ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

安めで(6万円前後)オシャレなオーダースーツを作れるお店はありますか?

30代の旦那のオーダースーツを作りにいこうと思っています。

オーダースーツというと、敷居が高くかっちりとしたイメージですが、
少し遊び心のある?オシャレなスーツが作れるところはありますか?

A 回答 (2件)

僕は断然「Global style」をお奨めします。



http://www.global-style.jp/


半年くらい前に知ったブランドなのですが、5万で2着作れます!

オシャレ・安さといったら、まさにここじゃないでしょうか~
僕は銀座店に二度いってます。確か新宿あたりにも店があったと思います。

安さのわりに仕上がりはきれいですよ~
まだあまり知られてないようなので、自分だけの隠れ店?のようで気分いいですし(笑)

あとは旦那さんのセンス次第ですね!

参考URL:http://www.global-style.jp/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

素敵なお店ですね!

少し派手な生地もありそうですし、オシャレな雰囲気ですね。
セットで5万円もかなり助かりますし。

新宿に近いのですが、銀座本店に行ってみようと思います。
ありがとうございました!!

お礼日時:2013/08/01 01:13

http://www.azabutailor.com
遊び心はどうかわかりませんが。
最近はデパートなどでもイージーオーダーなら、だいぶ安くなっています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
このお店は旦那も行ったことがあるようで、
品のある有名店だそうですね。

お礼日時:2013/08/01 01:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q採寸縫製のよいオーダースーツ(10~15万円)ならどこがオススメですか?

最近、オーダースーツ(といってもパターンオーダー)にこり始めたのですが、生地は私のような素人でもみればどこがいいとかなんとなくわかるのですが(ブランド名とかで)、縫製や採寸はどこがいいか今ひとつわかりません。
今までスーツを作った中で一番気に入っているものはメンズファッションでは独り勝ちしている新宿の百貨店で作ったものなのですが、他の客が多すぎるせいか、接客が不親切、採寸のサイズが明らかにオーバーサイズであった、百貨店であるので生地の値段が高めといったことが気にかかるところです。
最近、よく使うところは麻布テーラーというところですが、こちらは比較的値段もリーズナブルで5-7万円くらいのスーツを作るにはいいのですが、縫製という意味では前述の百貨店と比べると、ミシンの縫い目などがちょっと曲がっている気がします。あと袖の内側などが前述の百貨店のほうが高級感があるような気がします。
今回、夏物の一張羅が欲しいと思い、予算10万円~15万円くらいで考えているのですが、生地以外の要素として縫製や採寸のことも考えた場合、オススメのお店などがあれば教えてください。
また、採寸や縫製でチェックすべき点があれば教えてください。
よろしくお願いします。

最近、オーダースーツ(といってもパターンオーダー)にこり始めたのですが、生地は私のような素人でもみればどこがいいとかなんとなくわかるのですが(ブランド名とかで)、縫製や採寸はどこがいいか今ひとつわかりません。
今までスーツを作った中で一番気に入っているものはメンズファッションでは独り勝ちしている新宿の百貨店で作ったものなのですが、他の客が多すぎるせいか、接客が不親切、採寸のサイズが明らかにオーバーサイズであった、百貨店であるので生地の値段が高めといったことが気にかかるとこ...続きを読む

Aベストアンサー

  ニューヨークから失礼します。
ただミシン目がきれいな服を縫製がいいというのは正しくありません。一般的に日本製の服は縫製がいいと世界で認められていません。
もしそうでないでならば、車や電化製品、精密機械のように日本製の服は世界の市場を席捲していても不思議ではありませんが、そうなってはいません。 
 どうも日本人は民族的性格からか、なんでも細かいピッチで丁寧に正確に縫われていればいい、と勘違いしている人が多いのですが、首や肩への吸い付きが悪く、そのために背中も汚く、さらにはフロントのウエストマークが高すぎる(つまりボタン位置が高すぎる)服を今でもよく見かけるのです。 こういう服は男の”器そのもの”を極めて”小さく”見せてしまうのです。
 ニューヨークやロンドンでは、私に”最近アジア人のゲイが増えているのか?”と聞かれたことが何度もありますが、よくよく聞いてみるとどうもどれもが日本からのビジネス出張者のようでした。しかも年齢は20代後半から30代の半ばくらいの。ニューヨーク、ロンドンばかりでなく、パリもミラノもローマでもナポリでも、胸部のドレープ、
肩の厚み、背中のたくましさという立体感の演出は男として不可欠のもので、決して胸のフィットしすぎた服など、ゲイやチンピラと勘違いされたくなければ着るべきではありません。
 さて、麻布テーラーについては、服それ自体を吟味したことがないのでなんとも言えませんが、ミシンを使ってわざと曲げて縫うような技術が必要となる箇所がないわけではありませんので一概には良し悪しは判断出来ないと思います。 実は私の顧客の一人が台湾へ出張した際にSuper150'sの素材のスーツがとても安くオーダー出来たと喜んでいましたが、その後 初めて着た日に、いわゆる”うんこ座り”をしたら一発でおしりが破けた、とがっかりしていました。 どういうことかと言えば、Super 150,sの原毛は15マイクロン(1マイクロンは1000分の1ミリ)という細さであって、ただでさえ糸や生地にしたとしても張力がなく、アイロンによる立体化(これを日本では”くせどり”と言いまして、本来”縫製がいい”と言うのは、このアイロンによる”くせどり”が良くされている服のことを言うのです。)さえ難しいのに、そうしたデリケートな生地を普通の生地と同じようにミシンでスピードを上げて細かくガンガンきれいに目を揃えて縫ってしまっているので、
例えば、これは薄紙に細かなミシン目がビシッと入った状態と同じで、そこに力が加わればミシン目がビリッと一気に破けてしまうことになるわけなのです。どうすればよかったのかと言うと、糸を太めのものに代えて、手またはミシンをゆっくり目に操作しつつ、ゆったりとした調子で縫うとよいのです。オシリは丸いので、曲線の部分でミシン目がきれいに揃うことなどないのですが、それによって、おしりの曲線に立体的にフィットした、しかも破れにくいSuper150'sのスラックスが縫い上がるのです。こうした素材扱いとと着用者着心地に充分配慮された服の縫い方を”良い縫製”というのであって、そういうことも良し悪しは素人が判断すべきことではありません。
 日本の服の欠点については、最近かなりの改善を見る部分もありますが、ここ数十年、生地のグレードがより高く(丈夫ではない)、しかもライトウエイトとなっているにも拘わらず、相変わらずミシンのスピードが速すぎて、ハイグレードの生地にピリングを起したりしてしまうのです。 日本の服が世界で売れない、通用しない理由のひとつがミシンの使いすぎ、しかもスピードが速すぎる。これはつまり生産性を第一に考えているので、このことが実は、最大の欠点であり、世界で売れない理由なのです。 ミシンは、スピードが早くなればなるほど、つまり細かくきれいに縫おうとすればするほど、世界では売れない服となってしまうのです。それは、ミシンはスピードを上げれば上げるほど縫い目が固くなってしまう欠点があるからで、縫い目の固い服は、身体になじまず、欧米の一流の人たちには見向きもされません。彼らが服に求めているのは、身体をソフトに包み込み、ゆったりとしていながら、その実 細く見える服。 背中からウエストにかけては、生地がシワひとつなく
ふんわりと背中に乗って、ウエストにかけてゆったりとしながらも
メリハリのある曲線を描いて細くなり、ヒップへと繋がっていくこと。
またヒップから、裾にかけては一端外側にボリュームが出ながらも裾にかけてきれいな内巻きのラインが出ること。これによって 上着の裾のラインからパンツの渡り部分にかけての一体感が出るのです。日本の服はウエストにかけての絞り、裾の広がりについてはまあまあなのですが、裾が広がったままで終わってしまう。 ここもアイロンの”くせどり”がきちんとされていません。 この部分については、例えばワイングラスやチューリップを握って、それを逆さにしてみるとわかりやすいでしょう。 曲線がすぼまっていくのがビジュアライズ出来るはずです。
 長くなって申し訳ないので、そろそろこの辺でまとめると、服創りは、高度になればなるほど工業製品ではなく、工芸品というか、”作品”に近くなってくるものであって、しかもフィッティングの基準が日本においては、消費者という”素人”集団にゆだねられる場合が多く、唯でさえ”スタンダード”を設定するのが困難な仕事なのに、様々な
”美意識”にも彩られた、多くの消費者にとって非常にわかりにくい商品群だということが言えるのです。
 これは、ある意味で、お茶や、華道などとも共通した部分があり、自分の感性にあったものが結局 最高ではあるのですが、この世界も研究というか、経験というか、修行によって感性も研ぎ澄まされてくるもので、上達には時間がとてもかかる世界なのです。
 加えて私が申し上げたいことは、日本人は”半可通”となりやすい。つまり素人が玄人のような口をすぐに利きたがるのですが、例えばワインなど その典型でしょう。 所詮、プロにはかなわないことを知るべきなのですが、日本ではプロの基準がこれまた甘い。
 服について言えば、”たかが日本の消費者に何がわかるのだ、”と言ったのは私ではなく、(まあ私もそう思ってはいますが)あるイタリアのマスターテーラーなのですが、彼らは幼少の頃からハリや糸を持ち、古代ギリシャローマの芸術、文化に親しみ、日本のテーラーとは違い、西洋の美意識、即ちアシンメトリー、曲線、立体などをを頭ではなく身体で理解し、悠久の歴史、美意識に親しんでいる人たちに、いったい
日本の消費者が何を注文出来るというのでしょうか。 まずは彼らの
言葉、哲学に耳を傾けることから始めるべきではないのでしょうか。  ”オーダースーツ”という言葉。これは英語ではありません。正しく日本でしか通じない英語です。パターンオーダーなんて、西洋人にしてみれば”なんのこっちゃ”です。 ”オーダー”とは、そもそも”命令する”という意味であって、つまりこれは、創り方から何から何まで発注する側の方が、作製する側よりも、より知悉していてはじめて使える言葉であるのですが、どうも日本の消費者はこれについても勘違いしているようです。 もちろん、買う側が”創ってください。”などと懇願するものなのでは決してなく、人間同士、取引するもしないも、イコールの立場であるのです。 まずは発注者は、作成者に服に対して何を望んでいるのか、自分をどのような人物に見せたいのか、などコンサルティングを受け、採寸、タイトめが好きとか、ゆったり目が好きであるとか、大筋をリクエストした上で、あとの細かい部分は先方に任せるというのが、ごく一般的なオーダーの仕方です。なぜなら、彼らは長い長い彼らの歴史の中に形作られた彼らのスタンダード価値基準によって認められた”マエストロ”なのですから。 さらに、その後の何度かの仮縫いなど、フィッティングで意見調整する場はあるわけですから。 
 こうしたビジネスについては、お互いの感覚が一回目から合う場合もあるでしょうし、そうでない場合もあるでしょう。 例えば、弁護士や医者と自分の意見が合わない時は、他の弁護士や医者に代えることもあるでしょう。それと同じで、合わないと感じたら洋服屋、テーラーも代えればいい。それだけのことです。私は、日本人が服について、オーダーという言葉を使う裏には、洋服屋を馬鹿にした気持ちが含まれているのでは、とかねがね思っています。 いい服がほしいと思えば、やはり洋服屋に拘わらず、相手に対するリスペクトの気持ちも必要でしょう。
日本の洋服屋、特に田舎の洋服屋は、西洋に対する教養に欠けた部分があるようにも思いますが。 お金だけの問題ではなく、洋服屋も人間なので、そのようなリスペクトの気持ちをもって注文してくれる発注者には、概していつもより一生懸命になってくれるものです。 例えは違うかもしれまえせんが、もしもタイガー ウッズがゴルフの個人レッスンをしてくれるとしたら、まずはほとんどの人が耳をひたすら傾けるでしょう。それと同じです。彼には教え方についてなど、注文を出す人などいないでしょう。金を払うのだから、何でもこちらの言う通りにするのが当たり前、とか、金を払うこっちの方が偉いのだ、とか態度に出すのも世界中で、日本人の悪い癖として有名ですが、もちろん日本国内では海外以上に見かける光景でもあります。 まず経験のあるプロだと認めえる方がいれば、まずはじっくりその方の言葉に耳を傾けるのは良いことで、かなりの勉強となるでしょう。
 以上を踏まえた上で、私がお薦めするのは、
(1)銀座の高橋洋服店
(2)代官山のバタク
などです。
 もし予算のリミットをはずせるのであれば、
(3)銀座のマリオ ペーコラ
もお薦めです。
(1)の店主の方は、英国に留学経験があり、(2)も英国スタイルが
ベースのお店で、どちらの店にも、男の服はこうあるべき、という哲学と信念を持った店主がおられます。(2)は、新宿一人勝ちの百貨店内にもコーナーがあり、そこの担当者もとてもよく勉強しており、私も日本出張の際にはよく買い物をします。混雑した百貨店でワケのわからない買い物をするよりも、自分の服に対する方向性がある程度固まっているのであれば、こうしたお店でじっくりコンサルティングをしてもらいながら、買い物をするのはいいことだと思います。 しかも欧米と違って一着から注文出来たはずですし。(欧米は、スーツでも最低3着とか、シャツは6枚からとか、ミニマムがあるところ多し。最低一週間分のコーディネートを買ってもらわないと意味がないというのが彼らの考え。ビジネスの場も毎日が真剣勝負なので、日本では”勝負服”という考えがある、と言ったら ”貧乏臭い。その服を着ない日は手を抜いているのか?”と聞いてきました。
(3)は、フランスとイタリアで修行をされた方で、私はフランスの外交官の方から紹介していただきました。おそらく日本でイタリア式のテーライングにおいては最高レベルの方だと思います。
(1)、(2)については御予算に収まります。(3)は収まりません。
 (4)として、自由が丘の”ミリオーレ”というお店上げたい。独特の柔らかい服を創りますが、イタリアのピアツェンツァなど、生地からして柔らかいものなので、おしゃれ着としては面白いが、営業職の人にはあまり向かないのかもしれませんが。ここも最近 新宿一人勝ち百貨店に入っています。 
 これだけの国際化、高度の情報化社会ではありますが、洋服については日本はまだまだ無知で、向上させたい部分があります。(裏を返して言えば、日本人は、世界で頂点に立つことの出来る民族ですが、つねにそれは全てにおいて一瞬でしかない。ある意味、自分のことを恒にNo.2, No.3だと思っておく方がずっと良いのです。 トヨタ自動車のアメリカの方たちともお客様として、お付き合いをさせていただいていますが、彼らはそのことを充分にわかっている。 それに比べて日本の洋服屋は世界からも認められたこともないくせに、世界一と勘違いしている”たわけモノ”がいまだにいる。)そのひとつが、欧米においては、スーツは、ビジネススーツ(これにはフォーマルウエアも含む)とタウンスーツという大きく二つのカテゴリーに分かれるのですが、日本のマーケットではまったくこの区別がないのです。ビジネススーツについては、基本的に紺とグレーしかベースの色はないのですが、日本では茶やグリーン、紫などまでビジネススーツとしていまだに売られています。 本来、そのようなファンシーなものは、”タウンスーツ”として、日本語で言えば”おしゃれ着”の範疇となるのですが、結局、ビジネスに着るスーツをプライベートでも着よう、プライベート用のスーツをなんとかビジネスで着れないか、というような発想自体が”極めて貧乏臭い”のです。 なんでも着れて便利、という服は、結局 どのシチュエーションでも中途半端で格好悪いということなのです。

  ニューヨークから失礼します。
ただミシン目がきれいな服を縫製がいいというのは正しくありません。一般的に日本製の服は縫製がいいと世界で認められていません。
もしそうでないでならば、車や電化製品、精密機械のように日本製の服は世界の市場を席捲していても不思議ではありませんが、そうなってはいません。 
 どうも日本人は民族的性格からか、なんでも細かいピッチで丁寧に正確に縫われていればいい、と勘違いしている人が多いのですが、首や肩への吸い付きが悪く、そのために背中も汚く、さらには...続きを読む

Qスーツをオーダーしたいのですが・・・・・・・

既製品では今一ぴったりとしたスーツが見つからないので都内の下記オーダースーツ店でオーダーしようと考えてます。

花菱、エフワン、ビッグビジョン、山形屋


詳しい方にお伺いしたいのですが、縫製などはどこも似たりよったりでしょうか?
価格も大差ないようですが、評判のいいところはどこでしょうか?
あと、同じ生地を使ってのオーダーでも上記のオーダー店よりもかなり安い店も見つけたのですが
あまり安いところは安かろう悪かろうと考えたほうがいいのでしょうか?
ダンヒルの生地使用で5万円くらいでした。

ここ数年にスーツの流行に疎いんですが、花菱を例にとって下記サイトのクラシコスタイルとファーイーストモデルではどちらがよりオーソドックスに着れるのでしょうか?


http://item.rakuten.co.jp/hanabishi/c/0000000139/
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hanabishi/men's_suit/classico_model.htm

ファーイーストモデルというのは名前からして極東即ち日本独自のこだわりや流行から生まれたスタイルということなのでしょうか?

既製品では今一ぴったりとしたスーツが見つからないので都内の下記オーダースーツ店でオーダーしようと考えてます。

花菱、エフワン、ビッグビジョン、山形屋


詳しい方にお伺いしたいのですが、縫製などはどこも似たりよったりでしょうか?
価格も大差ないようですが、評判のいいところはどこでしょうか?
あと、同じ生地を使ってのオーダーでも上記のオーダー店よりもかなり安い店も見つけたのですが
あまり安いところは安かろう悪かろうと考えたほうがいいのでしょうか?
ダンヒルの生地使用で5万円くらいで...続きを読む

Aベストアンサー

スーツのオーダーって悩みますよね。

最近、オーダーもかなり安い値段からありますが、そこにはそれなりのからくりもあります。
安いお店というのは、技術料が安くて生地が割高です。オプションで色々つけていくと、そこそこの
お値段になります。逆に技術料が高いお店は生地が割安で、標準で色々ついており結局はお得かと。

よくあるのは、安いお店でオプションを色々つけて、結局は高いお店で買うのと値段的に差が
なくなり、それならいい生地を使っている高いお店でオーダーしたらよかったかもってことです。

縫製に関しては、同じ工場を使っている場合が多いですが、そのあたりもじっくり調べるに
こしたことはないかと。

採寸してくれる人によって、スーツのできがかなり違ってくるので、とりあえずお店にいって、
じっくりお話することをおすすめしますよ。モデルにこだわるのは分かりますが、自分の体型に
あってなければ意味はないので、そこまで考える必要はないかと。

Qスーツのオーダーについて伺います。

スーツのオーダーについて伺います。

BEAMSやSHIPSやUnited Arrowsでスーツをオーダーすると、1着80,000円以上はするようです。
一方、花菱やM2PLANTやエフワンやダンカンでオーダーすると、オプションを色々つけても60,000円以下になるようです。
もちろん個人の好みの問題ですから、どちらが良いとは言えないとは思います。
この差はブランド代のような気がしますが、BEAMSやSHIPSやUnited Arrowsの方が品質や耐久性やデザインが良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 BEAMS, SHIPS, UNITED ARROWSって、ブランドですか?違うでしょう。
日本語は言葉の意味がとにかくあいまいなんですが、一般に日本で言われるブランド
とは、主に海外ブランドのライセンス商品のことで、今でも高額なライセンス料
(ブランドネーム使用料)を支払わされている有名ブランドがいくつもあります。
 BEAMSはかつて5,6坪のアメリカンカジュアルショップから始まりましたし、
SHIPSもアメ横のアメリカンカジュアルショップが原点です。それまでの日本市場に
無い、かつ彼らが売りたい商品を求め、世界中を旅して商品を集め、自分達で手を加え、
商品を磨き上げてきました。つまり0からビジネスを始めて、全てに自らリスクを
取って商売を行い、ここまでの企業となってきました。なぜ日本の消費者はもっと
彼らをリスペクトしないのでしょう?(UNITED ARROWSは、BEAMSの幹部が退社
して新たに立ち上げた小売業です。)彼らがなぜ成長出来てきたのかと言えば、目の
肥えた消費者に対し、恒に一歩先んじた感性鋭い商品を開発し、提供してきたからです。
このような業態を製造小売業と言います。日本の製造小売業の場合、自前の工場や生産設備
を持っていないケースがほとんどですが。
 BEAMSを始め各社とも店舗名及び社名については市場で広く知られるようになりましたが
その名前だけで商売をしているわけではないのです。しっかりした”中身”があります。
 また何でも日本製が世界の最高レベルだと思われているのでしたら、それも間違いです。
そんなに日本製のスーツが良いのならば自動車や家電製品と同様、とっくの昔に世界市場を
制覇していました。昔は円もはるかに安かったですし。
 所謂彼らセレクトショップ以前の日本製スーツは、そもそも製造ソフトが間違っていたのです。
スーツの本質とは、着用者を裸でいるよりもスーツを着ることによっていかにカッコ良く見せ、
かつ体型に合った、具体的には肩と背中にフィットした着心地の良いものに出来るかという点
に尽きるのです。つまり服地の立体化とそれを補完するソフトな仕立て、着心地の良さ
のために手縫いを多用することがあるわけで、必ずしも耐久力を最重要視しているわけでは
ない場合もある、ということです。
 本来スーツとは、欧米の貴族を始め上流階級が着用してきたもので、彼らにはいつでも
傍にお抱えのテーラーがいるので、ボタンが取れそうになろうが、どこかがほつれても全く
ノープロブレムなのです。日本ではそうはいきません。日本ほど階級に拘わらず、誰でも
スーツを着る国は世界でも珍しいのです。そのため日本においては機械縫いを多用し、丈夫
でほつれにくい作業着のようなスーツが一般的と成らざるをえませんでした。勿論極く一部
の日本のテーラーは、手縫いで柔らかい着心地を実現することと合わせ、耐久性向上にも随分
研究を重ねてもきましたが、市場がそれを理解するインテリジェンスを持ち合わせていません
でした。
 実はテイラーリングの本当の意味とは、ソーイング(縫う)ではないのです。生地にアイロン
でクセを付け立体化することで、そのためミシンが使いにくく、手で縫わざるをえなくなること
があるのです。
 以上を踏まえて申し上げると、スーツの縫製の良し悪しを一般消費者が論じることには
無理があります。どんなに素晴らしい、ソフトで羽根のように軽い着心地で、しかも立体感
抜群であっても、手縫い部分に少しでもホツレ等出れば、日本では”悪い縫製”となってしまう
のですから。
 こうした意味においてBEAMSやSHIPS, UNITED ARROWSのスーツについては、一般的に
これまでの日本製スーツの欠点の多くを克服した上で、尚且つ手縫いであってもそこそこ
丈夫な服を作ろうという努力も見られ、寧ろ現在の国際的な常識からすれば大変コスト
パフォーマンスが高いと言えると思います。
 正直な話、一般の消費者の方がスーツの良し悪しの判断をすることには無理があります。
ワインが流行った時もそうでしたが、何も無理をする必要はなく、わからないことは
とにかく御店に出掛け、自分と洋服の趣味が合う店員さんを見つけ、色々と質問をして
実践しながら知識とコミュニケーションスキルを磨いていけば良いのです。
 そして、どこの製品であっても御自分が一目見て気に入った服をベースに話を進めていく
ことです。繰り返しますが、御自分の好き嫌いをはっきりさせること。そして品質については
店員さんに納得いくまでしつこく尋ねてみることです。
 最後に、バジェットもおありでしょうが、洋服に興味があり、少しでも良いものを知りたい
ということであれば、予算の範囲で一番品質の高いものを選ぶことです。

 BEAMS, SHIPS, UNITED ARROWSって、ブランドですか?違うでしょう。
日本語は言葉の意味がとにかくあいまいなんですが、一般に日本で言われるブランド
とは、主に海外ブランドのライセンス商品のことで、今でも高額なライセンス料
(ブランドネーム使用料)を支払わされている有名ブランドがいくつもあります。
 BEAMSはかつて5,6坪のアメリカンカジュアルショップから始まりましたし、
SHIPSもアメ横のアメリカンカジュアルショップが原点です。それまでの日本市場に
無い、かつ彼らが売りたい商品を求め、世...続きを読む

Q20代後半~30代前半が着こなすべきスーツブランドについて教えてください

お世話になります。

少し前に転職をし、スーツを着て人前に出る機会が増えてきました。
さすがに一張羅のみでは厳しいので、新調をしたいと考えております。
しかし、これまでは私服の職場で勤務しておりましたので、恥ずかしながらスーツの着こなし方・選び方と言うものが良く分りません。

職場の先輩等にも色々聞いて回ってみたのですが、そこで「AOKIや青山の量販店では中年体型向けのスーツが多く、あまりスタイリッシュには見えないと思う。ブランド店でスーツをそろえた方が良いよ」というアドバイスを頂き、コムサイズムというブランド名も教えていただきました。
早速そのお店にいこうかとも思いましたが、自分自身スーツのことをまったく知らないため、出来れば他のブランド等も比較検討をし、ある程度知識を蓄えてから購入に動きたいと考えています。

そこで、20代後半~30代前半のビジネスマンが着こなせるスーツブランドについて、デザインの傾向や相場も含めて分りやすく教えていただけないでしょうか。
予算としては上限4~5万くらいまでが希望です。
出来れば数着そろえてローテーションを組みたいので、もっとお値打ちならなお嬉しいのですが・・・。厳しいでしょうか。
また、私はかなり体が大きく(身長187センチ、90キロ)、服を買いに行ってもサイズがない場合があります(ユニクロでは丈が足りずにアウトでした)。
ビックサイズ?にも対応しているブランドですと助かります。

アドバイスを頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

少し前に転職をし、スーツを着て人前に出る機会が増えてきました。
さすがに一張羅のみでは厳しいので、新調をしたいと考えております。
しかし、これまでは私服の職場で勤務しておりましたので、恥ずかしながらスーツの着こなし方・選び方と言うものが良く分りません。

職場の先輩等にも色々聞いて回ってみたのですが、そこで「AOKIや青山の量販店では中年体型向けのスーツが多く、あまりスタイリッシュには見えないと思う。ブランド店でスーツをそろえた方が良いよ」というアドバイ...続きを読む

Aベストアンサー

職種にもよりますが、ビジネスの場において高いブランドを身に着ける事は求められていませんので、やはり「日本のビジネススーツの専門」で買うのがベストかと。
>20代後半~30代前半のビジネスマンが着こなせる
・・・そういう意味では、ザ・スーパースーツストア、スーツカンパニー、オリヒカなんかがぴったりなのではないでしょうか。

シルエット・サイズや品質に気を使うなら、中でもスーパースーツストア(インヘイル+エクスヘイル)なんかがいいかもしれません。ここはその辺かなり気を使っていて、オーダースーツも売りだそうです。(ガタイのいい年配者には細身過ぎるという話もちらほら・・。)
オーダーがあるのは一部店舗とかいう話もあるので、ここの店の詳しい事はネットで調べてみてください。


あと、前の方もおっしゃっていますが、あまり買い換えたりしないなら2パンツスーツにした方がいいです。パンツだけくたびれて綺麗なジャケットだけが残り始末に困るというのは、ビジネスマンのお決まりらしいので。ただ、オフィス中心だとジャケットは脱いだままで殆ど痛まないらしいので、2着は必要は無い気もしますが・・。

職種にもよりますが、ビジネスの場において高いブランドを身に着ける事は求められていませんので、やはり「日本のビジネススーツの専門」で買うのがベストかと。
>20代後半~30代前半のビジネスマンが着こなせる
・・・そういう意味では、ザ・スーパースーツストア、スーツカンパニー、オリヒカなんかがぴったりなのではないでしょうか。

シルエット・サイズや品質に気を使うなら、中でもスーパースーツストア(インヘイル+エクスヘイル)なんかがいいかもしれません。ここはその辺かなり気を使っていて、オ...続きを読む

Qチャコールグレーってどんな色?

みなさんは、チャコールグレーといったらどんな色を思い浮かべますか?ちょっと自分の感覚と違うなあと思うことがあったのですが、色とその名前について少々自信がないので、うかがってみることにしました。どうでしょうか?

Aベストアンサー

「チャコールグレー」って言うくらいだから、灰色みかかった買茶色だと思っていました。
(↓)茶系はぜんぜん入っていなんですねー

参考URL:http://www.color-guide.com/ta.htm

Q高島屋のスーツかセレクトショップのスーツか

スーツの購入を考えている25の男です。
主に仕事用で考えているのですが、量販店での購入はちょっと嫌だなと考えています(特に根拠はないのですが。。。)

それで高島屋のオーダーメイドスーツとSHIPS、UNITED ARROWSなどのセレクトショップでのスーツで迷っています。

体型はやせ型なのですが、どちらがいいのでしょうか。

値段で違うとは思いますが、違いなどはあるのでしょうか?
高島屋はこれがよかった悪かった、SHIPSで購入するメリット・デメリットを教えて頂きたいです。

予算は7.8万円程度で考えています。

ご意見をいただければと思います。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 体型が痩せているので既製品を買うより、百貨店(高島屋)の
イージーオーダーでサイズを合わせたものを購入するのがベターな
選択なのであろうか?というお悩みでしょうか。
 量販店での購入はあまり考えておられないということは、単純に
よりカッコ良く見える、女性にもより評判の良いスーツを選びたいと
いうことなのかもしれませんが、年齢的にもごく自然な要望です。
 スーツを買われる前に色々リサーチされることは悪いことではあり
ませんが、最終的にはスーツの購入というものは御自分の内面を
写す鏡となるものであり、購入の決断についても御自分でされること
になるわけで、結局は御自分がどれだけ”場数”を踏んだかがものを
言うのです。失敗を恐れすぎるのもよくありません。
 痩せ型ということですが、仮に肩がなで肩なのであれば、Shipsや
United Arrowsより、Beams Fの方がしっくりくる可能性もあります。
またTomorrow Landの既製品のパターンも比較的細身だと思います。
PCや携帯を見ながら悩んでいるよりは、実際に御店に出掛けて
どんどんスーツを試着されてみることです。
 その際のポイントとして、鏡から充分に離れ(3m以上)、自分が
鏡に映った姿を他人だと思ってみる習慣をつけることです。そうして
自分の体型の長所や短所も全て受け入れた上で、自分が最も気に入った
着心地とシルエットのスーツが既製品で見つかるのであれば、その
スーツに決めれば良いでしょう。イージーオーダーを試すのは、
それからでも遅くはありません。しかもその時までに質問者さんは
既製品の試着を重ね、スーツのシルエットを見る目が少しは養われて
いるはずで、イージーオーダーのゲージ(サイズ見本)を着た時に、
より違いが理解出来るようにもなっているはずです。おそらく百貨店
のイージーオーダーのスーツの方が落ち着いて見えるというか、
あまり若々しく見えないかもしれません。それも勉強です。
 個人的には、サイズ的に問題ないのであれば、30代半ばくらいまで
は既製品を着こんで、単純にスーツそのものついての理解を深め、
またスーツのデザインに対する感性を充分磨かれ、その後にカスタム
(オーダーメイドは和製英語、欧米では通じない)に移って行かれたら
良いのでは、と考えます。

 体型が痩せているので既製品を買うより、百貨店(高島屋)の
イージーオーダーでサイズを合わせたものを購入するのがベターな
選択なのであろうか?というお悩みでしょうか。
 量販店での購入はあまり考えておられないということは、単純に
よりカッコ良く見える、女性にもより評判の良いスーツを選びたいと
いうことなのかもしれませんが、年齢的にもごく自然な要望です。
 スーツを買われる前に色々リサーチされることは悪いことではあり
ませんが、最終的にはスーツの購入というものは御自分の内面...続きを読む

Qゼニアのスーツを作りたいです。価格はいくらぐらいでしょうか?

ゼニアのスーツを作りたいと思いますが、実際の価格はいくらぐらいですか?あと、都内で作るならどの店がいいですか?オーダースーツは5着持っていますが、今度はちょっと生地にもこだわってラインがキレイなものがほしいと思っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

39歳ですが、とりあえず回答しておきます。

ゼニアの直営店で作れば、30~40万円ぐらいだと聞いたことがあります。
他のオーダースーツ店では、10~20万円ぐらいでしょう。

でも注意点があります。ゼニアの生地を使ってスーツを作るお店はたくさんありますが、シルエットのことはほとんど無視して作っていますので、正直ダサいです。ですので、ホームページとか実際に店舗に行ってシルエットについてちゃんと作ってくれるかを確認したほうがいいでしょう。ゼニアの生地を使っても、シルエットやサイズがテキトーだと、どうしてもダサいですし安っぽく見えますから。

私は今まで英國屋、麻布テーラー、栄屋で作りましたが、最後に辿り着いた栄屋が一番良かったです。ゼニアの生地の数は他の店と比べものにならないくらいたくさんありますし(200種類以上かな?)、シルエットやサイズ感もちゃんと私の体型に合わせ、かっこ良く見えるような作りにしてくれました。あと、スーツの裏地にテーラーの名前が入らないので、ゼニア本店で作ったスーツと言ってもわからないところがいいです。ただし、その人と店のスタッフとの相性もあるので、どこがいいとは言えませんが・・・

39歳ですが、とりあえず回答しておきます。

ゼニアの直営店で作れば、30~40万円ぐらいだと聞いたことがあります。
他のオーダースーツ店では、10~20万円ぐらいでしょう。

でも注意点があります。ゼニアの生地を使ってスーツを作るお店はたくさんありますが、シルエットのことはほとんど無視して作っていますので、正直ダサいです。ですので、ホームページとか実際に店舗に行ってシルエットについてちゃんと作ってくれるかを確認したほうがいいでしょう。ゼニアの生地を使っても、シルエットやサイズが...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Qオーダーメイドスーツ

20代後半の男です。
結婚式やお洒落なレストラン等に着ていけるようなスーツが欲しいと思っています。
この歳までまともにスーツを着る機会が殆ど無かった素人の私にアドバイスを下さい。

ユナイテッドアローズやビームス等セレクトショップで選べれば、
お洒落なスーツがたくさんあると思うのですが、
自分の体格に合うオーダーメイドで作りたいと考えています。
(普段着はアローズ・ビームスが多いです!)
仕事関係に着ていけないようなスーツで良いです。


条件1.オーダーメイド(イージー含)
条件2.予算は10万円以下です・・・(安ければ嬉しい・・・)
条件3.東京都内・神奈川県で購入可能

質問1.ビッグヴィジョンさんのような良心価格のイージーオーダースーツはとても魅力的なのですが、
    セレクトショップ等と比べてお洒落度はどうなのでしょうか?
    スーツの形?は、セレクトショップ等と同じなようなタイプを扱っているのですか?

質問2.今時のセレクトショップでオーダーメイドスーツを取り扱っているところはありますでしょうか?

質問3.上記セレクトシショップやビッグヴィジョンさん以外でオススメなショップ等ありますでしょうか?

質問4.今時のスーツスタイルについて学べるサイトや本等ありましたら教えて下さい。

質問5.今の流行のスーツの形?タイプ?の名前を教えて下さい。


以上、宜しくお願い致します。m(_ _)m

20代後半の男です。
結婚式やお洒落なレストラン等に着ていけるようなスーツが欲しいと思っています。
この歳までまともにスーツを着る機会が殆ど無かった素人の私にアドバイスを下さい。

ユナイテッドアローズやビームス等セレクトショップで選べれば、
お洒落なスーツがたくさんあると思うのですが、
自分の体格に合うオーダーメイドで作りたいと考えています。
(普段着はアローズ・ビームスが多いです!)
仕事関係に着ていけないようなスーツで良いです。


条件1.オーダーメイド(イージー...続きを読む

Aベストアンサー

自分の答えられるだけ、アドバイス・回答します。なお、パターンオーダー経験者です。(ユナイテッドアローズには、よく通います)
質問1・・・ビッグヴィジョンさんが近辺にありませんので、お答え出来ません
質問2・・・ユナイテッドアローズで扱っていますが、予算的に高額になる可能性大です。(生地や仕立てにこだわると高額になります)
質問3・・・花菱、麻布テーラー、銀座テイジンメンズショップはどうですか?
質問4・・・メンズクラブ、ゲイナーが参考になるかと?
質問5・・・上着シングル2~3ボタン、スラックスはノープリーツ
全体的に細身タイプが主流かと思いますが・・・
好みの問題で、ゆったり目のワン~ツープリーツのスラックスを合わせる方もいます。

 パターンオーダーの仕組みについて・・・・生地を選び、用意されたスーツスタイルの中から選び、仕立てをどうするか?・・・が一連の流れです。(各所フィッティングを含む)
 今は季節柄、冬物は手に入れにくいかと思いますが・・・

私の、オーダーパターンは、生地は、伊ロロピアーナ、カルロバルベラ、レッソーナ、英スキャバルなど。・・・スタイルは、シングル2ボタン本台場、袖ボタン重ね付け、スラックスは、ツープリーツ・テーパード、ストレートタイプのスラックスポケット、などなどですが、まねをしたら、予算オーバーします(15~20万円)。

お勧めは、良生地を使い、こだわりの無い仕立てにするのが無難です。
・・・私の使った言葉の意味について、暗号の様なものでしたら、店員さんとよく相談しましょう。

参考URL:http://www.azabutailor.com/index.php

自分の答えられるだけ、アドバイス・回答します。なお、パターンオーダー経験者です。(ユナイテッドアローズには、よく通います)
質問1・・・ビッグヴィジョンさんが近辺にありませんので、お答え出来ません
質問2・・・ユナイテッドアローズで扱っていますが、予算的に高額になる可能性大です。(生地や仕立てにこだわると高額になります)
質問3・・・花菱、麻布テーラー、銀座テイジンメンズショップはどうですか?
質問4・・・メンズクラブ、ゲイナーが参考になるかと?
質問5・・・上着シングル...続きを読む


人気Q&Aランキング