個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

先ほどの質問ですが離婚をして250万稼いでいたら母子家庭手当はもらえないのですか?
扶養控除とどういう関係になるのですか?離婚したら扶養控除は外されるはずですが・・・
養育費はもらいますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

養育費貰って居たら満額は無理な金額です。


他の方の回答で、養育費の有無を問われなかったと言われてますが、問われます。
貰ってて申告しないのは不正受給です。

年収の250万は税込でしょうか?
源泉徴収票を見てください。「給与所得控除後の金額」というのがあると思います。
そこを参照して、シュミレーションに当てはめてください。
年収の250万が、「給与所得控除後の金額」というなら、最初の質問の回答のように、養育費と合わせてゼロになるかもしれませんが、250万が税引前なら養育費の金額次第ですが、一部貰えると思います。
おおよそですが、養育費が月3万ぐらいなら、月25000円ぐらいは出るのではないかな。

参考までに。
私は年収300万弱で(税引き前)で養育費ナシで、15000円ぐらい貰える計算になります。
ですが、私は両親と同居しており、両親に収入がありますので、支給の対象外です。
世帯分離しててもダメです。
※両親の収入によっては貰える場合もあります。
合算ではなく、一人一人児童扶養手当の支給要件にあてはまるか計算します。


ひとり親家庭の支援については、各区市町村自治体によって異なる場合もありますが、
母子手当(児童扶養手当)については、全国共通です。
貰えたと言う人は、何か申告が抜けているのです。

ちなみに私の住んでる区市町村では、児童扶養手当の支給要件に当てはまる人は、医療費が母子ともに無料になります。
    • good
    • 0

17年前に離婚して、シングルマザーだったものです。

(今は再婚しています)

当時、どういう手続きをしたかよく覚えていませんが、私の市では、年収250万で、児童扶養手当月に41000円位、児童手当月に5000円、医療費は親子とも無料でした。
養育費をもらっているか、いないかを問われることはありませんでした。(養育費ももらっていました)
養育費は税金の対象にならない、とその時は聞きました。
ですので、あくまでも、私の年収から計算されました。

随分前の話しですし、地域によって違いがあるのか、法の改正があったのか、よく分かりませんが、
私の時は、全部の手当てを受けられましたよ。

一番は役所に聞いたほうが確実だと思いますが。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収250万だといくら所得税がかかりますか?

年収250万だといくら所得税がかかりますか?

Aベストアンサー

税金 (所得税・住民税) は「収入」では決まりません。
税金算定のスタートラインになるのは「所得」です。

[所得] - [所得控除の合計] = [課税所得]
[課税所得] × [税率] = [所得税]

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

あなたのいう「年収」が「給与」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
を意味するなら、「所得」に換算すると 157万円。

「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
は個々人によって該当するものが異なりますが、特になければ「基礎控除」38万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1199.htm
だけですので

・所得税 ( 157 - 38 )万 × 5% = 78,500 円
・復興特別所得税 78,500 × 2.1% = 1,600円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

となります。
サラリーマンなら健保、年金、雇用保険が給与から天引きされているでしょうが、これらは「社会保険料控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
となりますから、実際の納税額は上記試算より少なくなるでしょう。
ほかにも「所得控除」に該当するものがないか、良く探して申告することが節税の第一歩です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

税金 (所得税・住民税) は「収入」では決まりません。
税金算定のスタートラインになるのは「所得」です。

[所得] - [所得控除の合計] = [課税所得]
[課税所得] × [税率] = [所得税]

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

あなたのいう「年...続きを読む


人気Q&Aランキング