神棚には天照大神を中心に、氏神様を向かって右に、
その他にお祀りしたい神様を向かって左に配置すると聞きました。
その天照大神がうちにないので、購入できる(という言い方していいのでしょうか?;;)神社を探しています。
できれば新潟県内もしくはそこから近いところだとよいのですが、
ご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おはようございます!



実家が社家で、一族神職です。

天照大御神のお札ですが、伊勢神宮で作られた後、各県管轄の神社庁に一旦集められ、各神社へと配布されます。ですので、何処の神社で購入したとしても伊勢神宮で作られた御札ですのでご安心ください。

神棚は一社造りでしょうか?三社造りでしょうか?
お話の感じですと三社のようですが、三社の場合は正面中央が最上位となりますので、ここには天照大御神と同じく伊勢神宮の豊受大御神のお札を、向かって右に氏神様、産土神等の縁の神社のお札をまつります。
若しも一社の場合でしたら、お社の中に下か産土神、氏神、豊受大御神、そして一番手前に天照大見神を乗せて祀ります。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#5にお礼書かせていただきます☆

お礼日時:2004/04/01 23:29

 神棚の真ん中には「神宮大麻」という伊勢神宮の御札を祀るのだそうです。


 神宮大麻は伊勢神宮で授かることができるのは当たり前ですが,全国の人が伊勢神宮に詣でることはできませんので,伊勢神宮から各都道府県の神社庁へ,神社庁から氏神様を祀る神社へ下ろされます。
 ですので,氏神である神社へ行けば,神宮大麻を授かることができます。
 うちのところの氏神様へ行けば,授与所にその神社の御札と神宮大麻が並べて置いてあります。

参考URL:http://www.isejingu.or.jp/taima/taima1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
氏神様の神社を探して早速行ってきたいと思います!

お礼日時:2004/04/01 23:41

すみません!#4です!



産土神の前に「左側には」が抜けました。ごめんなさい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
#2の方が「地元の氏神さまから貰える」と書いていらっしゃったのは
伊勢神宮→各神社というルートだったからなのですね!
ということは、どこの神社でも「豊受大御神のお札ください」といえば
購入できるということでしょうか?
早速神社に行ってみたいと思います。

我が家の神棚はおそらく三社です。
配置には今まで気を遣ったことがないので;、
これを機にキチッとしたいと思います!
専門家の方のご意見、大変参考になりました!

お礼日時:2004/04/01 23:37

我が家では毎年、伊勢神宮より勧請して数百年前に作られた、市内の「○○大神宮」(地域が特定されるため○○ですみません)のお札を頂いています。


こちらの「お伊勢様」として伝統ある大きな神社です。
別に伊勢神宮へ行かれなくても構わないことだと思います。

お札自体に絶対的な効力があると本気で信じている人は現代にはあまりいないでしょうが、かといって「こんなもの、ただの紙」だと言うことなく「お札を頂いてくる」のは、素朴で美しい信仰だなあと思います。
神棚をおまつりされようと考えられただけで良いことだと思います。
どこの、とあまり気にしなくても、その気持ちが大切なのだから、いいのではないでしょうか?

新潟にお伊勢様があるかなど、よく知りませんが、「新潟 神宮」「新潟 天照大神」などで検索をかけてみられては?

(専門家ではありません。ただの神社・神道好きです^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
実は天照大神が伊勢神宮に祀られているのも知らなかったのです!
検索キーワード参考にさせていただきます。

私も特別神様やお札に信仰心を抱いているわけではないのですが、
ないと落ち着かない・・・というのが本心です;
また、あると神秘的な気分になる感じもするのです。
一種の伝統のようなもの(?)なので、ぜひ知っていたいと思います。

お礼日時:2004/04/01 23:27

お伊勢様の御札と言うことであれば参考URLを読んで下さい。


地元の氏神さまから貰えるようです。

参考URL:http://allabout.co.jp/house/fusui/closeup/CU2003 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
参考URL拝見させていただきました。
地元でも入手可能というのはとてもありがたいです。
氏神様の神社で聞いて見ます。

お礼日時:2004/04/01 23:21

伊勢神宮にしか無いというのが本筋だと思います。


分社とかで間に合わせても、気が悪いじゃ無いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
確かに本物の神様が祀られているところの方が良いですね。
暇を見つけて行ってみたいと思います^^

お礼日時:2004/04/01 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるま

初詣の時にアマテラス神様のお札を買ってきますが、あれって薄い紙でくるまれていますよね。
神棚に祭る時には、あの薄紙は取ってから神棚に上げるものなのでしょうか?
それとも、そのまま薄紙にくるまれたまま、神棚に上げるものなのでしょうか?
薄紙を取り外すと、何か災いが起きるものなんでしょうか。。。
ちなみに、いつもは薄紙のままあげていたのですが、今年の1月1日には薄紙を取り外して祭ったら、16日に父が亡くなってしまいました。。。
どなたか、正確な方法とその理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたりでは伊勢参りに行った人が何日もかけて故郷に持って帰ったわけですから、やはりその間に汚れてしまう可能性は多かったでしょう。(下手すると伊勢参りの相手が子どもだったり犬だったりする場合もあります)

ですから御札に薄紙を巻くことで被害を最小限度に抑え、おまつりする方々が健やかに祀れるようにしたわけです。

薄紙を剥がすことで災いが起きることはありません。
(神棚清祓で神主を家に呼んでお祓いしてもらうとほとんどの神主は薄紙を剥がしますよ。私なんかもアマテラス様の御札以外に薄紙に巻かれている神社札は全部剥がして祀っています)

剥がした薄紙は古い御札や古いお守りを包んでお焚き上げに出すとよいでしょう。
また剥がす際は鋏等刃物は使わず手で剥がした方が神さまに失礼になりません。

また薄紙のままでも御札の効果が薄れるということはありません。
祀っている間でも汚したくなければ薄紙のままでおまつりしてもよいでしょう。

お父様の事は大変悲しいこととは存じますが、神様の祟りではなく天命を全うされたのだと思われます。

どうぞお気になさらず健やかなる新年をお迎えください。

神社の神主をしているものです。
アマテラス様の御札にくるまれている薄い紙は本来ご家庭に届くまで汚れないように保護されているものです。
ですからおまつりする場合には薄い紙は剥がしておまつりするのが正しいまつり方です。

というのもこのアマテラス様の御札は伊勢で作られ、各神社に送られてその地域の家庭に届きます。
昔は梱包技術は未熟ですし、輸送にかかる時間は今よりもっとかかっていました。
だから神社に届くまでに雨や雪などで汚れる確率はとても高かったのです。
また、江戸時代あたり...続きを読む

Q氏神様のお札がない場合の祀りかた

神棚にお札を祀りたのですが、氏神神社が無人であり、お札が手にはいりません。
近所の大きな神社(福岡市の愛宕神社)のお札を、氏神様のお札の代わりにしても
問題ないのでしょうか?
また、崇敬神社として太宰府天満宮のお札と、天照大神宮のお札と3枚いっしょに
祀っても問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

殆どの神社では、管理している神社があるはずです。
でも、残念ながら福岡県の神社庁は地元神社の紹介していませんね。
仕方ないので、電話で聞いてみてください。
或いは町内会の役員なら知っているかもしれませんのでお尋ねしてみてください。

どちらの情報もなければ、それでいいと思います。

氏神様と言っても、基本的に祭礼が行なわれていないほど小さければ、どうしようもありません。
そもそも明治以降の氏神は、明治政府が戸籍管理をしようとして区分けしなおしたものですから、祭礼も行なわれないのであれば当初より戸籍管理も出来ないと推察しますから。

Q神棚にお供えするお神酒は普通の日本酒で良いのでしょうか。

いよいよ新年が近づいて来ました。
来年こそ良い年にしたいと神棚にお供えものをしようと思っております。

ただ今まで神棚を持っていなかったためお神酒は普通の日本酒でいいのかどうかもわかりません。やはりきちんとしたお神酒でなければいけないのでしょうか。

またお屠蘇はお神酒とは違うのでしょうか。どなた様かご存知の方がいらしたらぜひお教えください。

Aベストアンサー

酒屋です。神棚用のお酒は各メーカーから300mlの瓶入りのお酒が販売されていて(たいてい箱入り)それをお供えに使っている方が多いです。
でも前の方がお書きのように、ワンカップのお酒をそのまま蓋だけ開けて供えたり、白いお供え専用の陶器の湯呑みにお酒を入れなおして、お供えされている方もあります。
湯呑みが無ければ、小さいビールグラスでも良いと思います。正式ではないかもしれませんが、要するに、気持ちでしょう。

御屠蘇は屠蘇散と言って、漢方の薬草などブレンドし細かくしたものが、ティーバッグ型になっているのが、酒屋にあります。スーパーでも売っている所もあったと思います。それを、正式には大晦日の夜に本味醂につけておき、元日に飲みます。味醂では甘いので、現在は日本酒に漬けておく人が多いです。今の時期は本味醂を買うとサービスでついてくる時もあります。

Q三社作りの神棚を使っていますが 左と右に神札が入らないのですが

私の家は、三社造りの神棚を祀っていますが、
中央の神札を入れる所は、ちゃんと入るんですが、
右の(家から近い神社)と、左の(その他の神社)の神札をいれる
ところが、高さがないのか 入りません。やはり
新しい大きな神棚を買いなおした 方がよいのでしょうか。
実際同じ経験された方などの、ご意見おまちしています。

Aベストアンサー

こんにちは。No5です。
ぜひ御札をいただいた神社さんに電話して欲しいのですが。。

>>>扉は開けたほうがよいのでしょうか?
閉めたほうがいいと思います。うちでは閉めてます。神棚は小さな神殿ですので、神殿の扉はむやみに開け放したりはしません。祭儀のときだけ開けます。おうちの神棚も、目の前で祝詞を上げたりするときなどに開けます。

>>>扉は、閉めたうえで、立てかけたほうが良いのでしょうか?
そこが、また疑問です?
上の通り、閉めた上で立てかけて下さい。ホコリや虫も防げますし。

上記の内容はかなり自信を持って言えますが、神社さんに電話していただけると、今後の為にもなると思います。

神社側としては、神棚について質問がくると非常に嬉しいものです。
何度も電話しても大丈夫ですよ。

Q神棚のお札の祭り方を教えてください。

神棚にお札を祀るときの事について、教えてください。
もしも、天照大御神、ツクヨミの命、スサノヲの命の三貴神のお札があったら、どう並べればよいのでしょう。

例えば、自分から見て左から、スサノヲ、アマテラス、ツクヨミでしょうか。

また、加えて、いざなぎの命、いざなみの命のお札があった場合はどうでしょう。
例えば、()内はお札を重ねて、左が前として、つまり、(前、後)として、
(スサノヲ、いざなみ)、アマテラス、(ツクヨミ、いざなぎ)とか、
(ツクヨミ、スサノヲ)、アマテラス、(いざなぎ、いざなみ)とか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自由にお祀り下さい。規則などありません。自分の考えで決めればいいのです。
神社でも必ずしもアマテラスが主祭神とは限りません。中には稲荷神が主祭神でアマテラスが相殿(配神)という神社もあります。

三社であれば、アマテラスが中央、向かって右手が氏神、左手が崇敬神というのが基本です。これは右が上位という考えからです。これは御所における順番に倣っています。ですから、そう考えれば関東では左右逆になっても不思議はナイ。
しかし特にこの神様が氏神様のお札でなければ、ツクヨミとスサノオは同列なので、どぢらでもよい事になります。格を重視すれば左右に分けることはできません。ですから格ではなく考えればどちらでもかまわない事になります。

一社式であれば最前列にアマテラス、次が氏神、後ろに崇敬神となります。これも氏神とか関係なければアマテラス以外に区別はないのでどちらでもいい事になります。となれば例えば生まれた順でということもいえます。
さらに、祭礼の神代行列でアマテラスが先頭に歩くのって聞いたことありますか?ないですよね。
武家でも公家でも主は後半に位置します。神社でも御神体は最奥に控えます。
鏡を神社の前に掲げるという人もいますけど、鏡はアマテラスの象徴であってアマテラス自信ではありません。だから、アマテラスが最前に居なければならない理由もないです。
となれば逆に崇敬神、氏神、アマテラスという順番でもいいわけですし、前の二柱が替わってもいいわけです。ましてまったく別の神社のものであれば優劣はありませんから、決まりはありません。
イザナギ、イザナミの両神についても同じです。

私は二箇所から札を頂いていました。今は氏神様だけです。
三社式であったころは、中央にアマテラスの神宮大麻を祀り、右に氏神の主祭神と配神、左に崇敬神社の配神を祀っていました。
今は一社式です。最初に先導者であるサルタヒコ、次が氏神様、最後にアマテラスの順にしています。
質問の神様であれば、私なら、中央にアマテラス、右にイザナギ・イザナミ、左にツクヨミ、スサノオを祀るでしょう。左右の前後はあまり気にしませんが、前にイザナギとツクヨミ、後ろにイザナミとスサノオにすると思います。

ご自由にお祀り下さい。規則などありません。自分の考えで決めればいいのです。
神社でも必ずしもアマテラスが主祭神とは限りません。中には稲荷神が主祭神でアマテラスが相殿(配神)という神社もあります。

三社であれば、アマテラスが中央、向かって右手が氏神、左手が崇敬神というのが基本です。これは右が上位という考えからです。これは御所における順番に倣っています。ですから、そう考えれば関東では左右逆になっても不思議はナイ。
しかし特にこの神様が氏神様のお札でなければ、ツクヨミとスサノオは...続きを読む

Q榊を庭に植えるとよくないのですか

庭に榊が植わっています。以前挿し木をしてみたら発根してそのまま大きくなったもので、大きさは2メートルくらいです。

2年くらい前、地元の農家の方が別のことで、宅地内に榊は植えないものだというのを聴いたことがありまして、それ以来少し気にしていますが、神棚用に重宝しますのでそのままになっています。

昔からの縁起や言い伝えとか、まずいこととかあるのでしょうか。

地域で違うかもしれませんが、当地は千葉県市原市です。

過去ログに「神仏のものは屋敷内に植えてはいけないと聞いた」というのがありますけど。。。

Aベストアンサー

おはようございます。

榊は神の依代の神木だから、位の高い貴族や神官のような家にしか植えてはいけない・・・と言う事で、昔から一般の家には植えないようにするように言われているそうです。実家の神社から挿し木で持って来ている榊を見て、出入りの庭師さんから以前言われました。

でも今時、位も貴族も無いですから、特に気にされなくても良いと思いますよ。
虫も殆どよらないし、丈夫ですくすく育ちますし・・・
私も、榊を買わずに済むので重宝しています。

御参考になれば幸いです。

Q氏神様って何ですか?

お恥ずかしい質問ですが、氏神様にお参りなさいと言われましたが、氏神様が分かりません。どなたか、ご説明お願いします。また、どこにあるのか?参り方もご教授ください。自営業で、開業の時に、伏見稲荷に行き、神棚を奉っています。毎年、御札を交換しに、伏見稲荷へ行きますが、一日には神棚に御供えをし、それ以外は、榊・水・塩を毎週交換するだけです。

Aベストアンサー

 もちろん、現在普通に「氏神さま」というと地域を守る産土神・鎮守神と同様に使い、本来の意味に必ずしも限定されるわけではないので、その点は柔軟にお考えいただいたらよろしいかと思います。

 天王寺区の東高津宮[ひがしこうづぐう]は、仁徳天皇を主祭神とする神社ですね。

 仁徳天皇は大阪の基礎を造られた帝なので、ある意味、大阪市民全体の氏神といえるかもしれません。なぜなら、『日本書紀』に仁徳天皇は宮室である「難波高津宮[なにわのたかつのみや]」を堀江に造営されます(現在の上町台地と想定される)。

 この由来から貞観8年(866)に仁徳天皇を祭神として神社が創建されます。これが現在の「高津宮[こうづのみや]」です。ただし、現在の社地と「難波高津宮」とは関係はないようです。
http://www.kouzu.or.jp/index.html
 東高津宮は、元は平野社といい、ここも仁徳天皇を祭神とする東高津村に古くから鎮座する神社で、一説にはこの地が「難波高津宮跡」ともいわれていました。明治に現在の社名に改められますが、東高津町の産土神ですね。

 生玉神社というのが、生國魂神社のことであるならば、この神社は大阪全体の守護神とみることもできます。神武天皇が難波津[なにわのつ]にお着きになられた際に、石山崎(現在の大阪城付近)に生島神[いくしまのかみ]・足島神[たるしまのかみ]を祀られ、国土の平安を祈られたのが生國魂神社の始まりであり、各地の生玉神社・国魂神社の大元ともいわれます。

 住んでおられる地域をお守りされているのは東高津宮さんでしょうし、お店の地域をお守りされるのは生國魂さん。お稲荷さんと同様に感謝の念でお参りされたらよろしいでしょう。

 もちろん、現在普通に「氏神さま」というと地域を守る産土神・鎮守神と同様に使い、本来の意味に必ずしも限定されるわけではないので、その点は柔軟にお考えいただいたらよろしいかと思います。

 天王寺区の東高津宮[ひがしこうづぐう]は、仁徳天皇を主祭神とする神社ですね。

 仁徳天皇は大阪の基礎を造られた帝なので、ある意味、大阪市民全体の氏神といえるかもしれません。なぜなら、『日本書紀』に仁徳天皇は宮室である「難波高津宮[なにわのたかつのみや]」を堀江に造営されます(現在の上町台地...続きを読む

Q神社の参拝は最寄が良い?

神社の参拝を毎日の習慣にしようと思っています

参拝は最寄の神社が良いでしょうか?

住んでいるアパートから20秒の位置に小さな神社があります

神主さんもいないような小さな稲荷神社です

一応管理されている神社です

それとは別に自転車で10分位の所にその地域の氏神様を祭る大きな神社があります

氏神様に参拝すると良いと神主さんに聞いたことがあります

今まで何度か近場の神社に参拝しておりますので

途中から別の神社に変えるのはマナーに反するでしょうか?

ひとつ気になるのは近場の小さな神社には

左衛門の首洗い場 という立て札が立っております

一応、神社検索にもひっかかる管理された稲荷神社ですが

参拝するようなところなのでしょうか?

Aベストアンサー

稲荷神社の稲荷とは低級な自然霊であり、礼を尽くすのは構いませんが、最悪なのはお祈り、願い事をすることです。もし叶えられたら、それに見合う対価を要求されます。家族の命や自分の五体のどこかを失う可能性もあります。ただ感謝の念をのみ祈念することです。

氏神様に参拝するのは大変良いことですが、やはり願い事をしても無意味です。ただ、いつも見守っていただいている、生かしていただいていることに感謝の念を祈念することです。

それから、御先祖供養をすることです。御先祖供養をしない氏神信仰は無意味です。御先祖→産土神社→氏神様→各地域一宮神社→伊勢神宮→天照大神→天之御中主神という気線が張られています。まずは御先祖と御自分の気線をきちんと通しておくことが大事です。御先祖様に「生かしていただいてありがとうございます」と供養することが大事です。そうすると氏神信仰も生きたものとなります。

Q神棚用の狛犬が授与されている神社

神棚を設置しましたが、狛犬が無い事に気付きどうしても置きたいと思っております。
しかし、神具店の物もあまりピンと来ませんし、どうせならどこかの神社の由緒ある
狛犬を模ったお祓い済みの物がパワーがありそうな気がします。

ここのサイトの別の質問板でも何処かの神社で神棚用の小さい狛犬を授与している
所があって云々という内容を拝見したのですが、どなたか狛犬を授与している神社
を知っている、もしくはここの神社の狛犬はお勧めだというような事をご存知の方は
情報提供をお願いいたします。※画像もあればお願いします。

当方、関西在住の為、神社であれば京都、大阪、奈良の範囲であれば有難いです。
しかし、それ以外でも良い狛犬が授与されているからお勧めだというものがあれば
教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 狛犬ファンの間では、結構有名な寒川神社の狛犬は神棚用(結構似ているかと)が買えるみたいです…。
   http://blogs.yahoo.co.jp/keinoheart/27014052.html

 京都は狛犬のメッカですから、良い物は一杯有ると思うのですが…。

Q神棚のない場所でのお札の置き場所・置き方

先日、神社に行きお祓いをしてもらいお札をいただきました。
しかし私の住んでるところは神棚のないマンションの3階です。部屋は南側に窓があり、一番高い家具としては西側にタンスがあります。
その場合はタンスを綺麗にし白い布にお札を立てればいいのですか?

この時期にお忙しいとは思いますがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そのお札には何が書かれていますでしょうか?
○○神社(神宮)とか、神璽とか、御璽、御守護、大麻とかですかね
或いは祓璽、祓眞璽、御神霊、祈祷護符、祈祷玉串とかですかね。

表現は神社によって様々ですけれど、基本的に上段は御神札で祀るもの、
下段は祈祷の護符で貼り付けるだけのものとなります。(祓とか祈祷とか玉串の文字が入れば下段)

家庭内に祀る御神札の起源も清め祓えの護符も起源は同じなので、ちょっと厚手の護符や幣束の形のものであれば神棚に納めても構いません。一枚のペラであれば護符と考えていいです。
護符であれば柱や壁に貼り付けるだけでもOKです。方向も高さも何も関係無しです。

神棚に祀る場合もとりあえず方位は考えなくていいです。これは神社本庁の冊子でも「祀ることが第一」と書かれています。

たんすの上が置けるなら、白い布か紙を敷き、その上に神棚を設えます。宮でなくても最近は御神札立てというただはめ込むだけのものも売っていますが・・、なければ倒れないように立てかけてください。
我が家の一番最初はその辺の箱に白い紙を輪にして貼り付けて、その中に御神札を入れました。
休日に100均に行って適当に買い揃え、お金をためてから宮やら何やらを徐々に揃えていきました。
でも今でも水はビールグラスです。

私のお勧めは100均一でちょうどいい幅のケースとブックエンドを購入してブックエンドにケースを接着剤でくっつける方法です。ケースは透明でも色つきでも構いません。紙製の箱でも構いません。蓋はしたほうが汚れなくてなくていいです。
或いはブックエンドに札が入る大きさの封筒を貼り付け、その中に札を入れてもいいです。
護符としてならそれだけです。それ以上は不要です。

が、神棚として祀るには供物が必要になります。
供物容器も特に買い揃える必要はありません。そのうち欲が出て纏めたくなると思いますけど。そうなったら素直に揃えればいいです。
最初は出来るだけ有り合わせでそろえましょう。とにかく祀ることが第一形は次第に整います。

少し本格的にするには白い紙に「天」或いは「雲」と書いて御神札の真上の天井に貼ります。
これは神棚の上は人が通らないようにすべきところですが、一階の神棚や集合住宅ではそうも行かないので、神棚の上は天空だと言う意味になります。

備えるものは塩とお米と水或いは神酒(またはその両方。スペースに合わせて決める。)です。
米と塩は小皿で充分。これに少し山になる程度に乗せて供えます。
水やお神酒はグイ呑みやビール用の小さなグラスでいいです。
我が家では当初、やはり100円の盆に載せて供えていました。

小さな部屋では邪魔になるので、供物を捧げ、拝礼したら下げちゃいましょう。
米と水はそのまま砥いだ米に混ぜて焚いて食べればいいし、塩・お神酒も調味料に使ってOK。
これは直会と言って、神に捧げた物を分けて食すという習慣です。また神棚に捧げた米は御守りとして配布することもあり、清め祓えの御神力が有ると考えるからです。
塩分控えめなら塩は風呂に入れても家の外に撒いてもいいです。ようするに無駄にしない。これも清め祓えの考えからです。なお邪魔でなければ水と神酒は一日捧げておいても構いませんよ。

正規には榊とか何とかもありますけど、これも正規の札立てや宮を設える時にそろえればいいです。

そのお札には何が書かれていますでしょうか?
○○神社(神宮)とか、神璽とか、御璽、御守護、大麻とかですかね
或いは祓璽、祓眞璽、御神霊、祈祷護符、祈祷玉串とかですかね。

表現は神社によって様々ですけれど、基本的に上段は御神札で祀るもの、
下段は祈祷の護符で貼り付けるだけのものとなります。(祓とか祈祷とか玉串の文字が入れば下段)

家庭内に祀る御神札の起源も清め祓えの護符も起源は同じなので、ちょっと厚手の護符や幣束の形のものであれば神棚に納めても構いません。一枚のペラであれば護符と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報