こないだ化学で実験してレポートを提出しなければならないのですが、さっぱり意味が分かりません・・・・。サルファ剤ってなに?スルファミンとは?アンチフェブリンとは??スルホン酸アミド剤???わけわから~ん!!水曜日が提出期限です。だれか助けて~!!かわいい高校1年生の女の子にわかるようにおしえてくださいっ!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アセトアニリド


アンチフェブリンともいう。塩化アセチルまたは無水酢酸とアニリンを過熱して作る。解熱剤の一種として用いられたが毒性が強い為現在ではあまり使用されない。
サルファ剤
スルファミン剤、スルフォン剤ともいう。パラアミノベンゼンスルホンアミドを基本構造とする一連の化合物で、肺炎や化膿性疾患に有効な医薬品の総称。現在もなお抗生物質と並んで細菌性疾患に対する化学療法剤として重要である。おもなものにはサルファダイアジン、サルファチアゾール、サルファメラジンなどがある。
以上、ちょっと調べてみました。もう限界ですのでこのへんで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

THANKSですぅ!!こんな私のために・・・(涙)バリかっこいい!!

お礼日時:2001/05/27 15:42

MiJun さん,siegmund さんと同じく,私も高校一年生でこのレポ-ト??との思いがあるのですが・・・・。



まぁ,その先生にしてみれば,何かを調べるという経験をさせようとしたのかも,とも思いますのでアドバイスを。

MiJun「化学大辞典」とか siegmund さんの「百科事典」とかが出ていますが,私は高校生ならおそらく皆が持っているであろう物をアドバイスいたします。

「国語辞典」はお調べになりましたか?今,インフォシ-クの「大辞林」で検索してみると,全て出てきました。

必要な内容がどの程度かは分かりませんが,とりあえずの取っ掛かりはこれで付くでしょう。

参考URL:http://jiten.infoseek.co.jp/Kokugo?pg=jiten_ktop …
    • good
    • 0

MiJun さんも同じこと思っておられますが,


高1の化学の実験レポートで,アセトアニリド,スルファミン?
大学の1年じゃなくて?

まあ,いいや.
百科事典なら高校の図書室にもあるんじゃないかな.
私のコンピューターには平凡社の世界大百科が入っていますが,
サルファ剤,アセトアニリド,などの項目にかなりの説明があります.
内容をそのままコピーするのは著作権法上できませんので,
図書室で探してください.
    • good
    • 0

アセトアニリドの何についてレポートを提出するんでしょう?


それぞれの薬品の物性や毒性を調べるってことですか?
もう少し具体的に質問してもらえると答えられる方も多いのでは?

参考URL:http://lab.edu.mie-u.ac.jp/textbook/
    • good
    • 0

今の高校生(?)は「アンチフェブリン」とか「スルファミン」とかも勉強するのですか・・・????



さて、まずネット検索するか近くの図書館で「化学大辞典」等の化学関連の辞書・成書を調べては如何でしょうか?

ご参考まで。

この回答への補足

先生が調べて来いって言ったんです。でも近くに図書館がないんで調べようがないんですぅ。毒性ってどんな毒性なんだろう・・・?

補足日時:2001/05/27 15:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスルホン酸分子軌道の形

ベンゼンスルホン酸(Ar-SO3-)は、
SやOにp軌道やd軌道、混成軌道を描くと、互いにどのように結合を描けるのでしょうか?
Sから四方に平面になりますか?
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

>>SやOにp軌道やd軌道、混成軌道を描くと、互いにどのように結合を描けるのでしょうか?
Sですが、d軌道を考える方法と考えない方法と二つあります。考えない方法の方が簡単で、特に矛盾はないようです(今まで聞いたことがない)。
その場合Sは3sと3pから四つのsp3を作り、ベンゼン環とは単結合しています。
三つの酸素のうち一つは単結合(その酸素上に陰イオンが乗る)あと二つの酸素とは配位結合(Sの電子対が酸素に配位する)と考えます。
もちろん三つの酸素は等価なので「極限構造」が三つあり、負電荷は三つの酸素上に分散されることになります。この対称性の高さのためスルフォン酸は強酸となります。
硫酸イオン(SO4(2-))では完全な正四面体構造になりこの極めて高い対称性が高い酸強度の一つの原因です。過塩素酸(HClO4)も同じ対称性のため強い酸となります。

Q脂肪酸アミド(アマイド)について

脂肪酸アミド(アマイド)の水分散液(エマルジョン)または溶剤溶液(分散液)を探しています。
どなたか↑を製造しているメーカーをご存じないでしょうか?
どのような情報でも結構ですので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こういう感じで良いのでしょうか?

参考URL:http://www.nkchemical.co.jp/ver2_0/japanese/product-j/prod_amide03-j.html

Qレポートの課題がわかりません。教えてください~

レポートの課題でわからないところがあるので教えてください。実験でシュウ酸標準溶液を調製したのですがそこのところの課題に「各自調製したシュウ酸標準溶液の酸としての濃度と還元剤としての濃度を求めよ」ってあるんですが「酸としての濃度」、「還元剤としての濃度」というのがどういうことなのかわからないで悩んでます。どなたか教えてくださいませんでしょうか?

Aベストアンサー

シュウ酸は2価の酸なので、1モルが2グラム当量になります。
したがって、酸としての濃度は、モル濃度を2倍にしたものになります。単位はグラム当量/リットル、あるいはN(規定)になります。

還元剤としての濃度を考える際に、
(COOH)2 → 2CO2 + 2H+ +2e
の反応式から考えれば、1モルのシュウ酸を還元することによって2モルの電子が発生しますので、酸としての濃度を求めたのと同様に、モル濃度を2倍にした値になり、グラム当量/リットル、あるいはN単位になります。

なお、最近では規定度Nを使わなくなっていますので、単位の表現に苦慮しますが・・・

Q[サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸] 酸としての強さの比較

サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸の、酸としての強さが、
サリチル酸>アセチルサリチル酸>安息香酸となるのはなぜでしょうか。

サリチル酸は安息香酸と比べて、フェノール性ヒドロキシル基がついているので、安息香酸より酸性が強くなりそう、また、アセチルサリチル酸はサリチル酸のフェノール性ヒドロキシル基がアセチル化されているので、サリチル酸よりは酸性が弱くなりそう、
と何となく思うのですが、正確なところが良くわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合になっています。また、このとき、ベンゼン環自体はシクロヘキサジエン構造になっています。
大雑把な議論ではありますが、一般に共鳴形が数多く書けるほど安定ということになりますので、アセチルサリチル酸の解離した形の方が、対応する安息香酸のものよりも安定と言うことになり、その分だけアセチルサリチル酸の方が強い酸性を示します。

*アセトキシ基とベンゼン環の結合
=O^+ーC(=O)CH3  (Oに+の形式電荷)
*COO^-とベンゼン環の結合
=C(O^-)2

これでもまだ難しいでしょうか。確かに少々難しい話もあり、共鳴安定化、あるいは共鳴効果などがわかっていなければ、アセチルサリチル酸の話は理解できないと思います。
もしわからないようでしたら、教科書の共鳴に関連する部分を勉強してみて下さい。

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合...続きを読む

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報