痔になりやすい生活習慣とは?

新聞記者の方で、50代前半で地方支局勤務の場合(支局長という立場ではないです)、出世コースから外れているということになるのでしょうか?

その方は、それ以前にもかなり地方回りをしてきています。

今後その方が本社勤務となり、重要なポストにつく可能性はあるのでしょうか?逆に、今後も引き続き地方回りが続くことも考えられるのでしょうか?

業界に詳しい方、ご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 出世コースから外れているということになるのでしょうか?



ほぼ100%、外れています。

エリートの50歳代前半なら、平取締役くらいになってても不思議じゃ無い年齢ですから、せめて支局長じゃないと、話しになりません。

更にエリートコースの50歳代なら、悪くても「主要支局の支局長」とか、「子会社の役員」をやってます。
東京本社としますと、エリートコースの場合、大阪支局の支局長みたいな感じです。

一方、50歳代で地方支局の局長だと、本社での出世争いに敗れた結果、名誉職的にあてがわれたポストと考える方が一般的です。

まして支局長でも無い50歳代となれば、話しにならないでしょう。

それと「それ以前にもかなり地方回りをしてきています。」が、トドメの一撃です。
その地域に人脈などがあって、「余人をもって替え難し」と言う人材なら、「地方回り」はしませんし、本人の事情や都合で、転勤が困難だったと言う可能性も否定されます。

将来を嘱望される社員が地方支局勤務をする場合、30歳代くらいで、せいぜい1~2度です。
上司の育成方針などにもよりますが、「一度くらい、地方を経験させる」わけで、中には本社一筋で出世する人も居ますよ。

遅くとも40歳代には、管理職として本社か主要支局などに勤務し、経営幹部の目に止まらねば、出世の目は無くなってしまいます。

せいぜい好意的に考えても、「余り出世への野心が無く、地方回りが好きな人」で、サラリーマン的には、失礼ながら「落ちこぼれ」の部類でしょう。

そもそも地方局に仕事など、それほど有りませんし、あまり意欲的な方では無いのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、有難うございました。

何だか切ない気持ちになりましたが、丁寧かつ率直なご説明のお陰でモヤモヤが晴れた気がします。

お礼日時:2013/07/29 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞業界に将来性はあるか??

現在大学三年生です。

私は本を読んだり文章を書いたりすることが好きなので、来年の就職活動において新聞業界を志望の一つにしようかと考えています。全国紙と、地方紙(地元が神戸なので神戸新聞)を両方受けて見たいと思っています。

ただ、新聞業界に果たして将来性があるのかという点がすごく心配です。なぜなら、今はただでさえ若年層が新聞を読まなくなっている上、ニュースを必要とする人はわざわざ新聞を買わなくてもインターネットやテレビで情報収集ができる時代ですよね。なので、倒産とまではいかなくても新聞業界はこれから規模縮小を余儀なくされ、これから就職しようとする場合はよほどの覚悟で入社する必要があるのではないかと思っています。

以上は私の見解なのですが、新聞業界の将来についてみなさんの認識はどうでしょうか?さまざまな意見を聞かせていただけるとありがたいです。あと、全国紙と地方紙の経営状況の違い(どちらのほうが経営状態が比較的健全か)などあれば教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だから、神戸新聞より部数が少なくても財務状態がはるかにいい新聞社がありますし、その逆もまた言えます。

 また、地方紙の場合は、(良くも悪くも)地元の行政や財界や論壇との結びつきが深いため、その地域において、見かけの部数や業績以上の「存在感」を持っている場合がままあります。
 わが国の企業は、将来的に、「超大型企業か、専門性の高い企業しか生き残れない」という意見がありますが、そうした点からみれば、地方紙には全国紙にない魅力がありそうです(むしろ全国紙や通信社の方が、淘汰や再編の波に巻き込まれる可能性が高いかもしれません)。ただし、地方紙と全国紙では、活動のフィールドが違いますし、「ニュース価値の判断基準」も大きく異なります。どちらが自分に合っているか、よく考えてみてください。

 すでに多くの人が指摘していますが、新聞が斜陽産業であることは間違いありません。しかし、「生きる道はある」と私は考えています。とりわけ、ネットの普及によって情報が無尽蔵に溢れる現代にあっては、情報を取捨選択する「指針」としての役割が増してくると思います。

 ただし、鼻柱の高さから構造改革が立ち遅れている業界なので、将来的には、社会における位置付けや、仕事のあり方なども大きく変わっていくことでしょう。
 いずれにせよ、厳しい状況であることには変わりがありませんが、自分なりの「やりがい」を見出して、初志貫徹してくれることを願ってやみません。

 ところで、新聞社は、業種別採用が徹底しています。「記者」として入社した以上、余程の事情がないかぎり、販売の仕事に回されることはありません(もちろん、販売の道を志して入社してくる人もいます)。

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だか...続きを読む

Q新聞社の役職でキャップとかデスクとかどういう意味なんですか?

新聞社の役職でキャップとかデスクとかどういう意味なんですか?

Aベストアンサー

デスクとは、ある部(政治部、経済部、社会部など。課やグループの場合もある)の中で、一線で取材するのではなく、普通は社の中にいて、記者に取材の指示をしたり、記者が書いた原稿を手直ししたりして、整理部に原稿を出す仕事をする役割のことです。大抵は、その部の副部長が、その任に当たります。

キャップとは、一定の取材グループの中でのまとめ役を言います。例えば、警視庁記者クラブとか日銀記者クラブといった数人の記者がいるクラブの中で、取材を記者に指示したり、記事をまとめてデスクに上げたりする役割です。支局で言えば、一般には、支局長、支局次長(デスク)の下の記者連中の最年長記者(普通は都道府県庁担当)がキャップとなります。

Q新聞記者、マスコミの印象

私の彼は新聞記者です。しかし母親はともかく、父親は、新聞記者や新聞社、出版社などの人にあまりいい印象を持っていないようです。「ろくなやつがいない」「がさつなやつが多い」などと言っておりました。(もしそういったお仕事をされている方がいらっしゃったらごめんなさい。失礼しました。)私は今まで意識して考えたことがないのですが、みなさんは、そういった業界の人にどういう印象を持っているのでしょうか。やはり一般的に良くない印象なのでしょうか・・・。どのような方でもいいです。何かしらの印象をお持ちでしたら、その理由も一緒に教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。父が新聞記者の者です(今は一線から退いてますが)。若い頃の父は確かに、仕事の時間も不規則でお正月や私の入学式にいないなんてことはざらでしたし、タバコも一日何箱も吸うヘビースモーカーで健康的ではありませんでした。外から見たらまさにろくでもないやつだったかもしれないです。

でもやっぱり私は父が新聞に記事を書いているということは、子供ながらに誇りにしてましたね。母も、家庭を顧みない父に文句を言いながらもやはり同じように誇りにしていたと思います。

仕事がら生活が不規則で常に緊張感のつきまとう仕事ですから、普通のサラリーマンより遊んでるということはないようにに思います。

新聞記者というと派手な職業の印象がありますから、回答者さんのお父さまもそのような印象に引きずられているのでしょうね。お父さまには、世間一般の印象は良くないかもしれないけど、回答者さんが彼が新聞記者だということも含めて誇りに思える彼氏だと言うことを説明できたら、それでよいのではないかと思います。

一般的な印象ではなくてすみませんが。

Q記者という仕事について

私は只今転職活動をしている27歳の者です。
今一度「自分のやりたいこと」を考えています。
その中で記者という仕事が少し心に刺さっています。
まだ記者の方とお会いして話を聞いてないので、はっきりとは分からないのですが、「人の生き様に触れることができる」「人や社会を通して奥にあるものを見ることができる」「社会の理不尽と闘うことができる」という点が特に惹かれます。

また、私の中での記者と言えば、「新聞記者」が最初に思い浮かぶのです。
そこで3点の質問があります。

1点目・・・新聞記者になった場合、刑事事件を追うことが多くなると思うのですが、それ以外の、文化や、もっと人にスポットを当てた仕事もできるのかどうか。

2点目・・・新聞記者は朝駆け夜張り込みとかなり非健康的な生活を強いられるようですが、これは新聞記者になる以上避けられないものなのでしょうか? 私は健康志向が人より強いので、そこは少しひっかかるのです。ある程度健康的な生活を維持しつつ新聞記者をすることはできない相談なのでしょうか?

3点目・・・新聞記者以外の記者で上記の条件を満たす
ようなものは存在するのでしょうか?

何卒よろしくお願いします。

私は只今転職活動をしている27歳の者です。
今一度「自分のやりたいこと」を考えています。
その中で記者という仕事が少し心に刺さっています。
まだ記者の方とお会いして話を聞いてないので、はっきりとは分からないのですが、「人の生き様に触れることができる」「人や社会を通して奥にあるものを見ることができる」「社会の理不尽と闘うことができる」という点が特に惹かれます。

また、私の中での記者と言えば、「新聞記者」が最初に思い浮かぶのです。
そこで3点の質問があります。

1点目・・・新...続きを読む

Aベストアンサー

大学時代の友人の中で、地方紙では結構大手に入る関西の新聞社に入社した者がいます。

最初はサツ廻りから始まって、政治部に移り、その後は東京支社に勤務したり、本社に戻ってからは販売店を管理する部署を担当していたと思います。

従って、一点目の刑事事件を追う事が多くなる、という事に関しては、少し違うかなと思います。

もちろん社会部に配属されている間はサツ廻りを担当させらますので、当然刑事事件を追いかける機会が多くなるでしょうが、政治部や経済部、あるいは文化部などに配属された場合には、刑事事件とは縁のない世界になります。

いずれにしても広い視野で社会の様々な事象について深く洞察する能力を求められる事になりますが、実際には配属先でかなり違うと思います。

2点目 : 若いうちは仕方ないでしょう。  社会部に限らず政治部に配属された場合でも、政治家や高級官僚を夜討ち朝駆けで取材する事が必要になる事もあります。  それこそテレビドラマのように冬の寒い夜に電柱の陰で、じっと取材対象の帰りを待ち続ける事も場合によってはあると聞いた事があります。 

中には2~3日徹夜が続いたり、事務所での仮眠が続くとか、あると聞きます。

そればかりではなく、様々なところで結構 「体力の勝負」 的な面があるようですよ。  新聞社が社員を募集する時、体育会系の学生が有利になるのはこのためでしょうね。

それと転勤の多い事に不平不満は許されない事があります。

広い視野を持つ記者を育てるため、たとえば地方紙の場合でも県内に数多くある支社に数年毎にグルグルと転勤を命じられます。  実家の両親がどうのこうの、子供の転校がどうのこうの、という理由は通じません。  それが嫌ならブンヤとしての資格なしと看做されるからです。

考えれば、新聞記者という職業は 「カミソリのように鋭い分析力と鋼鉄のような肉体」 が求められますので、この辺は少しつらいものがあると思います。

3点目 : 社会の理不尽と闘うという意味で、新聞記者以外の職業と言えば、真っ先に思い浮かぶのが警察官でしょうか。  配属先によってはそんなに優れた体力を必要とされない部署もあるはずです。

その他、裁判官とか検事、あるいは弁護士などもこの範疇に入ると思いますが、司法試験に合格する必要がありますので、一般人がなるには警察官がいいと思います。

あとは若干違うかも知れませんが、福祉関係の仕事でしょうか ・・・

大学時代の友人の中で、地方紙では結構大手に入る関西の新聞社に入社した者がいます。

最初はサツ廻りから始まって、政治部に移り、その後は東京支社に勤務したり、本社に戻ってからは販売店を管理する部署を担当していたと思います。

従って、一点目の刑事事件を追う事が多くなる、という事に関しては、少し違うかなと思います。

もちろん社会部に配属されている間はサツ廻りを担当させらますので、当然刑事事件を追いかける機会が多くなるでしょうが、政治部や経済部、あるいは文化部などに配属された...続きを読む


人気Q&Aランキング