痔になりやすい生活習慣とは?

 教会では、幼稚園や老人ホームを経営しているところがありますが、献金でまかなっているのでしょうか?後、このこととは違いますが、最近、信仰からはなれていく人々がかなり多くなりました。
(奉仕を沢山やり、かなり信仰に燃えていたのに、急に来なくなったのです。信仰生活も長いかたです。)かなり残念です、いったい何が原因なのでしょうか、同じ信者のかた、ぜひ、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 幼稚園や老人ホームなどを経営している教会…、ありますよね。

そのすべてが、経済的な基盤や状況を等しくしているとも思えませんが、大変大まかに言ってしまえば、おそらく幼稚園や老人ホームは、それぞれその施設を利用する方たちから入ってくる収入によって経営を継続しているものと思います。

 ただし、それも状況次第だと思います。場所や利用条件によって、収入が多く、それ自体安定した経営を継続できる施設、さらにはその施設の利益から教会側に布教活動などの資金を上納できるまでの余裕のある施設、また逆に、施設の経営にかかる経費に比べて収入が少なく、教会側から献金で集まったお金や上層組織から支給される活動費などを経営援助金として投入せざるを得ないケースもあろうかと思います。また、宗教活動にかかわる経営には税制面で猶予があるはずで、そのメリットも生かせているのかもしれません。

 ただ、言えることは、施設の経営を献金で賄う…というのは本来の姿ではなく、むしろ施設の経営などを通じて入ってくるお金を布教などの活動資金として生かしているものだと思います。

 それで思い出しますのは、メンソレータム(のちにメンターム)、誰もがきっとご存知の市販のメントール塗付軟膏のことですが、このメンソレータムを開発して売り出したのは、ウィリアム・メレル・ヴォーリズという宣教師の方でした。日本での布教にむけて、拠点をガリラヤ湖を思わす滋賀県の琵琶湖のほとり近江八幡に置き、このメンソレータムの生産と販売によって得られた利益をもって本来の布教資金としたと言われています。

 ちなみに、このヴォーリズは、たとえば神戸女学院や東京の山の上ホテルなど、今日に残る優れた建物を多く設計した有能な建築家でもあり、日本にストーヴや優れた建築金物などを導入した輸入商でもあり、当時は不治の病とされていた結核の療養のための施設としてサナトリウムを初めて作った人でもあり、国会議事堂の建設の際には財務省のアドバイザーも務めたというスーパーマンだったそうです。


 さて、最近、信仰からはなれていく人々がかなり多くなりました…。寂しいことですね。でも、信仰に疑問を抱いたといった根本的な理由ではないような気がします。きっとなにか、お忙しくなったのか、健康上のことなのか、なにか本意ではないことが原因ではないかと思います。

 たしかに、この時代、複雑にして即物的な社会環境を背景として、たとえばヨーロッパでもミサには行かないと言う人も増えているようです。ですが、無味乾燥な社会環境だからこそ、むしろ今こそ、寄って立つべき何か…を人々は求めているのではないかと思います。

 もしそうであれば、あとはきっかけ次第、神であれ、主であれ、聖母であれ、仏陀であれ、人は進んで帰依するはずだと思うのです。ニューヨークの911以来広く歌われはじめたあの讃美歌「アメイジング・グレイス」の作詞者ジョン・ニュートンの場合のように。
 
 ニュートンのお母さんは敬虔なクリスチャンだったそうですが、ニュートンは船乗りになり、そののち不潔で劣悪な環境のもとで大勢の奴隷を輸送するという仕事を選んで巨万の富を得たといいます。ところがある航海の際に激しい嵐に遭遇してしまったのです。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈ったそうです。敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、ニュートンが心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったといいます。すると、嵐は突然弱まり、偶然貨物が船体に開いた穴を塞いで浸水が止まったのです。

 船は運よく難を逃れました。ニュートンはこの日を転機として自らの生活態度を改め、のちに、勉学と多額の献金を重ねて牧師となったそうです。「アメイジング・グレイス」の歌詞の中には、以前の心無い行為を悔い、にもかかわらず見放すことなく救い給うた神への感謝の言葉が歌い込まれています。(参考文献:Wikipedia)

 もちろん、これはひとつのエピソードにしか過ぎないでしょう。でも、きっと、いつの日にか、去って行ったその方も戻っておいででしょうし、後々、あらたに清らかな満足を求めて人々は教会に集まってくるとわたしは思います。


 、
    • good
    • 0

クリスチャンです。

以前幼稚園をやっている教会にいました。献金で賄われていません。
むしろ幼稚園の月謝や、入園時の入園金などで教会が維持されているという感じでした。
教会の人が責任を持って教会を守ろうという気迫がなかったと記憶しています。
何処の教会も高齢化が進んでいます。
今行っているの教会はかなり大きい教会で地域ごとに結束を固め交わりを密に持っています。
平日も教会を開け木曜礼拝とか聖書を読む会とか日曜日に来れない人や、
もっと聖書を知りたい人のためやっています。
 質問ですが、一生懸命、真面目にやってこられた人に仕事が集中し、
周りの人の配慮が足りなかったのではないでしょうか、
まずはお身体の具合を尋ねて上げて欲しいと思います。
私もあちこち身体の具合が悪く、かなり平日の奉仕を配慮してもらっています。
うちの教会は男の方も平等に掃除やらお茶当番、受付などやってもらうようになりました。
それと若い人が増えました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシスターって教会にいるのでしょうか?

 此処で言っている教会と言うのはコンビニのようにそこら辺にある一般の人向けの教会のことです。また、カトリックのシスターについて教えてください。
 よくアニメやコミックでは教会に修道女(シスター)が登場して、自分も教会にはシスターがいるものだと思っていたのですが、シスターが普段いるのは修道院で、教会にはいないものだと聞きました。実際にはどうなのでしょうか。シスターは教会にはいないのでしょうか? それとも教会や神学校によって違うのでしょうか? 修道会に属する教会と一般向けの教会で違うとも聞きました。
 一番知りたい事は、普段、近所にある一般の人が通うような教会に行ってシスターに会えるものなのかどうか、ということです。 
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カトリック信徒です。
プロテスタントの牧師さんは、結婚して家族を持つこともOKですし、女性も牧師になれますが、
カトリックの場合は、妻帯が許されておらず、女性は神父になれません。女性の修道者とは、即ちシスターですね。

このような事情から、同じ建物内に、男性である神父と、女性であるシスターが起居することはありません。
教会のミサは神父が司式するものであり、シスターは出席することがあっても、外から訪問する形になります。シスターが住んでいるのは、通常、女子修道院ですが、その修道院はミッションスクールや病院(シスターがカトリック系の学校の教師や病院の医師/看護師を兼務している場合など)に併設されていることもあります。又、交通の便宜上、教会の隣近所に女子修道院がある場合も多いです。

教会によっては、特定のシスターが主日(日曜)や特定の曜日の特定時間に教会に通ってきて、信者向けの勉強会などを主催している場合もあります。又、その他にシスターと会える場所と言えば、前記のミッションスクールや病院、或いは、カトリック系の書店やホーリーショップと呼ばれている売店などです。
有名な所では、女子パウロ会 http://www.pauline.or.jp/ があり、多くのシスターが活躍されています。

最後に、街中の一般信徒向けの教会の他に、修道院の中や、ミッションスクールや病院の中に聖堂があることも多く、外部の一般信徒が参列することもある程度可能です。(近年は、多くの女子修道院内の聖堂に男女を含む一般信徒が参列することも許されている例が多いです。)

カトリック信徒です。
プロテスタントの牧師さんは、結婚して家族を持つこともOKですし、女性も牧師になれますが、
カトリックの場合は、妻帯が許されておらず、女性は神父になれません。女性の修道者とは、即ちシスターですね。

このような事情から、同じ建物内に、男性である神父と、女性であるシスターが起居することはありません。
教会のミサは神父が司式するものであり、シスターは出席することがあっても、外から訪問する形になります。シスターが住んでいるのは、通常、女子修道院ですが、その修道院は...続きを読む

Q教会における懺悔室について

教会にある懺悔室について詳しく知ってらっしゃるもしくは詳細がわかるHPや小説の抜粋等ありましたら教えてください。
必ず知りたいのは<懺悔室にも閉館時間はあるのか><どんな内容でも絶対に神父は意見を言わないのか>です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

懺悔という制度は、キリスト教でも、たぶんカトリック特有のものだと思います。(ちなみに私は、元カトリック教徒) プロテスタント教会の信徒さんに聞いたら、そんなものはないと言ってましたから。
カトリック教会では「懺悔」とは言わず、「告解(こっかい)」と言ってましたが、今は「ゆるしの秘蹟」と言ってます。

ヨーロッパ諸国を初め、外国のことはよく分かりませんが、私が所属していた日本のカトリック教会では、復活祭(イースター)の前と、降誕祭(クリスマス)の少し前に、教会では「黙想会」というものがあって、そのときは、聖堂で神父の話を聞いて、その後、皆、私語を慎んで黙って祈り、自分の生活や信仰を顧みたりして、さらにその後、神父のいる部屋にひとりずつ入って行って、自分の犯した罪を告白していました。

ただ、これは教会側で設定された告解の日であって、普段の日でも、どうしても告白したい罪等があれば、個人的に申し出れば、神父さんには応じてもらえると思います。

昔は、月に2、3回は告解したものなのに、今は皆、告解をあまりしなくなって、たるんでいる・・・と嘆き怒っていたお婆さんの信者さんをよく見かけましたよ。


大きな規模の教会には懺悔室というようなものが、ちゃんと普段から設置されていますが、小さい教会にはそんなものはありません。私の所属教会でもそうでした。

ただ、教会の中には事務室や、会議に使える小さい部屋や、食堂なんかがありますから、告解をするときは、神父さんがそれらの部屋に入って待っておられて、信者はそこの前に並んでひとりずつ入って行きます。
入ると、神父と信者が顔を合わせないように、一枚もののついたてのようなものが立っていて、その真ん中へんに小さな小窓のようなものがありましたが、細かい網が貼ってあって、お互いの顔は見えなくなっていました。
演劇の舞台なんかで使われているドアだけのセットみたいなものを想像してもらったらいいと思います。
そのついたてをはさんで、罪を告白していました。

ただ、先ほども書きましたが、比較的大きな規模の教会には告解するための部屋がもともとあって、そこに入ると、教会によって造りは少し異なると思いますが、パチンコ屋の景品交換所とか、昔のラブホテルのキーを渡すフロントみたいに、壁で仕切られていて、その壁に小さい窓のようなものはあるけれど、お互いの顔が見えなくなっていて、壁を挟んで話します。

ただ、いくらついたてがあっても、いつも逢っている神父さんと信者さんなら、信者さんの声とか話し方でその人が誰か分かる場合がありますでしょう。そうすると、たとえば、とんでもない大きな罪を告白しちゃったわはいいけれど、次の週からその神父に逢いづらいとかいうことになり兼ねないので、先に書いたような教会が設定している年2回の告解のときは、そこの教会の神父さんはよその教会へ行き、そこの教会には、また別の教会の神父さんが来たりします。そうすると、神父も信者も知らない同士だから、声を聞いても、神父さんが「ああ、あの人だな」なんて
分からないでしょう。


告解する部屋に閉館時間はあるのかということですが、基本的に、やっぱり夜9時とか10時になると、教会の門自体が閉められて、神父さんも就寝しちゃうので、普通だと
ずっと開いているわけではないと思います。
ただ、もう、どうしても今夜中に告白したいのです!と電話入れて懇願でもすれば、その切羽詰まり具合によっては夜中でも応じてくれることもあるのかもしれません。
しかし、基本ややっぱり教会の門を閉めた時点で、告解の部屋も閉まるということになりますでしょう。

あと、神父は告白されたことを絶対に、ほかに漏らしてはいけないというのは、厳守されていると思います。
神父は個人的な意見も特には言わないです。ただ、罪の告白を聞いて「では悔い改めの祈りをしましょう」というようなことを言われて、一緒に祈祷文を唱え、「同じ罪をおかさないようにしましょう」と言われるくらいです。
と言うか、告解の台本みたいなものがちゃんとあって、信者はここでこう言って、それに対して神父はこういうように言うというのが、すでに定型であるんですよ。ただ、その告白する罪のところが各々個人で違うだけで、あとは台詞が決まっているので、その通り言って終わりです。

神父は「告解」のときに、あれこれ意見は言わないですが、たとえば「私は殺人を犯しました」とか「強盗を働きました」とか言う、明らかに法的にも犯罪のことを告白されたら、警察に通報したりしてはいけないことになっていますが、その本人に「自首しなさい」と説得するそうです。これは、現役神父に聞きました。


日本はキリスト教の人口自体がものすごく低いので、映画でも適当なものが思い浮かびませんが、フランスやイタリアなどのカトリック信仰国では、映画にも告解しているシーンがよく出てきます。
たとえば、大ヒットしたイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」や、リュック・ベッソンが監督して、ミラ・ジョヴォビッチが主演した「ジャンヌ・ダルク」なんて映画には、告解のシーンが出てきますから、一度、ご覧になってください。あと、サスペンス映画の巨匠、ヒッチコックの映画の中に「私は告白する」という映画がありますが、これは、先ほどの話ではありませんが、信者に「殺人を犯したことを告白されてしまって、苦悩する神父の話
です。
いずれもレンタルビデオ店に行けば、ビデオがありますから見てみてください。

長文になりましたが、参考になりましたでしょうか。まだ、分からないことがあれば聞いてください。

懺悔という制度は、キリスト教でも、たぶんカトリック特有のものだと思います。(ちなみに私は、元カトリック教徒) プロテスタント教会の信徒さんに聞いたら、そんなものはないと言ってましたから。
カトリック教会では「懺悔」とは言わず、「告解(こっかい)」と言ってましたが、今は「ゆるしの秘蹟」と言ってます。

ヨーロッパ諸国を初め、外国のことはよく分かりませんが、私が所属していた日本のカトリック教会では、復活祭(イースター)の前と、降誕祭(クリスマス)の少し前に、教会では「黙想会」...続きを読む

Qキリスト教で禁止されること

キリスト教の教えで禁止されていることを教えてください。
食事など、生活にかかわっていくことを知りたいと思っています。

Aベストアンサー

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリック信者が守っているかと言われるとかなり微妙です。例えば金曜日に肉を食べないといっても、給食とかお弁当を取っている人は無理ですし、なるべく守り、その基準は個人の采配にまかすといった感じだと思います。私も一応は守るようにはしています。
ちなみに灰の水曜日とは↓に説明されていますが、カトリックではこの日から四旬節に入ります。カトリック国のカーニバルはこの四旬節に入る前に楽しんでおこう!というお祭りです。これから40日間復活祭まで心を静かに節度をもって生活をします。石井美樹子さんの西洋の食事の本では、四旬節中肉食を禁止して節制するので復活祭では四旬節中食べられていた鰊をなげて喜んだそうです。現在はそこまで厳しくはないですが、暴飲暴食を謹んで節制すると思います。カトリック信者同士で「四旬節なのに太ったよ~」とか会話する事があります(私太りました(^_^;))。
 ちなみに灰の水曜日、復活祭は移動祝日なので毎年変わります。関係ないですが、復活祭では卵が復活のシンボルとしてよく食べられますし、多産のシンボルの兎もモチーフになります。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_hainosuiyou.php
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_sijyunsetu.php
 食事に関してはあとは特にないと思いますが、ミサの中で聖体拝領という儀式があります。これはキリストの体をいただくという行為で、実際は丸く小さなモナカの皮のようなものを司祭からいただきます。食事は少なくともこの聖体拝領の1時間前までに済ませる事が決められています。ただミサが始まって聖体拝領までが1時間ぐらいかかりますので(もちろんマチマチで違いますが)、ミサが始まる直前に慌てて食事しなかったら大抵対丈夫です。これも昔はミサが終わってから朝食をとるとか、ミサ自体が始まる1時間前とか色々あったようですが、現在はゆるやかになっています。
 食事以外では中絶、同性愛、離婚、避妊も禁止されています。前の教皇ヨハネ・パウロ・2世も今の教皇ベネディクト16世も超保守派ですので、これは変わる事はないでしょう。特に中絶は様々な議論がされています。カトリック国であるアイルランドの歌手シニード・オコナーが中絶反対に反対するとして、テレビで前教皇の写真を破った為ものすごいブーイングがあった事があります(その為か以前ライブでものすごくブーイングされて歌えなかった映像を見た事があります)。
http://www.cdjournal.com/main/artist/artist.php?ano=112884
 プロテスタントにはない事ですが、カトリックには様々なお祈りの道具や絵や像があります(これをプロテスタントの方は偶像崇拝といいますが、カトリックではあくまでもこれを道具として祈ると位置付けています)。ロザリオやスカプラリオ、十字架、像、メダイなどがありますが、多くの信者は購入すると司祭(神父)に祝別してもらいます。感じとしては上で十字を切ってもらうのが多いです。これを人にプレゼントしたりするのは構いませんが、販売や転売するのは罪になります(準秘跡ですので)。
http://goseitai-to-seibo-no-sito.web.infoseek.co.jp/send%20de%20hushiginomedai.html
 他には主日(日曜日)と祝日にミサに行く、年に一度はゆるしの秘跡(いわゆる懺悔です)、年に一度は聖体拝領を受けるなどの決まりはあります。あとは大罪とかありますので、詳しくは↓をご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA
 あとは特にないと思いますが(飲酒も喫煙も特に禁止されていません。喫煙される司祭もいらっしゃいます)、もっと詳しい方がいらっしゃると思います。プロテスタント諸派の事は分かりません。
 ご参考までにm(__)m。
 

 

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリッ...続きを読む


人気Q&Aランキング