人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

100-30%を電卓で計算すると70になります。30%は0.3ですので答えは99.7になりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

とりあえず



  [2][0][0][-][3][0][%]

をやってみて、どうなったかを教えて欲しい。そうすればその電卓が

  (200-30)[%]

をやってるのか

  (200)×(100%-30%)

をやってるのかが区別できるだろう。
    • good
    • 0

その1) 日本語が間違っている。

だから皆さん混乱する。

>100-30%を電卓で計算すると70になります。
じゃ無くて、
 1 0 0 [-] 3 0 [%]と電卓で入力すると[70]と表示されると言う意味ですね。(翻訳しなくてはならない文章を書かないように)

 事務用の電卓は、何%引き、何%かけの計算が出来るようになっています。

>30%は0.3ですので答えは99.7になりませんか?
 これは、あなたの算数の理解の問題です。
 30%は、(基準となる数を1としたときに、1に対する)0.3という比の問題です。単位はありません。
 1 - 30(%) = 1 - (1×)0.3 = 0.7
です。
 100 - 30% = 100 - (100×)0.3 = 70
です。
    • good
    • 0

大前提の話をしましょう。

そもそも30%は0.3ではありません。%は何か基準があって、それにたいしてどれくらいあるかという考え方ですからあなたの言うことが成り立つ場合1が基準になっているのです。

ですからこの計算式はそもそも数学的に破綻しています。ただの数字から割合をひくことはできません。
これが計算機でできてしまうのはあくまでも計算機だからで、この計算機のなかでは数学的に計算できないために、100-30%の100を勝手に基準にとって計算したものと思われます。


なかなか性能の高い計算機なのではないですか?少なくとも99.7と単純にだす計算機でなくて安心ですね
    • good
    • 0

電卓のキー操作は、数学の式どおりとは限りません。


私の持ってる電卓(100均のやつ)なんて、
3ー2×5= が 5 になります。
(3ー2)×5 を計算している訳です。
100ー30% が 70 になるには、
その電卓なりの理由が、何かあるんでしょう。
それは、電卓の設計者の好みの問題ですから、
取扱い説明書をよく読むしか解決の方法がなく、
数学や算数の問題ではありません。
    • good
    • 0

SHARP EL-BM601では、70


CASIO JJ-20では、233.33333・・・

となりました。
    • good
    • 0

うちの電卓も


[1][0][0][-][3][0][%] と押すと表示が [70] となります。

が、これは 100-30% の計算結果ではなく、100-30 部分を表示しただけみたいだし、
更に[=]を押したら表示が[-30]という、100を無視したような表示になりました。
たぶん正しい使い方でないのでしょう。

この電卓で 100-30%を計算するには、
[CM][1][x][3][0][%][M+] で0.3をメモリに記憶させてから [1][0][0][-][RM][=] と押します。
または、前後を入れ替えて
[1][x][3][0][%][+/-][+][1][0][0][=] と押す方法もあります。

別の、カッコがある電卓だと
[1][0][0][-][(][3][0][%][)] で表示が[99.7]になりました。
    • good
    • 0

>(100)-(30%)なので”100の30%”という意味ではないですよ。



当然数学的にはそうですが、
100-0.3を計算したいよりも100の30%引きを計算したいときにこのように入力すれば
計算出来ますよ。ということだと思いますよ。

まぁ、100の30%引きなんてすぐに分かりますが、
実用上では、お店で30%引きと書いてあって1980円なんかの日には目も当てられませんから。
    • good
    • 0

 一般・商業用電卓ではそういう『仕様』のようですよ。

「%」キーを押したときに答えが出てくるためらしいです。

 100-30%→70(%)、100+30%→130(%)……加減算では%同士の計算とされる。
 100÷20%→500、100×20%→20……乗除算では20%は0.2とされる。

 その他、たとえば以下のように計算されるはずです。

 100+20×(この時点で120)10=→1200、100-20÷(この時点で80)10=→8
  ……加減算の後に乗除算があっても優先されず、演算キーを押すごとに計算結果が確定する。

 数式を記憶する関数電卓では、「=」キーを押すまでは計算結果が確定せず、加減算より乗除算が優先されるものがほとんどです。なお「%」キーは普通はないため、%表示でない数字を使う必要があります。
    • good
    • 0

No2です。



~注意~

これは電卓内部の演算機能の性能に左右されます。

専門の「数学自然表示関数電卓」なら99.7です。
    • good
    • 0

No.2です



100-30%ですが、詳しく言いますと、

(100)-(30%)なので”100の30%”という意味ではないですよ。

10の30%でもないし100の30%でもないです。

1の30%です。
(30%に何もかけてないので当たり前ですが…)

ですから、30%単体は0.3で合っています。

つまり、100から30%単体を引くので100-0.3で

答えは99.7になります。


普通に考えればおそらくお分かりになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q割引の計算の仕方を教えて下さい。

5980円の60%オフ、30%オフ、25%オフを電卓で出したいのですが、計算の仕方を教えて下さい。
分かりやすく教えていただけたら嬉しいです!!
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

まず100%=1なので
60% = 0.6
30% = 0.3
25% = 0.25
としてこれが割引かれる分ですから

実際の価格はそれぞれ1から引いた残りを掛ければ良いです。
5980*(1-0.6)=5980*0.4
5980*(1-0.3)=5980*0.7
5980*(1-0.25)=5980*0.75

ではでは。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q割引の計算方法

こんな質問しにくいのですが、よく分からなくなったので宜しくお願いします。
例えば1000円の商品が30%割引の計算と、3割引になったときの計算方法を教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

♯2の者です。

>元の値段が例えば1525円など中途半端な場合も、それを100%として計算することであっているでしょうか?
その通りです!

金額がどんな金額であろうとも、それを100%として考えてOKです。

>1525円から30%割引なら
>1525円×70%=  になるでしょうか?
1,525×70%=『1067.5』が支払う金額です。

割引とは、上記金額を例にしてご説明すると、
『1,525円から30%分だけ値引きしますよ』という意味です。
よって、1,525×30%=『457.5』が値引きをされる金額です。
これらから、支払う金額は、元値の1,525から30%分の457.5を引いて…
 1525-457.5=1067.5
『1067.5』が支払う金額となるのです。

ただ、これをしていると『割引される金額』・『支払う金額』と、
2回も計算しなくてはならなく面倒ですよね?

よって、割引される30%を算出するのではなく、
支払う70%を元値(1,525)に掛けることで、1回の計算で算出できることになります。

ちょっと、説明が長くなりましたが、分かりますでしょうか?
お役にたてば・・・

♯2の者です。

>元の値段が例えば1525円など中途半端な場合も、それを100%として計算することであっているでしょうか?
その通りです!

金額がどんな金額であろうとも、それを100%として考えてOKです。

>1525円から30%割引なら
>1525円×70%=  になるでしょうか?
1,525×70%=『1067.5』が支払う金額です。

割引とは、上記金額を例にしてご説明すると、
『1,525円から30%分だけ値引きしますよ』という意味です。
よって、1,525×30%=『457.5』が値引きをされる金額です...続きを読む

Q3割の計算

20110円の3割の計算は
20110×0.3=6033
これでいいのでしょうか?
それとも更に20110-6033=14077でしょうか?
20110×0.7だと違うのですか?

Aベストアンサー

>20110円の3割の計算は
>20110×0.3=6033
>これでいいのでしょうか?

正解です。

>それとも更に20110-6033=14077でしょうか?
>20110×0.7だと違うのですか?

こりらは「3割引き」の計算になります。
20110-6033=14077 と 20110×0.7 は同じ結果です。

Q電卓で3割引とかの計算の仕方

3割引とかを電卓で計算するときはどうやってすればいいのでしょうか?
26800円の3割引の計算をしたいのですが、やり方がわからずに困っています。

Aベストアンサー

1、0.7を掛ける。3割引、ということは元の値段の7割、ということですよね。
 268,000×0.7=

2、0.3を掛けた答えを、元の数字から引く。
 268,000-(268,000×0.7)=
メモリ機能(”M+”とか)がある電卓なら、0.7を書ける計算の答えをメモリにいれ(M+キーを使う)、引き算を行うときにMR(メモリ内容を戻す)キーを使うことで一時的に計算結果を覚えさせることができます。


人気Q&Aランキング