質問いたします。

Dell-755-SFFですが、XPで使用中です。
2005~8年頃のものと思います。

そこで、HDDを換装したいのですが、

A:500GBや1TBでも大丈夫でしょうか、その場合はSATA300を選ぶべきでしょうか。

B:新品の場合、SATA300と600が有りますが、このPCにはどちらが良いのでしょうか。

C:手持ちの中古HDD-160GBは、多分06~8年製ですが、こちらはSATA300なのでしょうか。


CPU……Core2Duo E6550 2.33GHz
メモリ……2GB
Vistaからのダウングレードです。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

SATA とは」に関するQ&A: SATA(Sil)とは

A 回答 (3件)

ANo.1 です。



貼り付け漏れで追加です。

http://ascii.jp/elem/000/000/806/806380/index-3. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信、ありがとう御座いました。

助言どおり、無難な1TB位にしたいと思います。

HPの貼り付けまでしてくださり、とても重宝致します。

最後までフォローしてくださり、感謝です。

お礼日時:2013/07/23 21:36

ANo.1 です。



> SATA II (3.0Gb/s)とは、SATA300,
> SATA III (6.0Gb/s)は、SATA600のことでしょうか。

その通りです。

> SATA300でも600でも気にしないで購入可能と理解して宜しいでしょうか。

その通りです。
しかし、SATA II (3.0Gb/s)規格の HDD を探す方が、むしろ面倒です。
素直に、現行規格の HDD を購入しておくのが賢明です。

> 内蔵は250GBもあれば十分であります。

一般に、デスクトップ型パソコンで利用する5インチ型の HDD では、
250GB 容量の HDD は探すことが大変です。
500GB 容量の HDD を探すか、コストパフォーマンスとしては 1TB あたりを狙うのが無難です。

http://www.gdm.or.jp/price/hdd.html#35
    • good
    • 0

> Dell755-SFF



「DELL OptiPlex 755 スモールフォームファクタ」のことでしょうか?

ならば、チップセットが Q35 のため、仕様として SATA II (3.0Gb/s)までの対応です。
実際、そのパソコンに搭載されている標準の HDD は SATA II (3.0Gb/s)仕様です。

http://www1.jp.dell.com/jp/ja/premier/desktops/o …

そして、現在、普通に発売されている HDD は、SATA III (6.0Gb/s)仕様です。
上位互換の規格ですので、
ほとんど手に入らない旧規格の SATA II 仕様を選ぶ必要はありません。

この回答への補足

ご返信、ありがとう御座います。

>「DELL OptiPlex 755 スモールフォームファクタ」のことでしょうか?
<はい、2番目に小さいのです。

チップはQ35です。

そこで、すいません、分からないのですが、
SATA II (3.0Gb/s)とは、SATA300,SATA III (6.0Gb/s)は、SATA600のことでしょうか。

価格・・など見ると、表示がSATA300とか、SATA600になっています。
XPなので、2TBまで使用可能なようですが、ファイルは外付けに保存するので、内蔵は250GBもあれば十分であります。

>上位互換の規格ですので、
<と言うことは、SATA600~新タイプを購入すればいいのでしょうか。

であれば、SATA300でも600でも気にしないで購入可能と理解して宜しいでしょうか。

補足日時:2013/07/22 21:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QシステムドライブであるCドライブ現在240GBのSSDを1TBか2TBのHDDに交換可能?

Cドライブが満杯になってきたので上記のような交換をしたいと思っているのですが上記のような大容量のHDDに交換することはできますか?一応Cドライブから他のドライブへ自分で考えて移動させても大丈夫と思えるファイルファイルをすべて移動させたのですがそれでもプロパティでは空き容量2GBと表示され危険を表す赤棒が表示されています。なお他にDドライブ500GB、Eドライブ2TBのハードディスクを内蔵しています(Eドライブは増設したものです)。現在CドライブのSSDも当初の80GBから現在の240GBSSDに交換し元々のSSD80GBは空きスロットに入れてます。
なおパソコンはドスパラのBTOパソコンでCドライブの交換は以前に自力で行ってますのでその作業に関しては問題ありません。

Aベストアンサー

ANo.2です。

Microsoftのゲーム類は、それ程容量を食っているわけではないと思うので、削除しても "すずめの涙" 程度でしょう。まあ、このような状況では、アプリケーションの削除(コントロールパネルでのアンインストール)を行おうとしても、どれが必要でどれが不必要と言う判断も難しいでしょうから、やはり大容量への換装が一番のようですね。

因みに、管理者としての実行には、下記の方法があります。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/230789.html

アプリケーションを削除する際、直接の削除(右クリックのメニューからの削除やDelキーでの削除)は、レジストリに登録されているプログラムの場合、システム不良の原因になますので、やらないで下さい。これらは、コントロールパネルでのアンインストールでの削除が必要です。もし、コントロールパネルのソフトウエア登録にない場合は、デフォルトで組み込まれている可能性もあります。削除の可否の判定は難しいのですが、可能ではあるでしょうけれど、何らかの齟齬が生じるかも知れません。また、自分でコピーしたフリーソフト類は、レジストリに登録していなければ、そのまま削除可能です。っどちらにしても、よく判らないのであれば、そのままにしておいたほうが安全です。
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011022 ← Windows7
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014724 ← Windows8/8.1
http://magazine.synapse.jp/info/post-3560 ← Windows10

正しい手順でアプリケーションの削除を行わないと、回復不可能な損傷をシステムに与えますので、注意してください。

1TBのHDDのお薦めは下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B016CWSOK2 ← ¥6,252 7200rpm キャッシュ 64MB 静からしいです。
500GBのお薦めのSSDは、下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B00S1V3G3I ← ¥21,689 かつての235GBの値段ですね。
960GBや1TBのお薦めのSSDは、下記です。
http://amazon.co.jp/dp/B00S1V3GEC ← ¥44,050 高いけれど、買えない価格ではなくなって来ました。

ANo.2です。

Microsoftのゲーム類は、それ程容量を食っているわけではないと思うので、削除しても "すずめの涙" 程度でしょう。まあ、このような状況では、アプリケーションの削除(コントロールパネルでのアンインストール)を行おうとしても、どれが必要でどれが不必要と言う判断も難しいでしょうから、やはり大容量への換装が一番のようですね。

因みに、管理者としての実行には、下記の方法があります。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/230789.html

アプリケーションを削除する際、直接の削...続きを読む

Q外付けHDD1Tbで320Gbのクローンを作って、元の1Tb に戻す。

外付け1TbのHDDにクローン(320Gb)を作成し、そのHDDクローン作成320GbのHDDをフォーマットした場合、元の1TbのHDDに戻るのでしょうか。お聞きしたいのですが、教えてください。
クローン作成ソフトはEaseUS to doです。

Aベストアンサー

外付け HDD の 1TB に 320GB の HDD を EaseUS Todo Backup でクローンすると、パーティションを拡張しない限りは、そのままコピーされます。領域も 320GB まで作られて、余った部分は未割り当て領域となります。

その 1TB (中身は 320GB)をフォーマットした場合、320GBのパーティションのままフォーマットされます。未割り当て領域は、パーティションが作られていませんので、フォーマットの対象になりません。

まず 320GB のパーティションを削除してください。ディスクの管理で、"ボリュームの削除" を使って "320GB" のパーティションを削除して下さい。そうすると、未割り当ての領域が 1TB になります。それを改めてフォーマットすると、1TB の HDD に戻ります。

元々 320GB をフォーマットするつもりなので、"ボリュームの削除" でパーティションを削除しても構わないと思います。

ただ、"320GbのHDD(1Tb)をフォーマットした場合、元の1TbのHDDに戻るのでしょうか。" と言う質問に対しては、そのままでは戻りません、と言うのが答えになります。フォーマットの前に、"ボリュームの削除" が必要です。

外付け HDD の 1TB に 320GB の HDD を EaseUS Todo Backup でクローンすると、パーティションを拡張しない限りは、そのままコピーされます。領域も 320GB まで作られて、余った部分は未割り当て領域となります。

その 1TB (中身は 320GB)をフォーマットした場合、320GBのパーティションのままフォーマットされます。未割り当て領域は、パーティションが作られていませんので、フォーマットの対象になりません。

まず 320GB のパーティションを削除してください。ディスクの管理で、"ボリュームの削除" を使って...続きを読む

QSATA150 SATA300どっち?

おはようございます。
このHDDはSATA150か300のどっちですか?
あいにく型番がこすれて剥げ落ちており判読不能です。
規格:2.5インチ 3Gbps
容量:160GB
キャッシュ:8MB
シークタイム:12ms
回転数:5400rpm
プラッタ:160GB プラッタ×1枚
厚さ:9.5mm
詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>規格:2.5インチ 3Gbps

SATA300

http://e-words.jp/w/Serial20ATA2012E0.html

Q外付けHDD、1.0TBと2.0TBと3.0TBのどれが良いのでしょうか?

システムバックアップ保存のため、外付けHDDの据え置き型(外にノートPCを持ち歩くことは100%ないので)を買おうと思っています。
電気店で売り場を見ると、同じメーカーでも、それぞれ1.0、2.0、3.0TBと陳列されていました。価格差は1.0TBと3.0TBとでは3000円程しかありませんので、どれでもよいように思えますが、いざ、買う段になると迷ってしまいます。
ちなみに、現在の私のPCのCドライブ使用量は57.1GB、Eドライブ(USBメモリを差しています)の使用量が5.97GB、Dドライブは0で、USBポートは2.0が2個所、3.0が1個所あります。
データーとしては、テキストデータが殆どで、音楽、写真、動画のデータは殆どなく、今後もないです。
こんな状況下で、外付けHDDを選ぶヒントを教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

私なら1TBの物を買います。
理由は必要十分だからです。丸々バックアップを取っても、1TB-HDDの10%も使用しないので、1TBで十分です。

Q1TBと2TB、HDDのデータ保存量の差は!?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8722148.htmlの続きですが!?
 以上のスレッド内容から計算した場合!?
 1テラバイトのHDDのデータ保存量と2テラバイトのHDDのデータ保存量は最大何倍の差があるのでしょうか!?
 宜しくお願いします。
 

Aベストアンサー

リンク先のベストアンサーは、説明がおかしいし、それ以上に意図通りに伝わってもいません。
1バイトで表現できる最大の数字は8bitの二進数ですから、011111111つまり255が最大です。
0からカウントするので、256の数字を表現できると言えます。

これが2バイトになると、01111111111111111で、256x256の数字を表現できます。
つまり65536通り、0から65535です。
ここまでは、コンピューター業界では、半ば定数、πや九九のように、諳んじられて普通です(笑)

普通の人は、指折り数えて10とか20と言いますが
コンピューター業界には、二進数10桁、両手の指で1024まで数えられると言われます。
あげく、普通にこれで指折り足し算できたり
1から32まで、10秒くらいで指を曲げてみせる人もいると聞いたことがあります。
(やってみると私は1秒に1数えるのがやっとです)


閑話休題
1バイトと2バイトを、2進数で比較するなら
「二進数での二倍の桁が使えて、256倍の数字を表せる」です。


でも、その疑問は、単位の意味を考えていないことを示唆しています。

1リットルの二倍が2リットルになるのは、そういう単位だからです。
1リットルを、別の単位で表せば、1000立方センチメートル
2リットルは2000立方メートルです。

あるいは1000立方センチメートルは10^3センチメートルの結果でもあります。
しかし、20^3センチメートルの結果は、2000立方センチメートルではなく
8000立方センチメートルになってしまいます。2倍ではありません。

逆に、2000立方センチメートルを同じように表現するなら
およそ12.6^3センチメートル、やはり10センチメートルの2倍ではありません。


表現するものが、体積や容積であれば、cftとか立米とかリットルとかガロンとか
適切な単位を使って比較し、考える必要があります。



HDDの場合も、テラバイトは、隙間なく保存できた場合に
保存できるすべてのデータの総量を表わすものです。

ですから、素人が考える範囲では、1テラバイトのHDDの二倍が2テラバイトです。

万が一、もしもというよりも、万が一です。
2テラバイトを使って、表現できる最大の数字を確認したいのであれば
数学のカテゴリーにでも行ったほうがいいでしょう。
天文学的な数字になること以外は、ほとんどの人にわかりません。

何倍の数字を表せるのかも1テラバイトで表せる最大値ですから、既に天文学的です(笑)


なお、保存できるデータ量として考える場合、単純に言えば2倍ですが
専門的に考えれば、実際には前述の"すべてのデータ"には
ユーザーがファイルとして保存するものだけでなく
ファイルシステムの管理情報を含みます。
ですから、ファイルシステムの仕様/設定によっては、厳密には2倍ちょうどではなくなります。

これはコップにビー玉を入れた時に
二倍の容積のコップに、必ずしも2倍のビー玉が入るわけでは無いのと似ています。
あるいは二倍の体積のビー玉が、二倍の容積のコップに同じ数入るとは限らないことに似ています。

あるいは、同じA4サイズのノートでも
英語ノートと国語のノートでは
書ける文字数が変わってくるのと似ています。


管理サイズの都合などで、管理情報に消費される容量は
それなりに変動する可能性があるのです。
これが比例しないなら、ユーザーが保存できる情報量はわずかながら変わります。


ただ、普通は、これはほとんど誤差範囲のもので1%にも満たないでしょうし
問題として指摘すれば、言いがかりとみなされてしかるべきものです。

そんなものを気にするくらいなら
クラスタギャップの心配のほうが、よほど意味を持つというものです。


なお、こういった単位のミスマッチは、性能や容量を測る際に
勘違いとして、まま起きるものです。

たとえば、インターネット接続を「最大100Mの高速回線」なんて書くことがあります。
でも、これは暗に100Mbpsを意味していて、bpsを書かないことは不当ながら、あり得ることです。

そして、HDDについて話すときは、口語的表現では
「うちのHDDは100Mだからさ」といった表現が行われます。

ですが、そのセリフに対して100Mは、100MBytesを示した時期もありましたし
100MB/sを表わす使い方は、今でもありえるものです。

MbytesとMB/sでは単位として、役割自体がまったく違いますし
MB/sはMbpsによく似た役割の単位ですが
1MB/sは、よく8Mbpsに相当すると説明されます。
(厳密には、もうちょっと複雑ですけどね)

100Mbpsのインターネット回線は速いのですが
100MB/sのHDDは、その8倍程度の速度です。

これを、同等と考えて、USB3.0のHDDの代わりに
インターネット上のオンラインストレージを使ったら
8倍(おそらくそれ以上に)時間がかかるわけですから、単位の勘違いは、けっこう恐ろしいものです。

なお、MB/sはMBytes毎秒、MbpsはMbit毎秒を意味します。
1Bytesは8bitから成り立ちます。

でも、通信技術では、通信制御のためのbitとか、オクテットとか
いろいろと、ややこしい要素があるので、細かいこと気にしない。これが一番です(苦笑)


そういえば、よく気にする人が質問する単位の取り違えに、MBやGBやTBがあります。
非常に大きなシェアを持っているWindowsでは、HDDの容量などをこれらの単位で表示します。
ですが、1GBは1000MBですから、1GBのHDDは1GBないし1000MBと表示されるはずが
Windowsでは1000MBよりも大幅に少なく表示されます。

これが、同じHDDを使ってもMacOSXやLinuxなどでは
普通に1000MBと表示されたりします。

これは単位を取り違えたためで、Windowsの偏向的な仕様のためです。


コンピューターでは2進数での計算が基本となるわけですが
2進数では、10進数の1000は切りの良い数字ではありません。
2進数では、その近似値で切りがいいのは、10進数の1024になります。

ですから、計算する際に、1000で割る場合と1024で割る場合があります。
これが、容量計算の差を生み出してしまうわけです。


ですから、もう随分むかしに、1024で割った場合は
MiB,GiB,TiBといった単位を使いましょうという話が出てきていて
MacOSXやLinux系OSでは、それを受け入れた仕様となっています。

ですからMBで表示するなら1000で割って計算するから、少なく見えたりしません。
1024で割ったなら、MiBやGiBで表示するので、容量がおかしいなんて話になりません。


単位の取り違えは、とても恐ろしいものですが
中世のように、権力者が、単位をごまかすようなことがあれば
庶民は、それに苦しむよりほか無いのかもしれません。

リンク先のベストアンサーは、説明がおかしいし、それ以上に意図通りに伝わってもいません。
1バイトで表現できる最大の数字は8bitの二進数ですから、011111111つまり255が最大です。
0からカウントするので、256の数字を表現できると言えます。

これが2バイトになると、01111111111111111で、256x256の数字を表現できます。
つまり65536通り、0から65535です。
ここまでは、コンピューター業界では、半ば定数、πや九九のように、諳んじられて普通です(笑)

普通の人は、指折り数えて10とか20と言いますが
コンピ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報