていましたが、表示を見るとどれも綿100%で変わりないみたいです。これらの違いっていうのは何の違いからくるものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

前の方がかいていらっしゃるように、伸びてしまう悩みのほうが多いように思いますが、ひょっとして、乾燥機を使ってらっしゃいますか?


乾燥機に入れると、普通に干した時のどうかすると3倍くらい縮みます。

それとは別に、素材による違いですが、同じ綿でも、糸のよりの強さや、太さによっても縮み方は違います。
でも、もっと大きな違いは、糸に縮み防止の加工がされているかどうかです。
最近のTシャツで、ちょっとおしゃれな系統のものなど、防縮加工がされているものも多いです。

なんにせよ、Tシャツをダボっと着たいのであれば乾燥機には入れないで、自然乾燥をお勧めします。自然乾燥で縮むのはせいぜい5パーセントです。
    • good
    • 0

zuciさんもおっしゃってますが、縮みは


糸のよりや太さによってもちがいますし、
また、布を織るときの糸の張り方(どのくらいのテンションで織るか)
によっても変ってきます。
さらに言えば、糸のつくりかたによっても・・・・。

織りあがった布を加工する前に(縫う前に)水洗いしておくと
当たり前ですが、その後の洗濯でも縮みにくいんですよね。
もちろん、布にも依りますが。
    • good
    • 0

※だらっと伸びてきてしまうのがヤダ!って言う方がよく聞きますけど…。



素材が同じだとしたら、生地の厚さじゃないですかね。
厚い方がしっかりしてるから、延び縮みは少ないと思います。

あと、素材として、
ポリエステルのものは延び縮みしにくいですね。
ラガーシャツとかユニフォームによく使われているサラサラした肌触りのものです。
その分値段が高いですけど、長もちしますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報