[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

初心者です。
JBL4344のスピーカーコードの接続方法について、です。
スピーカー後面の画像を添付しました。
購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。
最近、ネット上でバイワイヤリング接続を知りました。自分でも試してみようと思い、調べてみましたが、JBL4344での接続方法が見つかりません。しかし、それらを参考にして考えたものが正しいのか分かりません。アンプのスピーカー出力は一系統です。
以下は考えたものです。
1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切  り替える。
3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通のス  ピーカーコードで接続する。
これでよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

「JBL4344のスピーカーコードの接続方」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

jeephd さまおじゃまします。



>購入したオーディオショップの人から、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERに合わせ、2段あるコード差し込み口の下段に普通の2本のスピーカーコードを接続すればよい、と教えて頂きました。この方法でも普通に聞こえるのでしょうか。

そうです、その方法で聞くことができます。

1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切り替える。
3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通の
   スピーカーコードで接続する。
これでよいのでしょうか。

NGです。そのまま大きな入力を入れるとミッドバスのコイルが焼き切れる可能性もあります。
理由は、バイワイヤリング接続には対応していないスピーカーシステムだからです。

もし、EXTERNAL CROSSOVERに切り替え、外部のクロスオーバを使いたいなら、
他の回答者様が提案しているように、チャンネルデバイダとパワーアンプ(ステレオ)2台が
必要です。すなわちバイアンプ接続になります。

もしくはパワーアンプ(ステレオ)1台の場合、外部ネットワオークを導入しなければなりませんが、
高音側には内部ネットワークがすでに組み込まれているので、290Hzや320Hzの
分割設定は難しいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
初心者の私には、簡潔で分かりやすいものでした。

お礼日時:2013/07/28 20:26

再び iBook-2001 です♪



補足を頂き、ありがとう御座います。

バイワイヤで接続する場合は、下側端子が低域側(ウーファーのみ)となり、上側端子が中高域側(ミッドバス、ミッドハイ、ハイ)の入力と成ります。

が、しかし、、、、、

nijjin様もおっしゃる通り、過渡期のチョット特異な機種で、マイナーチェンジで変わった部分も有ったりと、私が混乱してしまい、前回の回答、ー撤回ー


まずは、資料を集めてみた一部
http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4344.html
http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4344mkii.html

mk2になって、はじめてバイワイヤリングに対応です、初代の4344はバイワイヤリング接続出来ません。
個人的にいじった事が有るのは4343Bだったりします、混乱し、間違った情報、誠に申し訳有りません。

と言う事で、バイアンプの具体例を探して来ましたので、眺めてみて下さい。
http://3rd.geocities.jp/yosikotue/newpage78.htm
こちらは改造しまくり。。。(^o^ ;;
http://flashdaiyo.exblog.jp/2491757/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2013/07/28 20:19

製品は良く知りませんが、EXTERNAL CROSSOVER (外部クロスオーバー(使用))という表記から、こちらを用いる場合は、チャンネルデバイダーなどで周波数を分けたものを使用したほうが良いでしょう。


もしツィーター側に下を切っていない信号を入力し、スピーカーのネットワークを通らない仕様になっていたら、ツィーターが壊れます。


ついでに、EXTERNAL CROSSOVER を用いるときは、下のスイッチをEXTERNAL CROSSOVER側にして、上2つと下つのスピーカー端子を別々に繋ぎます。下(LOW FREQUENCY)に低音の、上(HIGH FREQUENCY)に高音の信号を送ります。クロスオーバー周波数は300Hzです。
再度書きますが、上の端子にローカットしていない音楽信号を入力すると、スピーカーのツィーターが壊れる可能性があります。注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2013/07/28 20:21

EXTERNAL CROSSOVERに切替てチャンネルデバイダーとパワーアンプ2台を用意します。


チャンネルデバイダーは2ウエイ用でいいでしょう。
INTERNAL CROSSOVERはスピーカーに内蔵されているネットワーク回路で組まれたクロスオーバーで
EXTERNAL CROSSOVERはスピーカー内臓のネットワーク回路を切り離し外部のネットワーク回路・チャンネルデバイダーを使用し低域と高域に分けてならせるようにするするという形になります。
今のマルチアンプやバイワイヤリングというものがまだ確立されて無い時代なので少し違った形になってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
回路について知ることができました。
余裕ができたら、機器を購入し試してみたいと思います。

お礼日時:2013/07/28 15:43

はじめまして♪



お店の方のご指導の通りに取り扱ってください。

4343までは、バイアンプ駆動という方法ができる設計でしたが、4344は内臓ネットワークを必ず通過する仕様に成ったのですが、スイッチ表記はちょちょ何かを引きずっていますねぇ。

一応、バイワイヤリングでの利用も可能で、その時にスイッチを切り替えます。

本来は、低域のアンプと、高域のアンプという形で、パワーアンプを2台使うような方法が想定されていたはずです。

その場合は、スピーカー側で周波数分割するため、それぞれのアンプで行き場がなくなる周波数帯域が出てしまいます。
そのためには、チャンネルデバイダーできちんと帯域分割した信号をパワーアンプへ送るか、簡易なパッシブ回路で制限した信号に分ける、という手法を必要とします。

素直にバイワイヤリングと言えば、表記も含めてわかり易いのですが、おそらく、この製品を開発している時代には、バイワイヤリングが一般に認知されていなかったのかもしれませんネ。

近年の製品ですと、ショートバーやショートワイヤーなどで上下端子を連結したり分離したりしますが、単に内側の配線でスイッチによる切り替えになって居ると考えてください。

バイアンプはかなりコストも手間もかかります、バイワイヤリングならケーブルの追加だけ。

興味があるなら試して見て、その音が気に入ればそれも良し、気に入らなければ元に戻すだけですね。

この回答への補足

ありがとうございます。
「一応、バイワイヤリングでの利用も可能で、その時にスイッチを切り替えます。
 バイワイヤリングならケーブルの追加だけ。」とありますが、
その場合は、
私が質問で書いた
「1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切り替える。
3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通のスピーカーコードで接続する。」

この方法でよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

補足日時:2013/07/28 15:36
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2013/07/28 20:28

アンプのパワーがあり過ぎれば、上側、、、アンプのパワーが足りていれば、した側で良いのでは。

この回答への補足

ありがとうございます。

このような解釈でよいのでしょうか。
私が書いた、
「以下は考えたものです。
 1、現在、2段あるコード差し込み口の下段にコードを接続、をそのままにし、
 2、一番下にあるスイッチをINTERNAL CROSSOVERからEXTERNAL CROSSOVERに切り替える。
 3、2段あるコード差し込み口の上段黒、赤と下段黒、赤をそれぞれ同色どうしを普通のスピーカーコード   で接続する。
   これでよいのでしょうか。」

この場合で、アンプにパワーがあり過ぎれば上側にコードを接続する、足りていれば下側ということでしょうか。
よろしくお願いします。

補足日時:2013/07/28 15:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2013/07/28 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJBL 4343って音悪くないですか?

良く遊びにいくお店に、JBL 4343が置いてあったので、
買うお金がないですが、聴かせてもらいました。
4343は今まで何回もお目にかかっていますが、
聴いたことがありませんでした。

古いアキュフェーズのモノラルパワーアンプとプリアンプと
DENONのCDプレーヤーで現代の録音のジャズを聴かせてくれました。

聴いた感想は「ひどい音」だと思いました。
これが昔、ものすごく売れたとは信じられないです。
お客さんの中には褒めている人もいましたが・・・。

正直、4343って音悪くないですか?
それとも私がきいたものがたまたま音が悪かったのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと頑張ったようです。

潜在能力は高く、その鱗片は時々出て来るのですが、どうしても納得出来る総合バランス、こういう鳴らし込みはとても難しいらしく、当時のオーディオ紙の中でも、キチンと鳴らし込まれている4343系はほんのわずかしか無いだろう、という意見が一般的でした。

全体的にはデカイスピーカーですが、ミッドバスのバックチャンバー(エンクロージャー)が存在するため、実質的にはウーファーもミッドバスもギリギリの小容量で使われている、というのが実情です。
そして、中学時代に4343Bの調整に立ち会い(いや、動かすのが大変だから、手伝わされた? 笑)、やはりミッドバス帯域の室内音響との関わり、このあたりの処理がほんとに難しいのではないか?と感じたのを思い出します。

完璧に鳴らし込めないまでも、せめてそれなりのバランスが得られる状況なら、大抵の人は満足できる音が得られるのでしょうけれど、わずかに失敗していると、各ユニットがそれぞれ主張し合い、バラバラに音が出ていて音楽的に楽しめる状況じゃない、なんて事もあるでしょう。

それから、製品自体がかなり古い時代の物ですので、はたして販売当時の性能が出せているか?という基本的な疑問はあり得ますね。

JBLは定期的な振動板交換を推薦しています、このためあえて耐久性が低い「発泡ウレタンエッジ」を採用しているのです。(振動板を見ても劣化したのが判りにくい、エッジが朽ちれば交換するしか無いのですね。)

コンシューマー用製品ならエッジの張り替え、でも良いのですが、モニターシリーズやPA/SRなどに使うプロフェッショナルシリーズのユニットは、長く使うにはそれなりのメンテナンス費用を。

なお、4343シリーズ、4350シリーズなどの大型モニター系は、基本的に日本では大ヒット商品でしたが、欧米では「まともな音」を得るのが難しく、扱いにくいスピーカーとして敬遠されたようです。
(と、言うか、一般的にはコンシューマー向けモデルの方が好評だったようです。)

さらに、43**シリーズ、モニタースピーカーとされていますが、現実的なレコーディングスタジオ等で実際にモニター用に採用されたケースは非常に少ない。トークバックなどの返しモニター等には天釣りを考慮した4311/4312系はかなり多用されたようです。

たまたま聞いた音を「ひどい音」だと感じたのは、おそらく音の本質を感じ取っていると思われます。
(まぁ、儀礼上で、その音を好む人の前では、言えませんけれどね。)

経年劣化の結果なのか、セッティング(チューニング)の未熟さなのかは文章だけでは判断出来ませんが、おそらく両方とも影響しているんじゃないか?って想像します。

とても苦労して、存分に鳴らし込めた人には、他のスピーカーでは得られない、至福のサウンドが体験出来るそうです。そういう4343系の音、一度は体験してみたいですね♪

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと...続きを読む

QJBLのスピーカーは逆??

こんにちわ

ホームオーディオ初心者なので、教えて下さい。

昨日、知人がオーディオショップに行き、変な事を言ってました。
お店の人が、JBLのスピーカーは特殊ですべて逆になってると、
言ってたそうなんですが?
聞き間違いかもしれませんが?そうすると自分が使用している
スピーカーは古いJBLの物なのですが、赤色に+を接続してます。
これは、間違いですか???
お店の人が言ってる意味が違うのか?良く分かりません。
その方は、私の事をスピーカーコードが逆につけてる可能性があります
って言ってたそうです。

赤色に+接続はまちがいですか?

Aベストアンサー

追加。「JBLのスピーカーが逆になっている」の意味

スピーカーは「コイル」と「磁石」と「コーン」で出来ています。

コイルに電気を流すと、コイルが電磁石になり、磁力によってコーンが動きます。

この時、電気を流す方向(黒から赤に流すか、赤から黒に流すか)により、コーンが前に動くか後に動くか決まります。

電気を、黒から赤に流して、直後に、赤から黒に流す、というのを繰り返すと、コーンが前後に振動する事になります。

そのコーンの前後の振動が空気を震わせ、音となって聞こえます。

この時「普通のスピーカーでコーンを前に動く向きで電気を流すとJBLのスピーカーはコーンが後に動き、後ろに動く向きで電気を流すとJBLのスピーカーはコーンが前に動く」と言う風になっているのです。

言い方を変えると「JBLのスピーカーは、端子の赤と黒が、普通のスピーカーと逆になってる」と言う事です。

普通、右と左で違うメーカーのスピーカーを繋ぐ事は無いので、左右で同じ配線にしておけば他は気にしなくてもOKです。

但し、5.1chを組んで「リアがJBL、フロントが他メーカー」とか「リアが他メーカー、フロントがJBL」とかだと、リアとフロントで位相逆転してしまう為にちゃんとしたサラウンド(立体音響)にならない場合があるので注意が必要です。

追加。「JBLのスピーカーが逆になっている」の意味

スピーカーは「コイル」と「磁石」と「コーン」で出来ています。

コイルに電気を流すと、コイルが電磁石になり、磁力によってコーンが動きます。

この時、電気を流す方向(黒から赤に流すか、赤から黒に流すか)により、コーンが前に動くか後に動くか決まります。

電気を、黒から赤に流して、直後に、赤から黒に流す、というのを繰り返すと、コーンが前後に振動する事になります。

そのコーンの前後の振動が空気を震わせ、音となって聞こえま...続きを読む

Q信頼性の高いお勧めのチャンネルデバイダー教えてください

JBL4344をマルチアンプで駆動させようと考えています。その際に必要なチャンネルデバイダーですが、信頼性のある、(実績のある)、初心者でも使いやすいチャンネルデバイダーをご存知の方、メーカ、型式などご教示ください。BEHRINGER CX2310 Super-X Proを候補に上げましたが、信頼性の面でいまひとつという評判を聞きました。

Aベストアンサー

チャンネルディバイダーを造っているメーカーが少ないですね。
かつてはソニーTA-4300Fが王道でしたけど、その後はアキュフェーズにその座を譲った感。
http://audio-heritage.jp/ACCUPHASE/etc/f-15l.html
これの中古を探すのがいいと思います。
BEHRINGER CX2310 Super-X Proはレベルが低すぎ。
誰かが書いていたけど、三ツ星レストランにユニクロの服を着て行くようなもの。
2wayマルチ駆動ですから、4344を鳴らしこなすにはパワーアンプ(ステレオで)は一台当たりスピーカーをほぼ同額のハイエンド機が必要。
LOW用は最低でも300W、クロスオーバー周波数は確か250Hzだったと思うが、High用でも200W以上は要る。
中古のディバイダー&パワーアンプ2台でざっと80~100万円は要ると思う。

QJBL4344と真空管アンプの相性

JBL4344はマッキントッシュやマークレビンソンのハイパワーのデジタルアンプでないと、その真価を発揮しないと良く効きますが、果たしてそうでしょうか?当方、LUXMAN 38FDMkII(プッシュプル)と300Bシングル2台の計3台の真空管アンプでTANNOYを鳴らしていました。ソースはアナログ録音のクラッシックが中心でジャズもTANNOYで聞いていました。従来、YAMAHAやSUNSUIのデジタルを使用していましたが、真空管に切り替えて、その音質のかもし出す、柔らかさ、空気、臨場感、繊細さなどとても気に入っています。デジタルアンプには無い、暖かさ、優雅さを感じました。真空管アンプをそのままにスピーカをJBL4344に切り替え、あらゆるソースを聞きたいと思い、JBLを購入しました。果たしてその結果は?いまだ、自分でも消化不良のようで、評価できていません。いまさら確認するのもなんですが、JBL4344と真空管アンプの相性についてご意見を伺いたく、お願いします。また、4344でなくてもJBLを真空管アンプで聞いていらっしゃる方、ご意見をください。ソースもクラッシックというところでご意見を。ジャズやPOP系はそこそこかと思っておりますので。

JBL4344はマッキントッシュやマークレビンソンのハイパワーのデジタルアンプでないと、その真価を発揮しないと良く効きますが、果たしてそうでしょうか?当方、LUXMAN 38FDMkII(プッシュプル)と300Bシングル2台の計3台の真空管アンプでTANNOYを鳴らしていました。ソースはアナログ録音のクラッシックが中心でジャズもTANNOYで聞いていました。従来、YAMAHAやSUNSUIのデジタルを使用していましたが、真空管に切り替えて、その音質のかもし出す、柔らかさ、空気、臨場感、繊細さなどとても気に入っています。デジ...続きを読む

Aベストアンサー

やっと、物差しが合う様な方と逢えたような感じがしています。
私は現在、オール真空管アンプに、ジムランのスピーカーで鳴らしています。 ただし、7~8割方ジャズですが、たまにはクラッシックを聞いています。
ジムランのスピーカーを使用し約40年位い経っていますが、今でもジムラン一辺倒です。 なぜか、独特の前に出る独特の音が忘れず、頑張っている状態です。
アンプもマルチチャンネル駆動で、中高域は845シングルのトランスドライブで、低域は300Bプッシュプルのトランスドライブ、チャンネルアンプ、コントロールアンプも真空管でトランス出力です。
スピーカーは全部ジムラン(JBL)で、低域に2220Bダブルスプリットダクトに、2450J2インチホーンインチバー、高域に2405ホーンツィターを使用し、クロスは500hzで使用しています。
マルチアンプ駆動は、スピーカーとアンプの間にネットワーク(コイル、コンデンサー)が入らない事による、音質の安定や鮮度の良さが一番だと感じています。
スピーカーの効率は、2220Bは100db 2450jや2450は110db程度ありますので、アンプの能力は十分です。 ダイナミックレンジが広く、クラッシックでも十分満足しています。
真空管アンプの音は良いですね、特に、直熱管のトランスドライブの音質は、何とも言えない音です。(真空管アンプを否定するマニアは、直熱管のトランスドライブの音を聞いて判断しているのでしょうかね?)
今まで何人か試聴に来た人がいますが、ほとんどの人が綺麗な繊細な音で腰のあるしっかりした音がしますね・・が第一声です。

やっと、物差しが合う様な方と逢えたような感じがしています。
私は現在、オール真空管アンプに、ジムランのスピーカーで鳴らしています。 ただし、7~8割方ジャズですが、たまにはクラッシックを聞いています。
ジムランのスピーカーを使用し約40年位い経っていますが、今でもジムラン一辺倒です。 なぜか、独特の前に出る独特の音が忘れず、頑張っている状態です。
アンプもマルチチャンネル駆動で、中高域は845シングルのトランスドライブで、低域は300Bプッシュプルのトランスドライブ、チャンネ...続きを読む

Q古いJBLに相性の良い手頃なアンプを教えてください

オーディオど素人ですが、少しだけ余裕ができたので憧れのJBLスピーカーとアンプを検討しています。
スピーカーの候補は中古品の4311、4312、L88 NOVA辺りを(ミニ版は直接聞いた事ないので今の所候補には入れていませんが、もし実力があるなら考えようと思います)アンプはCEC AMP3000R-S辺りが形、値段共に丁度良さそうなので取りあえずそれが良いかと思っていたのですが、相性が気になってきました。
素人的あいまいなご質問ですが、JBLに合う手頃(5万前後)でお勧めのアンプが御座いましたら教えてください。
因みに普段聞くジャンルはジャズ、ロックとテクノです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆   でもコレも経験ですから(素人さんですからネ)、仕方がありませんね。  

AMP3000Rは、CPの優れたアンプの様です。(聴いた事がありませんが、巷ではそう言われています)  

低域の再現性に長けているモノとしては、DENONの2000番シリーズが良いでしょうね。(長けていると言うか、過多過ぎるとも言える。セッティングを工夫する必要大・締りが無い!) 予算に余裕が有れば、同じくDENONのS10シリーズで。  中古なら安く手に入るでしょう。 艶を出したければ、「マッキン」なんて言うのもあります。  (^_-)-☆

古いスピーカーの場合には「傷み」も心配ですが、現在に輸入元であるハーマンインターナショナルでは、アフターも完璧です。 購入価格と同じ位になる事もありますが、修理は可能ですので御心配なく!

 http://www.harman-japan.co.jp/support/index.html

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆...続きを読む

QJBL4343とアルテック620A

あなたならJBL4343とアルテック620Aの、どちらを選びますか?



聞く音楽はjazz、クラシック、ポピュラー、わりと幅広いのですが・・・

部屋は10畳、洋間です。

Aベストアンサー

永らくオーディオ専門店に勤務しておりましたので、その経験から参考になればと思いお話し申し上げます。オーディオにおけるスピーカー選びは本当に難しいですし、楽しいです。ただ選定の基準がいくつかあると思います・・・(1)アンプの出力やグレードはどの程度でしょうか?今のシステムと今後の発展の可能性は考慮すべきです。どちらのスピーカーも比較的能率は高いのですが、38cmウーハーを制御できるアンプの性能が必要です。国内メーカーのSPと比べると音の出方は元気なので質の良いアンプが必要です。(2)お部屋は洋間とのことですが、壁や窓や床の材質はどうでしょうか?これだけの大型SPともなると音量も相当な音量で無いと勿体ないと思いますが、耐えられますか?柔な新建材(死語)では色々な振動に後々悩まされます。どちらのSPでも同様です。(3)お好きな音楽ジャンルの話が出ておりますが、原音再生を基準に考えれば良いものは良いはずなのですが、SPにも個性がありまして、620Aはやはりボーカル中心や小編成のJAZZには人気がありますが、大編成のJAZZやクラシックにはやや不向きでしょうか、4343は再生帯域も広くHIFI感が十分にありますが、それ故に鳴らしきるのが難しいと言われます。部屋が広くなればなるほど難しさは幾分減少しますが。(4)どちらもすでに生産完了の商品ですので、検討される現物のパフォーマンスレベルが実は一番重要かも知れません。色々なサイトにも出てますが、マグネットの種類、外箱の乾燥度合い、SPユニット内部のメンテナンス状況、604系の同軸ユニットの内部断線修復状況、4343の場合は特にSPユニットのエッジ交換状況、最後にネットワーク内部の特にコンデンサーの容量抜け状況等はご確認が必要と思います。中には30年以上もまったく手が入れられてない物もありますのでご注意を。最後に、どちらを買われても良いとおもいますが、後々セッティングで苦労されるのは間違いないところです。まあ、それもオーディオの楽しみなんでしょうけども・・・。

永らくオーディオ専門店に勤務しておりましたので、その経験から参考になればと思いお話し申し上げます。オーディオにおけるスピーカー選びは本当に難しいですし、楽しいです。ただ選定の基準がいくつかあると思います・・・(1)アンプの出力やグレードはどの程度でしょうか?今のシステムと今後の発展の可能性は考慮すべきです。どちらのスピーカーも比較的能率は高いのですが、38cmウーハーを制御できるアンプの性能が必要です。国内メーカーのSPと比べると音の出方は元気なので質の良いアンプが必要です。...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

QJBL4344の修理

先日久し振りにグリルを外してチェックすると見事にウーファー、ミッドローのエッジがボロボロになっていました。
代理店に修理を依頼しましたが、翌日連絡がありミッドローのボイスコイルが二つとも周辺に当っているのでこれも修理の必要があるとのこと。
もし原因が腐食となればミッドハイもトーウィータも疑われます。

全てのユニットを点検してもらった方がいいのでしょうか?

このSPはもう21年経過しています。部屋はフツーの12畳で普段加湿も除湿もしていません。

アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

代理店に、、??

JBLの場合、基本的に振動系をそっくり交換するはずですので、磁気回路内に錆び等でしたら、ユニット入れ替え購入を指示されるはず、、、


プロ現場でも使える製品ですから、経費的には大きいけれど、完全な状態にするのがプロ機器のメンテナンス常識です。

一応、プロ機器の流通では、自己責任で振動系の入れ替えパーツは流通してます。
専門知識と技量と自己責任で振動系を交換すると言う前提です。

まさか、そんなパーツを入手したちょっと経験者へ修理以来してませんか??

たしかに、ウレタンエッジが見た目でもワカル最初の症状です。

自動車ならタイヤの摩耗でしょうかね。

当然、20年以上ですから、あちこちチェックして、消耗部分はすべて入れ替えが本来のメンテナンスでしょう。

まぁ、私はスピーカー工作が小学生の頃から趣味の一つで、たくさん壊しても来ましたので、エッジの張り替えなら自分で行いますよ。

練習用にジャンクスピーカーで数回エッジ張り替えをすれば、普通の工作好きレベルでもエッジ交換は可能です。

でも、経年劣化を考えますと、エッジだけじゃなくて、ダンパーや振動板自体も交換してもらった方がよさそうですね。

高価な経費をかけても、その意味が有る製品ですし。

はじめまして♪

代理店に、、??

JBLの場合、基本的に振動系をそっくり交換するはずですので、磁気回路内に錆び等でしたら、ユニット入れ替え購入を指示されるはず、、、


プロ現場でも使える製品ですから、経費的には大きいけれど、完全な状態にするのがプロ機器のメンテナンス常識です。

一応、プロ機器の流通では、自己責任で振動系の入れ替えパーツは流通してます。
専門知識と技量と自己責任で振動系を交換すると言う前提です。

まさか、そんなパーツを入手したちょっと経験者へ修理以来してませんか?...続きを読む

Qバイアンプ・バイワイアーって?

過去のQ&Aも拝見しましたが、
今ひとつはっきりしません。

簡単に云うと、
バイアンプとは=「一個のスピーカーに、
高音部と低音部それぞれに、別のアンプ出力を与える。」

この場合、デバイダーはどこにあるのか(どこに入れるのか)?。

どなたかが、バイワイアーに対してのお応えに、
「アンプの出力A+BでA=高域、B=低域と接続」と
応えておられましたが。
この場合スピーカー側の端子それぞれにフィルターが、
備えられているのでしょうか?

無知な者の質問で申し訳有りません。

Aベストアンサー

はじめましてmondayと申します

> バイアンプとは=「一個のスピーカーに、
  高音部と低音部それぞれに、別のアンプ出力を与える。」

これをすると、壊れます(^^;
バイアンプは、低音(ウーファー)と高音(ツィーター)のスピーカーをそれぞれ別のアンプで鳴らすやり方です。

> デバイダーはどこにあるのか(どこに入れるのか)

デバイダーはアンプの前に置き(ミキサーの後)低音をアンプの入力Aに、
                      高音をアンプの入力Bに入れます

出力Aをウーファーに、 出力Bをツィーターにつなぎます


スピーカーにネットワークが組み込まれていれば、デバイダーは、要りません。
そのまま、アンプとスピーカーをつなぎましょう(ネットワークが組み込まれたスピーカには、必ず、丸いつまみ「フィルター」がついています。)

どのようなスピーカをお使いかわからないのですが、基本的に
ひとつのスピーカーの入力端子には、ひとつのアンプを使うと考えてください。
言葉が足りないかもしれません。わからなかったら、質問してください

はじめましてmondayと申します

> バイアンプとは=「一個のスピーカーに、
  高音部と低音部それぞれに、別のアンプ出力を与える。」

これをすると、壊れます(^^;
バイアンプは、低音(ウーファー)と高音(ツィーター)のスピーカーをそれぞれ別のアンプで鳴らすやり方です。

> デバイダーはどこにあるのか(どこに入れるのか)

デバイダーはアンプの前に置き(ミキサーの後)低音をアンプの入力Aに、
                      高音をアンプの入力Bに入れます

...続きを読む

QJBL4344のスピーカーターミナル端子交換

JBL4344のスピーカーターミナル端子を最新のバナナプラグ対応のものに交換しようと考えています。ところが4344は裏面のバッフルからターミナル端子を交換できそうもありません。どなたか、手順などわかりましたら、ご教示ください。尚、スピーカ端子は先行して購入しました。取り付け穴9mm(スペーサー使用時11mm)
最大取り付けパネル厚み:16mm
です。問題ないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウーハーを外して、箱の内側から端子板を(ネットワークごと)外すみたいですね。↓
http://blog.jbl43.com/?eid=465602

こちらもちょっとだけ参考になるかも。↓
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s171471180?u=kslab21

なお私自身は4344とは全く縁がないので、詳細なことは分かりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング