人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

子供溺死させる親は刑務所行き!っていう法律ができないかな。

子供が二人いて、片方溺死した場合は、育てなきゃいけないから刑務所は無理ですが…

でも、たまに思うことがあります。子供溺死させた親は、刑務所に入ってほしいと。現実化させるのは無理でしょうが。
あれ、保護責任者なんとかって罪にあたる気がするのですが。

小さい子供が、どうして、子供だけで川で遊んでいるのか?そして、さらに死んでるし。

というか、親がそばにいたとしても、水量が多い川って、一回、おぼれたり、流されたら、助けられないのは常識なのに。

プールや、地面から噴水が出ている公園に連れて行けばいいだけの話なのに、どうして、わざわざ、行き慣れてない、泳ぎなれてない、厳しい大自然…川や海に突然、ヒャッハー!夏だからー!休みだからー!って、つれていくんですか?


親は激烈バカですか?知的障碍者なんですか?(まあ、私もバカですが。)


親が川、海で泳ぎなれていたとしても、子供を川や海で泳がせるのはやめるべきだと思う。

すごく浅いちょろちょろ水が流れてる川や遠浅の海岸だったらOKだけど。ちゃんと親が横についているという条件で。

それに、ああいう子供が溺死してる事故に関して、「仕方ない」って反論してる親たちの気持ちもわかりません。仕方ない、って、死んでも仕方ない子供らだったってことですか?死んでも仕方ない運命に生まれていたと?親が子供を守らなかったら、誰が子供を守るのですか?「仕方ないじゃん」って言っちゃう子持ちって、子供を放置してるタイプってだけでは?

上記に対して、ご意見お願いします。

(ちなみに、このケースは、プールで排水溝がちゃんと蓋されてなくて子供がひきずりこまれたとかは、親は責任無いです。これはプール管理者側の責任です。)


近年都内で、
小学生が夜中に普通に歩いてたりするんですが
将来法規制がいる国になってくるんじゃないかと思う

最近12~16歳の子が午前1時にトンネル内を歩いてて
電車にはねられたそうですが、
【夜中に出歩くなと教えてないバカ親】に育てられたから、
そういう子たちが出現し
社会全体に迷惑かけてる

法律無しで普通に教育できてればOKなのですが
残念なことにそうじゃなくなってきてるから
こういう意見を言いたくなるのです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大切なのは、危険な場所を危険と察知する能力。



危険な状態になった時にそれを回避する能力です。

昔の子供はもっと多く海や川で泳ぎ、トンネルや線路でも遊ぶ事もしていました。

しかしそのような事故がないのは、親や近所の子供達が、外で遊び危険回避能力を身に付けていたのです。


今のように親自身がゲームで育ち、自然との付き合い方を知らない。

何でも禁止して遊ばせない。

そうすると突然興味をもち、やった事のないことをすると、危険内に入り込み怪我や死亡します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

喩は悪いですが、今の子供はお医者さんごっこもしないから、大人になって幼女に悪戯し、
捕まると罪が非常に重いので 口封じに殺してしまっても 結局捕まって、マスコミが大スクープで大喜びする。 いやな世の中ですね。

お礼日時:2013/07/26 20:17

自分も親だけどむしろ自分の過失で子供を失った親としてはその方が楽かも知れません。


多分一生自分を責めて自分自身を呪うでしょうね。

子供が死んで平気な親はいないですよ。
その辛さを考えればむしろ法的に裁かれる事は少しは救われる事なのかも知れません。

少なくとも自分だったら正気を保っていられる自信は無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>自分も親だけどむしろ自分の過失で子供を失った親としてはその方が楽かも知れません。
いや、むしろ一番苦しいでしょう。だからそ、自分が可哀想な被害者になりきり、人のせいにし人を恨むことで自分の呵責を少しでも軽くしようとするんじゃないでしょうか? 例えば 明石歩道橋事件とか...

お礼日時:2013/07/26 20:13

まあ、言いたくなる気持ちはわかります。


「親は何やってんだ」って。

保護責任者遺棄致死なり過失致死なりが該当しますが、どちらも立証できないでしょう。
親が不注意だったに「違いない」では立証にはならないのです。
刑法は「推定無罪」が原則ですので。

普通の親は、子供が出かけるときには誰と何処に行くかくらいは聞きますが、「川に子供だけで遊びに行く」などと親に言って出かける子供はあまりいません。
子供が危険な行為をすることが予測されるのにそれを止めなかったという「罪状」(これも微妙ですが)を立証するためには、出かける前の親子の会話とか習慣的行為の認知の有無などを状況証拠として法定に提出する必要がありますが、どう考えても難しいです。
海水浴場でほんの数秒目を離した隙に子供が見えなくなることなどしょちゅうですが、これが数秒なのか数分なのかどうやって立証するのか、そもそも何秒からが過失なのかどうやって基準を決めるのか、まるで見当もつきません。
「行き慣れてない、泳ぎなれてない、厳しい大自然」って、たいていは一定の安全管理がされた海水浴場だったりキャンプ場などでの事故ですが、そこに連れて行ったことが「罪状」となるなら、昼間のショッピングモールや歩行者天国はどうなるのか、基準はどうやって決めるのか、法律にどう規定するのか、かの地下鉄問題より難問ですよ。
夜の街歩きだってそうです。じゃあ何時からが「悪い」のか?
あるいは、火遊びするかもしれない子供にライターやコンロが有る家の留守番をさせるのも然り、交通事故ルールの遵守も同様、レジャーに限った話ではありません。

とにかく法というのは融通がききませんので、そういった些末で馬鹿馬鹿しい議論が山のように噴出しますよ。

つまり、刑法は万能ではないということです。
「躾」はモラルであって罰則にはなじみません。

そもそも、子供を自分の過失で失う、という事実より重い罰則はあるのでしょうか?
実は私の近所に、日常から不潔な格好で独り言しながら街中を徘徊している初老の婦人がいます。
彼女は、十数年前に子供を過失で事故死させて、随分周囲にも責められて、心が壊れてしまったのだそうです。
ご主人は健在ですが「仕方ないことだった」とおっしゃっているそうです。
質問者氏は、彼女にはどんな刑罰がふさわしいと思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/26 20:09

今どきの親は「過保護すぎる」から、子供がワイルドに育たずに溺死するような「ひ弱な子供」になってしまうだと思うけどね?



我々が子供時代だった1950年代から60年代初頭の頃は、学校にプールなんて満足になかったので近所の子供達と一緒に地元の河川(渡良瀬川下流&利根川中流)に泳ぎに行って、年長者から泳ぎ方を教えてもらいながら自然と実践的な泳ぎ方を覚えたものだが、子供達の遊びに親がいちいち出しゃ張って付き合わなかった時代だよな。

そして、実践的な経験で覚えた年長の子供達は年少の子供達に対する指導は容赦ない厳しさだったが、危険な所(橋脚付近など)は的確に教えてくれたから、水深が数メーター川幅も100メーター以上もあるような本流の河川でも平気で泳いでたが、河川の泳ぎは「下流に流される」ことなんか、実践の遊びを通して子供同士で覚えたものだ。

しかし、生ぬるいプールでしか泳いだ経験のない現代っ子は「河川の流れや海の波にのまれたぐらいで」慌ててしまい、簡単に溺れてしまうのだと思うけどね?

これは、過保護な親達の責任もあるかも知れないが、日本の社会全体が豊かになり過ぎて「子供が全体的にひ弱になった」からと思うけどね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/26 20:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の死の乗り越え方

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温めて、人工呼吸や心臓マッサージをしたり、動かしたらいけないのは分ってるのに、救急車が来るまで、何かせずにはいられませんでした。目の前にあるのは絶望でした。

警察の現場検証と司法解剖の結果、「原因不詳の死」でした。私は半狂乱で警察の方に「娘は私が寝かしつけました。だから私が殺したのも一緒です。なぜ私は裁かれないのですか?」そんなことを言ったように思います。殺したのか?と聞かれれば決してそんな事していません。

警察関係者、家族、友人誰一人として私を非難する人はいませんでした。非難されれば、それは、とても辛いことなので、感謝しなくてはいけないと思いますし、周りの温かさに随分救われました。なぜ自分は自分を許せないのでしょうね。自分を責める事で自分を守っているのでしょうか。かわいそうと思ってもらいたい、同情して欲しい・・・心の中ではそんな気持ちもあるような気がします。情けないですね。

警察では「現代の医学では解明できない数十万人に一人の割合で起こる原因不詳の死。事故死でも窒息死でも無く、乳幼児突然死症候群とも分類しがたい。8ヶ月で亡くなってしまった事、それが娘さんの運命だったと思います。」そう言われました。

沢山笑ってくれるようになりました。とっても元気にバタバタ手足を動かして、お名前呼ぶと、にや~として。でも、もう何もしてあげられません・・・もう会えません。一緒に桜並木をお散歩するのが夢でした。温かくてふわふわしてたあの子はもういません。娘があまりにも大きな幸せをくれたので、失ったものの大きさに押しつぶされて、泣いてばかりです。小さな小さな体に全身メスを入れられ、本当に最後まで良く頑張ってくれました・・・・。そして最後にかわいそうな事をしてしまいました。

ちなみに、主人は決して、私の前では涙を見せません。一緒にいる時は一生懸命笑わせよう、楽しくしようとしてくれます。でも、私は泣いたり、時に酷い事を言ったり・・・悲しませてしまう。主人が泣いたのを見たのは2回だけです。

これから先、お迎えが来るまで私は悲しみを乗り越えて、生きて行かないといけません。私一人ではどうしても悪い方向に考えてしまいます。皆様の経験談や悲しみの乗り越え方のアドバイスをお待ちしております。どうぞ、宜しくお願いします。

次の子供を作ったらと母乳を止めるために行った病院でも、警察でも言われました。
本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私の願いは娘にただ会いたいということです。ママを事を許してくれる?パパとママの事好き?聞きたいことが、話したいことが沢山です。

長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温...続きを読む

Aベストアンサー

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周りからそう言ってもらえて、頭で理解出来ていても、何かに責任を見出そうとせずにはいられないんですよね。だから、自分が悪いのだ、周りもむしろ私を責めてくれた方が私自身も気持ちのやり場が出来るのに、と思ってしまう。
どうかご自分を情けないなんて思わないでください。
私も自分の妊娠中の生活のあらゆる些細なことを責めました。あの時食べたあれがまずかったんじゃないか、あの時自分がしたあの行動のせいだったんじゃないかと…
だけど、私が自分を責める事を亡くなった娘が望むのか?と考えるようになりました。
娘はあらゆる検査で異常を出しませんでした。医師は特発性と言っていました。私にはそれが、娘の優しさのように思えてきました。「誰のせいでもないんだよ、だからお母さん、自分を責めないで。」と言ってくれている気がしたんです。
医師から「手術室から(生きて)出られないかも知れない」と言われていた娘、生まれた姿は全身浮腫みでパンパンでした。でも3日間も生きてくれたんです。
おかげで出生届も出せた。生前の写真も撮れた。ありがとう。呼吸が苦しい中よく頑張ってくれたねと娘を誇りに思っています。

今はそうとは思えないかも知れませんが、質問主さまも、亡くなられたお嬢様に対し、心穏やかに感謝の気持ちを心に満たす事が出来る日が来ると思います。長い年月をかけるかも知れませんが、きっと訪れると思っています。

長女を亡くし2年経ち、次女が生まれ3ヶ月になる今、思い返してみると私は周りに恵まれたと思います。
私も、家族友人みな温かい言葉をかけてくれ、責める人は誰もいませんでした。
長女の死を受け入れられず、お骨箱を抱っこしたり、はだけたおっぱいをあてたり、外出に一緒に連れていった事もありました。そんな私を、周囲は温かく見守ってくれ、気の済むようにさせてくれました。
納骨しろと言う人もおらず、住職さんも「幼くして亡くなった子はまだまだ両親のそばにいさせてあげて良いのですよ」と言ってくれました。
とことん向き合ったおかげで、私は気持ちを押し込める事無く、整理をつける事が出来たと思っています。
質問者さまも、周りのかたの温かさに救われておられるとの事。
同じ立場の者として、本当に良かったと思いました。
どうかたくさん、たくさん泣いて下さい。
そしてどうか、ご主人も気持ちのままに、泣きたい時は泣いて欲しいと願っています。
私の夫は「男は妻を支えなければならないのだ」と過剰に思い込んでしまっており、自分もお骨箱を抱き締めて泣きたいのを押さえ込んでいた為ほとんど泣かず、最近になって堰を切ったように号泣していました。私は夫の状態に気付けなかった事を悔やみ、以後「子供の親である立場として、夫婦は対等な立場なんだよ」と言葉をかけています。夫婦で肩を抱き合って泣くという事が大事だと気付かされました。質問者さまのご主人が、「自分が妻を支える為にも泣いてはいけない」と思わないよう願っています。

亡くなった我が子に会いたいですよね。
ほんとに会いたいです。そして娘と話がしたい。たまにテレビで、第六感にすぐれている外国の方が出ていますが、もしあのように、亡くなった家族と話せる人がいたら、ぜひ我が家に来て欲しい。…なんてありもしない想像をしてしまいます。


>本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私自身、いまだに自分が「乗り越えた」状態であるとは思えません(どういう状態になれば「乗り越えた」になるのか定義も曖昧ですし)。
ただ、確かに次女を授かってからは、より自分の今の生活を思いやれるようになりました。
長女が亡くなって間もなくは、頭の中は長女の事ばかり。家の事は何も手につかず、起こった出来事すべてを長女に結びつけ涙してばかり。
だけど日々暮らしていくうちに、やらなければいけない事(買い物、振込み、冠婚葬祭)に少しずつ目を向けられるようになり、涙の量が減っていき、生活に支障はなくなり。
そうしていくうちに、今後の生活に目を向けられるようになり、感情をコントロールできるようになり(小さい子を見ても激しく落ち込んだりしなくなる)。
そして次女を妊娠すると、今まで長女一色だった頭は長女:次女=50:50になり、妊娠生活を健康に過ごすことに頭を使えるようになり。
次女が生まれ、初めての子育てで頭がいっぱいになっている今、長女の事は大切な大切な思い出となって私の心の中にあります。

この過程を経た今、私は確かに今の生活にしっかり目を向けて過ごす事が出来ている。という事だけははっきり申し上げられます。

子供を亡くしたとき、次の子を作る時期は早すぎないほうが良いと聞きます。
次の子に亡くなった我が子を重ねず次の子として捉えられる自信がついた時が、次の子を作る時期なのだとおもいます。


長くなってしまい申し訳ありません。

最後に、参考になるかは分かりませんが、風呂敷に包んだお骨箱を子供だと見抜いた方(お骨を抱えて行った沖縄旅行で出会った、初対面の方)から、後日に頂いた言葉を貼りますね。


「娘さんはとっても笑顔が素敵でした!
本当は産まれる前に寿命でしたが、
あなたの笑顔が見たくて、がんばって産まれてきたってよ。
でも、すぐ亡くなって、お母さんが毎日悲しんでるのを見て辛かったみたいです。

だから、その日はあなたに笑って欲しくて沖縄へ!
念願の誰からも「愛される娘を夢見たあなた」に娘からのプレゼントです!

願いを叶えたのは娘さん。
そしてママの笑顔をありがとう!
最高のプレゼントをありがとう!と
私に笑いかけてくれました。

わかりますか?娘さんはあなたの笑顔が望みなんです。
「産まれて愛される娘」が彼女の望みではないのです。
優しいあなたの笑顔が好きと言ってましたよ。

で、伝えて欲しいと言っていたのはもうひとつ。
「もうすぐ新しい命がやってくるから、心配しないで!その子の為に笑ってて、もう少し待っててね」ってさ。」

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周り...続きを読む

Q子供を失ったあとの日々

先日初めての、幼いわが子を私の不注意で亡くしました。

今は直後に比べ、泣くのも減ってきました。

それと同時に「子供はもういないんだ…」と、一緒に過ごした日々が
自分の経験でなくまるで夢のような感じに思えます。
思い出さないと、どのように子供と毎日をすごしていたのか、どんなしぐさをしていたのか
など頭に浮かんできません。
私は元々記憶力がないので、毎日子供のことを思い出さないと自分はこのまま
子供のことに蓋をして忘れて生きていってしまうのではと怖いです。
何かにつけて主人に子供のことを話しますが、「暗くなるのは自分も落ち込むからやめて」と
言われ、言わないようには気を付けていますし
主人の気持ちを考えると話してはいけないなと思います。
でも怖いのです。

笑ったりご飯を食べたりなど当たり前のことができてしまう自分は
人間として、母親としておかしいと思ってしまいます。
毎日毎日無駄に生きている日々。

ぼんやり死んでしまいたいとも思いますがそれも主人のこと、
わが子のことを思うと、できないし、そこまで積極的に考えません

もう少したてば働きに出ようとは思っています。
ただ、今、毎日朝がくるのが憂鬱です。
病院へいってみる?とも思いますが
他の、子を失ったママに比べ私は元気です。

自分でもどうやってこれから生きていけばよいのかわかりません。
自分でも本当に、今の自分に嫌気がしますが、
何か経験者の方のご意見を聞きたいです。

支離滅裂な文章で申し訳ありません。
よろしくお願いします。

先日初めての、幼いわが子を私の不注意で亡くしました。

今は直後に比べ、泣くのも減ってきました。

それと同時に「子供はもういないんだ…」と、一緒に過ごした日々が
自分の経験でなくまるで夢のような感じに思えます。
思い出さないと、どのように子供と毎日をすごしていたのか、どんなしぐさをしていたのか
など頭に浮かんできません。
私は元々記憶力がないので、毎日子供のことを思い出さないと自分はこのまま
子供のことに蓋をして忘れて生きていってしまうのではと怖いです。
何かにつけて主人に子供のこ...続きを読む

Aベストアンサー

経験者ではありません。

ただ、これだけは言っておきたい。

あなたが、亡くなったお子さんの事を、日々思い出そうとしなければ思い出せないのは、記憶力が無いからでも、愛情が薄かったからでもありません。

知ってますか?
人は、その相手を好きであればある程、愛していれば愛している程、その輪郭は時間が経てばぼんやりとしか思い出せないものだという事を。

何でも、好きな相手に会ったり、愛している人を見たりする時は、気持ちが高揚して瞳孔が開く傾向があるそうです。
故に、しっかり見ているようで本当はピントが合っておらず、後になって思い出そうと思ってもハッキリとは思い出せないのだそうです。

女性の場合、赤ちゃんや幼い子供を見ている時にこのような事が多いようですので、やはり母性のなせる業かと思います。

あなたの今の状況は、亡くなったお子さんを、本当に心から愛していたという証拠です。
あなたは、人間としても、母親としても、おかしな所など何もない。
だから、安心していい。

これから先、あなたが笑っていても、ご飯を食べていても、どんなに当たり前の事、当たり前の生活をしていても、それでもずっと、あなたの中に残り続けるものがある。
それはいつか、「思い出そうとしなければ思い出せないもの」から、「絶対に忘れる事が出来ないもの」に変わります。

悲しみの時間は、幸せな時間と比べ、とても同じ時間とは思えないくらい、長く重く感じますよね。
でも、やはり同じ時間には変わりないのです。
だからこそ、とても残酷で、とても優しいものだと、自分はそう思います。

あなたのこれからの時間が、残酷なものから優しいものに変わるまで、まだまだ苦しみは続く事でしょう。
そして、それはきっと、旦那さんも同じなのではないかと思います。

旦那さんが、旦那さんだけが「前を向いているように感じる」のは、今のあなたに取って、余計に追い込まれるように感じる事かも知れません。
でも、きっとそれは違う。

「視点」は違っても、きっと旦那さんは、あなたと同じ思いを胸に秘めているはずです。
旦那さんのように、前を向いて引っ張っていく事も、ずっと大変な事だと、そう思います。

お子さんを失くした悲しみを共感する事と、ご自分を責める事は、違う事なのですから。

小さいお子さんなら、誰でも母親の事が大好きで仕方ありません。
その母親が、自分のせいでずっとふさぎ込んでは、苦しんでいるとすれば、お子さんはどう思うのでしょうね。

これからは、それを踏まえて「無駄な時間」を考えて欲しいと思います。

経験者ではありません。

ただ、これだけは言っておきたい。

あなたが、亡くなったお子さんの事を、日々思い出そうとしなければ思い出せないのは、記憶力が無いからでも、愛情が薄かったからでもありません。

知ってますか?
人は、その相手を好きであればある程、愛していれば愛している程、その輪郭は時間が経てばぼんやりとしか思い出せないものだという事を。

何でも、好きな相手に会ったり、愛している人を見たりする時は、気持ちが高揚して瞳孔が開く傾向があるそうです。
故に、しっかり見ているようで...続きを読む

Q息子の死後、妻から離婚の申し出

私は30代の既婚男性です。1年前、2歳の息子を亡くしました。
同い年の妻とは共働きで、普段は妻のほうが在宅時間が長いのですが、その日は妻に避けられない出張が入りました。
私が息子の面倒をみていた間、家庭内事故により息子は亡くなってしまいました。

かわいい盛りの息子を失ったショックは計り知れず、私たちはまだ前進できずにいます。
私がきちんと見ていれば、と悔やんでも悔やみきれません。
妻に謝っても、「あの日仕事を選んだのは私。私にも責任がある。私が面倒をみていたら絶対に事故が起きなかったという保証はない」と繰り返すだけです。

妻は、昼間は息子と離れているかわりに、家にいる間じゅう息子の相手をしてやる優しい母親でした。
息子が「遊んで」と言ったときはいつでも遊んでやり、ほとんどの家事は息子が寝た後にしていました。

しかし、私は同じことはできず、家事をしながら息子から目を離し、事故は起きてしまいました。
妻が面倒をみていたら同じような事故は起きなかった。
妻は否定しますが、事実です。

私を責めなかった妻ですが、先日離婚したいと言われました。
私と一緒にいると、息子の死を穏やかに受け止められる日は来ない気がする、と。
おそらく、「加害者」である私と離れ、一人静かに息子を偲びたいということと理解しています。

しかし、当然のことながら私は妻を深く愛しており、彼女と離れることは耐え難い苦痛です。
息子のことについては、息子に対しても妻に対しても心から申し訳ないと思いますが、私としてはその痛みを妻とともに抱えながら生きていくしかないと思っていました。
離婚によって、息子との日々が余計に遠くなるのもつらいです。

妻が立ち直るために離婚が絶対必要で、妻のためにそれが最善だというなら、私には拒む権利はありません。
しかし、それは本当に正しいのか…
息子の死後、妻はどう見ても抑うつ状態です(精神科でうつ病と診断されたわけではありませんが)。
そんな状態で、一人で悲しい出来事に向き合うことは、今の彼女には諸刃の剣に感じられます。
誰かがそばにいないと、最悪の結果を招くのではと不安でなりません。

皆様はどう思われますか。
妻の立場に立った回答でも私の立場に立った回答でもかまいません。
ご意見をお聞かせください。

私は30代の既婚男性です。1年前、2歳の息子を亡くしました。
同い年の妻とは共働きで、普段は妻のほうが在宅時間が長いのですが、その日は妻に避けられない出張が入りました。
私が息子の面倒をみていた間、家庭内事故により息子は亡くなってしまいました。

かわいい盛りの息子を失ったショックは計り知れず、私たちはまだ前進できずにいます。
私がきちんと見ていれば、と悔やんでも悔やみきれません。
妻に謝っても、「あの日仕事を選んだのは私。私にも責任がある。私が面倒をみていたら絶対に事故が起きなか...続きを読む

Aベストアンサー

大事な人が亡くなって1年目ぐらいが一番辛い時期だと思います。
事故からようやく1年経って、色んな意味で奥さんも「ゆっくり悲しみを噛みしめられる時が」
来たんだと思います。

ただこれが他人が起こした交通事故などであれば他人を恨むことで悲しみや怒りの逃げ場を
作ることが出来ます。しかし今回は不慮の事故でしたが質問者様に不注意があったとなれば
そうは行きません。夫自身も苦しんでいる、と奥さんがきちんと理解すればするほど
どんどん辛くなっていきます。質問者様ご自身も逆に奥さんからどんどん責められた方が
ラクになれるのに、と思うときありませんか?

母親にとって子どもの死はとっても特別なものです。
奥さんはただただ静かに「今は子どもを偲ぶことだけに集中したい」と思われてるのでは
ないでしょうか。でも質問者様がそばにいることで「夫の気持ちも汲んであげなければ」
「夫を傷つけてはいけない」とものすごく気を遣っていらっしゃる。

もうそれが精神的にきついんだと思います。そのせいで静かに息子の死を悼むことが出来ない。

でも夫にはそばに居て欲しい、と思ってるはずですよ。

グリーフケアを得意とするカウンセラーを探してみては如何でしょう。
奥さんにとってもどろどろした感情をはき出す場所が絶対に必要です。でもそれは夫婦のことを
よく知っている身内や友達ではダメなんですね。専門知識を持ったまったくの他人の前で
何の気遣いも、遠慮もする必要なく、自分の気持ちの全てを吐き出す場所が必要です。奥さんも
質問者様の前でわんわん泣けば「夫が自分を責める」という気持ちが働くでしょう。それが
感情の吐露にブレーキを掛けてるんですね。それでは気持ちの整理が出来ません。

今回の事故は不幸な出来事でしたが、必ず乗り越えられる方法はあると思います。
そのためには何かきっかけが欲しいですね。まずは質問者様だけでもカウンセリングを
受けてみてはいかがでしょう。奥さんに話せないこともきっとたくさんあると思います。
それを誰かに聞いてもらえるだけで、ずいぶんと感情の整理が出来ます。今は決して夫婦が
離れるべきではありません。ただ奥さんの背負う荷物は軽くしてあげなければダメですね。

大事な人が亡くなって1年目ぐらいが一番辛い時期だと思います。
事故からようやく1年経って、色んな意味で奥さんも「ゆっくり悲しみを噛みしめられる時が」
来たんだと思います。

ただこれが他人が起こした交通事故などであれば他人を恨むことで悲しみや怒りの逃げ場を
作ることが出来ます。しかし今回は不慮の事故でしたが質問者様に不注意があったとなれば
そうは行きません。夫自身も苦しんでいる、と奥さんがきちんと理解すればするほど
どんどん辛くなっていきます。質問者様ご自身も逆に奥さんからどんどん...続きを読む

Q乳児の添い寝による窒息死って親は罪になりますか?

万が一、あやまって添い寝で窒息死してしまった場合、いかなる場合でも、親は逮捕されて罪になるのでしょうか?これから出産するのですが、添い寝の予定なのですが、怖いです。

Aベストアンサー

新生児突然死症候群が減ること、赤ちゃんが安心してたくさん眠ること、夜中の授乳が楽であることなど、添い寝のメリットは大きいですよね。

昔は、アメリカ風の「小さくても別で寝かせる」方法がもてはやされましたが、それは世界的に見るととても珍しい新しめのやりかたで、
どちらかといえば、赤ちゃんとお母さんは一緒に寝る地域、時代のほうが多いのですよ。
また最近では、アタッチメントペアレンティングといって、「子供とのスキンシップを大切にし、親が自分の直感に従って子供の要求に敏感に反応する」という育児法が主流になってきています。
なるべくいつも一緒にくっついているのが赤ちゃんには良い。という育児方法ですので、当然添い寝とされます。
昔は「独り寝!」一辺倒だったアメリカでも、アタッチメントペアレンティングという考え方の出現で、添い寝で育てる方が増えているようです。

お母さんは、無意識にでも赤ちゃんを守ろうとしますので押しつぶすということはまずありませんが、寝方、敷き布団や掛け布団の種類など、注意すべき点はあります。

まず、うつぶせ寝をさせることがあるなら、フカフカの敷き布団に赤ちゃんを寝かせないこと。
大人用のものに一緒に寝かせるなら、固めのマットレスや、せんべい布団など、沈み込まない固さのある敷き布団にしてください。
ベビー用品店で赤ちゃん用敷き布団を触ってみると判るかとおもいますが、赤ちゃんの敷き布団はかなり固いです。
これは、うつぶせ寝の際に、敷き布団に頭や顔が埋まって窒息するのを防ぐ為にわざわざ固くなっていますので。
うつぶせ寝は一切させないなら、あまり固すぎない方が背骨にはいいらしいですけどね。
寝返りを覚えると、勝手にうつぶせになってしまうことがありますので、固めの敷き布団にしておいたほうが安全でしょう。

掛け布団は、赤ちゃん用とご自分用別にする。
一緒だと赤ちゃんが暑すぎたり、顔にお布団がかかって口鼻を塞いでしまったりします。
赤ちゃんは大人より暑がりなので、寒いからと心配して温めすぎるのはよくありません。ほどほどに。
赤ちゃんの顔に掛け布団がかからないように下めにかけてあげてください。

寝かせる場所ですが、赤ちゃんはお母さんの顔の横くらいがいいのでは。
寝返りで押しつぶすのを予防できますし、お母さんの掛け布団がうっかり赤ちゃんの顔にかかるのも防げます。
また、ベッドならば壁にぴったりとつけて、赤ちゃんは壁際に。
もしくは、落下防止ガードをつけてその側に。
お父さんと3人で寝るなら、父母の真ん中に赤ちゃんではなく、「赤ちゃん-お母さん-お父さん」という風にしてください。
お父さんの寝相は、信頼できません(笑)

どうしても心配な場合は、ベッドでしたら「添い寝用ベビーベッド」といって、フレームの一部を完全に下に下げて、大人用ベッドの横にぴったりとつけられるベビーベッドもあります。
そういう物に赤ちゃんを寝かせて、自分のベッドの横にぴったりつけると、赤ちゃんはガードされた状態でほぼ添い寝に近い感じで寝れますよ。
お布団ならば、大人布団の横にベビー布団を敷いて寝る。
また、お布団やベッドの上に乗せて使う、ガードも売っています。

http://www.niceday-baby.net/shop/g/g0136820C/
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AB-746007-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC/dp/B003GSKRRE/ref=sr_1_10?ie=UTF8&qid=1320028974&sr=8-10

必要な注意を払う事は大事ですが、神経質になりすぎると楽しくありませんよ。
楽しく、子育てされてくださいね^^

新生児突然死症候群が減ること、赤ちゃんが安心してたくさん眠ること、夜中の授乳が楽であることなど、添い寝のメリットは大きいですよね。

昔は、アメリカ風の「小さくても別で寝かせる」方法がもてはやされましたが、それは世界的に見るととても珍しい新しめのやりかたで、
どちらかといえば、赤ちゃんとお母さんは一緒に寝る地域、時代のほうが多いのですよ。
また最近では、アタッチメントペアレンティングといって、「子供とのスキンシップを大切にし、親が自分の直感に従って子供の要求に敏感に反応する」...続きを読む

Q「業務上過失致死」と「過失致死」の実例を教えてください。

この違いについて、意見の異なる人と論争になってしまいったので色々調べました。
相手:「業務上」とは、「仕事中」のことだ。その他はただの「過失致死」だ。

私:買い物途中の交通事故で「業務上過失傷害」になることを知っておりましたので(TVドラマなどではいつもそう)「仕事中とは違う、何か用事をしていた時だ」と主張しました。

インターネットでいろいろ調べて見て、
医療行為や車の運転中など、「反復的に行っている人の生命に危害を加える類」の事が、「業務上」だということはわかりました。

このサイトで読んだ例では、子どもを車に置き去りにした場合も適用されるとか?

実際に、交通事故以外で、業務上過失致死が適用される例を教えてください。

たとえば、家庭内で、母親が、子どもの入浴中に目を放し、死亡させてしまたっような場合も業務上過失致死にあたるか? みたいな具体例で、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

日高.刑法各論ノート.ISBN 4-326-40113-3p21。
主婦がきのこを調理。毒キノコで全員が中毒。
TVを見ている間に預かった子供が風呂で溺死。
見まわり中にアイロン通電を見落とし火災発生。

Q兄弟が風呂で溺死した事故。

記憶によると、ここ数年内の事故だと思うんですけど、
小学生の兄弟が自宅風呂で潜りっこをしていて
二人とも溺死してしまったという事故があったと思います。

確か、潜ってどのくらい我慢できるかみたいな遊びをしていての
事故だったと思うのですが、各種検索サイトで出てきません。
覚えてる方いませんか? 記載されてるサイトないでしょうか?

Aベストアンサー

2001年1月15日(だっけ?)のページをご覧ください。
男の子二人ではないようです。私のかすかな記憶でも、男女いたと思いました。ここでふれてある事件のことだと思います。
時期がわかれば調べようがあるかなと思ったので書き込んでみました。

そのときニュースを聞いていた記憶では、この二人は普段からよくこの我慢比べをしていて、親はやめるように注意していたと言っていたと思います。
でも、死人に口無しだから、ほんとのところはわからないですよね。
もう一人子供がいて、いつもは3人でやってたんじゃなかったかな? 一人が先に出たとか。
自信なし。

参考URL:http://home7.highway.ne.jp/PSY/diary0101.htm

Q子供を死なせた親って逮捕されないんですか?

紋別市緑町のオホーツク森林公園でバーベキューをしている間に
4歳男児が池に落ちて死亡して、
市に対して安全配慮が欠けていたとして2475万円を賠償金として支払わせた事件
www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070220&j=0022&k=200702206933
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060709-00000049-jij-soci

こんにゃくゼリーを食べた男児が窒息死したとして、製造業者に賠償金を支払わせた事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080905-00000072-jij-soci

上記のニュースを見て疑問に思ったのですが、
危険があるにも関わらず、ろくに監督もせずに子供を死なせてしまった場合、
親は罪には問われないのですか?
本当は問えるけど、心情的に敢えて問うてないだけなのですか?

Aベストアンサー

>危険があるにも関わらず、ろくに監督もせずに子供を死なせてしまった場合、親は罪には問われないのですか?

親というか、保護者には呼んで字のごとく、子供に対す保護する義務があります。
保護責任者が要保護者の生存に必要な保護をしなかったことを「不保護」といい、「保護責任者遺棄罪」に問われる可能性があります。

==引用==
刑法 第2編第30章 遺棄の罪

(遺棄)
第217条 老年、幼年、身体障害又は疾病のために扶助を必要とする者を遺棄した者は、1年以下の懲役に処する。
(保護責任者遺棄等)
第218条 老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、3月以上5年以下の懲役に処する。
(遺棄等致死傷)
第219条 前2条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。
http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#s2.30

==以上==

前者の例は(リンク先が掲載期間終了したのか記事詳細が読めた無かったのですが)、バーベキュー中に保護すべき幼児から目を離したことによって、幼児が池に落ちて死亡したという点で、どうかな~って感じですかね。
池の近くで保護すべき幼児から目を離したという事で、「不保護」になる可能性はあるかと思います。
ただ、実際に罪に問われるかというと警察・検察の判断でしょう。
多くの場合は、育児放棄した場合とか炎天下の中車に放置してパチンコしてたとか虐待していたとか、そう言ったときに問われることが多いようです。

ただ、これをもって市の安全配慮について罪が無いとは言えません。
普段、市民が集いレクレーションする場所の安全を図るのは、当然の義務です。
それを怠っていたという責めは免れない可能性はあります。
まぁ、誰もこんなところでバーベキューしないだろうってところだと微妙かもしれませんが。

後者の例は、学童保育所に預けてたワケですから、保護者としての責務としては罪は無かったかと思います。
むしろ、学童保育所の問題でしょう。
こんにゃくゼリーの製造業者は、のどにつまらせる可能性を予見出来たとすれば責任があるとも言えます。
その場合、パッケージとかに注意喚起する表示をするなどの対策もとっていたのかとか、色々状況にもよりますが、親の責任では無いでしょうね。

>危険があるにも関わらず、ろくに監督もせずに子供を死なせてしまった場合、親は罪には問われないのですか?

親というか、保護者には呼んで字のごとく、子供に対す保護する義務があります。
保護責任者が要保護者の生存に必要な保護をしなかったことを「不保護」といい、「保護責任者遺棄罪」に問われる可能性があります。

==引用==
刑法 第2編第30章 遺棄の罪

(遺棄)
第217条 老年、幼年、身体障害又は疾病のために扶助を必要とする者を遺棄した者は、1年以下の懲役に処する。
(保護責...続きを読む

Qプールや海で溺れたことある人。助けたことある人

毎日暑いですね。プールも海も大賑わいしている事でしょう。

みなさん、小さい頃うっかり足のつかない深さまで行ってしまい、溺れた経験ってありますか?
私は今まで、二度ほど溺れている小学生を助けた事があります。
二度とも、最初はふざけているのだと思ったのですが、真剣に溺れていました。私は大人で、足がつく深さだったので、引っ張り上げてあげただけですが、私が気がつかなければ二度とも結構危なかったような気がします。
私の息子も、一緒にいた夫が目を離したほんの一瞬で、浮輪からするんと抜けて溺れたことがあります(私は水着ですらなかったので、大声で夫に声を掛け救助してもらいましたが…)。

もしかして、結構みんなそういう目に合ってるものなのかな?と思い質問しました。溺れた経験、助けた経験ありますか?

Aベストアンサー

父と兄と私で海に行った時に私が溺れました。

沖から近いテトラポットで父が休憩しながら私達を見てました。
私は浮き輪がないと恐かったので絶対浮き輪を使って遊んでた
のですが兄は使ってませんでした。
兄が私の所に来て私に「僕がここで浮き輪持っといたるから下に
一回足付いて戻ってきて」と言いました。下を見たら足は余裕で
付きませんが下は見えてるしお兄ちゃん居るからいいかな・・・
と兄を信頼!?しました。
勇気を出して下に行き、地面を思いっきり蹴って海面に出てみた
ら全っ然違う所にお兄ちゃんが・・・・・『ええっ!!』
(兄は動いてないが私が斜めに蹴りあがったか、潮で流されたか)
兄を横目に確認した瞬間私は溺れました。
兄は助けようと浮き輪をもって近づいてくれましたが、兄もその
当時小学生><遅いです。「苦しい・・・」と思った瞬間「ガバッ!」
と何かに抱え込まれ、私の口が海面ギリギリでしたが息は出来たの
で上を見ると父でした。
しかも立ってる状態に近く(立ち泳ぎ??)その状態で足の届くとこ
ろまで連れて行ってくれ助かりました。怒りもなにもせず無事を喜
んでくれました。どこに行っても父が居れば恐いもの無しです。
(恐い者しらずすぎて、幼稚園の頃銭湯でやくざのおじちゃんに
『おっちゃんの背中の絵キレイなぁ~』と話しかけてた私す><)

母と遊びに行くと迷子になるのは多々ありますが、父は2人とも
(友達を交えた複数人居ても、迷子にさせた事は1度もない)から
絶対に目を離しません。父と出かけても迷子には100%なりません
父と2人で海に行った時、父は疲れたから休憩すると浜辺で休憩
してた時、私はかなり深いところまで行き父を探したら必ず目が
合います。意地悪して人混みに紛れまくっても必ず父を探せば目
が合いました。なので溺れたら絶対助けてくれてました。

父と兄と私で海に行った時に私が溺れました。

沖から近いテトラポットで父が休憩しながら私達を見てました。
私は浮き輪がないと恐かったので絶対浮き輪を使って遊んでた
のですが兄は使ってませんでした。
兄が私の所に来て私に「僕がここで浮き輪持っといたるから下に
一回足付いて戻ってきて」と言いました。下を見たら足は余裕で
付きませんが下は見えてるしお兄ちゃん居るからいいかな・・・
と兄を信頼!?しました。
勇気を出して下に行き、地面を思いっきり蹴って海面に出てみた
ら全っ然違う...続きを読む

Q1歳の子供を死なせてしまいました

初期段階で病院に行っていれば助かっていたと思います。
悔やんでも悔やみきれません。
結果は容態の急変での窒息死でした。

ただの鼻水と侮らずもっと早くに病院へいけばよかった・・・(亡くなる前に2回病院へ行きましたが)
もっと早く119番していれば・・・
初めて知った病気についてもっと医者に危険性など詳しく聞いておけば良かった・・・
子供を守るのはママしかいないのに・・・

後悔ばかり頭に浮かびます。

そもそも私が風邪を引いて、それが移ってしまったんです。
母親失格です。

主人も私を責めず、2人で決めた結果でこのようになってしまったと言い
私を決して責めません。

しかし最後に徹夜で様子を見ていたのは私一人です。
私が子供を救えた最後の人間だったことは間違いありません。

葬式も終わり、主人は辛いのを私には見せないように明るくふるまい
仕事へいっています。

私は、子供がいない毎日が不思議で、現実感がなく、ボーっと過ごしていたり、
亡くなった日のことばかりが浮かび、子供へ謝り、寂しいと泣くばかりです。

死んでしまいたいとも思います。
ただ主人にこれ以上悲しい思いをさせたくない、自死では子供にあえないのでは・・・
と考え、踏みとどまります。

また、早く子供に会いたい、帰ってきてほしいとの思いから早く赤ちゃんがほしいと思ってしまいます。
もちろん次の子は亡くなった子ではないのは理解しています。
しかし、生まれ変わってきてくれるのでは・・・、または子供が私を許しくれたら
次の子を連れてきてくれるのでは・・・と考えてしまします。
子供の喪失感を子供で埋めようとして、逃げているようにも思います。

1年間生まれてきてくれて楽しいことばかりだったのに、その楽しい思い出より
最後の1日ばかりが浮かんできて苦しいです。

思いのまま書いたために、読みづらい文章で申し訳ありません。
周囲に子供を亡くしたという経験をしたものがおらず、
失礼ながらお子様を亡くした方に、どのように毎日を過ごし、
子供への思いをどのように持ち生きていけば良いかなど聞いてみたく投稿しました。

いろんな意見お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

初期段階で病院に行っていれば助かっていたと思います。
悔やんでも悔やみきれません。
結果は容態の急変での窒息死でした。

ただの鼻水と侮らずもっと早くに病院へいけばよかった・・・(亡くなる前に2回病院へ行きましたが)
もっと早く119番していれば・・・
初めて知った病気についてもっと医者に危険性など詳しく聞いておけば良かった・・・
子供を守るのはママしかいないのに・・・

後悔ばかり頭に浮かびます。

そもそも私が風邪を引いて、それが移ってしまったんです。
母親失格です。

主人も私を責め...続きを読む

Aベストアンサー

ご夫婦のお気持ちを考えると言葉がありません。
母親の自分を責めておられますが、あなたは母親として立派にお子さんの看護をされましたよ。
私は小さな孫もいるおじさんです。
大丈夫、お子さんは両親に感謝しています。
だって、ご両親は精一杯お子さんに愛情をかけたのですよ。
お子さんはその愛情をちゃんと分かっていますよ。言葉にはまだ出来なかったとは思いますが。
「また早く子供に会いたい、帰ってきてほしいとの思いから早く赤ちゃんがほしいと思ってしまいます」と書かれていますが、そのお気持ちでいいのですよ。何もおかしくはありません。
そして、次のお子さんができたら二人分の愛情を注ぎましょう。
そうすれば、亡くなったお子さんも寂しくはありません。
とてもやさしいご主人のようですので、お二人で明日へ進みましょう。
私も応援しています。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました


人気Q&Aランキング