マンガでよめる痔のこと・薬のこと

40台 主婦です。

医療関係のかた アドバイスいただけたら幸いです。

私は小さなころから 右足が短く、ただ治療するほどでもなく普通に生きてきました。

左右差は2センチほどです。

整形外科に行き、「本当に長さが違う」と言われたので、見かけの脚長差ではないようです。

そのため 立つと骨盤が右に傾斜します。

これは重みで傾斜しているのだと言われたのですが
私の場合、寝て重みを排除しても 骨盤はまだ傾いたままなのです。

これは股関節や骨盤がひしゃげていたりするのでしょうか。

ちなみに外反ぼし で短い足がねじれています。
これが何か関係ありますか?

よくわからなくて困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

脊柱側弯症などの病気がなく、


左右の足の長さが違うだけの問題ならば、
オーダーメイドの靴を作ってください。
つまり、短い方の足に「2cm」分、高くするのです。

家の中で生活するときも、それは手放せませんが、
短い方の足に2cmのかかとのあるスリッパをはく
という方法もあります。

足の長さが違うだけが問題ならば、
これだけで、劇的に良くなります。

40歳代といえば、まだまだ、若いですが、
ぎりぎりの年代でもあります。
今、正しい姿勢にしておかないと、これからが厳しいですよ。
    • good
    • 0

整形外科で脚長差の原因は調べなかったのですか?




脚長者の原因は以下のようなものが考えられます。

・脊柱側弯
・骨盤の異常
・股関節の異常
・膝関節の異常
・足関節の異常
・骨折やポリオの後遺症

などです。上記にあげた項目はさらに各々そうなる原因があります。整体やカイロプラクティックなど無資格者は骨盤と決めつけることが多いですが、実はそんなに簡単なことではありません。問診、触診、レントゲンと細かく丁寧見ていく必要があります。

まずは脚長差の原因から調べなくてはなりません。レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
レントゲンを撮影したのですが「外反足たから」と言われただけでした。

自分でも外反足について調べてみたのですが よくわからなくて。

股関節との関係もよくわからなくて困りました。

お礼日時:2013/07/28 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング