出産前後の痔にはご注意!

子供のころに、本を読んで感動したり、わくわくしたりした思い出は、一生消えることのないほど強烈なものである。子供は未知の世界に対して新鮮な好奇心を持ち、想像力が豊かであるため、本の世界の中で生きることができるのだ。成長してさまざまな試練に出会ったときに、そのような経験が思わぬ力を発揮する場合がある。

The memories are so intense that they cannot disappear until we die, which come from being impressed and being excited by reading books in our childhood.
Children can get into worlds of books because they have fresh curiosity against unknown worlds and affluent imagination.
The experience could empower them unexpectedly when they have grown up and encounter various ordeals.

よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

非常にいい出来だと思いますよ。

よいご意見が出ていますので、特に付け加える必要はありませんが、欲深な気持ちを持っていただくために、"understandable"から"better"へ進めるためのアドバイスです。

1)子供のころに、本を読んで感動したり、わくわくしたりした思い出は、一生消えることのないほど強烈なものである。
The memories are so intense that they cannot disappear until we die, which come from being impressed and being excited by reading books in our childhood.

(語彙)
・"not ~ until we die"はすばらしい発想ですね。
・"cannot disappear"の"cannot"は、「~できない」という表現があれば必ず使うべき語とは限りません。何か支障があって「~できない」という含みもあります。

(文体)
・全体として、口語的な文体として通りますので、このままでもいいという考えもありますが、一応別の視点の意味で述べさせていただきたいと思います。
・主語"The memories"とそれを修飾する節が少し離れすぎているのではないかと思います。なるべく意味の連結のある箇所は遠く離れすぎない方がお勧めです。これを解消する策を一考することも練習しましょう。
・日本語の構造の順番に拘泥しすぎては、逐語訳になってしまいます。おそらく大学入試だと思いますので、翻訳しすぎても採点に支障が出てくる恐れがありますので、そのあたりのバランスを考えながら、意味が変わらないように日本語をわずかに変形していく方法も覚えられた方がいいのではないかと思います。基本は中学英語です。高校以上で学習した内容は装飾品だと思っていいのではないかと思います。

子供のころに、本を読んだとき、感動したり、わくわくしたりしたことがあります。そのことは私の記憶の中に一生留まるほど強烈でした。

(例)We remember that we were so moved and excited when we read books in our childhood. It was such an intense experience that it lives in our memories all our lives.
*** "remember that we were ..."は"remember being ..."でもいいです。
*** "all our lives"は、もっと正確な表現として"for the rest of our lives"としてもいいです。
*** "it was such an intense experience that ..."は"The experience was so intense that ..."としてもいいです。"it"や"an experience"を単数にするか複数にするかは難しいところですが、一応ここでは前者にしてあります。
***「一生消えることはない」という否定表現を「一生残る」という肯定表現にできる策もあります。

2)子供は未知の世界に対して新鮮な好奇心を持ち、想像力が豊かであるため、本の世界の中で生きることができるのだ。
Children can get into worlds of books because they have fresh curiosity against unknown worlds and affluent imagination.

(語彙)
*** "(A) of (B)"の(A)の前の冠詞の使い方は結構むずかしい部分です。
・普通後ろから訳す場合は"the (A) of (B)"となります。"the world of books"とすると、本の世界をひとつしかないものと考えます。
・"a world of (B)"や"worlds of (B)"とすると、"a lot of (B)"や"lots of (B)"という意味に対応する場合もあります。"world"を"cup"や"bucket"などの容器とする考え方です。
http://eow.alc.co.jp/search?q=a+world+of
・もちろん後ろから訳して「(B)というひとつの世界(複数の世界)」という意味で、"a world of books"や"world(s) of books"と単数・複数にすることもできます。作成された"worlds of books"をそのまま受け入れれば、この考えになりますね。

*** "against"は「風向きがぶつかり合っている」という衝突のニュアンスがあります。「~へ向かっての好奇心;~を求めた好奇心」なら、やはり"for"ですね。この語はもともと"far(遠い)"という語と同語族に属します。「遠くにあるから求める」という含みが"for"にあります。
*** "affluent"="rich; abundant"をよくご存知でしたね。

(文体)
*** ここも、構造としては、1)と同じように"so ~ that"や"such ~ that"や"enough to ~"の形式にもなりますね。
*** 少し、日本語を書き換えます。
「子供は未知の世界に対してとても新鮮な好奇心を持ち、とても想像力が豊かであるので、本の世界の中で生きることができるのだ。」

(例)Children are so curious about the unknown world and so imaginative that they are able to live in the world of books.
*** ここは「できる」という意味をはっきりさせるために、"be able to"を使いました。

3)成長してさまざまな試練に出会ったときに、そのような経験が思わぬ力を発揮する場合がある。
The experience could empower them unexpectedly when they have grown up and encounter various ordeals.
(語彙)
*** "could"を使われたのはすごいテクニックです。「~することもありうる(だろう)」という可能性の意味を含んだ仮定法帰結節ですね。
*** "empower"や"encounter"はすごい語ですね。脱帽です。これ以上の語はありません。
あえて主節と従属節の主語を同じにするという考えに固執すれば(いつもそうしなければいけないということはありません。)以下のようにもなります。

(例)They could unexpectedly be empowered(/ vitalized) by the experience when they have grown up and encounter various ordeals.
*** "grown up to"とする方法もあります。

わざわざ評する必要もなかった英文と他の方の評でしたが、"I poked my nose into ..."でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ。案外よかったのですねw

少しずつ理解していこうと思います
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2013/07/29 21:47

"be curious about"を使えば「新鮮な」というニュアンスが出ていませんね。

この場合はやはり"fresh curiosity"の方がいいようですね。近似値的な表現として、"genuinely"を補ってみてください。お粗末でした。

(例)Children are so [genuinely] curious about the unknown world ...
    • good
    • 0

The memories are so intense that... で始めると、何の memories なのかはっきりしません。

以下例文です。多少アレンジしています。

Childhood memories of being moved or excited when reading books are so intense that they stay with us throughout our lives. Because children have fresh curiosity and affluent imagination, they can easily go into the unknown worlds of books. This experience can help us as grown-ups deal with various ordeals when it is least expected.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2013/07/29 21:34

そのままでも、とても上手な文章で、気持ちがよく伝わってきます。



敢えて訂正するならば。。。

get into worlds of books → put themselves into the worlds of books

curiosity against unknown worlds → curiosity _for_ unknown worlds


あと、その文の語順を少し変えれば、より大人らしい文章にすることができます。

Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books.

こんな感じでどうでしょうか。

ご参考になれば幸いです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2013/07/29 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英作文について

次の題で、10~15文程度の英作文をお願いします。中学生レベルの簡単なものでお願いします。
内容の良し悪しよりも、ちゃんと文として成り立ってるものでお願いします。


子供の頃の思い出 
行きたい外国の国とその理由

投稿日時 - 2011-07-05 15:37:52

Aベストアンサー

子供の頃の思い出
When I was a child I had a pet dog named “Taro”. He was a lovely dog and I loved him very much.
I played with him every day when I came home after school. I was a shy and very quiet boy so I didn’t have many friends at school.
Taro was my best friend. He was always there for me.
You have no idea how shocked I was when Taro died.
One morning in Summer I left home for school as usual. I shouted “See you later, Taro!” toward his kennel. I expected him to come out to see me off wagging his tail.
But there was no sign of Taro. I approached his kennel and looked into it. Then, my blood froze. Inside I saw Taro curled up - his body cold and stiff.
I didn’t go to school that day. I buried Taro in my garden with my mum’s help. I stayed in front of his grave until the sky got dark.
This is one of my unhappiest childhood memories.

行きたい外国の国とその理由
The county I really want to visit is Australia. I love animals and I know there are a lot of interesting animals in Australia such as koalas and kangaroos.
My uncle lives in Australia. He is Japanese but is married to an Australian woman. He showed me some photographs of the country.
Australia also has beautiful beaches and he said people there are very friendly. I would like to try surfing and hold a koala in my arms if I go to Australia. But most importantly, I am interested in English language so if I go to Australia I will have a chance to improve my English.

子供の頃の思い出
When I was a child I had a pet dog named “Taro”. He was a lovely dog and I loved him very much.
I played with him every day when I came home after school. I was a shy and very quiet boy so I didn’t have many friends at school.
Taro was my best friend. He was always there for me.
You have no idea how shocked I was when Taro died.
One morning in Summer I left home for school as usual. I shouted “See you later, Taro!” toward his kennel. I expected hi...続きを読む

Q子供の頃、楽しかった思い出や、楽しかった遊びは、なあに?

子供の頃は、大人になった今よりもいろんなことが楽しく感じられたことでしょう。
あなたには、どんな楽しかった遊びがありましたか?
あなたには、どんな楽しかった思い出がありますか?
ちなみに、私は、缶けりや田んぼでサッカー(ボールが何処に行くか解りづらい。凸凹していて楽しい。草があって倒れてもそっと柔らかい。)などが楽しかった。
それとか、さらに幼い頃にやってたのが、いろんなところに数を1.2.3.4....50位までと書いていって、あとからそれが何処だったか1から順にたどっていく記憶力ゲーム。

Aベストアンサー

私が子供の頃はTVゲームなんてありませんから、もっぱら外で暗くなるまで遊んでいましたね。
学校も放課後はグランドが遊び場でした。

懐かしい気持ちで思い出してみると次の通りかな。
他にもあったと思いますが、取り敢えず・・・・
「缶けり」は外しました。

※「漢字名」は分かりません。(笑)
※ついでにとてもローカルです。

■かいせん
原っぱに足で大きな田の字の線を引く。この時真ん中の十部分は二重線。
参加者は二重線以外の□の部分だけを飛んで田の字を十周する。
で、オニを決め、オニは飛んで廻る参加者をタッチで捕まえる。
但し、オニは二重線内でしか移動できない。
大人数でやると疲れるけど楽しいです。


■6むし
2つベースを往復する野球&ドッジボールのようなもの。
但し使うボールはソフトボールくらいのゴムボール。
攻守の2チームにわかれて、2つのベースを6往復する。
何故「むし」というのかは不詳。


■がんばこ
2人でドッジボールを使うゲーム。
2人の間に小さな円を書き、先行者からボールを円にバウンドさせて、
相手に飛ばす。
相手もボールを受けたら、円にバウンドさせて返す。
使う手は片手のみ。
円を外れたり、受けられなかったら負け。バウンドさせる時に
スピードを変化させたり、方向を少し変えるのがミソ。


■てんか
2人でドッジボールを交互に投げあうゲーム。
先行を先にジャンケン等で決め、先行者は最初は両手でやさしく投げる。
スピード/角度は自由。
2人のうち先に誰かが「片手受け」「指受け」「十字受け」等、
可能な限り受け手の形を変化させて受け取り、返されたら
相手はその「技」の通りに受けなければならない。
出来ないと負け。
もちろん、ボールを受けられなかったら負け。
大人数で順々に先行者に挑む。


■どこ行き
方向オンチの人は駄目。
自転車に乗って、それまで行った事の無い道をどんどん走っていく。
いわば「迷子になってみよう」というゲーム感覚なチャリンコ散歩。
当然 道を覚えないと帰って来られない。
でもこれで新しい道や近道等を知った。

こんなところかな。


おまけで

●「おまめ」
ゲームの事ではありません。

参加者の内、ある者に付いてはこう呼んで一緒に遊びました。
例えば友達の弟や妹、自分達より小さい子。
一緒に遊んでも「捕まえる」系については、この子達は小さいからすぐに
捕まってしまう。
でも「オニ」にさせるには可愛そうでしょ。
だから一緒に遊んで同じ様に捕まえるけど、お前はオマメだからいいよ。
という小さい子用のオニ免罪符。

本気でやりあうのは当然同じ年のやつら。

こういう暗黙のルールが今思うととても暖かい気がしています。


では。

私が子供の頃はTVゲームなんてありませんから、もっぱら外で暗くなるまで遊んでいましたね。
学校も放課後はグランドが遊び場でした。

懐かしい気持ちで思い出してみると次の通りかな。
他にもあったと思いますが、取り敢えず・・・・
「缶けり」は外しました。

※「漢字名」は分かりません。(笑)
※ついでにとてもローカルです。

■かいせん
原っぱに足で大きな田の字の線を引く。この時真ん中の十部分は二重線。
参加者は二重線以外の□の部分だけを飛んで田の字を十周する。
で、オニを決め、...続きを読む

Q英作文お願いします。

次の題で、10~15文程度の英作文をお願いします。中学生レベルの簡単なものでお願いします。
内容の良し悪しよりも、ちゃんと文として成り立ってるものでお願いします。


子供の頃の思い出 
行きたい外国の国とその理由

Aベストアンサー

子供のころの思い出
1. Nothing is more powerful than the memories created by a child's experiences.
2. Every day of adult life is touched by the memories of childhood experiences.
3. I was born in taos, New Mexico.
4. When I was about ten years old, a neighbor needed Mom to drive her to town.
5. We lived on a farm six miles out of town
6. Few people in the community had a car or truck available.
7. It was summer, so Mom left my brother and me at the house.
8. Soon after she left, we heard a noise in the attic.
9. The more we listened the louder the noise grew.
10. The louder the noise grew, the wilder our imaginations grew.
11. In a short time, we decided someone was in the attic; then we decided that it was dangerous to stay in the house.
12. We finally stood by the highway until Mom and the neighbor came back.
13. With grave concern, we told Mom about the man in the attic.
14. Without laughing, Mom took a baseball bat and led the troops into the attic to confront the man--only to find an empty attic.
15. I have copied and pasted this homework from OKWave.

行きたい外国とこの理由
1. The country I want to go to most of all is Japan, in particular the ancient capital, Kyoto.
2. Kyoto is an ancient city with a 1200 year history.
3. There are many historic buildings.
4. Kyoto was established as Japan's capital under the name "Heian-kyo" in the year 794.
5. Although many transformations have taken place over the years, Kyoto has always adopted the most advanced standards of the times.
6. It has greatly contributed to the nation's industrial, economic and cultural development and strength.
7. The dauntless and leading spirit of Kyoto's past as a capital city, is still felt there today.
8. I heard that in the modern age, Kyoto lost its rights as the political capital, to Edo (modern day Tokyo).
9. In the first year of the Meiji period (1868), Kyoto regained its status as capital.
10. I have copied and pasted this homework from OKWave.

また、いぢわる回答をしてしまった。切腹!(笑)

子供のころの思い出
1. Nothing is more powerful than the memories created by a child's experiences.
2. Every day of adult life is touched by the memories of childhood experiences.
3. I was born in taos, New Mexico.
4. When I was about ten years old, a neighbor needed Mom to drive her to town.
5. We lived on a farm six miles out of town
6. Few people in the community had a car or truck available.
7. It was summer, so Mom left my brother and me at the house.
8. Soon afte...続きを読む