相続に関する法律の解説本などを読んで調べたのですが、
なにぶん素人のため自信が持てません。

離婚して、ひとり息子を妻が引き取る(親権を失う)ことになった場合、
・配偶者はいない
・子供は、妻が引き取った子が1人いる
という状況になるので、遺産は100パーセント子供が
相続すると思うのですが、あってるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、初めに相続の範囲と順位を教えます。


あなたが基本です。数字は順番です。
(1)配偶者、子(2)あなたの父母、あなたの祖父母(3)兄弟、姉妹です。
但し、代襲相続があってあなたの孫は(1)、あなたの甥、姪は(3)になります。
代襲相続とは、法定相続人である子又は兄弟、姉妹が相続開始以前に死亡した時などに代わって相続することです。(民法にあります)
ですから、今回の質問では、元、配偶者に1/2、子供に1/2です。
全て元、配偶者の方が100%になりますね。sein13さん、reipuuさんの言われるとおりです。
少し範囲、順番を知ってましたので書きました。
ついでに、親族の親等も教えましょう。
本人と配偶者の両親、子供は1、本人と配偶者の祖父母、本人の兄弟姉妹、孫は2、本人のおじ、おば、甥、姪、ひ孫は3、いとこは4です。
以上です。
    • good
    • 0

奥様には相続権はありません。

お子様に100%相続されます。
    • good
    • 0

あってます。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオートローンの法定相続について子供、妻どっちが相続

タイトルの件、質問いたします。

オートローンを組んでいる、夫が死亡しました。

夫には、子供1人と妻がいます。

相続順位は、妻が1/2、子供が1/2です。
ローン残高は100万円あります。ローン会社は、妻と子供のどちらに
請求するのですか?車の負債は、どちらかが、車を相続して、ローン残高も相続する
事になる気がします。

その他の質問
1.妻は常に相続とあり。子供は第1順位とありますが
  実際、どちらが、優先順位なのですか、相続では?

2.子供は何歳でも、相続対象ですか?1歳の赤ちゃんが借金を背負うケースはあるのですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

"ローン会社は、妻と子供のどちらに請求するのですか?"
  ↑
#1 さんが説明している通り、半分ずつ請求できます。
相続人は仲良く、半分ずつ負担することになります。

”車を相続して、ローン残高も相続する事になる気がします。”
   ↑
車を誰が相続するかは、相続人間の問題です。
ローン会社には関係の無いことです。
誰がローンを相続するかを、相続人が勝手に決めることが
できるとしたのでは、資産の無い人がローンを総て相続する
ことも可能となります。
これではローン会社はたまりません。

1,妻は常に相続とあり。子供は第1順位とありますが
  実際、どちらが、優先順位なのですか、相続では?
   ↑
 子供が第一順位で、配偶者はその子供と同じ順位だ
 ということになります。
 子供がいなければ、親が第一順位で、配偶者はその親と
 同じ順位になります。兄弟が第一順位の場合も同じです。

2,子供は何歳でも、相続対象ですか?1歳の赤ちゃんが借金を背負うケースはあるのですか?
   ↑
 年齢は関係ありません。#1さんが説明しているとおりです。
 胎児にさえ相続が認められています。

"ローン会社は、妻と子供のどちらに請求するのですか?"
  ↑
#1 さんが説明している通り、半分ずつ請求できます。
相続人は仲良く、半分ずつ負担することになります。

”車を相続して、ローン残高も相続する事になる気がします。”
   ↑
車を誰が相続するかは、相続人間の問題です。
ローン会社には関係の無いことです。
誰がローンを相続するかを、相続人が勝手に決めることが
できるとしたのでは、資産の無い人がローンを総て相続する
ことも可能となります。
これではローン会社はたまりません。

1...続きを読む

Q「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」

相続税の事を勉強しているのですが
・「配偶者控除」
・「配偶者に対する相続税額の軽減」
と言うのは、言い方が違うだけで同じ意味、法律でしょうか?

Aベストアンサー

お勉強中ですか。
それじゃストレートな答えを書くと勉強にならないですからヒントだけね。

「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」はそれぞれ法律の中にかかれた用語で、同じものを指し示す場合は、同じ用語を使うことが原則となっています。

「配偶者控除」と「配偶者に対する相続税額の軽減」がそれぞれどの法律に用いられている用語か調べれば、簡単に答えは出ます。

まずはググってみましょう。

Q3000万円の遺産を相続しました。配偶者と子供二人

法定相続分で分けると配偶者1500万円、子供750万円ずつですが、相談した結果、配偶者は750万円、子供に1125万円ずつとしたいのですが、法定相続分以内(5000万円+1000万円*3=8000万円)でも、子供の遺産について1125-750万円=375万円(法定相続以上もらう)に相続税がかかると聞いたのですが、そうなのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>子供の遺産について、375万円(法定相続以上もらう)に相続税がかかると聞いたのですが…

大ウソです。

相続財産は、法定相続人全員が納得すれば、どのように分割してもかまいません。

相続税額の計算のしかたは、ここ
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm
にありますが、ざっくり説明すると、次のような3段階の計算になります。

(1) 基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を超えた額について、法定相続分に従って取得したものと仮定して、各法定相続人の仮の税額を計算します。
この仮の税額を合計して、相続税の総額を求めます。

(2) (1)で求めた総額を、実際に分割した割合であん分して、個人の税額を求めます。(例えば3分の1を相続したなら、個人の税額は、(1)で求めた総額の3分の1)

(3) 最後に、(2)の税額に 配偶者・未成年者・障害者などの特例を適用して、各人が実際に納めるべき税額が決まります。

おわかりいただけたかどうかわかりませんが、相続税額の計算では、民法に定める法定相続の割合以外で分割することも、よくあることとして、想定されています。

いずれにしても、今回ご質問の件は基礎控除額以内ですから、どのように分割しても相続税は一切かかりません。申告も不要です。

>子供の遺産について、375万円(法定相続以上もらう)に相続税がかかると聞いたのですが…

大ウソです。

相続財産は、法定相続人全員が納得すれば、どのように分割してもかまいません。

相続税額の計算のしかたは、ここ
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm
にありますが、ざっくり説明すると、次のような3段階の計算になります。

(1) 基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を超えた額について、法定相続分に従って取得したものと仮定して、各法定相続人の仮の税額を計算します。
...続きを読む

Q遺産相続問題です。父親が亡くなりました。相続人は配偶者と姉妹3人の4名

遺産相続問題です。父親が亡くなりました。相続人は配偶者と姉妹3人の4名です。姉妹3人の内の両親と同居していた一人が、父親の預金を引き出して自分の口座に入れてしまい、その金額を明かそうとしません。この行為は横領罪・隠匿罪辺りの罪にはならないのでしょうか? 何度言っても明かそうとしないので、法的或いは何らかの根拠をもって説得したいと思うのですが。ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遺産相続の紛争は、所轄の家庭裁判所で調停していただいてください。
法定相続人は、亡父の配偶者と子供3名ですが、配分の仕方は、同一ではありません。配偶者が1/2.子供達が残りの1/2を均等に3名で分割します。
亡父の預金を、死後引き出したのであれば、犯罪です。生前引き出したのであれば生前贈与ですから、其の分を遺産からマイナスします。いくらかは、裁判所が命令して金額を明らかにさせるでしょう。
話し合いに応じない場合は、家庭裁判所です。
弁護士や、司法書士を頼む場合は、遺産総額によりますが、100万円単位の手数料を承知してください。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_07_24.html

Q配偶者及び子供のいない叔母の死去による相続について

 叔母は生涯独身で、子供もいないまま今年75才で亡くなりました。

叔母は3人兄弟で、1番上が兄、2番目が私の父にあたります。

私の父は数年前に他界しております。もちろん叔母の両親はすでに死亡しております。

そこで叔母が残した財産の相続なのですが、叔母は生前遺言書を作成しており、それは財産のすべてを1番上の兄に相続させる旨の内容でした。

この場合、姪に当たる私には相続するものは何もないのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼、有難うございました。

「遺留分を持つ相続人は、直系ということで祖々父母とかひ孫とかも対象になるのでしょうか?」につきましては、
その通りということになります。勿論現存していないといけませんが…。

なお、他回答者へのご質問ですが、
「兄弟には遺留分が無いといいますと、兄弟も両親も死去していて、甥や姪だけ生存している場合は、相続はどうなってしまうのでしょうか?」につきましては、

相続人の範囲は通常、戸籍謄本を見ることによって判りますが、生れたけれども事情があって自分の戸籍に入れずに他人の戸籍に入れるといったケースなどがあり、必ずしも万全ではありません。

そこで、法律は法定相続人が見つからない場合、関係者は裁判所に申し出て、公告など一定の手続きを経たのちなお見つからない時に、相続人に該当しない身内の者や縁故者の中から相続財産の全部または一部を分与してもらうという建前になっています。甥や姪という場合は、こういった中に入ってくることが多いでしょう。
それでもまだ財産が残れば国庫に没収されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報