3年程前,35歳ではじめて厚生年金に加入したという男性から「老後にはいったいいくらの年金がもらえるのか?」と言う質問を受けました。それまではフリーターのような事をしていて,国民年金にはまったく加入していなかった(意識がなかったのと経済的に苦しかったため)そうです。
 毎月の支払額は<26025円>という事なのですが,それで定年の60歳まで25年間保険料を支払い続けたとして,いくらの額になるのか(あるいはなりそうなのか)ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
 25年・・というのは国民年金の話であって厚生年金とは違うのでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国民年金だけでしたら、25年以上(障害基礎年金は別の条件あり)は必要ですが、厚生年金も国民年金とあわせて、25年以上ないと国民年金は支給されないし、厚生年金も支給されません.25年以上あると厚生年金は加入1月でも金額はほんの少しでもでます.今は国民年金に厚生年金がたされているという形になっていますので、厚生年金を25年以上は最低はひつようですね。

(特例もありますが、いまの若い方に当てはまりません) いくらもらえるかは最終にもらう時にならないと分かりません、下記のURLに計算方法がありますが.確定はできませんね.法律の変更で計算方法が変わりますので。 国民年金は割りと簡単ですが、厚生年金は定額部分+報酬比例部分があり、その報酬比例部分がかわるのです.

参考URL:http://www.yk.rim.or.jp/~tsk/fp/nenkin/keisan.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅れて申し訳ございませんでした。
先の人物に教えていただきました参考URLを紹介し,何度か経過を聞いていましたが「数字が出ない!(つまり計算結果が0)」と叫んでおりました。
 「じゃああんたもらえないんだよ^-^」といじめていましたが,入力の方法が間違っていたようでした。
 思いのほか低い結果,そして今後それが減る事はあっても増える事はまずないであろうことを考えますと,私も含めて憂鬱な気分になりました(__)。
 確かに老後の事は心配ですがあまりその事を深刻に捉え過ぎて,30~40年後の年金をいかに確保するか・・。そのために毎日をどう暮らしていったらよいのか・・そればかりを考えて働くのってなんだか変な人生にも思えてきます。
 もう少し安心できる世の中になって欲しい・・と思いましたが・・。
 どうもありがとうございました。
 
 

お礼日時:2001/06/19 00:41

年とってから受け取る年金(老齢年金)の受給資格については厚生年金も国民年金も同じです。


要するに,「厚生年金のもらえる人は国民年金ももらえる(逆もまた同じ)」のです。
その男性はラッキーです。35歳で加入したなら今後25年たっても60歳ですからね。例えば,40歳ではじめて公的年金に加入したなら,65歳まで休みなく保険料を掛け続けなければなりませんから。
25年・・・というのは,逆に考えて「20歳以上60歳未満の40年のうち,15年以上年金未納期間があると,心配した方がいい。」と思ってください。
設問中の方は,すでに待ったなしです。今後,厚生年金をやめることがあれば,必ず国民年金に加入してください。納められないときは,必ず免除申請などしてください。

厚生年金の額については,No.1の回答のとおり。
実際,25年前(昭和51年頃)にその当時の計算で年金額の皮算用をしていた人がいれば,さぞかしガッカリしていることでしょう。
ただ一つ言えることは,40年納めた人より額は少ないでしょうから,今まで加入していなかった分のマイナスは個人的に何か考えた方がいいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金て毎月,積む額が国民年金より少なかったら将来貰える額も国民年金

厚生年金て毎月,積む額が国民年金より少なかったら将来貰える額も国民年金より少ないですか?

Aベストアンサー

> 将来貰える額も国民年金より少ないですか?
論より証拠。
○前提条件
 賞与の支給はない。
 国民年金と同じ、厚生年金は20歳から60歳までの40年間加入。
 厚生年金の被保険者期間は平成20年以降である。
 現行の制度及び数値を使い、65歳から給付額で推測・比較する。

1 平成21年度の国民年金保険料は月額1万4660円。
 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/02.html

2 厚生年金の個人負担がこの金額に尤も近い標準報酬月額は、平成21年9月時点で180千円。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf

3賞与は支給実績がなく、物価上昇率等も考慮外として、老齢厚生年金の額は
 180千円×5.769/1000×480ヶ月×1.031×0.985
 ≒50万6200円
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

4 拠って、単純に本人負担額で考えた場合、老齢厚生年金は老齢国民年金より低い額となるが、この者は「老齢厚生年金」+「老齢基礎年金」が受給できるので、国民年金だけに加入していたものに比べれば、受給額は多い事となる。

> 将来貰える額も国民年金より少ないですか?
論より証拠。
○前提条件
 賞与の支給はない。
 国民年金と同じ、厚生年金は20歳から60歳までの40年間加入。
 厚生年金の被保険者期間は平成20年以降である。
 現行の制度及び数値を使い、65歳から給付額で推測・比較する。

1 平成21年度の国民年金保険料は月額1万4660円。
 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/02.html

2 厚生年金の個人負担がこの金額に尤も近い標準報酬月額は、平成21年9月時点で180千円。
 h...続きを読む

Q厚生年金25年間加入後の国民年金加入の必要性について教えてください

厚生年金に25年間加入した後に退職する場合、65歳から年金を受給するためには、退職後、国民年金に改めて加入する必要はありますか?

Aベストアンサー

例えば現在22歳から勤務を始めて厚生年金加入として、
25年間の勤務後に退職。47歳というようなことであれば
当たり前の話ですが、60歳までは国民年金に加入する
必要があります。

理由はありません。法令で定められた義務だからです。

Q国民・厚生年金 ・遺族年金の支払停止額について

 先日、83歳になる母の年金額改定通知書が2枚届きました。

 1枚は「遺族厚生年金」で、支払い年金額(約¥11万)が書いてありました。
もう1枚は「老齢基礎・厚生年金」で国民年金の金額(約¥79万)が書いてあり、支払停止額にも同じ金額が書いてありました。更に、その下に厚生年金の金額(約¥54万)が書いてあり、同じく支払停止額に同じ金額が書いてありました。

 父が平成3年に他界し、母の貰える年金と比べて父の方が高かったので、父の共済年金を母が貰う事になりました。兄がその当時年金の手続きをしてましたからそのままにしてました。

 しかしながら、今回の年金改定書に疑問をもったので「ねんきんダイヤル」で確認したところ、「遺族厚生年金」は支払われるようになってるのに『保留』になってるとの事。「5年分はデータに残ってますので、さかのぼって貰えるのでは…」と教えてもらい、更に「「老齢基礎・厚生年金」の国民年金の方は本来なら支払われるもの」だと聞ききました。

 早速近くの年金事務所で説明を受けたら、『保留』の方は受け取れるように手配するそうですが、5年分さかのぼって出るかは分からないとの回答でした。
 国民年金の方は今まで貰う手続きをしていなかった為、支払われていなかったと言われ、本日手続きをしたので今日からの受付となり、いままでの分は貰えないとのことです!

 十数年、毎年¥90万近くを貰ってなかったのですが…いくらかでもさかのぼっては支払われないのでしょうか? あるいは、役所や弁護士などに相談するべきなのでしょうか?
教えて下さい! 宜しくお願いします。

 先日、83歳になる母の年金額改定通知書が2枚届きました。

 1枚は「遺族厚生年金」で、支払い年金額(約¥11万)が書いてありました。
もう1枚は「老齢基礎・厚生年金」で国民年金の金額(約¥79万)が書いてあり、支払停止額にも同じ金額が書いてありました。更に、その下に厚生年金の金額(約¥54万)が書いてあり、同じく支払停止額に同じ金額が書いてありました。

 父が平成3年に他界し、母の貰える年金と比べて父の方が高かったので、父の共済年金を母が貰う事になりました。兄がその当時年...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。申し訳ありません。再度取り消しします。
 
繰り下げは遺族年金を受けて見えるのでできませんでした。
全体像把握が不十分で誤った回答で混乱させすみませんでした。

そうすると、原則通りの年金が時効まえの5年間分さかのぼってもらえるのではないでしょうか。

遺族厚生年金は請求時にさかのぼってもらえるよう頑張ってください。

Q厚生年金と健康保険の最低の支払額はいくらですか。

厚生年金と健康保険の最低の支払額はいくらですか。

有限会社経営してますが不況で赤字です。毎月の厚生年金と健康保険の支払額を下げたいのですが下限の額って有るのですか。
最低の額はいくらぐらいなのでしょうか。

その最低額と国民年金に切り替えた場合とでは受給時にはどれぐらいの差がつくものなのですか。

Aベストアンサー

こんにちは。
保険料を下げるって…。

保険料は4・5・6月のお給料の平均額から算出されてます。
もし、下げるのであれば、給料を下げることになりますけど…。

一応、参考までに…厚生年金の保険料です。
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/hokenryo_ans02.htm

下限の額は7,521.50になっていますが、月額の給料が101,000未満の場合です。


健康保険料は、加入している保険組合によって違うと思いますが、私が加入している保険組合だと4,000ちょっとでしょうか。

Q厚生年金加入期間と厚生年金基金加入期間が違う

こんにちは。
自宅にねんきん特別便が届いたのですが、厚生年金加入期間が67ヶ月あるのですが、その下の括弧書きの『厚生年金「基金」加入期間』が0ヶ月になっているのですが、これは何か問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

お勤め先の企業が年金基金に加入していなかっただけでしょう。

厚生年金加入=基金加入にはなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報