以前から漠然と疑問に思っております。
血液型の遺伝において、O型は劣勢であると認識しております。AOとBOの両親からは4人にひとりの割合でしかO型とAB型は生まれない確率であると学習しました。
親となる者の血液型に現時点でばらつきがあるのは判っておりますが、劣性であるOがなぜ優性の結びつきであるABの数を上回っているのでしょうか。いずれは確率の通り収束する方向にあるのでしょうか。日本人に限って考えても何世代も経過しているにも拘わらずO型よりもAB型が少数であることが理解できません。
お暇な時で構いませんので、どなたか御教授頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

遺伝的に隔離されている、とは、つまりほかの遺伝子持ったものの出入りがないということです。

日本は島国だし、鎖国もしていたし、閉鎖的な集団でした。(メンデル集団といいますが。)
たとえば、ヨーロッパなんかはそういう面では遺伝子(民族)の入れ替わりが多いでしょう。紀元前後は黄色人ばかりだろうし、ゲルマン民大移動の時にはほとんど入れ替わったのではないかと思います。
そこで、日本人全体の、精子、卵子の遺伝子型の比率で考えてみてください。
たとえば、A:B:Oは1:1:1であったとしましょう。すると、組み合わせで、子孫の割合は、AA:BB:OO:AO:BO:AB=1:1:1:2:2:2となります。
その中で生まれる精子の比率は、やはりA:B:O=1:1:1となります。
このように、何代重ねても、遺伝子の出入りがない限り遺伝子型の比は一緒です。
しかし、その中に、突然O型ばかりの民族が流入してきたらどうでしょう。
その精子の比が、1:1:10とかなってしまえば、突然バランスが崩れるのです。

そこで、日本の例に戻ります。
日本では、精子、卵子の遺伝子型の比は先ほどのサイトの数字を参考に計算すると、
A:B:O=57:35:108
となっているようで、Oの遺伝子を持つ精子、卵子が非常に多く、全体の半分以上を占めています。その結果として、
AA:BB:OO:AO:BO:AB=8:3:29:31:19:10
という比になっているようです。
この中から生み出される精子、卵子の遺伝子型の比はやはり、
A:B:O=57:35:108
となっていて、以後何年経っても他の民族の流入等ない限り、一緒のままになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
私の物わかりがばっかりにお手数をおかけしました。
なるほど、今ある遺伝子の数のばらつきがある為に出てくる子の型のバランスは単純な確率による計算とは違ってくるわけですね。O型が劣性であっても総数のバランスが狂わないのも納得できました。第二世代でバランスが狂わなければ外的な要素が加わらない限り何世代たっても狂わない理屈ですね。
自分の血液型が偶然の産物で、他の血液型であったかもしれない可能性を考えると不思議な気もしますが、理屈は納得できました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/27 20:26

以下のサイトに詳しく説明されていました。


つまり、遺伝的に隔離されているがゆえに何世代を経ても遺伝子型の割合は一緒になります。(ただし、どちらかの複対立遺伝子が遺伝的に不利、という場合を除く)
これは、Herdy-Weinbergの法則といったと思います。

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/mote/suugaku/ketueki.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくに御回答、ありがとうございました。
さっそく参考URLにいってみましたが、どうも理解できませんでした。なんだか血液型の基礎知識と両親の血液型別の子供の血液型の出現割合が計算してあるのは解るのですが、その事が「遺伝的に隔離されているがゆえに何世代を経ても遺伝子型の割合は一緒」という事を説明している、ということが解らないのです。どこに理解できない原因があるのか、という事がおわかりでしたら、そのポイントについてまた御教授頂きたいと思います。「遺伝的に隔離されている」という事が理解できれば、と思うのですが。あつかましいお願いですが、宜しくお願い申し上げます。

お礼日時:2001/05/27 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAB型とO型から生まれる血液型について

分かりにくい文章とは思いますが、
お付き合いいただけると幸いです。


先日、このような話を耳にしました (゜o゜)/

私の祖父の親である
曽祖父(AB型) と 曾祖母(O型) の間に
全種類の血液型 【A,B,O,AB】 の子供が
生まれていた。(計9人)

この話を聞いた際、
「ありえないのでは・・・?」と、思いました。

普通、AB×Oペアからは、
A型,B型,O型が生まれ、AB型は生まれない。
と、授業で習ったからです。

加えて、O型の曾祖母からAB型の子供が生まれるなど、
あり得ないだろう・・・と思いました。


気になってネットで調べたところ、
cisAB型という特殊な型があるらしいと分かりました。

しかし、仮に曽祖父がcisAB型だとしても、O型との間には
「O」と「AB」しか生まれない。とかなんとか・・・

残念ながら、もう私にはよく分かりません。
ちんぷんかんぷんです。
(´;ω;`)グス


どなたかこの謎を分かりやすく説明しては頂けませんでしょうか。。。

≪AB型とO型の両親から【A型,B型,O型,AB型】が生まれるメカニズム≫

よろしくお願いいたします _(._.)_


補足情報として、、、
・祖父の兄弟姉妹間で顔が似ているので赤子の取り違え等もないと思われます。
・この話を聞いた際、祖父の兄弟が多数集まっていたので、
 「みんなの血液型、間違ってるんじゃないの?」 と聞いてみたところ、
 「間違ってない!!」 と自信を持って答えてくれました。。。

分かりにくい文章とは思いますが、
お付き合いいただけると幸いです。


先日、このような話を耳にしました (゜o゜)/

私の祖父の親である
曽祖父(AB型) と 曾祖母(O型) の間に
全種類の血液型 【A,B,O,AB】 の子供が
生まれていた。(計9人)

この話を聞いた際、
「ありえないのでは・・・?」と、思いました。

普通、AB×Oペアからは、
A型,B型,O型が生まれ、AB型は生まれない。
と、授業で習ったからです。

加えて、O型の曾祖母からAB型の子供が生まれるなど、
あり得な...続きを読む

Aベストアンサー

さすがに調べきれていないのですが, ゲノムインプリンティングが起きなければそれで正解です.

H抗原を作る酵素は 19番染色体に, A/B抗原を作る酵素は 9番染色体にコードされています. つまりこれらは独立に遺伝するため,
hhAB×Hh(cis-AB)O
という組み合わせで A/B/AB/O のどれにも見える組み合わせを作ることができます.

理論上は.

なお, cis-AB まで持ってくる必要はなく, 実際には
hhAB×HhAB
で十分です (がそれでも「珍しい」ことに代わりはありません).

Q両親がO型とAB型なのですが、子供である私がAB型です!

両親の子供である事は、間違えない事をあえて留意の上、お答え願います。父親がO型で母親がAB型です。それは、間違い有りません。
しかし、子供である私がAB型なのです。
一般的に、O型の親を持つ子供に、AB型の子供は、考えられないですよね!シスABが有る事は、聞くには聞きますが、どうもAB型らしくない。ような、性格形成をしています。(よく聞く、血液型性格判断による。)どうか、御教え願います。

Aベストアンサー

血液型の性格は、占いと同じような物だと思いますよ。

AB型-O型で、生まれるときは、cisAB型だと考えられます。
表試験(血球の型)では、AB型ですが、
裏試験(血清の型)では、他の型を示す血液型です。
 病気では、無いです。遺伝が、関与しているそうです。

心配なら、病院で、詳しい血液型を調べるのが良いと思います。
たぶん・・・・お子さんは、AB/O型だと思います。

QO型はA型、B型、AB型に輸血できる

A、B抗原の両方の突起を持たないO型はA型、B型、AB型に輸血できる可能性があるとききました。
しかし、O型でも抗A抗体、 抗B抗体はもっているはずです。A型に輸血した場合、O型の抗A抗体とA型にあるA抗原が反応することはないのでしょうか?

Aベストアンサー

反応しますが、少量(1単位200ml位)であれば輸血血漿中の抗体による反応はそれほど重篤になりません。
それに、O型の輸血による不適合輸血は他の血液型のそれに比べてなぜかリスクが低いそうです。

輸血されるホストの赤血球はいくらか破壊されますが、新たに供給されるO型赤血球はホスト側抗体によって破壊されないので、「新鮮な赤血球を供給する」という点で意味があります。

しかし、現在は全血液型の輸血が容易になり、そのようなリスクを冒さなければならない事態もほとんどないので、新生児溶血性疾患などの例外を除けば基本的に不適合血液型の輸血はしないそうです。

QA型とO型からAB型は生まれる??

パソコンを持っていない友人に聞かれたのですが・・・。
彼女のご両親は、父0型・母A型で、彼女はAB型です。
最近お子さんが出来たのですが、O型でした。ご主人はB型だそうです。
つまり、父O型×母A型=AB型
    父B型×母AB型=O型ということらしいです。
一見、どちらもありえない感じですが、こういうケースも有るのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは、pina69さん。

血液型はO,A,B,ABの4タイプに分類する事が多いですが、一般に良く知られている血液のタイプにRHプラスとRHマイナスが有りますよね。

また、他の回答者様が説明している、ボンベイブラットも日本では赤いペカサスと言う少年漫画で紹介された(30年位前ですが)事で割りと知っている人も多いようです。(世界的には他にも幾つかの珍しい型の血液が確認されているみたいです)

しかし、一般に知られているのと実際に存在するのは別の話で、島国という閉鎖された環境の日本ではボンベイ型は20人に満たないと言われています。

つまり、一億三千万分の二十人、お友達の家庭には一億三千万分の二十人しかいない希少な血液型の人が一家族の中に二人もいる。

血縁関係ですから有り得ない事ではないですが、ジャンボ宝くじの一等に当選するよりも希薄な可能性ですよね。

それ以外の可能性として、もっとずーーっと高い確率で起こるのが血液型の判定ミスです。

特に多いのが、昔の人、新生児、産前産後の妊婦です、昔の人(年配の人)の中には子供の頃の血液検査の結果を信じていたのに、入院で検査したら違う血液型だったとか、新生児の時の血液検査と後で行った検査では結果が違った、妊婦の血液型を誤判定して輸血を行った事により妊婦が死亡したなどの事例が有ります。

身近な所で私の奥さんの話ですが、子供の頃の血液検査でB判定だったので、本人はずっとBだと思っていた。
更に、出産で入院した時の検査(子供3は人なので3回)でも血液型はBと判定、一昨年手術の為に入院して検査をしたところ、なんと血液型はO型でした、「オー、アンビリーバーボー?」有り得ない、でも事実。

お父さんとお母さん、お友達と旦那様、そしてお子様、全員の血液型を正確に再検査した方が良いのではないかと思います。
(時としてご家族の命に係わる事にもなりますから)

当然ですが、ボンベイ型の可能性も有りますので、その場合に付いても正確な再検査は重要だと思いますので。

もしも、ボンベイ型と判定された場合には、早急に自分達の血液を自分達の為に冷凍保存する手配をしなければならないと思います。

自分で自分用の血液を確保して置かないと、大きな怪我や手術が必要な病気になったらおしまいですから、早めの血液検査と結果によっては血液保管の方法を確認して実行する必要が有ると思います。

こんにちは、pina69さん。

血液型はO,A,B,ABの4タイプに分類する事が多いですが、一般に良く知られている血液のタイプにRHプラスとRHマイナスが有りますよね。

また、他の回答者様が説明している、ボンベイブラットも日本では赤いペカサスと言う少年漫画で紹介された(30年位前ですが)事で割りと知っている人も多いようです。(世界的には他にも幾つかの珍しい型の血液が確認されているみたいです)

しかし、一般に知られているのと実際に存在するのは別の話で、島国という閉鎖された環境の日本ではボンベイ...続きを読む

QA型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど・・・

A型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど、何故「H抗原」と呼ぶんでしょうか?A型赤血球ならA抗原が付いていると言いますし、B型赤血球ならB抗原が付いていると言うのは分かるんですけど、O型だけ何故「H抗原を持つ」というのでしょうか?A抗原もB抗原も持たないからすべての血液型が持っているH抗原の名前を使って呼んでいるだけですか?又H抗原の「H」って何かの略語ですか?知識をお持ちのかたよろしくお願いします!

Aベストアンサー

O型は正しくは0(ゼロ)型というべきだったのだそうです。
つまり、AもBも持っていないという意味で、0(ゼロ)だったのですが、誰かが0(ゼロ)をOと間違えて定着したと言う事なので、O型抗原というものがないので、H抗原になっているのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報