仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

四つ葉マークがついていれば、身障者自身が運転、
車いすマークがついれいれば、身障者を乗せている、

このマークは購入制限がないのですか?

現在 私の母が必要としていて要支援の申請中なのですが
自治体の福祉窓口で障碍の有無を確認して配布されるものではないのでしょうか?

『現在は街中で誰でも購入できるし
法的に根拠があるとされるのは、「車いすマーク」ではなく、
地域の警察が発行する「駐車禁止除外指定車」 の標章だ』
 とも聞きました。
 
街中で購入した車いすなどのマークがあれば
駐車禁止除外指定車としても使える
と理解していいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 四葉マーク


  http://ja.wiki
pedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%A8%99%E8%AD%98

 抜粋

  肢体不自由であることを理由に運転免許に条件を付されているものであって、肢体不自由が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるとき・・
  周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ・割り込み(やむを得ない場合は除く)などの行為を行なってはならないと・・

 以上のように、高齢者運転マークのように、本人の判断でつけてもつけなくても良いけれども、マークをつけている人には、気をつける義務が回りの運転者にはあるということです。
 初心者マークや高齢者マークと同じように、誰でも購入することはできますが、誰もが使えるわけではありません。

 車椅子マークについては、購入制限も使用制限もありません。
 このところ、デパートやスーパーなどの車椅子マークのついた駐車場に止める場合には、「駐車禁止指定除外者」の標章を提示をするようになっているところも増えてきました。
 これは、車椅子マークをつけているからと身体障害者用の駐車場に止める人が増えたためと思われます。

 駐車禁止指定除外者は対象が決まっております。
  http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/for …
 
 残念ながら、身体障害者を対象としており、介護保険での認定では、取得することはできません。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「駐車禁止指定除外者」の標章を提示をするようになってきているのですね。
知りませんでした。
更に勉強を重ねて歩行が困難になってしまった親の手続きをしたいと思います。
この度はありがとうございました。

お礼日時:2013/07/29 14:39

初心者マーク同様、とくに購入制限があるものではありません。


マークを掲示した自動車に対する嫌がらせのような運転を禁止するものです。
駐車禁止除外申請はマークの掲示とはまた別の問題です。
福島県警のページにあるように、ある道路の区間に対して除外申請をします。
http://www.police.pref.fukushima.jp/tetuduki/dou …
http://www.police.pref.fukushima.jp/tetuduki/dou …

警視庁の案内にあるとおり身体障害者標識の掲示は身体障害者が運転する場合に掲示する努力義務があります。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/shosinm …
なお、運転免許試験場で買うよりカー用品店で買う方が良いでしょう。
試験場内は天下り団体の運営ですから。

#1さんのいう四つ葉マークは質問者さんのいう四つ葉マーク(身体障害者標識)ではなく、
高齢者運転標識、わかりやすく言えば枯れ葉マークです。
(四つ葉マークは身体障害者標識としてすでに浸透しており、
呼び方の上で混同のおそれのある現在のタイプの高齢者運転標識より、
以前のタイプのほうが非常にすぐれていたと思うのですがねえ。)

これに対して車いすマークは「赤ちゃんが乗っています」と同じ程度の意味合いで、
努力義務も全くなく、自己主張にとどまります。
同乗者が歩行困難である場合に掲示している人が多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ややこしかった部分までも解決して頂いて
とても助かりました深く感謝しております
ありがとうございました^^

お礼日時:2013/07/29 14:34

車椅子のマークは身体障害者をあらわすシンボルマークなだけで、法的には何の意味ももちません。


「赤ちゃんが乗っています」ステッカーと同じようなものです。
ですので、貼っても駐車禁止を逃れることは出来ません。

四葉のクローバーマークは、身体障害者が運転する車に貼るものですが、
正確には条件付で免許を発行されている身体障害者が運転する車に貼るものです。

自治体の福祉課でステッカーを配布しているという話は聞きません。
(もしかしたら、全国どこかにはそうした自治体もあるのかもしれませんが)
私も身体障害者ですが、ステッカーはもらってません。
それは、障害が上肢だからという理由ではないと思います。

>法的に根拠があるとされるのは、「車いすマーク」ではなく、
>地域の警察が発行する「駐車禁止除外指定車」 の標章だ

正解

>街中で購入した車いすなどのマークがあれば
>駐車禁止除外指定車としても使える

間違い
誰が言ったんですか?そんなこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

違いがよく分かりました
感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございまし(^^)

お礼日時:2013/07/29 14:32

全然違います。


四つ葉マーク 70才以上が運転、任意
車いすマーク 一応身障者が使用、非公式
以上は実際に障害があってもなくても何歳でも自由に買うことができます。
警察には通用しません。

駐車禁止除外指定車は身障者手帳と車検証を付けて障害者支援団体にだして交付を受けます。
名目上は都道府県の公安委員会の発行になります。公式なものですから警察にも通用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく教えていただいて助かりました
ありがとうございます(^^)

お礼日時:2013/07/29 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車につける車椅子マークについて

介護保険は1なので、保険を使ってのレンタルではなく一般レンタルで車椅子を借ります
自家用車にマークを貼りたいのですが、
ホームセンターやオートバックスでは、車椅子の絵と四葉の絵が2種類売っています。
質問は、
1.どっちを貼って良いのか・・・・?
2.駐車場で車椅子マークが書いてある障害者用スペースに止めてもいいですかね?

今までは遠いところに止めることになっても杖をついて頑張って歩いてもらっていました。
今回旅行のため乗り降りも多く、腰の負担をかけないのが目的で、車椅子レンタルと駐車場の出入り口付近確保ができれば良いと思います。
他にも何かアドバイスがあればいろいろ教えてください

Aベストアンサー

>車椅子に乗っている者が同乗している場合は、これを貼ればいいのでしょうか?

車椅子マークになるでしょうが、これは何の法的根拠も効果も無く、周りの車に「車椅子の人が乗ってます」とアピールする以外の効果はありません。
赤ちゃんが乗ってますステッカーと同じようなものです。
障害者用スペースに車を止めたときに「あの人あんなところに停めてる視線」を浴びない効果はありますが、それだけです。
特に必須とは思いませんけどね。

Q車に貼る障害者マークシールは・・・?

恐れ入ります。
私は下肢障害者です。
先日市役所へ行ったときに駐車場が満杯で、そこの係員の方が「貴方は車に障害者マークのシールを貼れば楽に駐車できますよ。」と教えて下さいました。
その係員の方に市役所の福祉課に相談すれば教えてくれると言われたので早速相談に行ったところ、いかにも面倒くさそうに「うちでは分らないから余所へ行ってください」と一言で追い返されました。
私の住んでる玉名市では、公共施設を利用する時にいつも駐車で時間がかかって困ってましたので、このシールがあれば少しは解消されると思います。
どなたかご存知の方はお教えください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 役所などの公共施設の駐車場には、体が不自由な方専用の駐車スペースが用意されていますので、そのマークのシールを貼ることで、優先して専用スペースを利用できるということだと思います。

 そのシールは、手続きをする必要がありませんので、ホームセンター等で購入をして貼ってください。そのことによって、専用スペースを利用することが出来ます。又、そのシールが無かったとしても、体の不自由な方が専用スペースを利用することは、問題がありません。シールを貼ることで、周囲の方に知らせる目的があります。

Q障害者用駐車スペースに停めていいのはどんな人?

身内に障害者手帳を持つ人が居ます。障害の種類は伏せますが。
スーぱー駐車場で障害者用スペースに停めたりしますが、いつも気になるのが停めていいのか?駄目なのか?です。調べてみましたが、車イス以外駄目とか、歩けるなら駄目とか、手帳持ってればOKとか色々あって判りません。

・法規制ではどうなっているのか?
・私有地であるスーパー駐車場で警備員から「車イス以外は駄目」と言われたら、指示に従う必要があるのか?
・同様に高速道路のサービスエリアではどうか?

お手数で申し訳ありませんが、回答にあたり可能ならば根拠やソースを併記頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

>駐車場の障害者用スペースに関しては何処を見ればいいのか探し切れませんでした。

こちらです。
http://www.mlit.go.jp/barrierfree/transport-bf/shinpou/tyuusyajyou-kijyun.html

繰り返しにはなりますが、利用者を限定するような法律というのは存在しないと思います。車いす利用を考えてスペースを確保していますから車いす利用者が優先でしょうが、常識的に考えて(この「常識」が問題なのですけど)利用するのが当然と思えるような人であればOKでしょう。

Q車に車椅子マークをつけたいのですが。

高齢の父です。
車椅子は必要ないですが長い距離を歩けず、杖が必要です。
出かけた時に車椅子用の駐車スペースに止めたいのですが
マークは勝手に購入して車に貼っていいのでしょうか。
どこかで、歩くのが困難だという証明をもらってくるのでしょうか。
ちなみに介護認定等は受けてないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の父も脳梗塞をやって以来、車椅子マークをつけていますが、
車椅子マークをつけるのに必要な認定などはありません。
言ってしまえば、基本的に誰でも自由につけることができるわけです。

ちなみに、車椅子マークは正式な標識ではありません。
法律で決められている障害者用マークは他にあり、
四葉マークと言われているのがそれです。(※参考下)
このマークは身体障害者と認められ、運転免許にその旨が
記載されている人のみが使用することができます。

なので、法律で定められていない車椅子のマークは、
いわば「赤ちゃんが乗っています」という類のマークと同じ扱いなのです。
誰にでもつけることができますが、その代わり幅寄せや割り込み禁止などの
他ドライバーへの義務も発生しないというわけです。

もちろん、歩行に杖が必要な状態なら、車椅子用のスペースに駐車する際に
他の人たちにわかり易い標識として、車椅子マークを貼るのは良い方法だと思います。

Q身体障害者手帳、4級ならどんなサービスがありますか?

身体障害者手帳、4級ならどんなサービスがあるでしょうか?
市町村などによって違うとは思いますが、一般的にどのようなサービスがあるのか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

身体障害者手帳をお持ちなら、おそらくタクシーの運賃が1割引きになると考えられます。JRに関しても割引制度があるようです。
また、同じ手帳4級と言ってもいろいろと障害の種類があるため、受けられるサービスは異なってくると思います。

それと雇用面でいいますと、障害者の雇用の促進等に関する法律では、身体障害者の扱いになります。
あとは、退職した際、一般の受給資格者とは異なり、「就職困難者」ということで雇用保険の基本手当を受けられる期間が長くなります。
これ(雇用保険上の取り扱い)は国の制度であるため、市区町村によって異なるということはほとんどないと思います。

市区町村役所の障害福祉関係の窓口のかたの中には、
「4級程度だと受けられるメリットは少ないし、手続きも大変なので交付を受けてもあまり変わらない」
とおっしゃるかたもいるようですが
(窓口に電話で問い合わせたときそのように言われた経験があります)
雇用保険の制度まではあまり知らない人がいるからだと思います。

私の住んでいる地区の場合は、「ふれあいガイド」といって各種障害によって受けられるサービスを一覧表にしている冊子を配っています。

お住まいの市区町村役所の窓口に行って問い合わせるのが一番間違いないと思います。

・所得税・住民税の所得控除はあると思います。
自動車税の減免については、視覚障害のあるかたの場合は4級まで適用、
聴覚・音声・内部障害については3級まで、
肢体不自由のかたについては3級以下のかたについては、一部適用になっているようです。
(手元にある平成16年度版の資料を参考にしています。)

身体障害者手帳をお持ちなら、おそらくタクシーの運賃が1割引きになると考えられます。JRに関しても割引制度があるようです。
また、同じ手帳4級と言ってもいろいろと障害の種類があるため、受けられるサービスは異なってくると思います。

それと雇用面でいいますと、障害者の雇用の促進等に関する法律では、身体障害者の扱いになります。
あとは、退職した際、一般の受給資格者とは異なり、「就職困難者」ということで雇用保険の基本手当を受けられる期間が長くなります。
これ(雇用保険上の取り扱い)...続きを読む

Q「障害者」と「身障者」の言葉のちがいについて

身体の不自由な方への表現として、「障害者」と「身障者」のどちらが適切でしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

障害者は、身体障害者、知的障害者、精神障害者に分けられます。

身体の不自由な方は「身障者」または、「身体障害者」と言います。ただし、昨今は差別的であるからと下記の方々の書いてある通りの言い方がされます。

個人的には、言葉の言い換えで差別がなくなるとは思っていないので言い換えは好きではありません。

Q身体障害者手帳5級

身体障害者手帳5級について教えて下さい。
この手帳を持っていると何か控除される事はありますか?
例えば、軽自動車税は控除してもらえますか?
また、5級では障害者年金は貰えないですよね?

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、身体障害者手帳5級所持者は、
主に、以下のような税的控除等を受けられます。

● 所得税 障害者控除 27万円
● 住民税 障害者控除 26万円(かつ所得125万円以下で非課税)
● 相続税 障害者控除 (70万円-現在の満年齢)×6万円
● 固定資産税 バリアフリー改修(~平成22年3月末)
 平成19年1月1日以前に建てられた居住用住宅の場合
 100平米を限度として、固定資産税額の3分の1を減額
 (改修翌年度限り)
● 自動車税、自動車取得税、軽自動車税
 障害者本人および同一生計下の家族が所有・運転する車が対象。
 事前に、役場の障害福祉担当課で同一生計証明を受けること。
 5級では、
 肢体不自由のうち、体幹障害5級の者と
 脳性小児麻痺による移動障害5級の者が該当。
(乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害、のとき)
● JR運賃割引 第2種身体障害者
(単独利用で、片道100キロを超える区間のみ5割引)
● 有料道路料金
 第2種身体障害者として、本人運転のときのみ5割引
(本人、配偶者、直系の家族・兄弟姉妹等が所有する車であること)
● 補装具の交付・修理
● 日常生活用具の給付

障害年金については、手帳の級とは全く連動していません。
その障害名と障害の程度(特に、数値であらわせるもの)により、
初診日時点で加入している公的年金制度の種別と
初診日前までの公的年金制度保険料納付状況をも合わせ見た上で
判断されるものではありますが、
場合によって、障害年金の支給対象になることは十分あり得ます。
(例:障害厚生年金3級、障害基礎年金2級)

以上のようなことは、
最寄りの市区町村の障害福祉担当課で配布されているはずの
「障害者福祉ガイド」に記載されているはずです。
あるいは、市区町村のホームページ上でも記載されています。
ぜひ、入手・閲覧なさってみて下さい。

ご質問の件ですが、身体障害者手帳5級所持者は、
主に、以下のような税的控除等を受けられます。

● 所得税 障害者控除 27万円
● 住民税 障害者控除 26万円(かつ所得125万円以下で非課税)
● 相続税 障害者控除 (70万円-現在の満年齢)×6万円
● 固定資産税 バリアフリー改修(~平成22年3月末)
 平成19年1月1日以前に建てられた居住用住宅の場合
 100平米を限度として、固定資産税額の3分の1を減額
 (改修翌年度限り)
● 自動車税、自動車取得税、軽自動車税
 障害者...続きを読む

Q身体障害者手帳・再認定について

はじめまして。
初めて質問させていただきます。

お聞きしたいのは、身体障害者手帳の再認定についてです。

先日父の身体障害者手帳の申請をいたしました。
すると、市役所から「再認定」の必要があるという旨の書類がきて、一度出したはずの診断書が
もう一枚白紙で同封されてきました。

お恥ずかしいながら、意味が全く分かりません。
先生からは身体障害者手帳の3級に該当すると書いていただいたのに、どうして再認定が必要なのでしょうか?
このままだと、手帳がもらえないのでしょうか?
再認定とはそもそも何なのでしょうか?

もし、ご存じの方がいらっしゃれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答1は、全く新規に手帳の交付を受けようとしたときに「再認定」に至ってしまうケースです。
一方、回答2は、既に手帳の交付を受けている者が「再認定」に至ってしまうケースです。

この違いは重要ですから、区別してとらえて下さい。

なお、回答2(既に手帳を受けている者の再認定)については、以下のようなガイドラインがあります。
このガイドラインに逸脱しない範囲で、さらに都道府県ごとに細かく再認定の取扱いを定めています。

身体障害者障害程度の再認定の取り扱いについて
平成12年3月31日/障第276号/厚生省大臣官房障害保健福祉部長通知

★「ガイドライン(技術的助言)」としての位置づけ。

手帳の交付を受ける者の障害の状態が、更生医療の適用、機能回復訓練等によって軽減する等の変化が予想される場合には、再認定を実施する。

<具体的取扱い>
・ 身体障害者診断書・意見書に基づき、再認定が必要とされる場合は診査を行うこととし、診査を実施する年月を決定する。
・ 診査を実施する年月については、手帳を交付する際に、手帳の交付を受ける者に対し通知する。
・ 再認定を必要とする者に対しては、診査を実施する月のおおむね1か月前までに診査を受けるべき時期等を通知する。
・ 診査を行った結果、障害程度に変化が認められた場合には、手帳の再交付を行う。また、障害程度に該当しないと認めた場合には、手帳の返還を命ずる。

<再認定の実施の期間>
・ 障害の状態が更生医療の適用等により変化すると予想されると認められた場合は、当該身体障害の症状に応じ、障害認定日又は再認定実施日(時)から1年以上5年以内の期間内に再認定を実施する。

<再認定の対象となり得る疾患の一部例示>
(1)視覚障害関係
  ア 前眼部障害 ‥‥ パンヌス、角膜白斑
  イ 中間透光体障害 ‥‥ 白内障
  ウ 眼底障害 ‥‥ 高度近視、緑内障、網膜色素変性、糖尿病網膜症、黄斑変性
(2)聴覚又は平衡機能の障害関係
  ア 伝音性難聴 ‥‥ 耳硬化症、外耳道閉鎖症、慢性中耳炎
  イ 混合性難聴 ‥‥ 慢性中耳炎
  ウ 脊髄小脳変性症
(3)音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害関係
  唇顎口蓋裂後遺症、多発性硬化症、重症筋無力症
(4)肢体不自由関係
  ア 関節運動範囲の障害 ‥‥ 慢性関節リウマチ、結核性関節炎、拘縮、変形性関節症、骨折後遺症による関節運動制限
  イ 変形又は骨支持性の障害 ‥‥ 長管骨仮関節、変形治癒骨折
  ウ 脳あるいは脊髄等に原因を有する麻痺性疾患で後天的なもの ‥‥ 後縦靱帯骨化症、多発性硬化症、パーキンソン病
(5)内部障害関係
  ア 心臓機能障害関係 ‥‥ 心筋症
  イ じん臓機能障害関係 ‥‥ 腎硬化症
  ウ 呼吸器機能障害関係 ‥‥ 肺線維症
  エ ぼうこう直腸機能障害関係 ‥‥ クローン病
  オ 小腸機能障害関係 ‥‥ クローン病
 

回答1は、全く新規に手帳の交付を受けようとしたときに「再認定」に至ってしまうケースです。
一方、回答2は、既に手帳の交付を受けている者が「再認定」に至ってしまうケースです。

この違いは重要ですから、区別してとらえて下さい。

なお、回答2(既に手帳を受けている者の再認定)については、以下のようなガイドラインがあります。
このガイドラインに逸脱しない範囲で、さらに都道府県ごとに細かく再認定の取扱いを定めています。

身体障害者障害程度の再認定の取り扱いについて
平成12年3月31日...続きを読む

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q重複して障害がある場合、どのような扱いになるのでしょうか?

障害者の手帳制度について学習していましたら、ふと疑問が生じました。手帳制度について詳しい方、ご回答よろしくお願いいたします。

障害者の手帳制度として、「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」がありますが、「身体障害と知的障害」「知的障害と精神障害」「精神障害と身体障害」「身体障害と知的障害と精神障害」など重複して障害を持っている場合、申請をすれば手帳は2冊、または3冊支給されるのでしょうか?

また、2冊、3冊支給されるのであれば、その対象となるサービスを重複して利用することは可能なのでしょうか?もしくは、どれか1つの手帳を選択しなければならないのでしょうか?
また、対象となるサービスを重複して利用することが可能であるならば、手帳を2冊、3冊所有している場合は、1冊の場合よりも優遇されるのでしょうか?

「対象となるサービスを重複して利用することは可能なのか?」という質問をした動機は、生活保護法に他法優先という原則がありますが、手帳制度にもこの原則があてはまるのか、という疑問を抱いたからです。

また、「手帳を2冊、3冊所有している場合は、1冊の場合よりも優遇されるのか?」という質問をした動機は、『身体障害者障害程度等級表』において、「同一の等級について2つの重複する障害がある場合は、1級うえの級とする」という規定がありますが、この原則が手帳制度にも適用できるのか?という疑問を抱いたためです。

ご回答よろしくお願いします。

障害者の手帳制度について学習していましたら、ふと疑問が生じました。手帳制度について詳しい方、ご回答よろしくお願いいたします。

障害者の手帳制度として、「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」がありますが、「身体障害と知的障害」「知的障害と精神障害」「精神障害と身体障害」「身体障害と知的障害と精神障害」など重複して障害を持っている場合、申請をすれば手帳は2冊、または3冊支給されるのでしょうか?

また、2冊、3冊支給されるのであれば、その対象となるサービスを重...続きを読む

Aベストアンサー

身体障害者手帳および精神保健福祉手帳は、それぞれ身体障害者福祉法および精神保健福祉法の中できちんと明記されており、法の中に明文化されています。
これに対し、療育手帳は旧厚生省通知による都道府県裁量運用事項であり、知的障害者福祉法の中では一切明文化されていません。そのため、都道府県によって運用方法に差があり、障害の区分や定義が微妙に異なります。全国共通ではないのです。

このような差異があるので、法的な力については、
身体障害者手帳≧療育手帳
あるいは 精神保健福祉手帳≧療育手帳 といった感じになっています。
一方、身体障害者手帳と精神保健福祉手帳については、そもそも障害の内容が異なるため、法的な力としてはほぼ同等です。但し、精神保健福祉施策、特に福祉の面では遅れが見られ、例えば、JR運賃割引制度(第1種・第2種)の対象からは精神障害者だけが外れています。

前置きはこのぐらいにして、では、手帳が複数交付されることがあるかというと、障害の内容が異なる限り、次のような組み合わせに限って、複数交付されます。
なお、施策の利用については、原則として、上述した法的な力関係に基づくものとなります。

● 身体障害者手帳+療育手帳 … 1
● 身体障害者手帳+精神保健福祉手帳 … 2

「療育手帳+精神保健福祉手帳」といった組み合わせについては、てんかんが精神保健福祉法で対応される、ということもあって、てんかんを併せ持つ知的障害者については、療育手帳で対応される場合ばかりではなく、精神保健福祉手帳で対応される場合があり、一般に、どちらか一方の手帳を持つことになります。
そのため、「身体障害者手帳+療育手帳+精神保健福祉手帳」という組み合わせも、一般には稀です。

公的な福祉サービスの利用にあたっては、1の場合は、どちらの手帳を使用してもほぼ大差はありません。
療育手帳が法には明文化されていないのにもかかわらず、関係者の尽力によって、身体障害者手帳とほとんど同等の公的福祉サービスを受けられるようになっているためです。
一方、2の場合には、前述したJRの例ばかりではなく、大差があります。身体障害者手帳を利用せざるを得ません。
なお、複数の手帳を持っているからといって優遇される、ということは全くありません。あくまでも、障害の種類が異なることを区別するために複数の手帳を持つ、というだけのことです。

おなじ種類の障害、すなわち、身体障害なら身体障害だけを2つ以上、というように重複している場合については、手帳は1冊だけです。
但し、併合認定というしくみがあって、身体障害者手帳ではより上位の障害等級に位置づけることができます。
(注:「同一の等級…1級うえの」についてはそのとおりですが、異なる等級が重複した場合の扱いが併合認定です。違いを学んでみて下さい。また、実際には、等級表はあまり見ません。障害認定要領および障害認定基準によります。)
障害基礎年金および障害厚生年金についても同等です。但し、障害の定義は手帳とは全く異なりますし、連動していません。

身体障害者手帳および精神保健福祉手帳は、それぞれ身体障害者福祉法および精神保健福祉法の中できちんと明記されており、法の中に明文化されています。
これに対し、療育手帳は旧厚生省通知による都道府県裁量運用事項であり、知的障害者福祉法の中では一切明文化されていません。そのため、都道府県によって運用方法に差があり、障害の区分や定義が微妙に異なります。全国共通ではないのです。

このような差異があるので、法的な力については、
身体障害者手帳≧療育手帳
あるいは 精神保健福祉手帳≧療育...続きを読む


人気Q&Aランキング