100年前には米国には自動車メーカーが500社もあったし、1920年代には電話
会社が6万社もあった、そうです。
あらゆる産業においてその勃興期には多数の人が参入し、時と共に自然淘汰されるということなのでしょうが、その課程について書かれた本をご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問は、非常に産業の盛衰をたどる奥深いものだと思います。



自動車産業だけを詳細に書いたものではありませんが、その他の産業も含めて、あなたのご関心事を深く考察した本に、

■アッターバック(大津正和、小川進監訳)『イノベーション・ダイナミクス』有斐閣、1998
有斐閣HP:http://www.book-kanda.or.jp/SERVICE/syuppan/3004 …

があります。実例がいっぱい載っていて、とても読みやすいです。著者はMITの有名な教授です。ちょっと大きな本屋にはあるはずですし、アマゾンや出版社から取り寄せたらいかがでしょう。また参考URLの参考書にも載っています。

参考URL:http://www.jaist.ac.jp/~gakusei/kyoumu/syll13/k2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
この本早速買いました。
この分野に造詣が深い方とお見受けしました。できればいろいろメール交換させていただければと思うのですが、、、

お礼日時:2001/06/02 14:17

以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


======================================
自動車合従連衡の世界/佐藤正明/文藝春秋/2000.9 
自動車三十年史/柳田諒三/萬歳パブリシティ/2000.5 
ドイツ自動車工業成立史/大島隆雄/創土社/2000.6 
20世紀の国産車/鈴木一義/三樹書房/2000.5 
日本における自動車の世紀/桂木洋二/グランプリ出版/1999.8 
日本自動車産業の発展分析と展望/松浦茂治/出光書店/1994.11
日本自動車産業史/日本自動車工業会/日本自動車工業会/1988.7 
日本自動車工業の史的展開/天谷章吾/亜紀書房/1982.4 
===========================================
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 14:19

直接の回答でなくて申しわけありません。


もし東京近郊にお住まいであれば自動車図書館を覗いてみられたら如何でしょうか。入館無料で他では入手が難しい文献書籍などもあるということですが。

参考URL:http://www.motorshow.or.jp/data_library/library/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
平日に時間をとって是非行ってみます。

お礼日時:2001/06/02 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPに本の売れ筋ランキング10位を表示させるには

アフェリエイト広告を使用したHPを持っています。
いちいち手打ちで打ちかえるのではなく、自動的に本の売れ筋ランキング10位を表示させたいのですがそういう機能はあるんでしょうか。どこかのサイトでチラッと見た事があるのですが・・。
知っている方がいらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンのアソシエイト・プログラムには「ベストセラーリンク」という機能がありますよ。ジャンルを指定してベストセラーを表示することも出来ます。

詳しい内容や使い方は、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加したあと、ログインして「リンク作成」を見てください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q結婚情報サービスでの新規参入について調べています

大学の授業で結婚情報サービスについて調べています。
条件としては、東京を拠点とした小さな会社で新規に参入します。

まず、ターゲット層を調べてみたところ30~50代の男性、30~40代の女性で、出会いのない人たち(職場に異性がいないなど、友達や職場で紹介してもらえない人)。または、結婚していいない子供を持つ親だろうというところまではわかりました。

そこで、どこの地域をターゲットに活動するかを考えたいので各地域の未婚者数のデータを探してみたのですが見つかりません。

東京都の中央区は~人、千葉県の市川市は~人などのできるだけ細かいデータがほしいのですが、各地域の未婚者数のデータなどがのっているサイトまたは書籍などがあったらおしえてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

以下のリンク平成18年度「婚 姻 に 関 す る 統 計」の概況にて

婚姻に関する統計について
1 婚姻の推移
(1) 年次推移
(2) 月別にみた婚姻
2 婚姻動向の多面的分析
(1) 夫妻組数の増減(国際移動を除く)
(2) 年齢別無配偶者婚姻率・年齢別未婚者初婚率
(3) 累積初婚率
(4) 初婚-再婚の組合せ別婚姻
(5) 平均婚姻年齢及び年齢差
(6) 月別にみた年齢階級別婚姻
(7) 離婚した者の再婚状況
(8) 夫の氏・妻の氏別婚姻
3 夫妻の国籍別にみた婚姻
(1) 婚姻件数の構成割合
(2) 全婚姻に占める初婚割合
(3) 平均婚姻年齢
4 都道府県別にみた婚姻
(1) 初婚-再婚の組合せ別婚姻
(2) 初婚夫妻の年齢差
(3) 夫の氏・妻の氏別婚姻
(4) 日本-外国の組合せ別婚姻
(5) 有配偶出生率・出生率の比(有配偶の効果)
5 国際比較
(1) 婚姻率
(2) 女子の(期間)合計初婚率

が載っています。最低でも都道府県単位なのでそこは残念ですが
大学のレポートでは必要十分かと思います。
#本当に起業する際は調査会社に依頼して下さいね

もっと細かい市区町村ごとの数字を追いかけたい場合は
それぞれの市区町村ごとに取っている数字を国会図書館や市区町村ホームページなどで追いかけてみてはどうかと思います。

以上

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin06/index.html

以下のリンク平成18年度「婚 姻 に 関 す る 統 計」の概況にて

婚姻に関する統計について
1 婚姻の推移
(1) 年次推移
(2) 月別にみた婚姻
2 婚姻動向の多面的分析
(1) 夫妻組数の増減(国際移動を除く)
(2) 年齢別無配偶者婚姻率・年齢別未婚者初婚率
(3) 累積初婚率
(4) 初婚-再婚の組合せ別婚姻
(5) 平均婚姻年齢及び年齢差
(6) 月別にみた年齢階級別婚姻
(7) 離婚した者の再婚状況
(8) 夫の氏・妻の氏別婚姻
3 夫妻の国籍別にみた婚姻
(1) 婚姻件数の構成...続きを読む

QAmazon 売れ筋ランキング: 本 とは何

Amazon 売れ筋ランキングとは何ですか? 読んで字のごとくだと言われそうですが、一冊自著を出して、数値が大きく変わるので、とても気になります(まあ、何万から何十万の間ですが…)。これまでの累計のランキングなのか、時間単位に売れたランキングなのか、ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。やはりブラックボックスかつ私も知りませんでしたが、少し調べたところ概ね1時間単位の更新かつ直近で売れたものが反映されているようです。ですので、せどりで稼がれている方は最近のランキングはアテにしすぎないそうです(≒ロングセラーではないため)。
下記のURLなどを参考にしました。
http://mutojapan.com/nomadexporter/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF2013/
http://togetter.com/li/385488

Qトヨタが自動車産業の参入した年を教えてください。

トヨタは何年に自動車産業に参入したのでしょうか?
アメリカでは1920年過ぎに猛烈な自動車産業の淘汰が始まっていますが、トヨタの参入がどの時期なのかを知りたいのです。
できれば日産の参入時期、ホンダ、三菱、マツダの参入時期についても教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1936年だそうです。
日産は1935年です。

http://www.toyota.co.jp/Museum/Tam/Car/Datsun14-j/index-j.html

参考URL:http://www.toyota.co.jp/Museum/Tam/Time-j/japanese-j.html

Q★売れ筋ランキングなどの番組教えてください

巷で良く売れていて話題になっている商品を探しています。
楽天市場の「ランキング市場」というコーナーなどランキングサイトはたくさんありかなり参考になりますが、テレビ番組でも(テレビショッピングではなく)売れている商品やトレンド情報を番組で紹介していることがよくありますよね。定期的にそうしたランキングを放映している番組があったように思うのですが思い出せません・・・。どなたかそういった類のためになる番組をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

TBS系列で放送されている、土曜日深夜25:40からの「ランク王国」はいかがでしょう?

同じくTBS系列の土曜日9:30からの「王様のブランチ」もあります。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/brunch/

Q大会社の清算、三セクです

三セクの株式会社を担当する公務員です。
累計赤字が膨らみ会社整理をする事を考えていますが、
もともと商法の知識がないため、書籍を読んでもよくわかりません。
大会社のため資本金額も大きく困惑しています。
経営不振のため赤字が増大しないうちに早急にかつ経費をかけず
任意整理したいのです。

三セクの性質上、出資者は自治体や地元銀行がほとんどなので
債権者全員の合意は比較的容易です。
私的整理と書いていますが、本当のところこの意味もよくわかりません。
精算や倒産との違いや、具体的な手順などを簡単に教えてください。
また、わかりやすいサイトや書籍がありましたら是非ご教示ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 税務上の流れは、参考URLにありますが、もちろん前提条件として、会社整理にあたって
・今の事業をどこに譲渡するか、又は廃業なのか(大会社ということなので、多分譲渡だとは思いますが)
・出資金について同上
・今後の従業員の処遇
については、ストーリーできてますよね?
 まずそこの所のシナリオをしっかり練った上で、三セク会社の社長に提案→社長から個々の出資者に事業撤退を、個別に相談して下さい。全員に一通り説明が終わってから取締役会で審議、それが終わったらいよいよあなたの用意したシナリオに沿って従業員に説明→事業移管の実行です。しっかりしたスキーム(段取り)を作ってから提案して下さい。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/I/ZD0000

Qamazon 売れ筋 ランキング 表示サイト

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつがこちら
http://www.rankbank.net/amaran/rank/?date=11042421&cat=digest  

これら以外にありませんでしょうかm--m
希望と致しまして、例えばヤフオクのデーター化したサイト→オークファン・オークデータ
のようなイメージの 名前かカテゴリー・期間を絞って 何個売れたか、または金額・順位など
を表示してくれるサイトを探しております。

全部当てはまらなくても結構ですm--m

ぜひ教えて頂けませんでしょうかm--m 


最後まで目を通して頂きました事感謝致します。
よろしくお願いしましますm--m

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつ...続きを読む

Aベストアンサー

有料サイトはしりませんが
アマデウス2つという有料ソフトがございます。
http://www.facebook.com/amadeus2nd?v=app_180814985310201

ただ、アマゾンAPIからデータ取得について

本年10月26日よりデータ取得に大きな変更点が出るそうです。

データ取得上限が4000件から100件に制限されること、
商品コンディションのデータが取れなくなること、
最安値のデータしか取れなくなること、
などです。
この変更で、アマゾンのAPIからデータ取得をして成立していたサービスの多くが
大幅に質を落とすことになる可能性が考えられます。

このツールも、その辺を考慮して考えた方が良いかと思います。

私は、自分専用のツールをつくってデーターを取っていますが
10月26日以降は厳しそうです。

Q新聞社の業務について

新聞社の方と話す機会があり、編成(?)、校正(?)、組版(?)など、わからない言葉が多くございます。
そもそも、新聞を作る上で、どのような業務があるかご教授願います。

Aベストアンサー

その業界に籍を置いているものです。すべての業務を説明していると膨大になってしまうので、まずは質問にあった3項目だけですが。

校正=
「校閲(こうえつ)とも呼びます。取材記者が書いた現行や、後述する整理記者がつけた見出しなどに、表記の間違いなどがないかどうかをチェックすることです。
例えば直前の分では「現行」となっていますが、もちろんここは「原稿」が正解なので、「現行」→「原稿」と修正することです。
以前は「校閲部」などの専門のセクションがあった組織が多いですが、最近では記者が使用する「原稿書きソフト」に、校正機能が組み込まれていることも多いです。

組版=
どの原稿を紙面のどこに配置するか、またどんな見出しをつけるか、などの作業を「整理」と呼びます。整理記者と呼ばれる職種の人間が担当します。
この「整理」をした後で、実際の紙面の形にレイアウトしていく作業が「組版」です。以前は鉛の活字を使って、「組版」と呼ばれる専門職の方が担当していましたが、最近では整理記者が自ら組版を担当する新聞社が多数です。

編集=
上で紹介したように、新聞を作る作業を担当するセクションの総称です。実際に新聞の形、つまり家庭に届く「紙」の状態にするには、編集作業の後に輪転機で新聞を印刷する作業が必要ですが、こちらは「制作」部門と呼ばれています。

必要があれば、分かる範囲で補足します。

その業界に籍を置いているものです。すべての業務を説明していると膨大になってしまうので、まずは質問にあった3項目だけですが。

校正=
「校閲(こうえつ)とも呼びます。取材記者が書いた現行や、後述する整理記者がつけた見出しなどに、表記の間違いなどがないかどうかをチェックすることです。
例えば直前の分では「現行」となっていますが、もちろんここは「原稿」が正解なので、「現行」→「原稿」と修正することです。
以前は「校閲部」などの専門のセクションがあった組織が多いですが、最近では記...続きを読む

Q多数あるTOEIC勉強本の中からお勧めは?

本屋にいくとTOEICの勉強本が多数ありどれがいいのかが分かりません。
大型書店ですと、30冊以上はありますので…
「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」の評判がいいので買おうと思っているのですが、皆様のお勧めのTOEICの勉強本がありましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

あなたの実力や試験を受ける時期などが不明なのでどんな本がおすすめかは言いにくいです。どちらにしろ自分で納得した本を選ぶべきでしょうね。

TOEICの参考書は大きく英語力養成用とテスト対策用に別れます。
自分の弱点をしっかり把握した上で、必要な英語力を上げる参考書を選び、テスト2週間前くらいになったらテスト対策用のものを選んでテストに慣れましょう。
質問に応えていない感じですいません。でも自分のレベルに合わない参考書をやることは最悪なので、やはり自分で自分のレベルにあったものを探してください。

「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」
これはTOEICの勉強法が書いてある、モチベーション維持のための本みたいですね。これでやる気を出すのもいいかもしれません。ただこれは勉強をする気になるための本なので実際の勉強は他の本でしましょう。

Q卸売業社の小売進出の事例を教えてください

卸売業に勤めるものです。卸売業の活路として、小売に進出することが挙げられると思いますが、実際の例としてはどのようなものがあるのでしょうか。成功例でも失敗例でもご存知でしたら教えてください。できれば大手企業の事例がよいですが、中小企業のものでも構いません。また、そのような事例を紹介している本がありましたら、それを教えていただいても大変うれしいです。

私自身、SUPERVALUというアメリカの卸売業社が小売に進出し、一定の成功を収めているという話を聞いたことがあります。そのような海外の事例もあれば教えてください。

Aベストアンサー

アスクルの事例はどうでしょうか?
通常は卸経由での商売が基本のBtoBで小売として
成立しています。

元々は文房具メーカーですが、そこからスピンアウトして
法人向け通販会社として上場を果たしています。

カタログとWebを媒体として商品を展開し、
販路の拡大は既存の小売である文房具店を販売代理店として
協働するアスクルモデルは卸売から小売への転換として
モデルを構築しても共通するところがあるとおもいます。

・既存の卸売の形態からエンドユーザーまでの距離をどの
ように縮めるか
・ロングテールに伸びる販路をどうやって拡大するか
・エンドユーザーに商品を魅力的に伝える媒体はどのようにして
作り上げるのか(卸と違って全て営業でというわけにはいかないので)

という3点が卸から小売への転換で肝になる部分かと思います。
仕入れ部分は元々のサプライヤーとの関係が基盤として
使えるのでまずはその点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.askul.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報