人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

松本清張や横溝正史など、初版がかなり古い作品は、後年に何度か
再発行で出版されたりしますが、例え近年になってドラマ化されたりする
ぐらい有名な作品でも、小説自体の内容は初版と変わりはないですか?
あくまでドラマ上で現代風にアレンジはされてると思いますが、、、
また同じ作品でも発行所が違う場合でも変わりないですか?

最後に 196X年1月x日第一版発行
      197X年1月X日改版第一版発行
      200X年1月X日第六版発行

この3つの年代の場合2つめと3つめは同じ内容と認識していいでしょうか?
また年月日の後の「版」は具体的に何を意味するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常は第一版第一刷、第○版第△刷りという形で表現します。

版というのは原版です。同じ版の中では刷りがかわっても内容は変わりません。

196X年1月x日第一版発行
197X年1月X日改版第一版発行
200X年1月X日第六版発行

改版して第一版というのは通常はあり得ず改版は第二版になります(三版以降が出なければ改版で終わり)。改版第一刷のことだと思います。

版を新しくする契機としては、原版の摩滅、作家からの要求、差別用語や著作権問題による削除などがあります。
版が変わって言葉遣いや内容を改める作家は珍しくありません。仮名遣いの現代化や問題部分の削除と言うのが多いケースですが、漫画だと、手塚治虫のように版が変わると別作品という事例もあります(手塚治虫は版が変わって改稿というのが多い作家でした)。このあたりは作家のこだわりでしょう。手塚作品では、違う版を全てコンプリートしようとしているコレクターも多いです。

ですから、上記三つが同じか違うかは作家によります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません。参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/21 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じタイトルで出版社が違う

堂本剛の単行本,きみとあるけば、と、ずーといっしょは、角川書店と朝日新聞社から発売されていますが、内容が違うんですか?
最近ファンになったばかりなんで、買いたいんですが内容によって両方買おうか悩んでいます。

Aベストアンサー

何かの小説やエッセイなどを新しく本にした場合、本屋さんの本棚に並んでいるようなB5サイズの本として出版されることが普通ですね。それらを単行本といいます。そして数年経ってもう売れ行きが落ちた頃に、値段を下げた廉価版としてポケットサイズで新しく発売されるのが文庫本です。
したがって原則として内容は同一です。むしろ場合によっては数年経っているだけに増補したり、一部改訂したりする場合もあります。

この堂本剛さんの本の場合、単行本は2002年の7月に朝日新聞社から発売されています。そしてもう値段の高い単行本では売れなくなった2006年に、安い文庫本として角川書店から発売されました。従って本文、イラストともどちらも同一だと思いますが、万一改変されている場合は大抵文庫本のあとがきあたりにその旨が書いてあるのが普通ですから、念のために店頭で確認してみてください。

Q文学作品の出版社の違いについて

夏目漱石のこころでも、岩波書店、新潮社、集英社の3社から出ていて、
武者小路実篤の友情も新潮社と岩波書店から出ています。

新潮社が一番古いと思うのですが、字体などが違うのでしょうか?
違いを教えてください。

Aベストアンサー

夏目漱石など、一般の人が読まれるものは、オリジナルとはずいぶんと違う印象を受けるかもしれません。
オリジナルは、もちろん旧仮名遣いですし、漢字も旧漢字。現在普通に読まれているものは、オリジナルなものに手を加えて仮名遣いや漢字の使用を現代風に書き直しています。
各出版社がそれぞれの作品の出版に際して、それぞれの基準に応じて書き直して、現代の人でも読みやすいようにしているわけで、違いがあるとすれば、その書き直しの部分で、あえて漢字表記を残して振り仮名で読み方を示しているか、今は用いられない漢字表記であるので仮名にしてしまっているか、そういう部分で、それぞれの編集方針の違いが出るかもしれないと思います。
字体は印刷所の違いがあれば、あるかもしれません。
ためしに図書館でいくつかの文学全集などから、同じ作品の入っているのを選んで、それぞれの表記の違いを比較してみると面白いかもしれません。
「友情」はなつかしいです。小学生の頃だったかに読みましたが、それは少年少女文学全集というか、そういうものでしたから、漢字にはほとんどすべて振り仮名が振ってありました。

夏目漱石など、一般の人が読まれるものは、オリジナルとはずいぶんと違う印象を受けるかもしれません。
オリジナルは、もちろん旧仮名遣いですし、漢字も旧漢字。現在普通に読まれているものは、オリジナルなものに手を加えて仮名遣いや漢字の使用を現代風に書き直しています。
各出版社がそれぞれの作品の出版に際して、それぞれの基準に応じて書き直して、現代の人でも読みやすいようにしているわけで、違いがあるとすれば、その書き直しの部分で、あえて漢字表記を残して振り仮名で読み方を示しているか、今...続きを読む

Q各出版社の文庫の特色を教えてください。

各出版社から文庫が発売されてますけど、ちくま・新潮・岩波・角川・早川など、各文庫の特色ってあるのでしょうか(たとえば各新聞紙のように)?表紙画のせいかなんとなく、岩波はかたいイメージがあるのですが。。どの文庫は、どのジャンルに強いとか、どの分野に力を入れているとか、そういう特色があったら教えてください。

Aベストアンサー

岩波文庫は古典とか学術書とか日本近代文学では圧倒的な強さがありますが、
現代文学には力を入れていません。

近現代の日本の純文学および海外文学においては、
新潮文庫が一番充実していると思います。

ほか、角川・集英社・小学館・文春などの文庫は、
上の二社よりシェアが少ない感があり、
上二社よりも現代作家の比重が高いです。


人気Q&Aランキング