ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ソフトの方で聞いたほうが良かったかもしれませんが、3Dプリンターが25万くらいになってきて、アニメなどの簡易描画ソフトと合体して実物が作れそうな時代が来たように思います。現状では表題の事項はまだ無理なのでしょうか。やはりスキャナーでとッたデータでしかつくれないにでしょうか。3D CAD はまだそこまで行っていないのでしょうか。一般での市販とはべつかもしれませんが、いつごろ普及するでしょうか。詳しい方の回答お待ちします。プロのものでもン十万くらいなら手が届きそうですし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

30万円程度の3Dプリンターで小さな【細かな)部品は、まだ作れませんよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

あ、そうだったんですか。いわゆるデジカメの画素のようなものですね。私もこれが気になっていました。
やっぱりそうですかー。
時期相称じゃない尚早なのですね。
諦めます。

お礼日時:2013/07/29 15:01

 模型やフィギュアのような趣味の世界の話ならば、別ですが、3Dプリンタは国産メーカーが生産していませんから、廉価で購入したいのであれば、普及まで待った方が良いかもしれません。



 低価格で3Dプリンタの普及が始まると、3Dプリンタ用の形状データを発売するソフトメーカーが出て来るでしょうし、日用品のネジや取り付け金具などの他、プラスチック製品の多くを3Dプリンタで製造出来るようになり、ファミコン並みのヒット商品になる可能性もありますし、プラスチック製品の製造業に大きな打撃を与える可能性もあり、製造革命が始まる原因になるかも知れず、パソコン普及期と同様に情報を集めて選ばないと失敗するかもしれません。

 おそらく、今後は3DCGと3Dプリンタとの垣根が取り払われて、共用出来る形状データが普及するようになると思います。それまでは規格統一などで揉めるでしょうから、慌てて買わない方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急のご回答ありがとうございます。
ローランドDGの3Dプリンター(これは多分国産だと思いますが)が24万くらいになったので、そろそろ買えそうな価格帯になってきたなーと思ったのですが、5万円のはなしもあるようで、、安いに越したことはありませんが、使い勝手や性能も問題ですよね。

>今後は3DCGと3Dプリンタとの垣根が取り払われて、共用出来る形状データが普及するようになると

まだそのあたりは現状ではないのですね。もう少し待ってみます。

お礼日時:2013/07/29 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング