ちょっと変わったマニアな作品が集結

マンション購入をひかえていますが、見積書もでないし領収書も出ないそうですがそんなものでしょうか?販売価格は公開されていますが、契約書には書くとのことですが。。。。

ローンだと出せないのかなとも思いますが、ありったけのお金を集めてローンは組みません。払ったという記録が通帳でしか確認できないのはなんとなく変な感じがするのです。
また、事前に土地の値段や建物の値段もわからないというのも変な感じがするのです。全体ではいくらというのはわかっていても、何にいくらなのか(メモはもらっていますが)、正式な書類はいらないものでしょうか?一戸建てでもおなじでしょうか?


マンション業界では、値段はあってないようなものだなと、(売り手の都合で減額したりできるので)最近感じるのですが、そのためでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

不動産業者です。


見積書という名称は不動産の売買にはなじみませんが、支払明細書や内訳書、費用明細書など何らかの支払う項目ごとの明細等は、発行されます。
また領収書を発行しない売主もありますが、この場合は100%銀行振込みでの支払で、振込み書の控えを領収書に代えるという記載が、契約書にあったりします。
全国展開のパーワービルダーの建売などはすべてそうですね。契約書も1部のみ、領収書は発行しないで、印紙税の課税を軽減しています。これだけで年間数千万円支出が違ってきます。
当たり前ではありませんが、税法上問題となるわけではなく、振込み書も同等の証拠書類ですから、売主がその姿勢なら仕方ないと思います。
例えば法人関係の商取引なら、請求書を送られて、振込みしておしまいですよね?先方から領収書は送られてきませんよ。これと同様です。
3千万~5千万の受領書に対して課税される印紙税は、1万円です。結構高いのです。振り込み手数料を負担しても高くとも840円程度です。ここが一番の原因です。
逆に規模が小さい業者の方が領収書を発行することが多いでしょう。印紙代が会社の利益に与える影響は少なく、買主の会社への印象を考えると1万円支出したほうが良いと考えるのが大半だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き誠にありがとうございました。専門家の方に教えて頂き大変参考になりました。業界ではこのようなことがあるのかなと、疑問でしたがやはり結構よくあることだとわかりました。しかし、あくまで売り手側の都合で買う方としてはあまりすっきりしないです。実は関西では特にみなさんよく知っている大手なのですが、業者側の利益優先さが露骨に見えると正直腹が立ったりしました。契約書にそのように書かれているか再度確認してみます。また、契約書は基本的に売り手の都合で売り手を保護する文言ばかりで、クーリングオフも適応しないとかかいてありそれも正直ひっかかりました。大手だと、もっときちんと親切に対応してもらえるものと思っていましたが、逆でおごっている感じがします。大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2013/07/25 23:03

どのような場合でもお金を支払った場合は領収書を交付するのが当然で、領収書の発行を要求するのも支払い者の権利です。


確かに売買契約書には売買金額が記載されていますが、お金を受け取った記載はありません。もし、領収書がもらえなかった場合は受け取っていないとの理由で再度支払わなければならない羽目に陥りますので必ず領収書を要求してください。もし、領収書の発行を拒むのであれば悪質業者です。また、将来購入したマンションを売却する場合は税務関係の取得費の証明ができません。領収書発行には高額の収入印紙が業者負担ですが、この費用は原価計算に含まれています。このようなマンションは後日建物に問題が必ず発生します。また、発生しても対応をしてくれず、すべて入居者の負担となりますので特に注意が必要です。このような分譲業者を避け、安心出来る分譲業者を選んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き誠にありがとうございます。参考になりました。売却の時の税務関係に影響してくるとはしりませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2013/07/25 22:37

そんな悪質業者は手を出さないことですよ。


逆に見積書がなければローンは組めないですね。
一戸建てでもその業者なら同じ手口でしょうね。

普通はちゃんと見積書から始めますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き有難うございました。大変参考になりました。残りがいくらがわからないとローン組めないですよね。。。

お礼日時:2013/07/25 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家購入時の現金での支払い分領収書は発行してもらうべきか教えて下さい。

3月末に大手住○不動産(株)で家が完成し、長年漸く貯めた汗と涙の結晶の貯金を契約金や中間金と言うことで約1500万円振込みまいした(残金は長~い!長~い!ローンです)しかしその支払いに対して、領収書の発行が何かの証明で使うならば発行するとの事ですが、私はこんなに大金を支払ったのだから、領収書を発行してくれるのは当然の事と思っていたのすが、家購入の時はこれが普通なのかが分かりません?皆さんのアドバイスを宜しくお願い致します。

下記<>内は回答メールをそのまま掲載しました。

<領収書は以前に発行しておりません。
振込み頂いた場合は、振込み用紙を領収書
として控えをお持ち頂いております。
領収書が(何かの証明等で)必要な場合は
発行致します。>
・住○不動産(株)営業担当のメールです

Aベストアンサー

 税的には意味はないと思います。あったとしても用は振込票で足るはずです。

 住宅ローン減税は、銀行から年末に送られてくるローン残高証明で行います。
 あくまでローン残債に対する控除ですから、中間金の領収書も振込票も無関係です。
 ローン実行時に残債も振り込むと思いますが、その領収も振込票も無関係です。
 ローンが領収書などの額で実行されても、年末のローン残高がいくらかわからないと控除のしようがないからです。


 領収書の使い道(目的)があるとすると

1.高額な支払いをしたのでその記念にとっておく。

2.勤務先の信用組合か何かで、土地を買う目的でそこからお金を借りて、業者への支払いの証明として振込票では足りず、領収書のコピーが絶対にいるというような妙なケース。(おそらく業者のいう何らかの証明とはこういったケースだと思います。)

3.住○不動産(株)の口座が担当のでっちあげた、偽物だと懸念されるのであれば、領収書の意味もあるでしょう。その場合は、担当に持ってこさせるのではなく、振込票を持って住○不動産(株)にいって領収をもらってください。

 税的には意味はないと思います。あったとしても用は振込票で足るはずです。

 住宅ローン減税は、銀行から年末に送られてくるローン残高証明で行います。
 あくまでローン残債に対する控除ですから、中間金の領収書も振込票も無関係です。
 ローン実行時に残債も振り込むと思いますが、その領収も振込票も無関係です。
 ローンが領収書などの額で実行されても、年末のローン残高がいくらかわからないと控除のしようがないからです。


 領収書の使い道(目的)があるとすると

1.高額な支払い...続きを読む

Q新築購入時の領収書

このたび土地+一戸建てを新築し、明日にハウスメーカーから引渡しをする予定です。そこで質問ですが、土地、家を購入した場合は領収書等は貰えるものなのでしょうか?
もし、貰えるとしたら、土地、建築費、登記費用(司法書士)等、別々に頂けるものなのか、全て一緒なものなのかも教えてください。

Aベストアンサー

領収書は必ず貰ってください!

数ヶ月後に質問者様が申請するであろう不動産取得税の軽減申請や、将来の話になりますが、仮に土地、建物を売却した場合、取得価格の証拠(根拠)として税務署へ提示する資料の1つとなります。貰っておいたほうが後々後悔はしません
領収書は別々でもらえます。一般的な商習慣からすると、土地は土地の不動産売買、注文住宅であれば建築費は請負契約、登記は司法書士報酬料としてそれぞれ別の契約をしています。よって領収書は別でもらえます。先ほど書きましたが、税務署へ提示する際は家と土地の取得価格がわかるようにしておくことが重要となります(詳細はそのときわかります)

領収書を出せないということは怠慢で出したくないのか、そのハウスメーカが脱税等をする予定なのかはわかりませんが…

Q土地代金の領収証

この度、住宅用地を購入しました。
土地代金の決済は銀行で行いました。売主である不動産業者さんにその場で振込をして完了でした。支払いが完了したので「領収証をください」と申し出たところ、「振込伝票の控えが領収証になります。」とのことでした。私は、その不動産業者さんが発行する正式な領収証が欲しかったので、再度お願いしましたが、「印紙税の無駄(領収証発行に4,000円の印紙がいるそうです)、振込伝票も問題無く領収証として有効」との理由で発行していただけませんでした。
領収証の発行拒否は問題の無い行為でしょうか?
家を建てる時も、ハウスメーカーは領収証を発行してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

 振り込みの控えがあれば、支出が証明できるので(通帳でもよいのですが)、あなたが事業者であれば、対税務署で経費として支出したことは認められるでしょう。そういう意味では、「(対税務署として)領収証として有効」です。
 ですが、振り込みの控えは領収証ではありません。不動産取引においても、善良な業者は振り込みでも別途発行するものです。本来印紙代は業者負担ですが、印紙代を問題にされるのであれば、印紙代は出すから領収証をくれと言ってみたらどうでしょうか?


人気Q&Aランキング