現在中華民国と国交を持つ国はどこか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アジア・オセアニア地区 5か国


 ナウル、マーシャル諸島、パラオ、ソロモン諸島、ツバル
欧州 2か国
 バチカン市国、マケドニア
アフリカ 8カ国
 ブルキナ・ファソ、チャド、ガンビア、リベリア、マラウィ、サントメ・プリンシ ペ、セネガル、スワジランド
北中南米 12か国
 ベリーズ、コスタリカ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、グレナダ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、ニカラグア、セントクリストファー・ネイビス、セントビンセント及びグレナディーン諸島
の以上27か国だと思います。最近の資料に目を通していないので、もし訂正があった場合は許してください。
 もし中国語がおわかりでしたら、以下の台湾のサイトが役に立つと思います。 

参考URL:http://www.mofa.gov.tw/mofadb/?MIval=Intro_home
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
サイトの方は中国語はわかりませんが漢字と英語でなんとかって感じです。

お礼日時:2001/05/28 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1971年の中共の国連参加と中華民国の追放事情?

その当時の矛盾や義憤を今でも思い出しますが、詳細な当事国以外の思惑や事情・4大国[中国を除く受容人理事国]の動きが良く分かりませんでした。
侵略・独裁弾圧政治等の行為や国民の支持を失った政権ではない筈なのに、国連から追放するのは
何故、いかなる理由からだったのでしょうか?
当時の時代背景や国際情勢、各国の動向、国連の決議等について、お教え願えませんでしょうか?

質問[疑問]
◇国連発足時の連合国・戦勝国は中華民国(蒋介石・台湾)ではないのでしょうか?

◇少なくとも拒否権をアメリカは何故に行使しなかったのですか?

◇人口・領土[支配下地域]等から、何れは中国代表が中華人民共和国[毛沢東]変更されるとしても、冷戦を意識すれば中華民国の追放は(中共の意向や多数決では止むを得ないが)行き過ぎではないのだろうか→拒否権行使・2国参加(当事者が望まないだろうが)等の調整や妥協の道は無かったのでしょうか?

◇形式上は追放だが、実質は中華民国の国連脱退なのだろうか?

Aベストアンサー

No.1の補足です。

この問題を理解するには中国の歴史をもっと詳細に知る必要があります。
国連が発足したのは大戦末期ですが、まだ日本が降伏していない時期でした。ですから満州国も存在するし、台湾はまだ日本領だったのです。
戦前でも中華民国の政府は乱立していて、南京政府が一貫して存在していたわけでもないのです。余りにも政府の消長が激しすぎて、ここではその全てを触れることができませんので、簡単に説明します。
第一次世界大戦の頃は袁世凱の北洋軍閥政府(北京政府)が中華民国を代表する政府だと国際社会からみなされていて、国際連盟にも北京政府が中華民国を代表して加盟していました。ところが1928年に北京政府は、1927年に南京で蒋介石が樹立した南京国民政府に倒されます。そうすると今度は南京国民政府が中華民国を代表する政府として国際連盟から看做されることになったわけです。ところが以下の表で分かるように南京国民政府以外にも複数の政府が生まれては消えているのです。しかし蒋介石は中国はひとつだ。分裂していないと言い張っていて、国際連盟もそれを認めていたのです。

中華民国臨時政府(1912年)(南京)・・・辛亥革命~孫文が袁世凱に譲位
北京政府(北洋軍閥政府)(1912年~1928年)(北京)・・・袁世凱政権~北伐
武漢国民政府(1926年~1927年)(武漢)・・・第一次国共合作~上海クーデター
南京国民政府(1927年~1949年)(南京~武漢(1937-1938)~重慶(1938-1945)~南京(1945-1949)・・・上海クーデター~台北疎開
中華ソビエト共和国臨時政府(1931年~1934年)(瑞金)・・・国共内戦~長征
冀東防共自治政府(通州・唐山)(1935年~1938年)・・・日中間の協定~中華民国臨時政府に合流
中華民国臨時政府(1937年~1940年)(北京)・・・日本軍占領化の北京で樹立~汪兆銘政権に合流
汪兆銘政権(1940年~1945年)(南京)・・・日本軍占領化の南京で樹立~消滅

日本が降伏すると蒋介石は、台湾に進駐して実効支配しました。第二次国共内戦が起こり、劣勢になった南京国民政府は台湾に逃れて、大陸を中国共産党に任せてしまいます。その中国共産党が中心になって中華人民共和国が建国されたのです。
ところが国際連合はそれでも中国を代表するのは蒋介石政権だといいはって、中華人民共和国の建国を認めませんでした。ソ連は当然ながら中華人民共和国を認めろと主張していたのですが、アメリカが拒否権を発動したために中華人民共和国が承認されなかったのです。戦前同様に中国は一つであり、実効支配しているのは台湾だけだとしても蒋介石の政府が中国の代表なのだという論理です。
これも詭弁というか屁理屈としかいいようがない論理なのですが、国際連合としては、この論理で中華人民共和国を無視し続けてきたわけです。

この屁理屈を中華人民共和国に利用、逆用されたのが中国代表権問題なのです。中華人民共和国はアルバニアに息を吹きかけて代表権交代を提案させました。アルバニアは中華人民共和国の歓心を得たいために一働きしたといったことです。いままでアメリカが中国はひとつだと言い張って中華人民共和国の国連加盟を拒否していただけに反対する論理が成立しないのです。ひとつである中国の代表として台湾政権を認めるか大陸政権のどちらかを認めるか決着つけようという論理でこられたら、アメリカにはそれを否定する論拠が無いわけです。戦前に北京政府から南京国民政府への代表権移動を認めたのだから、戦後に国民党政府から共産党政府への代表権移動があっても何もおかしくはないわけです。実態は中国は2つに分裂していたのだけど、国民党政府も中国はひとつだといいはっていて、中華人民共和国など認めないと主張していたわけですから、アルバニア提案を拒否できる論理が成り立たないのです。

ここがアルバニア提案の巧妙なところです。それはアメリカ-台湾政府が従来繰り返してきた主張を逆手にとったようなものなのです。確かに中国はひとつです。では大陸政府と台湾政府のどちらを中国の代表と認めるか国連総会で決を取りましょうと提案されれば、反対する大義名分も論理も何もないわけです。

それまでアメリカと台湾は中国はひとつだと言い張って中華人民共和国の国連加盟を妨害してきたわけですから、いまさら中華人民共和国を承認しますとはいえないわけです。

台湾政府は実質的には国際連合を脱退したと認識されていますが国際連合として名目的に中華民国が継続し続けていて、その代表が台湾政府から大陸政府に代わっただけだということなのです。

学校の社会科教師には余りにも難しすぎる話なので、彼らの頭では、台湾が追放されて、中華人民共和国が新たに国連に加盟したとしか理解できません。彼らは彼らの頭で理解したことしか生徒に教えられないのです。それはどんなものもそうです。自分が理解していないことを他人に教えられる道理がない。

確かに台湾は不憫だという見方もありますが、実は自分が掘った落とし穴に自分が落ちてしまったような話で自業自得としかいえないのです。台湾が不憫だというなら、1971年まで無視され続けてきた中華人民共和国だって不憫だという論理が成り立つのです。

No.1の補足です。

この問題を理解するには中国の歴史をもっと詳細に知る必要があります。
国連が発足したのは大戦末期ですが、まだ日本が降伏していない時期でした。ですから満州国も存在するし、台湾はまだ日本領だったのです。
戦前でも中華民国の政府は乱立していて、南京政府が一貫して存在していたわけでもないのです。余りにも政府の消長が激しすぎて、ここではその全てを触れることができませんので、簡単に説明します。
第一次世界大戦の頃は袁世凱の北洋軍閥政府(北京政府)が中華民国を代表する政府だ...続きを読む

Q現在日本の食料自給率は40%台と先進国の中では最悪レベルの低さですが、

現在日本の食料自給率は40%台と先進国の中では最悪レベルの低さですが、日本政府は今まで対策をしてきたのでしょうか?また現在何か対策を打とうとしているのでしょうか?

Aベストアンサー

工業製品を買って貰わなければならないのであいてから食料を輸入する政策を講じているのです
食料を買ってやるから工業製品を買ってくれ、と言うことです
資本家優先の方針です
日本の国土で養えるのは4千万人が限度だそうです

Q中華人民共和国と中華民国

いまいちよくわからないのですが
中華人民共和国と中華民国は違う国ですか?
中華民国は省略して「中国」とは言わないのですか?

私のイメージでは
日本と沖縄
のような関係に
中華人民共和国 と中華民国
と思っていましたが間違いですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親台湾派の立場です。

中国問題は複雑です。
日本の公式見解は1973年以降、中華民国はありません。
しかも中華民国が1973年まで国連の常任理事国でした。
・二つの中国問題です。
台湾、大陸中国 の問題は分断国家と違います。
(韓国、北朝鮮は、両方とも国連加盟、日本と北朝鮮が国交を持たないだけです。)
北京首都の中華人民共和国は、台湾は、自国の一部であり、中華民国と称する国民党が占領しているという見解です。

中華民国の立場は、南京が首都だが、共産党勢力に侵略され、台北を臨時首都としている見解でした。

台湾としては、独立論もありますが、一方でこのままで良いという意見もあります。

中華人民共和国が、中国は絶対一つだ!と言わなければ丸く収まりそうなのですが。

ほんと、共産党独裁政治に嫌悪を感じます。

ちなみに、日本と沖縄という言い方は良くないですよ。
いずれも日本です。戦争に負け米国統治の時代があっただけです。
※薩摩が琉球を攻めたということはありますが。

Qキューバ共和国と国交がない国。

外務省のホームページによると現在、キューバと国交がない国として米国、イスラエル、モロッコ、エルサルバドル、ウルグアイ、パナマ、コスタリカとあります。米国とイスラエルはわかるのですが、その他の国とはなぜ国交がないのでしょうか?どなたかご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

中南米諸国は国民には反米感情があるものの北の巨人といわれるアメリカの経済的影響から逃れることは出来ず国レベルでは基本的に親米です。最近ベネズエラのチャベス大統領が親キューバ政策をとりアメリカにたてつくようになっています。ウルグアイ、パナマは現政権に変わって国交を樹立したと理解しています。
コスタリカは永世中立国家で軍隊がなく、親米国家ですからキューバと国交樹立をしないのでしょう。パナマはメキシコとともに長くキューバ訪問の基地になっていましたがカストロ暗殺事件にパナマ人がからんでいた疑いから一時国交断絶していただけです。エル・サルバドールについては事情が分かりませんが、内戦
終了時にアメリカとの関係が強化されたことが一因かも知れません。モロッコは分かりません。

Q中華人民共和国と中華民国は全く違う国ですか?

1.台湾は国の名前ではなく中華民国の県みたいなものですか?
2.中華人民共和国と中華民国は全く違う国ですか?
3.台湾と今の中国(中華人民共和国)は全く別の国ですか?

Aベストアンサー

>「中華民国を国として認めている国にとっては違う国になりますし、国と認めていない国にとっては、同じ国の1地域になります」ということはいまでもはっきりせずもめている状態ということですか?

 そのとおりです。先日も、元中華民国(台湾)の総統の来日を認めるかどうかで、日本と中華人民共和国でひと悶着在りましたね。

>そして世界の多くの国(日本を含め)は台湾は中国の一部だと認識しているということでしょうか?

 そのとおりです。ですから、国際的なスポーツ大会では中華民国ではなく「チャイニーズ・タイペイ」という折衷案みたいな国名で参加しています。

>パスポートは中国とは違うものになるのですよね?

 はい、違います。

Q日本の国交がある国と国連加盟国について

日本の国交がある国と国連加盟国について
日本の国交のある国は190カ国
国連加盟国は189カ国だと思います
(2001年10月1日 現在)
 ということは
国連に加盟してなくて国交のある国は
どこか 知っている方は教えてください

Aベストアンサー

2000年3月1日現在

日本の承認国  189カ国
これに日本を加えて190ヶ国となる。

日本が承認し国連未加盟国
ツバル(大洋州)
バチカン市国
スイス連邦

これで国連加盟国は187となる。プラス日本が承認していない北朝鮮を加えて
188カ国が国連加盟国です。

ツバルがその後加盟した(2000年9月)ようなので上記の数字はその分変ります。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/news/0009/07/tv.html

Q中華民国政府と国民政府

中華民国政府と国民政府は違うのでしょうか????中華民国は1912年孫文を臨時大総統として南京に樹立、袁世凱が北京に遷都、とあり、また、
国民政府は、蒋介石が共産党を追放し南京で樹立、と書いてあって、それからは中華民国政府は国民政府になったのかなぁ~と思っていたのですが国共内戦で蒋介石が台湾へ逃れるときの説明には49年5月、中華民国政府は台湾へ逃れた、と書いてあり、国民政府じゃなかったの??と思い、わけが分からなくなってしまいました。どなたか教えてください・・
また、国民政府の所在地の変遷についてなのですが、問題集には広州→南京→武漢、重慶の順と書いてあったのですが、用語集には上記のように、国民政府は、蒋介石が共産党を追放し南京で樹立と書いてあったのですが広州は含まれるべきなのでしょうか????
乱文及び長文失礼しました。

Aベストアンサー

国名は中華民国です。中華民国を治める政府という意味で、「中華民国政府」という呼び方があります。
また、中華民国を治めていた政党は国民党でしたので、国民党政権、すなわち「国民政府」という呼び方もあります。
両者は実態として同じものですが、時期によって微妙にズレがあります。
袁世凱が支配していたころの中華民国は、国民党政権ではありません。
そのころの国民政府は広州に割拠して、力を蓄えていました。
広州から北伐を始めた国民政府が、南京を制圧したころには、国民政府が中華民国を支配している、と呼んでもいい状況でした。
そこらに質問者様の混乱の原因があるように思われます。

Q日本は韓国と国交を結ぶ必要はあるのでしょうか。 日本が韓国と国交を結ぶメリットはあるのでしょうか。

日本は韓国と国交を結ぶ必要はあるのでしょうか。


日本が韓国と国交を結ぶメリットはあるのでしょうか。


我が国日本はアメリカに対して敗戦国ですが、アメリカを今だに強く恨んでいませんよね。

東日本大震災の時に韓国は喜んでいました。
そんな国民性が理解できません。

韓国に地震が起きてたくさんの韓国人が亡くなっても、私は嬉しいとは思いません。


日本は竹島を渡して、慰安婦問題に関して謝罪をして韓国と絶交した方が良いのでは?

韓国はいつまで反日教育を続けるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は、今位の関係が良い、と思います。

国交断絶、断交、と言うのは、勇ましいですが、
その瞬間に、「敵国」となります。

敵国であれば、それなりの防衛費も必要だし、
間違っても、戦争は出来ない。

良い悪い、の話では無くて、戦争をして、買ってしまえば、
また、愚劣な民族の面倒を見ることになる。

しかも、さすがに、世界も、良い事だ、と賛成してくれないでしょう。

一応、腐っても、西側だし、アメリカが、韓国が共産圏に与する事を、
許容するとも、思えません。

慰安婦合意でもめて、日本は、ひどい言いがかりを受けている、と
言う状態で、経済的には、生かさず殺さず、自由主義陣営の防波堤を
してくれるのであれば、それ以上は望みません。

放置しておけば、自力で経済を回復できる能力も無く、国力も無い。

生かさず殺さず、発展途上国の状態でいてくれるのが、(即ち、今)
理想です。

Q台湾の人に中華民国の方ですか?と聞くのは失礼?

娘(高校一年生)のクラスに台湾からの留学生がいます。

娘が私に何の気なしに「クラスに台湾から来た子がいるんだけど、台湾の正式名称ってなんて言うの?」と聞いてきたので、「中華民国だよ。昔は中国全土を支配していたんだけど、中国共産党に負けて台湾だけになったんだ。中国共産党は中華人民共和国、つまり今の中国を建国して、台湾とけんかしてるんだよ。」と説明しました。

娘はさっそく、学校で「○○ちゃんの国の正式名称って中華民国なの?」と聞くと
その台湾からの留学生は不機嫌になり「台湾は台湾なの!」と答えたそうです。

そこで疑問なのですが、
もし「中華人民共和国なの?」と聞けば、それは怒るでしょうが、ちゃんと「中華民国なの?」と聞いているのに怒る要素ってなんでしょうか?
本省人とそれ以外云々の話ではないと思うのですが。場合によっては台湾にいながら「中華民国」の歴史を知らないのが原因なのではないかと思ったりしています。

(国の正式名称を話題とすること自体はOKという前提でお願いします。)

Aベストアンサー

やっぱり台湾と呼んだ方が良いでしょうね。

Aベストアンサー

間接統治が植民地支配の基本的法則ですから、そういった事例は無数にあります。
むしろ日本が朝鮮に行ったような直接統治の方が少ないはずです。

東南アジアを支配したイギリス・フランス・オランダは、華僑を通じて大多数の現地人を支配しました。(フィリピンを支配したスペインやアメリカも同じです)

メキシコを支配したスペインは、大西洋沿岸のトルティカ族を味方につけアスティカを支配しメキシコを造りました。
その後は、クリオージョ(中南米生まれのスペイン人)を通しての統治となります。

シリアで、現在のアサド大統領(アラウィー派)が政権の座にいるのは、フランス統治時代に圧倒的多数のスンニ派を抑えるため、アラウィー派を使い統治したためです。
(アラウィー派は、シーア派の一派ですが、イランのシーア派[12イマーム派]とは別の宗派です)

ロシアがチェチェンを初めとするカフカス諸国を支配できたのは、オセット人を通して支配権を確立したためです。
(そのためチャチャン人過激派に北オセチアの学校が襲撃されました)

イギリスのスーダン支配は、エジプト人を使っての支配でした。

間接統治が植民地支配の基本的法則ですから、そういった事例は無数にあります。
むしろ日本が朝鮮に行ったような直接統治の方が少ないはずです。

東南アジアを支配したイギリス・フランス・オランダは、華僑を通じて大多数の現地人を支配しました。(フィリピンを支配したスペインやアメリカも同じです)

メキシコを支配したスペインは、大西洋沿岸のトルティカ族を味方につけアスティカを支配しメキシコを造りました。
その後は、クリオージョ(中南米生まれのスペイン人)を通しての統治となります。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報