痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。
いつも御世話になっています。
我が家の愛猫(♀:生後推定4ヶ月半)についてです。
タイトルの通りなのですが、交尾をすると猫エイズは100%感染してしまいますか?

色々話すと長くなりますので、詳しい経緯は端折りますが、完全室内飼いだった我が仔、恐らくは発情期中に窓から落下した為に、妊娠している可能性があります。
先週の土曜日に獣医さんに相談し、まだ事件発生後、10日程なので妊娠しているかどうか、確定はできないけども、発情期中だったのであれば交尾、妊娠している可能性が高いです、との事で、身体の大きさも避妊手術出来るサイズだそうですので、今週末、避妊手術をする事になりました。(中絶の為、との意味合いが大きいですが。。。)

妊娠そのものは、今回の手術で申し訳ないですが、中絶ができるのでひとまずは、と言う所なのですが、私が妊娠以上に恐れているのは猫エイズです。
猫エイズのキャリアの猫と交尾してしまった場合の感染率はどれ位かお解かりになれば是非、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

追伸:今回、詳しい内容を書いていない為、飼い主の不注意を攻めたてたくなる方も中にはいるかもしれませんが、そう言った御批判は御容赦下さい。
飼い猫にまつわる事は全て、つきつめれば飼い主である私達の責任である事は十二分に承知しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

猫エイズの感染経路の主な物は「母子感染」「唾液感染」です。



ウイルス自体の感染力はとても弱いので、交尾やグルーミングなどで感染する可能性は低いとされています。

交尾での感染確率は「滅多に感染しないけど、絶対に感染しないとは言えない」ってレベルです。

日本のノラの感染率は12~13%と言いますから、感染してない猫が交尾の相手になる確率の方が高いですし。

んで、脱走時に感染の危険が高まるのは、縄張り争いによるケンカです。

猫エイズのウイルスは唾液に沢山居るので、カンカで齧られて、傷口から血管にウィルスが入って感染する、と言うのが、最も多い感染経路です。

特に、縄張意識が強いオスの方が、感染猫が多いです。オスの感染猫はメスの感染猫の2倍居ると言われています。

断言は出来ませんが、今回は大丈夫だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答頂き、ありがとうございます。
安心しました。。。
断言が出来ない事は十分解っていますが、本当に安心しました。
日本ではない国に住んで居ますのでノラ猫の感染率が解らないので、それは何とも言えないトコロですのでそこは調べます。

本当に御回答頂き、ありがとうございました!
これからはこんな心配をしなくて良い様に、あらゆる策を講じたいと思います。

お礼日時:2013/07/30 12:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫エイズ 唾液による感染

猫エイズの感染率について教えてください。特に唾液による感染率について教えてください。猫エイズの猫(未発症)と健康な猫が一緒に生活しているとき、例えば健康な猫が、猫エイズの猫の唾液が付いたエサを食べた時、感染する可能性は大ですか? 人間の場合、口の中に大きな傷口があったり、あきらかに口の中に血が出ている状態でなければ感染する確立はかなり低いと言われています。猫の場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

猫エイズ(FIV)の資料がありますので、抜粋した記事を載せますね。

ー感染した猫の唾液や血液の中にはウイルスが存在していて、それが他の猫の体内に入れば感染が成立します。
どのような場合に起こるかといえば、喧嘩による噛み傷で、とくに咬む側の口が口内炎でひどく出血したりしていると、噛まれた猫には大量のウイルスが注射されたようになるので、かなり高率に感染します。

また喧嘩をせずに同居している場合には、舐めあうくらいではほとんど感染しない事がわかっています。
さらに雄猫が交尾しても感染しない場合が多く、感染した母親から生まれた子猫が感染していなかったという報告もあります。

したがって喧嘩を避けることで感染はほとんど防ぐことができそうです。
その他輸血による感染も過去にはありましたが、現在では検査も出来るようになっているので、検査済みの輸血猫からならば安心です。

このウイルスは屋外生活の野良猫、それも他の猫を噛んで回るような強いボス格の雄猫が広めているようで、家の中に居る猫には感染の機会はほとんどないといってよいでしょう。ー

以上感染の部分を紹介しました。

家にも今月亡くなったエイズの子がいましたが、同居の子には同じ物も食べていましたけど、現在の所は感染はしていません。

お役に立てればいいのですが。

猫エイズ(FIV)の資料がありますので、抜粋した記事を載せますね。

ー感染した猫の唾液や血液の中にはウイルスが存在していて、それが他の猫の体内に入れば感染が成立します。
どのような場合に起こるかといえば、喧嘩による噛み傷で、とくに咬む側の口が口内炎でひどく出血したりしていると、噛まれた猫には大量のウイルスが注射されたようになるので、かなり高率に感染します。

また喧嘩をせずに同居している場合には、舐めあうくらいではほとんど感染しない事がわかっています。
さらに雄猫が交尾して...続きを読む

Q猫エイズ 2歳の雌猫です。避妊手術はさせたほうがいいのでしょうか?

猫エイズ 2歳の雌猫です。避妊手術はさせたほうがいいのでしょうか?

今月頭に野良猫だった2歳(歯の状態より獣医さんからだいたいこれくらいの歳だろうと聞きました)
の雌猫を保護しました。
最初の検診で猫エイズが判明し、今はずっと室内で生活しています。
今後も室内で生活させ、外に出すつもりはありません。

猫エイズは傷がふさがるのが遅くなったり、
免疫力が低いため傷口から感染し弱い菌でも病気になったりするようですが
避妊手術はさせたほうがいいのでしょうか?

手術後綺麗に傷がふさがるか,ふさがる前に傷口から感染しないか心配です。
完全室内生活なら妊娠することも無いと思います。
獣医さんにも傷が治るのが遅いかもしれない。
避妊するかどうかは飼い主さんが決めてください。といわれました。

個人的には避妊はしないほうが安全なのかな、とも思いますが、
室内飼いでも避妊はしたほうがいいと知りました。
避妊したほうがいいというのは健康な子の場合でしょうか?

ちなみに、保護から約3週間様子を見ていますが現在猫エイズの症状はなく、
ちょっと貧血ぎみなだけです。
※貧血というのは初回の血液検査でわかりました。生活状態からは貧血というのもわからないくらいです。
よく食べ(カリカリ)よく飲み(水)よく鳴き(夜中も;)よく寝ます。(質問中の今もすやすや)
血液検査をしなければ猫エイズとはわからないほど健康だとおもいます。

皆様の意見,アドバイスを教えてください。
よろしくお願いいたします。

猫エイズ 2歳の雌猫です。避妊手術はさせたほうがいいのでしょうか?

今月頭に野良猫だった2歳(歯の状態より獣医さんからだいたいこれくらいの歳だろうと聞きました)
の雌猫を保護しました。
最初の検診で猫エイズが判明し、今はずっと室内で生活しています。
今後も室内で生活させ、外に出すつもりはありません。

猫エイズは傷がふさがるのが遅くなったり、
免疫力が低いため傷口から感染し弱い菌でも病気になったりするようですが
避妊手術はさせたほうがいいのでしょうか?

手術後綺麗に傷がふさがるか,ふ...続きを読む

Aベストアンサー

避妊手術はさせたほうがいいと思います。

完全室内飼いでも、年に数回は発情は来るので
その度に飼い主さんも猫ちゃんもストレスがかかると思います。
ストレスは免疫力を下げるとよく言われているので
したほうがいいかと。
手術のリスクは健康な子より高いと思いますが
何度も繰り返す発情よりは、猫の健康にとってもいいと思います。
(発情中は食欲も落ちるし・・・)

それとは知らずに保護していても、
エイズキャリアの猫を育てているなんて頭が下がります。
頑張ってください!

Q飼うことになった猫が白血病だった!!! ご存知の方、お願います。

一度、受け渡された子猫の親猫が白血病ということが分かり、
子猫も白血病の可能性が高くなりました。

白血病になると、どれくらいで症状が出てくるものですか?
一度、里親になって子猫と過ごしていましたが、
特に体調不良などは無いようでした。

2ヵ月半の子猫です。
発症はこれからでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(長くなります。ごめんなさい。)
 
最初に確認させていただきたいのですが、母猫は「白血病」と診断されたのでしょうか?
「ネコ白血病ウィルスのキャリア」または「ネコ白血病ウィルス陽性」ではありませんでしたか?
この点を再度確認なさってください。

ネコにも白血病は確かにありますが、むしろ「ネコ白血病ウィルス(FeLV)」の方がポピュラーです。

http://www.eepet.com/cat/archives/byoumei/261.html

http://www.petwell.jp/disease/cat/hakketsu.html

ネコ白血病ウィルスというのは、ネコエイズと同じように免疫不全を起こすウィルスです。
子猫は生後3~4ヶ月は母猫から貰う免疫(移行免疫)で守られていますので、万一垂直感染で感染していたとしてもこの間に発症することはまれです。
獣医さんと相談して、免疫が切れる頃に血液検査、感染症検査を受けることをお勧めします。

この検査でもし陽性(=感染)が出ても絶対に諦めてしまわないでください。
安全性の高い食事、できる限りストレスを与えない生活、免疫力を底上げするサプリメントを使うことでウィルスの体外放出(=陰転)を目指すことも十分可能です。

http://www.soarer.cc/petgoods/taheebo/taheebo.html

こちらのショップさんで扱っているこのサプリメントは本来人間の代替医療用にも用いられるものです。
お試しで1パックから購入できますし、事前にメールで相談することもできますので、利用されてみてはいかがでしょうか。

子猫の獲得免疫が切れた頃にウィルスが活性化すると、発熱、食欲不振、元気喪失などの明らかな症状が見られますので、もしこのような症状が出たらすぐに病院に連れて行ってください。
猫の平熱は38度台です。42度を越えると命にかかわる場合があります。
普段からわきの下など決めた場所に触って、平熱の感覚をつかんでおくと「いつもより高いかも?」の目安になります。
この急性期を乗り切れば、健康に暮らしてゆくことができます。

いざというときに、病院に心当たりがないと手遅れになりますので、普段から健康相談、健康診断などの当たり障りのないことで病院に行き、ドクターの人柄や技術レベルを見ておくのも必要です。
結局はそのドクターを信頼できるかどうかですから、疑問点はどんどん質問してみるなど、納得できる病院かどうかを見極めます。
不安があったら、別の病院を探しましょう。
診察時間や休診日のチェックもお忘れなく。
できれば夜間や休診日に診察をしてくれる救急病院も探しておければ理想的ですね。

http://www.qlife.jp/pet/

ネコ白血病ウィルスを持っている場合、将来のリスクが高くなるのは「リンパ腫」というガンの一種です。
もし検査結果が陽性でも、これらのリスクを避けるために是非タヒボ茶の利用をお勧めしたいです。

母猫がキャリアである場合、子猫ももらっている確率は確かに低くはありません。
が、ノンキャリアである可能性もゼロとは言い切れませんので、むやみに悲観せず、獣医さんとよく相談しながら健康管理をしてあげてください。

夏が終わって気温が下がり始めると、猫の苦手な寒さが訪れます。
朝晩と日中の温度差などで体調を崩しやすくなりますので、暖かく眠れる場所も用意し始めてあげてください。

せっかくお母さん猫共々、安心できる家族を見つけた子猫さんのためにも、落ち着いて、正しい知識を得て、末長く一緒に暮らしていってくださいね。

まずは、お母さんが「白血病」なのか「猫白血病ウィルス陽性」なのかの確認をもう一度してみてください。
 

(長くなります。ごめんなさい。)
 
最初に確認させていただきたいのですが、母猫は「白血病」と診断されたのでしょうか?
「ネコ白血病ウィルスのキャリア」または「ネコ白血病ウィルス陽性」ではありませんでしたか?
この点を再度確認なさってください。

ネコにも白血病は確かにありますが、むしろ「ネコ白血病ウィルス(FeLV)」の方がポピュラーです。

http://www.eepet.com/cat/archives/byoumei/261.html

http://www.petwell.jp/disease/cat/hakketsu.html

ネコ白血病ウィルスというのは...続きを読む

Q子猫を拾った場合、猫エイズ、白血病の確率は

獣医さんからの回答または獣医さんから聞いた情報があれば回答をお願いします。

できれば保護したい子猫(生後2,3カ月)がいるのですが、先住猫への感染を恐れて
踏み切れません。
飼わないことが一番安全だと言われるのは承知の上で質問します。

母猫が野良猫だった場合、母猫が猫エイズ、あるいは猫白血病のキャリアである
確率(経験値でも可)はどのくらい高いのでしょうか。

母猫がキャリアだと子猫もキャリアと考えられると思うので、母猫側の確率を
ご存知の方がいましたらお願いします。

Aベストアンサー

直接回答ではありませんが、年間かなりの頭数の去勢避妊保護活動などをしています。

陽性確率はぜーんぜん高くないし、まぁ地域差によるかもしれませんが、自分的確率は一割以下。

ちなみにうちはエイズキャリア、白血病キャリア、陰性の子達、みーんな隔離せず完全室内飼いで全員一緒にいます。(元野良)
もちろん家庭内でうつった子もいません。

万が一陽性で心配なら家庭内別居や、陽性でも可能な方への里親探しなども手です。

どちらにせよ、時間がたてばたつほど、外に野放しの方が余計にリスクが上がっていくのではないでしょうか。
あと保護は早い方が人慣れもしやすいです。
里親探しだって小さい方が簡単ですし。

保護されるのであれば、早いに越したことはありませんというのが率直な感想です。

子猫ちゃんの幸せを祈っています。

Aベストアンサー

病院によるのかもしれませんが…
飼い猫2匹、猫エイズ・猫白血病(FIV・FeLV)の検査をお願いした時の明細は以下の通りでした。

血液検査(CBC)採血料込み+血液検査生化学1項目
→\2,500ほど+数百円…併せて、\3,000-ほど。
猫ウイルス検査(FIV・FeLV)
→\5,000-ほど。

かかりつけの病院では、ウイルス検査は単体で行わず、血液検査も同時に行っているようでした。
よって、かかった費用は、\8,000-弱、でした。

Q猫エイズと白血病に感染した場合の治療について質問させていただきます。

猫エイズと白血病に感染した場合の治療について質問させていただきます。
三か月位前に、家を飛び出して手に怪我をして帰ってきました。飼い猫はオスで去勢していません。
手が腫れて傷口が開いた状態だったので、動物病院に連れていき治療をして完治したかに思われましたが、ここ2週間くらいくしゃみ、鼻水、目ヤニがひどく口内炎ができた様子で食欲もないので、今日、動物病院に行って検査をしてもらったら、エイズと白血病が陽性でした。ワクチンは、年一回3種を接種しています。
動物病院の先生には、治療法がないといわれ愕然としています。今後どのように猫との生活や治療を行っていったらいいでしょうか。

Aベストアンサー

まずはじめに、ねこさんの症状がFIV(猫エイズウィルス)、FeLV(猫白血病ウィルス)の感染によるものなのか、あるいは別の猫カリシウィルス(いわゆる猫カゼ)等によるものなのかを正確に見極める必要がると思われます。
(カリシは3種ワクチンで予防できますが、ワクチンは絶対ではありません。)

3種混合ワクチンではFIV、FeLVの予防はできません。
FIVは単独、FeLVは4種または5種混合です。

http://www.petwell.jp/disease/cat/theme/kaze.html
 
よく猫エイズ、猫白血病といいますが、正しくはウィルスを持っている状態(ウィルス陽性)ではそれぞれのキャリアと呼び、発症して初めて猫エイズ、猫白血病となります。
これらは人間には感染しません。
猫エイズウィルスは流血を伴うような激しい喧嘩などで感染のリスクがあります。
猫白血病ウィルスはグルーミングやフードの共有でリスクがあるといわれますが、我が家では感染はありませんでした。体内にある状態では活性化しますが宿主の体外では非常に感染力が弱いそうです。

リンク先に、これらのダブルキャリアの子とその同居猫たちの日常をつづったブログさんの中のページで、この感染症についての記事が書かれたページを添付しましたので、ご覧になってみてください。

質問者さまのねこさんが感染したと仮定した場合、急性期の可能性があると思います。
うちの子が猫白血病ウィルス陽性と出たときの急性期によく似ています。
この時は、一週間ほどインターフェロンの注射に通いました。
免疫力を活性化する治療です。
この子は、生後6ヶ月ほどのころのことでしたが、1年後に再検査をしたところ陰転しました。
サプリメントなどを利用したのですが、ここでは省きます。

この急性期を乗り越えれば、いったんウィルスは沈黙しますので表面的には症状は治まります。
その後は、できるだけ虚勢手術をして、外に出さないようにして上げてください。
麻酔をすることで免疫力が下がりますので、虚勢手術の時期については先生と相談して健康状態が落ち着いたときを見計らうのがよいと思います。
予防的に手術前にインターフェロンを使うのも有効なようです。

残念ながら、FIV、FeLVを発症してしまうと、対症療法しかありません。
根本的に治癒させる方法は現在ない、ということですから、できるだけ発症させないことが大切です。

良質なフードとお水、できるだけストレスをかけない生活をさせることで、発症させないことは十分に可能です。
特にFIVはキャリアのまま発症しないで天命を全うする子も多くいます。
FeLVは腫瘍を併発しやすいので、定期的に健康診断をして白血球の数値や触診で小さなしこりを見逃さないように注意して、早期発見早期治療することが重要です。

それから口内炎は、牙以外の奥の歯(裂肉歯)を全部抜いてしまうという方法もあります。
酷に聞こえるかもしれませんが、歯周、歯肉の炎症と痛みを除くという意味で有効です。
食べないとあっという間に体力が奪われます。
痛みがなければ、ちゃんと自分で食べるようになりますから、ドクターに相談する価値はあると思います。
うちの子は原因不明の特発性歯肉炎で食べられなくなりましたが、抜歯ですっかり回復しています。

 * うちの子、うちの子、とたくさん出てきますが、多頭飼育ですのでそれぞれ別のねこです。

ネットで調べると、悲観的な記事もあるようですが、元気に過ごしているキャリアの子もたくさんいます。
動物は身近な人間の感情をよく感じ取りますから、質問者さまが前向きに考えてねこさんの心にネガティブなエネルギーを与えないことも大切です。
 
http://love-peace-pray.jp/fiv/index.html

http://www18.ocn.ne.jp/~madamzoo/Foster/fiv.html

納得がいかなければ動物病院を変えてセカンドオピニオンを求めることももちろんいいと思いますし、とにかくよい経過をイメージして、ねこさんが一日でもご機嫌よく楽しく過ごせるように、を第一に考えてみてください。

長くなってすみません。
質問者さまとねこさんによい時間がゆっくりと、たくさん流れますように…
 

参考URL:http://love.ap.teacup.com/seri_ai/366.html#2

まずはじめに、ねこさんの症状がFIV(猫エイズウィルス)、FeLV(猫白血病ウィルス)の感染によるものなのか、あるいは別の猫カリシウィルス(いわゆる猫カゼ)等によるものなのかを正確に見極める必要がると思われます。
(カリシは3種ワクチンで予防できますが、ワクチンは絶対ではありません。)

3種混合ワクチンではFIV、FeLVの予防はできません。
FIVは単独、FeLVは4種または5種混合です。

http://www.petwell.jp/disease/cat/theme/kaze.html
 
よく猫エイズ、猫白血病といいますが、正しくはウィルスを...続きを読む

Q猫の高熱が続いていて心配です。

生後1歳の雌猫、長毛種です。
猫の熱が月曜日から一向に下がらず、とても心配です。
熱は40℃以上あり、食欲は全くありません。
火曜日の日から毎日獣医に連れて行き診察を受けています。

月曜日→夜、体が熱いことに気がついたが少し様子を見る。
    食欲少しあり。
火曜日→熱が下がらないため、夜獣医に連れて行く。
    熱は40℃以上、抗生剤の注射と抗生剤の薬を服用。
    食欲少しあり。
水曜日→熱は一向に下がらず…。
    朝、嘔吐(黄色い胃液)3回。
    夜、抗生剤の注射、点滴、食事がとれないため流動食を与える。
    獣医から帰った後また嘔吐。下痢はなし。
木曜日→熱は相変わらず下がらず…。
    朝、抗生剤の薬を飲ませ、朝昼と流動食を与える。
    嘔吐はまだなし。下痢はなし。
    夜獣医に行く予定。

これといった原因がわからず、ただ点滴と薬で様子見の状態です。
目から緑色の目やにが出ているので、ウイルスに感染しているとの事ですが
40℃以上の高熱が何日も続いていて、食欲が全くないのでとても心配です。
ワクチンは5種混合を打っています。家には他に猫3匹の多頭飼いです。

猫の高熱がこう何日も続いたら、弱って死んでしまうのでしょうか?
猫を4匹も飼っているのですが、こんな症状は初めてなのでどうしたらよいのか分かりません。
どうか何でも結構ですのでアドバイスをいただけると幸いです。
よろしくお願いします。 

    

生後1歳の雌猫、長毛種です。
猫の熱が月曜日から一向に下がらず、とても心配です。
熱は40℃以上あり、食欲は全くありません。
火曜日の日から毎日獣医に連れて行き診察を受けています。

月曜日→夜、体が熱いことに気がついたが少し様子を見る。
    食欲少しあり。
火曜日→熱が下がらないため、夜獣医に連れて行く。
    熱は40℃以上、抗生剤の注射と抗生剤の薬を服用。
    食欲少しあり。
水曜日→熱は一向に下がらず…。
    朝、嘔吐(黄色い胃液)3回。
    夜、抗生...続きを読む

Aベストアンサー

木曜夜という事はもう病院へ行かれたのでしょうか。
いまだ病名が確定できないのであれば、病院を変えてはいかがでしょうか。

5種混合済みという事は、カリシ、鼻気、パルボ、白血病は除外されますよね(もう1種はクラミジアで細菌性ですね)。すると残るウィルス性といえば、猫エイズか腹膜炎ですよね。
エイズも腹膜炎も発症したら適切な処置をとらないと危険です。別の獣医さんへ行かれたらどうでしょう?

とりあえず病気の参考に。
http://www.jbvp.org/petlovers/cat.html

あと緊急には向きませんが、急ぎでない時なら
http://www.noah-vet.co.jp/soudan/index.htm
こちらにご相談なさってみてください。

個人的には、5種混合は怖いと思っています。慎重な先生は3種混合してしばらくしてから白血病ワクチンをします。白血病ワクチンは白血病を引き起こしてしまう可能性が若干あってしない先生もいます。5種いっぺんにうつのは危険度があがるとも言われています。万分の1くらいだと思いますが、5種だと逆に白血病にかかる子もいるということです。わたしはなるべく早く別の病院へ行かれるといいと思います。
タウンページなどで調べてお電話して対応の良いところを選ばれると良いと思います。
なんでもないといいですね。がんばって下さい。

木曜夜という事はもう病院へ行かれたのでしょうか。
いまだ病名が確定できないのであれば、病院を変えてはいかがでしょうか。

5種混合済みという事は、カリシ、鼻気、パルボ、白血病は除外されますよね(もう1種はクラミジアで細菌性ですね)。すると残るウィルス性といえば、猫エイズか腹膜炎ですよね。
エイズも腹膜炎も発症したら適切な処置をとらないと危険です。別の獣医さんへ行かれたらどうでしょう?

とりあえず病気の参考に。
http://www.jbvp.org/petlovers/cat.html

あと緊急には向きま...続きを読む

Q子猫が黒いタール状の便をします

生後一ヶ月の子猫です。昨日から食欲が少し落ち、真っ黒な悪臭のきついタール状の便をします。
獣医さんにつれていって検便をしてもらったところ、血便でもなく、寄生虫もいなかったとのことでした。

熱も38度で、感染症ではないだろうから大丈夫と言われ、整腸剤をもらいましたが、子猫はなんの原因もなくてもこんな便をするのでしょうか?
子猫は元気で、食欲以外は普段と変わりはないのですが…

今、それとは別に、糸状菌で治療中なので(塗り薬のみ)、色々心配です。

Aベストアンサー

便はどんな動物でも健康のバロメーターですから、やはり黒いタール状というのが気になるますね。
人間でも今はセカンドオピニオンで2軒の病院をまわる事が多いですから
もし私のペットがそうなったら、もう1軒まわってしまうと思います。

今までとは明らかに違うタール状の便が続いているのに
血便でも何でもなかったら、じゃあ何だ?と不安になると思います。
急にご飯を変えたとかも書いてないのでないんでしょうし……

2軒目でも何でもなければ、それこそココで投稿する事もないぐらい安心ですよね。
別にtukiさんが行かれている獣医さんに対して云々と言っている訳でもなく
不安にさせるつもりでもありませんので、「楽観的に、だけど正確に」育てていかれれば良いと思います。
猫ちゃんを助けてあげられるのはtukiさんしかいませんから頑張って下さいね♪

Q発情中の猫を避妊手術しましたが発情行為が続いています

本日アビシニアンの雌猫(1歳)を避妊手術しました。昨年末から1週間おきに発情していることを考え、発情中の現在も手術には問題ないとのことでしたので踏み切りました。手術は子宮は残して卵巣をとる方法です。

日帰り手術だったのですが、帰ってからしばらく経って落ち着いたころから、玄関先で鳴いたり、ゴロンゴロンと寝転んだり、呼びかけるとお尻を上げたり、お尻をポンポンと叩くと尻尾を横にしてお尻をあげ、見ると「液」も出ています。手術前の昨晩と変化がありません。

手術をすればこのような行為は収まると思っていましたので意外でした。手術をした当日(しばらく?)というのは、発情はすぐに収まらないものなのでしょうか。不勉強で申し訳ないのですが、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私が実家で飼っていたアメショー(2匹)が
どの様な方法の避妊手術だったのか(子宮はあるのか、ないのか)
わからないのですが、うちの子たちも発情がすごくて
避妊手術の際、先生に発情の強い子は
避妊手術をしても発情の様な状態が続く事があると言われました。
やはり、猫にとってもストレスだし見ている人間も切ないし
鳴き続けるのは鳴かないに越した事はないので
避妊後の発情の様な行動を止める為に
ホルモンチップを皮下の脂肪にうめる方法をとりました。
そのせいか分かりませんがうちの子は術後ピタリと止まりました。
ちなみに効果は2年位でその間で例外もあるそうですが、
大体はおさまるそうです。
先生ごとに見解もあるでしょうが聞いてみてはいかがですか?

Q猫白血病ウイルス感染症の急性期と慢性期について

猫白血病ウイルス感染症について詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

我が家の愛猫(ちょうど1歳くらい)が最近食欲がなく、病院に行ったところ
貧血とのことでした。血液検査の結果を見ていると肝疾患もあるようです。
更に、この子はエイズ白血病の検査をしていなかったため、そちらも検査したところ
FeLVが陽性でした。

この猫がうちに来たのは生後半年頃でした。

ここで質問なのですが、今の状況は急性期にあたるのでしょうか。それとも慢性期にあたるのでしょうか。

うちに来た生後半年のころにすでに急性期を過ぎていて、現在慢性期となっているのかと思っていましたが、もしかしたら急性期ということはないのか??
と思い当たっ次第です。

同居猫たちは皆うちの子になるときに検査をして陰性ではありましたが、
実はそのときは陽性にならなかったけど、実はキャリアで、新入りに最近感染したという可能性はないのでしょうか?
あと、急性期に血液検査をした場合は陽性は出るのでしょうか。

少し動揺しておりまとまりのない文で申し訳ありません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

私も続きを・・・^^;

aigo様のところの猫ちゃん達はうつらなかったみたいですね。

ですが、白血病ウィルスは弱いというのは私の経験上ありませんでした。
昨年亡くなった方の猫は、毎年きちんとワクチンを受けてました。
にもかかわらず一番最初に亡くなってしまいました。

生きてる方の猫もすぐ具合が悪くなり、
10日間ほど飲まず食わずでとても大変でしたが、元々強い方だったので
一命を取り留めているといった感じです。

そのほか、ウチの周りをウロウロしていたノラ猫が2匹いました。
ウチの猫の喧嘩相手でしたので、当然発症して
去年の末に相次いで2匹とも死んでしまいました。
見た目にわかるぐらい辛そうでした。

ですので、白血病ウィ
ルスが弱いとはとても思えないのです。
かかってしまうと色んな症状が併発して、治療がおいつかなくなってしまいます。

感染しないほうがもちろんいいですし、インターフェロンで治ってくれれば
とてもよいことです。

ですが、白血病になってしまってからは遅いので
あまり油断せず、安心せず対策をとってもらいたいのが
私の考えです。

猫達のために今のうちに万策をお願いしたいと思います。

私も続きを・・・^^;

aigo様のところの猫ちゃん達はうつらなかったみたいですね。

ですが、白血病ウィルスは弱いというのは私の経験上ありませんでした。
昨年亡くなった方の猫は、毎年きちんとワクチンを受けてました。
にもかかわらず一番最初に亡くなってしまいました。

生きてる方の猫もすぐ具合が悪くなり、
10日間ほど飲まず食わずでとても大変でしたが、元々強い方だったので
一命を取り留めているといった感じです。

そのほか、ウチの周りをウロウロしていたノラ猫が2匹いました。
ウチの猫の喧嘩...続きを読む


人気Q&Aランキング