「専制政治」を辞書で引いたところ、「国家の全ての権力を支配者が握り、国民の意思を無視した独断的な政治」とありました。
一方、「独裁」というところをひいたら「ある個人、または特定の階級が全権力を握り、物事を支配すること」とありました。
どうちがうのでしょうか?

A 回答 (2件)

参考urlを見てください。



「2 政治」の項目の下に
「1 デモクラシーとその発展」という項目があってそれの(2)です。

参考URL:http://www.e-study.gr.jp/syakai/seiji.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
独裁政治のほうが聞こえが悪かったのですが、専制政治のほうが非民主的なのですね。

お礼日時:2001/05/27 20:56

 t-toda さんの参考URLページと、purplereview さんの調べた意味から推測するアドバイス(蛇足とも言いますが)です。



 たぶん「専制政治」とは制度、いうなればシステムの形態を指していて、「独裁」とは状況を表しているのではないでしょうか?
 つまり「独裁」という状況を続けるための、明確化された政治システムを「専制政治」と呼ぶのではないかと推測します。

 ちなみに「専制政治」の利点として、施政者(支配者ね)が有能であり管理対象(この場合は国民)からの意志をくみ取る事ができるのであれば、「民主政治」よりも円滑かつ効率的で的確な行動が行えることです。欠点は…、「民主政治」の教科書を開けばたっぷりと載ってますよね(^^;

 ボク的には、政治や国などはヒトが生きるためのシステムに過ぎないと思ってますので、「専制政治」や「独裁政治」をすべて悪と決めつけて、否定することはできないと思いますがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかし、私の勉強している本には専制政治も独裁政治も「政治形態」というところにのっていました。

お礼日時:2001/05/29 15:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「延続下去」と「延続」の意味の違い

以下の文、最後の部分「延続下去」の「下去」を削除して「延続」とした場合、意味はどのように変化するのでしょうか。角川の中日辞典には、「下去」-動作が継続していくことを表す、とありました。よって本文の「延続」の部分に継続の意味が含まれていると思うので、意味の相違はあまりないのではと想像しています。

「中国専制政権以対人民的鎮圧和監控為手段、有能力継続在中国政治上存活、延続下去」私訳(中国の専制政権は、人民への鎮圧と監視を手段として、引き続き政界で存続し続ける能力を持つ)

Aベストアンサー

引き続き行われることについて、意味的には大して違いはありませんが、ニュアンスとしては、方向補語を伴う表現の方が、継続の意志というか徹底さが感じられますね。
能力が単に継続するということよりも、積極的に維持していくという語感でしょうか。

Q共産主義の独裁国家と右翼の独裁国家の違い

日本の近くには共産主義の独裁国家があります。また、右翼の独裁国家?詳しくは知りません。そのような違いや特徴などそして共通するものなど教えてくれたら幸いです。

Aベストアンサー

 <日本の近くには共産主義の独裁国家があります。また、右翼の独裁国家?詳しくは知りません。>

 右翼独裁国家の特徴としては、
1、民族主義
2、統制のもとでの資本主義経済
3、一党独裁
 が挙げられます。

 ですから、現在の中国は、実質的に右翼独裁国家で、共産主義独裁国家ではありません。
 共産主義経済を止めて、経済の改革開放路線を始めたことによって、共産主義は終了し、内実は左翼国家から右翼国家に衣替えしましたが、「共産党」という独裁政党名だけが、以前の共産主義の名残をとどめています。(北朝鮮のように個人独裁国家でも、国名に「民主主義」が付いているように、名前は実質を示すものではありません。)
 このことによって、左翼の国とも右翼の国とも仲良くできるという仕掛けです。

 中国が、左翼から右翼へと変わった時でも変わらなかった部分が、右翼独裁国家と左翼独裁国家の共通事項で、変わった部分が違いです。

 実際、中国社会の細かな現状を見ても、貧富の差が大きく、失業者が大量に居て、バブル経済と言われている国ですから、共産主義ではなくなっています。
 都市に比べて貧しい地方の農民達や、都市の負け組貧困労働者が、政治権力と結託した成金集団打倒に立ち上がれば、これは『共産主義革命』です。
 今の中国は共産主義であるどころか、世界の主要国の中で一番「共産主義革命」が起こりやすい国と言ってもよいでしょう。

<参考>
 「国家社会主義ドイツ労働者党」と言う政党名は、一見左翼政権のように見えますが、典型的極右政権として歴史に刻まれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E5%85%9A 

 <日本の近くには共産主義の独裁国家があります。また、右翼の独裁国家?詳しくは知りません。>

 右翼独裁国家の特徴としては、
1、民族主義
2、統制のもとでの資本主義経済
3、一党独裁
 が挙げられます。

 ですから、現在の中国は、実質的に右翼独裁国家で、共産主義独裁国家ではありません。
 共産主義経済を止めて、経済の改革開放路線を始めたことによって、共産主義は終了し、内実は左翼国家から右翼国家に衣替えしましたが、「共産党」という独裁政党名だけが、以前の共産主義の名残をとどめて...続きを読む

Q自民党の独裁

なぜ自民党は1945年~2009年も独裁をできたのですか? 

なぜ日本国民は今まで自民党を選んできたのですか?

日本国民はバカなのですか?

Aベストアンサー

細かい事を省きご回答するのなら、その理由は次の2点です。

1.自民党を右派とし、自民党以外の野党が左派とすれば、左派は右派政権存続を利するほど馬鹿だったか、馬鹿を装い右派政権存続の為に努力していたから。

2.自民党のスタンスが、日本米国支配に上手く合致し、時代の流れに乗ったから。


1については、日本の左派は目を覆わんばかりの馬鹿っぷりで、その馬鹿さ加減は常軌を逸しており、通常人の軽蔑を誘うほどの物であったため、左派に政権を取らせてはならないと言うのが日本国民の大半の意志だった。

この左派の馬鹿っぷりが天然のものか、意図して馬鹿を装っていた謀略的なものかは判然としません。人間はあそこまで馬鹿に成れるわけは無く、あそこまで馬鹿であるのであれば中学校卒業も危うい。それが政治家として国会議員として表舞台に立てていたのであるから、あの馬鹿さ加減は馬鹿なフリをしていただけなのではないのか?と推測もされるわけです。
日本の政治は55年体制という「自民党・社会党」のナレアイの時代が長く続きましたが、この自民党もこの社会党も「民主主義を第一」にする政党でした。

?と。どちらも民主主義を第一にする?
日本の眼前に巨大共産主義国ソビエト連邦が牙城を構え、傍らに過激な均衡を継続する中華人民共和国が雌伏し、すぐ目の前にサイコ的小児的テロ国家北朝鮮が存在すると言う状況では、実は日本の国家としての存続はかなり危ういものでした。
このような状況下で自民党も社会党も共に民主主義を守ると言う政治的努力をしていたのではないのか?社会党の、左派の真の目的は、実は自民党に安定した政権を取らせる目的の為に、日本国内の左派勢力を取り込み、そしてその左派勢力の方向をグジャグジャに撹乱弱体化・バカ化させる政治的謀略集団ではなかったのか? と。

こういう見方をしますれば、一時期の自民党・社会党の連立政権は、当たり前の構図として浮かび上がってきます。
水と油、と言われた両党の連立など、考えられないと…多くの人々・大半のマスコミ人・文化人がのたまいましたが、私はずっと以前から上記のような観測をも並立して持っていたため、ここは当然自民党・社会党の連立政権が出来上がると…確信しておりましたらやっぱりそうでしたww

やはり時代を見通す政治観を持つのは大切です。当時、私の知る限り自社連立政権樹立を事前に予測していたのは日本国内では私だけだったかも? とまw


2については、日本は独立国の形態を表向き保ってまいりましたが、その実日本は米国の支配下にあった。米国の隷属状態…とか、米国への対米追従…とか、色々言い方はありますが、日本の支配主は日本政府ではなく、米国謀略組織とその謀略組織を指揮する米国政治界の奥の院です。
米国は政権が変わろうとも、この日本支配の構図を崩すことなく、米国国益と西側自由主義陣営強化の為に日本を育て活用し収奪してきました。

自民党はこの流れに完全に乗り、米国指揮下で日本を安全に運営し、経済力を蓄え、世界の一大富強国に日本を仕立て上げました。
日本国民の意識もそれに同調した。
日本人は政治の主義がどうのこうの、資本主義だ共産主義だとか、そんな事はどうでも良かったのです。ただより良い生活をしたい。子供を安全に育てたい。日本人が幸せになるのを日本人として見ていたい…と。それが当時の日本人の希望。


日本にたった今いきなり人として出現し、これまでの政治や世界状況を皆目知らないのであれば、今の自民党は変に思いますよね?
何故日本人は自民党に長年月政権を任せていたのか?馬鹿じゃないの?と。

しかし、我々結構お年を召した人間達は、自民党と社会党、この55年体制の意味を知っています。今まではコレで良かったのです。

細かい事を省きご回答するのなら、その理由は次の2点です。

1.自民党を右派とし、自民党以外の野党が左派とすれば、左派は右派政権存続を利するほど馬鹿だったか、馬鹿を装い右派政権存続の為に努力していたから。

2.自民党のスタンスが、日本米国支配に上手く合致し、時代の流れに乗ったから。


1については、日本の左派は目を覆わんばかりの馬鹿っぷりで、その馬鹿さ加減は常軌を逸しており、通常人の軽蔑を誘うほどの物であったため、左派に政権を取らせてはならないと言うのが日本国民の大半の...続きを読む

Q50年以上政権を握り続けたった1度や2度の失敗で自民党に戻るというのは国民自身が独裁政治を望んでいる

50年以上政権を握り続けたった1度や2度の失敗で自民党に戻るというのは国民自身が独裁政治を望んでいるという事ですよね?

Aベストアンサー

民主党は、激動の時代を生きた。そうともとれるような。
大震災、原発事故、その政治的内容は、過去の政治の3倍以上の濃度があったのではないでしょうか。暦上は数年でも、内容的に5倍あった。
ベクレル、シーベルトは、国民の脳裏に刻まれ、安全神話は、現実への対応に変化した。

Q映画 「独裁者」 

映画 「独裁者」 
の最後の3分位のチャップリンの名台詞を
日本語と英語でおこしている資料を探しています。

どなたかお分かりの方
教えてクダサイ !!

Aベストアンサー

直リンは(個人サイトですので)まずいかもしれませんが
「英語 チャップリン 独裁者 演説」あたりで検索をかけたら、簡単に見つかります。
I'm sorry,
but I don't want to be a, an emperor.
That's not my business.
I don't want to rule or conquer anyone.
I should like to help everyone if possible; Jew, Gentile, black man, white.
We all want to help one another, human beings are like that.

という出だしですよね? 最後にハンナに呼びかける。
私もこの演説大好きで、これとルーサ・キングのI have a dream は暗記するほど読みました。

Q軍政や独裁国家では政治犯を処刑せず、生かしておくのはなぜ

非民主的な軍政や独裁国家では政治犯がいますよね。なかには反体制派の指導者的立場の人もいるんでしょう。
体制側からすれば、自分の権力を脅かす存在は消してしまうべきなのに、収容所に入れっぱなしだったり、長期間監禁して生かしておくのはどうしてですか。

 かつてソ連のスターリンや中国の毛沢東のころは、反対派を何万人、何十万人と片っぱしから処刑していってたとききます。
 ミャンマー政府も、スーチーさんをいつまでも軟禁するより、捕まえて一方的裁判で処刑するか、暗殺してしまえばいいと思うのですがが。。。。生かしておくのはそれなりの理由があるんでしょうか。

Aベストアンサー

アウンサンスーチーは内外の評価が高い上ノーベル平和賞を受賞しています

ノーベル平和賞受賞者を一方的に死刑にしたとすれば
欧米諸国が怒り狂う事になります 恐らく相当の外圧がかけられて
軍事政権などすぐ潰されてしまうでしょう

ある意味軍事政権を快くおもっていない欧米などの
絶好の干渉理由を与えることになります

あのような生かさず殺さずならば欧米もケチがつけにくいのです

Q中国をいま民主主義化したら今よりもっと社会が荒れる気がしますがどう思いますか?あんな国土が大きい

中国をいま民主主義化したら今よりもっと社会が荒れる気がしますがどう思いますか?

あんな国土が大きい国を民主主義で上手くいくと思いますか?

ロシアも中国も社会主義、共産主義なので国がまだ統一しているだけで民主主義にしたら民族が分裂して行く気がします。

本当に民主主義化が中国のためになるのでしょうか?

ロシアも民主主義化したらすぐに内戦に突入すると思いますよ。

アメリカは民主主義化、民主主義化って言ってますけど、ロシアも中国も民主主義化に耐えられるか誰も保証出来ないでしょ。

内戦が始まったらその時はどうアメリカや日本は対応してくれますか?

イラクやシリアのように放置しますか?

民主主義化しろー民主主義化しろーと言って日本もアメリカを支援して民主主義化して内戦に突入したら俺はもう知らんぞってどうなんでしょう。

中国を民主主義化しろと言っている人は民主主義化して中国が分裂して内戦が始まったら何をしてくれますか?

反政府のテロリストに物資という名の武器でも送って上げますか?

食料をイラクやシリアに送っている人どれだけいますか?

民主主義化しろって言って内戦起こって何も支援してないんじゃないですか?

それで中国は民主主義化しろっておかしいくないですか?

民主主義化して内戦起こったらどうするつもりかまで考えてくれてますか?

中国をいま民主主義化したら今よりもっと社会が荒れる気がしますがどう思いますか?

あんな国土が大きい国を民主主義で上手くいくと思いますか?

ロシアも中国も社会主義、共産主義なので国がまだ統一しているだけで民主主義にしたら民族が分裂して行く気がします。

本当に民主主義化が中国のためになるのでしょうか?

ロシアも民主主義化したらすぐに内戦に突入すると思いますよ。

アメリカは民主主義化、民主主義化って言ってますけど、ロシアも中国も民主主義化に耐えられるか誰も保証出来ない...続きを読む

Aベストアンサー

ロシアそのモノが、旧ソ連が(いわゆる)民主化をした結果、ソ連を構成していた共和国などが分離して残った国家です
それに、今のロシアを共産主義国家というのは無理なんじゃない?

一応自由な選挙も行っているんで、民主化されていないと言うのも難しい
実態として、民族主義的強権主義的な性質は否めないけど・・・・・

当然今の中国が共産党による一党支配を失えば、当然南方や西方地域の民族主義が高まって
国家の分離という方向に進むのはほぼ間違いない
分離した結果どうなるかは別として、民族感情として漢民族支配をそのまま継続することを良しとすることは難しいだろう

なのである日突然急激にと言うのは激変過ぎて混乱も極まるだろうから
当然漸進的にと言うことになる

で、アラブ諸国での民主化を契機とした混乱の元は、法による支配とか司法の独立が存在しないとか、行政の腐敗蔓延とか、そういった部分極端で

国の統治機構が機能しないとか国の統治機構を国民が信頼しないという部分が大きい

今の中国を見ると、司法も党の一機関としてしか機能せず、官僚機構は腐敗にまみれ
国民、市民は統治機構を如何に欺くか、如何に利用するかという観点でしか見ていない

これでは、今共産党支配を終えたとしたら極度な混乱に陥る

かといって今のままでは、共産党支配の正統性が失われて徐々に遠心力が働くことになるだろう

民主化は将来の目標として必要だが、当面の方向性としては何ものによる批判も受けない共産党という立ち位置を修正して
司法の権威や法の支配という最低限のレベルを確保しなければならない

法の支配が機能すれば、官僚機構の腐敗への抑制も働くし共産党の無理無体も抑制される

そうやって徐々に国の統治機構への信任を深めて、同時に教育の充実を図ることで
現代的な”市民”としてのモラールも確立していくことで、実際に民主化した際の混乱を抑えることが見込めると思っている

我が日本を顧みれば、太平洋戦争敗戦時と明治維新期における体制の大転換に際して極端な混乱もなかったことは、教育の充実ということによるものと優秀な官僚機構(腐敗が無い訳でも無いが、限定的であり有効に機能していた)によるものが大きい

今の中国には、教育はあっても偏ったものであるし、官僚機構は売官制度と言っても良いほど能力ではなく金とコネが最優先されるのが現状
これではねぇ・・・・

ロシアそのモノが、旧ソ連が(いわゆる)民主化をした結果、ソ連を構成していた共和国などが分離して残った国家です
それに、今のロシアを共産主義国家というのは無理なんじゃない?

一応自由な選挙も行っているんで、民主化されていないと言うのも難しい
実態として、民族主義的強権主義的な性質は否めないけど・・・・・

当然今の中国が共産党による一党支配を失えば、当然南方や西方地域の民族主義が高まって
国家の分離という方向に進むのはほぼ間違いない
分離した結果どうなるかは別として、民族感情として...続きを読む

Q銀河英雄伝説をみて・・・地球上で民主主義国家が専制君主国家に変わった例を教えてください

よろしくお願いします。
『銀河英雄伝説』(田中芳樹著)を読んで思ったのですが、
民主主義国家が専制君主国家に変わった例を教えてください。

Aベストアンサー

panchoさんkichijiさんの回答に簡単に触れられていますが、共和制をクーデターで倒して皇帝となったナポレオン1世および3世、中華民国建国当時に総統から皇帝を名乗った袁世凱などの例はどうでしょう。いずれも、民主革命直後の混乱期に乗じて皇帝を名乗った例であり、一代限りのもので君主制らしき相続は行われていませんから、どちらにしろ例外的なケースですが。
田中氏の小説は、政治体制に関しての思考実験をテーマのひとつとしているので、極端な例を出してそれを否定しようと試みたものかもしれません。既にお気づきでしょうが、念のため。

Q社会民主主義と民主社会主義の違いが分からない

ウィキペディアの民主社会主義の項目を見ても、社会民主主義との関係が書かれていますが、社会民主主義との本質的な違いについては触れられていません。
よく分からないので教えてください。

Aベストアンサー

ウィキを見てみましたが、本質的な違いも書かれていますよ。ただし、それを読み取るには啓蒙主義と共産主義を理解している必要があります。

ということで、啓蒙主義
そもそも民主主義は資本主義とセットになっています。資本主義は個人の自由な経済活動を必要としますし、個人の自由な活動には個人の権利保障が重要だからです。
そのため、16世紀頃のヨーロッパでの経済活動の発展に伴って、啓蒙思想(市民は平等で個人の不可侵の権利がある)が発展しました。ようするに貴族がいて庶民がいるような階級社会だと、せっかくがんばって金持ちになっても権力者である貴族が「俺に金をよこさないとお前の財産を没収するぞ」という脅しを入れてくるからです。
そのため、庶民を含めてすべての個人は自由であり平等である、という思想が発展したのです。これが啓蒙主義です。

そしてこの啓蒙主義のおかげで、フランス革命が起き周辺諸国も民主化するようになり経済活動がますます発展するのですが、そうなると資本家(当然元貴族も含みます)はますます儲かり、逆に何も持っていない庶民(以下労働者)はますます搾取される、という具合になります。
これが19世紀初頭までに顕著になってきました。

ここに搭乗するのがマルクスとレーニンです。マルクスは資本論で資本主義の本質を著わし「富める者はますます富み、搾取されるものはさらに苦しくなる」だから政府などによる調整と富の再分配が必要である、と説きました。
これにより労働者に対して資本家側から富を分けてもらう、という発想が生まれます。健康保険や年金、税金による福祉政策などが実際に行う再分配の方法です。でありこの再分配を行う方法が「社会民主主義」と呼ばれるものになります。

ところがレーニンがもっと過激なことを主張します。いわく「資本を持つものと持たない者の差を埋める事は出来ない。だからすべてを全員の共同資本にしよう」です。
ここに共産主義(資本家の否定と全労働者の権利の保障)が生まれるのですが、資本家を無くすためには二百年前におきた王族や貴族などの封建社会の否定=革命と同じことが必要になる、と考えたため、共産革命を目標にする、という事態になりロシアに共産革命が起こり、中国や様々な植民地で共産革命組織(非合法)が生まれることになります。

これも労働者の権利を守るための行動ですから社会主義的な行動であることは事実です。そのため、啓蒙主義(個人の権利の平等)をより強く求め、資本家と労働者の差を少なくする方法は社会主義と呼ばれるようになります。そしてその中に共産主義も含まれるのです。

しかしロシアの急激な変化を見た周辺国は、共産主義に対して警戒感を強めます。そのため穏やかな社会主義的な組織も弾圧を受けるようになりました。そこで社会主義的な組織の中で「共産主義との決別」「共産革命の否定」を宣言して、民主主義の枠組みの中で社会主義を実現する組織が現れます。
これが民主社会主義と呼ばれるものです。

この歴史的な経緯をまとめると、
資本家と労働者の対立を背景にして生まれたのが、富の再分配や市民の幸せを最大限希求する社会主義の流れです。そしてこれは社会民主主義とも言うのですが、共産主義を民主的ではないと考える人々は「社会民主主義」の中に共産主義を入れるのを嫌います。しかし、共産主義的な手法をなるべく穏やかに実行したい人は、修正共産主義という意味合いで「社会民主主義」という場合もあるので、意味が2重になってしまうのです。

「民主社会主義」は明らかに共産革命を否定しており、民主的な方法で社会主義を実践していくことを目的にしているといえます。

ですので社会民主主義は大きな枠組みでその中には共産主義と民主社会主義が入ります。
共産主義と民主社会主義は、資本主義を否定して社会民主主義を実践するか、資本主義を否定しないで社会資本主義を実践するか、という違いになるといえます。

ウィキを見てみましたが、本質的な違いも書かれていますよ。ただし、それを読み取るには啓蒙主義と共産主義を理解している必要があります。

ということで、啓蒙主義
そもそも民主主義は資本主義とセットになっています。資本主義は個人の自由な経済活動を必要としますし、個人の自由な活動には個人の権利保障が重要だからです。
そのため、16世紀頃のヨーロッパでの経済活動の発展に伴って、啓蒙思想(市民は平等で個人の不可侵の権利がある)が発展しました。ようするに貴族がいて庶民がいるような階級社会だ...続きを読む

Q共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決して共産主義が誤っているわけではない。
共産主義国家の崩壊=共産主義の誤り、というのは資本家にとって都合のいいイメージ戦略に過ぎない」



質問詳細
20世紀終盤に、ソビエト連邦、及びその周辺の東欧共産・社会主義諸国などが
つぎつぎと崩壊していきました。
また、中国も未だ中国共産党一党支配ながら、資本主義経済の導入に舵を切りました。
キューバにはアメリカ大統領が訪問し、北朝鮮は誰にも相手にされなくなってしまったので
「話のタネにミサイル発射する」という究極の”構ってちゃん状態”です。


これらの事実をもってして、以下のように論評する意見は多いです。
「共産主義とは秘密警察が個人を監視し、職場、学校、家庭内ですら互いを密告しあう狂った恐怖政治の体制である」
「”皆が平等に幸せになる政治体制”を標榜しながら、実際には一党独裁の政党幹部のみが
快楽を享受し、一般国民は彼ら党幹部を養うために貧困にあえいでいる」
「政党のトップは誰にも犯されない強大な権利を持ち、気に食わない奴は誰彼かまわず粛清する」
「民主的な選挙は行われない。公の場で政党、国家を批判することは許されない。TVカメラの前では国家および政治指導者の礼讃を強要される」

結論「だから共産主義はダメなんだ」

この意見を聞くと、ある種の人々はこう反論します。
「ソビエト、東欧の共産主義国家、社会主義国家は、それぞれの国家指導者が”共産主義に名を借りた独裁政治”を行っていた。
よってこれらの国家を共産主義国家、社会主義国家、と色分けする事自体が誤りである。
国民、もしくは外圧からの民主主義の潮流によって、独裁者が追放され、国民が独裁国家から解放されたのであって、
決して共産主義、社会主義が誤っているわけではない。
では
”なぜ共産国家は崩壊したのか? それは共産主義が誤った政治体制・思想であるからだ。
 共産主義国家が崩壊した事が何よりの事実だ”
という論評がはびこるのかというと、それは共産主義と相対する政治体制・思想である資本主義体制を
推し進める人たちによって、そのほうが都合よくイメージを刷り込みやすいからである。
では資本主義は絶対に正しい政治体制・経済体制なのか? 否である。
資本主義体制、とは
”金持ちがより金持ちになり、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま”
”儲ける者は働かず、働く者は儲けない”
という世界である。今の日本に当てはめれば、
”親が社長なら子も社長。正社員はなんとか身分安定だが、明日は分からない。そしてハケンは一生ハケンのまま”
ってことだ。こんな社会が人間社会として許されるか? 否である”

さあ、果たして、共産主義国家、社会主義国家の崩壊は、
共産主義そのものの誤り
なのでしょうか? それとも
共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊
なのでしょうか?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決し...続きを読む

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が行われてしまうので、共産主義の理念が狂ってしまうことになるのです。
19世紀後半以降、資本主義はこの技能労働者を必要とするようになりました。
資本主義の遅れたロシアで革命がおこったのは、技能労働者があまりいないから、まさに遅れていたからです。
遅れていた国だから、ロシアでのみ革命が起きたのです。
あの時代、共産主義はすでに時代遅れになりつつありました。

またマルクス経済学はその理論の中であまりに首尾一貫性が強すぎて、矛盾を一歩でも付け加えると破綻してしまうようになりました。
しかし実際には、限界革命のような新しい経済理論が発見されてます。
しかしマルクス経済学の無矛盾性を維持するためには、このような発見を無視するしかありませんでした。

しいていえば、マルクスの最初の着想点「資本主義には自滅する要素がある」「歴史は経済という上部構造で動いている」
という着眼点がいまだに有効だと思いますけど、マルクス理論の主要なテーマはすでに完全破綻しているといっていいかと思います。

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が...続きを読む


人気Q&Aランキング