大学の講義で最新ヨーロッパ事情を取っているのですが、その中で、通貨が強いとか弱いとかの話が出てきました。ドイツは強いとか言うのですが、よく分かりません。教えてください。

A 回答 (6件)

わかりやすいように円とドルで話をしましょうか。


今大体換算レートは1ドル120円前後だとしますしょう。
我々日本人が仮にアメリカに旅行でもするとしてドルと交換しようとしたとします。
今なら120円で交換できますが、昔は1ドル360円でした。
すなわち360出さないと1ドルと交換してくれなかったわけです。
今は120円で交換してくれますからだいぶ楽ですね。
でも暫く前ですと100円で1ドルと交換できました。
これだとだいぶ得した感じですよね。
でも、日本の国内で考えると円の値打ちなんてそう余り変わっている様に感じません。
すなわち、通貨が強いとか弱いとか言うのは国内事情を考えに入れて、交換レートの高いものを強いと言うのです。
通貨の安定度とか、国内の経済状態とか、いろんな条件が入ってきて、勿論日銀のような組織も介入したりして、通貨の強弱が決まるのです。
戦争に負けたりしたら、それこそ通貨は弱くなりますよね。
賠償金をいっぱい払わないといけませんから。
すなわち、国力そのものと言えるでしょうね、通貨が強いと言うことは。
答えになっていませんか。
    • good
    • 0

通貨とは簡単にいえば貨幣(お金)そのものですが、VISAカードの商品券もそうとも言えます。


a)国の政治的信用・安定(政治、国政がテロや戦争で統治者が変われば紙幣は紙切れになります。
国政が安定していない国は貨幣も当然信用されていません。
b)国内の統治(税収により国が存在するので)国内でのモノ・サービスあらゆる流通を可能に
していること。経済や通貨価値が安定してること。

そして強い(信用のある)貨幣は違う通貨を使う商圏に対して、優位に通商を行えるメリットが
ある。貨幣の強いところは、為替のレートが有利に働くので商売としては国外事業も拡大できる。
しかし、外国からの人の流入が起こり、国内産業が空洞化するデメリットもある。
貨幣や通貨といわれるものは、信用経済の上で成り立って物々交換をすることを簡易にする
ための道具ともいえるので対外的評価に支配されます。
    • good
    • 0

回答者:aminouchiさんとおりですが、それに付け加えます.


強い通貨
1.物価、経済がが安定している国--同じものが.価値が変わりにくい.年数を経ても同じくらいの値段で買えること。今日の通貨100の価値がが明日には10000、50になったりすれば、誰も扱わないでしょう.
2.政府、国の信用力の差--通貨の交換がいつでも保証されている.金の保有も信用力になるでしょう. 世界に広く通用することは信用力、政治の安定.約束(条約)の厳守
3.技術力の強い国--資源がなくても世界に技術をリ-ドする国、人材で他国を援助できる国
上3つの条件があるところでしょうか.
    • good
    • 0

通貨の強さは、他通貨との交換比率で決まるものですが、chasharinさんの質問の通貨の強さは、また違った意味になります。

ヨーロッパの統一通貨であるユーロと各国通貨の交換比率だけをみると、イギリスのポンドが一番強いということになりますが、ドイツマルクが強いといわれるのは、マルク単独でも国際通貨としての条件を満たしているという点です。国際通貨とは、現在では、ドルとユーロといわれますが、その国の経済力や、資本の供給能力、財政、通貨価値の安定度などにおいて優れているため、その国外においても、各国通貨に準ずる機能を果たすことのできる通貨であるというものです。
    • good
    • 0

物々交換でのたとえ話をします。



いま、chasharinさんが、壺作りの職人で手作りの壺を持っているとします。たくさん作って余っているけれど、気がついてみたら今夜食べる米がないので、出かけていって自分の余っている壺と誰かの米を交換したいと考えました。そして、町の広場にでかけた所、同じように壺を持っている人と米を持っている人が沢山いました。そこで、米を持っている人に声をかけたところ・・

イ)これは良くできた壺だ、と言われて米10kgと交換しようと言われた。
ロ)あまりできの良くない壺だから、米5kgとなら交換しようと言われた。
などと、相手によって欲しがり方が違います。周りを見ていると沢山の米と取り替えてもらえるような壺を持っている人もあるし、貧弱な壺であまり米と交換するのをためらうような壺しか持って居ない人もいます。

さて、通貨の強い・弱いも同じことで、他の国からしてその国の経済がしっかりしていて、その国の製品などを買うために皆が欲しがるようなものが強い通貨です。
逆に、その国の通貨をもらっても使い道がなさそうなので皆が敬遠するようなものが弱い通貨です。

実際には、多くの要因があって為替市場で取引される交換比率が変化するわけですが、基本的には上のイ)のように皆が良いと認める通貨が強い、とされます。
    • good
    • 0

例えば、1ドル360円(円安)だったとします。

この場合は円(日本)が弱いといい、
1ドル100円(円高)だったとしたら、円(日本)が強い、といいます。
つまり、通過の価値が高い(強い)か、低い(弱い)か、ということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨーロッパの通貨統合の歴史

ヨーロッパの通貨統合の歴史について詳しく書かれているページを教えてください。

Aベストアンサー

詳細なとはいきませんが、とりあえず、以下のようなサイトがありましたので、お知らせまで。(書籍だったら、専門のがあるんですけど・・・)


http://www.jal.co.jp/jalcargo/zine/382/supalogi.html

Qヨーロッパ通貨統合後の世界

ヨーロッパ通貨が完全に統合されるのは2002年1月1日からだと聞いていますが、これによりもとの通貨たとえばフランスフランはどのようになるのでしょうか?
すべてがユーロに変わりフランはすべてその時のレートで両替することになるのでしょうか?
それから通貨統合に伴うユーロ対円、対ドルの動きはどのようねなると思われますか。
かなりの混乱を伴うと思われますが、皆さんの考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

フランス・フランやドイツマルクなど、ユーロ参加国の通貨のユーロへの交換比率は既に決まっており、その交換比率でユーロに交換されます。
年末の相場で交換するわけではありません。

海外取引実務では、既に各国通貨は原則ユーロ取引になっています。

為替相場も既に、円対ユーロ、ユーロ対ドルで取り引きされています。
ユーロからフランスフランへの交換、また、その逆は、決められた交換比率で既に交換が行われており、むしろ、ドル対ユーロ、円対ユーロがどう動くかがで、フランスフランの手取り額も変わってきます。

ユーロの価値=フランスフランの価値ですから。

従って、ユーロに切り替えられることによる為替相場の混乱は考えられません。

ただ、実際の日常生活では、通貨が替わることによる価値の判断で、多少の混乱が起こることは予想されますが。

来年1月1日以降は、札や硬貨も発行され、EU加盟国の固有通貨は無くなりますので、フランスフラン、ドイツマルクといった呼称は歴史から消えます。
尚、手持ち通貨のユーロへの交換は、1ヶ月程度の猶予期間が設けられる予定です。

フランス・フランやドイツマルクなど、ユーロ参加国の通貨のユーロへの交換比率は既に決まっており、その交換比率でユーロに交換されます。
年末の相場で交換するわけではありません。

海外取引実務では、既に各国通貨は原則ユーロ取引になっています。

為替相場も既に、円対ユーロ、ユーロ対ドルで取り引きされています。
ユーロからフランスフランへの交換、また、その逆は、決められた交換比率で既に交換が行われており、むしろ、ドル対ユーロ、円対ユーロがどう動くかがで、フランスフランの手取り額...続きを読む

Q経済破綻に最も強い通貨は何?

日本が破たんした時、経済破綻に強い預金としてアメリカドルが挙げられますが、アメリカと日本は相互依存の関係にあり、どちらかつぶれればタダでは済まない気がします。
では、そんな時、本当に安定している通貨はないかと考えたのですが、あまり良い案が思い浮かびません。
破綻に最も強い、通貨もしくは、通貨のポートフォリオを教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問の「日本が破たんした時」とは、日本の財政が破綻したときに他ならないので、本当はそれがどの程度の影響があるのか、他国への波及効果も含めて議論しなければならないのですが、それは長くなるので省略。
大雑把にいうと、見方としては、#1の方のように、限定的になるという意見と、日本経済全体がクラッシュするという意見があります。

もっとも、日本の財政が破綻するという意見の方が主流派ではありませんし、近いうちに破たんすると信じているまともな経済学者はほとんどいません。


> 本当に安定している通貨はないかと考えたのですが、あまり良い案が思い浮かびません。破綻に最も強い、通貨もしくは、通貨のポートフォリオを教えてください。

#2の方の回答にあるとおり、金などの実物資産にするのが一つの手ですが、通貨ということであれば、日本とあまり関係がない国を選べばよいということになります。ということでいえば、中南米や南部アフリカが一つはあげられます。とはいえ、政情不安があるので解決策としては不十分でしょうね。

Q共通通貨と通貨バスケット制度の違い

共通通貨と通貨バスケット制は違うのでしょうか?

私はずっと同じものだと把握しておりましたが、「通貨バスケット制であったEMSでは度々通貨危機が生じたため、EUは共通通貨を導入した」と記載されてる本を読みました。

両方とも固定相場制だと思っていましたが、どう違うのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

固定相場制では、為替相場という概念を無くすことはできません。
通貨には、価値が同じであっても、使いやすい通貨、使いにくい通貨の格差が生じます。
それを敢えて同じ価値に維持しようとすれば、介入を行うしかなく、それが困難と思われれば、通貨危機が生じます。

共通通貨を導入した場合は、為替相場の概念は生じませんから、通貨危機は生じませんが、加盟国の財政危機が生じれば、共通通貨の価値を維持できませんから、厳しい財政規律が加盟国に課されることになります。
つまり、経済政策の目標が変わってきます。

Q新通貨アメロについて

アメリカドルが90円を切っていた時期にアメロという通貨についての記事を読んだ記憶があります。

しかし新通貨が出来るという話は全く聞かなくなりました。
これは当時のジョークだったのでしょうか?

Aベストアンサー

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1128&f=business_1128_006.shtml

「北米共通通貨=アメロ」導入というオバマの隠し玉
と、上のサイトにありますが、EUに対抗する北米の経済構想の一つ
だったようです。通貨の画像まで下記サイトにあります。

http://www.fxneet.com/news/money-amero.php
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112009012204


人気Q&Aランキング

おすすめ情報