仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

 不動産投資家の人たちは、次々に収益物件を増やしている人たちがいます。
これは、成功した一部の投資家のみなのでしょうか?

 頭金500万で、わずか5年で マンション2棟 アパート10棟 戸建 10棟とか。。。

ご回答、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不動産投資は素人がするべきものではありません。

資産家、小金持ちがするもので、未経験者が投資すると失敗する事例が多い。質問者が記載した事例は他の不動産を所持しているために銀行からの融資も受けられる人と考えます。バブルのころのノンリコースローンは現在では取り扱っている銀行はありません。
不動産投資には二通りの方法があります。都心での商業ビルの保有とマンション等の住居を主にした運用があります。
商業ビルは利回りが低いものの、将来土地の値上がりと建物が長期使用できるメリットがあります。反面、家賃相場は経済環境にも左右され、安定した収入は難しい。
住宅の場合は利回りが商業ビルの二倍程度となりますが、老朽化によりう家賃の低下に伴う入居者の質の低下、、建物管理の難しさも加わります。建物の自己管理が出来れば経費は少なくなりますが、管理会社に委託すると収入の20%近く費用がかかります。しかし、安定した収入が得られる利点もあります。
また、資金調達力も大きな要因となります。全くの素人で資産もなければ銀行は融資に応じてくれません。バブル時にこの資金需要に応じた銀行、信金等は現在は影も形もありません。
    • good
    • 0

私の住んでいる政令指定都市で駆け出しですが、知る人ぞ知る不動産会社があります。

そこの社長はまだ40才前で物件を100件近く持っているそうです。

彼は地元大学を卒業して不動産屋に勤めてすぐに、駅前のワンルームマンションに目をつけ、小さな地元銀行からそれを担保に借金をして、運用の味をしめたようです。銀行もよく貸したものだと思います。その後、独立して会社を作りました。その銀行との信頼関係も深く、感謝の意味もあって、その銀行が今でもメイン銀行です。

彼は単なる売買をするだけの不動産屋ではなく、相棒の建築家と組んでリノベーションをするのです。リホームではなく骨組みまで解体して作り直すのです。立地の良い物件は仲介に出さずに自分で買取り、リノベーションをして売るとか貸すとかをするのです。100件も持っているのは、おそらく売るより貸すほうがうまみがあるのでしょう。彼の本社は不動産屋には珍しい素敵な建物で、リノベーションした建物です。

優良物件を持つための借金は怖くはありません。表面利回りは10パーセント以上あります。10年で借金が返せるのです。返済後は打ち出の小槌のように、お金が湧いてくるのです。優良物件は誰も手放しません、不良物件を買って、自分で優良物件にする能力があれば、不動産運用は儲かります。
    • good
    • 0

察するに、借入金で自転車操業と思います。

収入も大きいですが、支出も大きいと思います。

うまくいけば億万長者、うまくいかなかったら自己破産かな?今は最低限の生活は保障できるので、カケをする人が多いのでは?????

外野から推察します。私も一人ものならやってみたい。
    • good
    • 0

投資はいろんな分野に分散させてリスク回避をします。


不動産投資もそのひとつですから、成功というよりも他に回していた部分をこっちに回したということでしょう。
あとは、利回りがいい物件はその家賃で他の物件の原資に回すということもありますし、増やしているだけでなく、捨てている(売却している)物件もあると思います。
一般的には、年数が経つほどおいしい物件ではなくなってきますからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング