2ヶ月ほど乾いた咳が止まりません。咳の出る時間は不規則で、夕方から夜に一番咳き込むことが多いです。咳以外の症状は無いのですが、血液検査を行ったところ、異常無しでした。結核の可能性もあると言うことで、レントゲン検査を進められています。しかし、現在妊娠の可能性があり、検査を躊躇しています。もし、妊娠していて、結核の場合、胎児にはどんな影響があるのか、非常に心配です。また、レントゲンを撮ったり、薬を飲んでも良いのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以前調べた時は、簡単な造影写真程度なら全然影響ないという記憶があります。

ただし、CTなどで連続的に写真をとる場合は別です。痰の検査はしたのでしょうか?一週間くらいで検査できますよ。

一応僕が調べたHPでは僕の記憶は正しかったようですが、お医者さんに妊娠しているという可能性があるということはレントゲン撮影前に必ず言っておいてください。

妊娠中の薬について少々、
http://home.highway.ne.jp/geki/homepage/memo14.h …
下は神戸市の場合ですが、テープ録音なので他県から掛けても問題ないのでは?
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/18/menu03/h/h …
結核と関連してこういう事例もあったようです、
http://www.yomiuri.co.jp/life/medical/97022701.htm
妊娠に関する大体の疑問をまとめたものです。(病院のページから抜粋)
http://member.nifty.ne.jp/tadysroom/link1.htm#mama

参考URL:http://www.okayama.med.or.jp/ibara/treasure/chis …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLとても参考になりました。ありがとうございます。ドクターに相談しながら、検査を受けてみようと思います。

お礼日時:2001/05/28 12:51

妊娠の可能性があるとき、胸部のレントゲン写真を撮影する際は、放射線の技師に伝えれば、腹部をプロテクターで防護してくれます。

仮に知らずにレントゲン検査を受けても、胸部の場合は胎児に対して影響を及ぼすほどの線量にはなりません。
胸部疾患の可能性があるときに、妊娠を理由にレントゲン検査を受けないのは、妊婦さん自身に不利益が及ぶ可能性があります。
妊娠中に結核を発症しても、軽度の場合は胎児に対する影響はほとんどありません。重症になると、血行性に全身に播種して、胎盤に結核菌が移行することがあり、胎児にも悪影響が出ることがあるため、活動性の結核症の場合、妊娠していても治療が必要なのは明らかです。
抗結核薬には、胎児に対する催奇形性のあるものは限られており、胎児に聴覚障害をきたす可能性のあるものなど、投与してはならない薬剤もはっきりしています。現在、最もよく使用される3種類の薬剤は、比較的安全性が高いといわれています。
まずは、きちんと検査を受け、はっきりさせることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。医療にまったく無知で、心配ばかりしていました。
妊娠中の結核の場合でも、治療可能と言うことが解かり、また、
胎児にもそれほど影響が無いということで、安心しました。
明日、検査に行く予定です。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 23:56

妊娠の可能性があるのでしたら、まずその点をはっきりさせるべきです。


産科の診察を受けてみましょう。

又、結核の可能性もあるのでしたら、当然にその検査も必要です。
結核は怖い病気ではなくなったものの、病状が進むとそれなりに危険です。

医師に事情をよく説明すれば、それを考慮した検査をしてくれます。

お大事に。
とにかく、心配していても解決しませんから、診察を受けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
心配していても解決しませんね!
とにかく、検査を受けてみます。

お礼日時:2001/05/28 12:31

直接的な回答ではありませんが、TOPページで「結核」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にして下さい。



http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(播種性結核(感染性))
このページで「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参照してください。

薬は未だ処方されていないのですね?
薬剤名が分かればある程度調べられますが、補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
咳止めの薬を処方されていますが、結核に関しては、まだ薬は飲んでいません。
たくさんの情報、参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/29 00:01

こんばんは


10年ほど前に、結核に、かかった男です。
当時、私は、不覚にも彼女(現在は、奥さんです)を、妊娠させてしまい、
結局、中絶手術させてしまいました。
その時、医者に言われたのが、「結核には遺伝性はない・薬には多少あるかもしれない!?・まあ、産んでみれば!!?」との、事でした。
(そんな簡単に、言わないでくれ) って感じでしたが…。

ともかく、レントゲン検査だけは、絶対に受けてください。
ちゃんと、対処法が、あります。
レントゲン技師に、「妊娠してます」と、申告するだけです。
陰性か、陽性か、ハッキリしてからだと、思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
妊娠がはっきりするまで検査は待とうか、早い方が良いのかいろいろ迷っていましたが、検査に行こうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 12:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胎児の超音波写真はいつぐらいからもらえるのでしょうか?

現在、妊娠5週目くらいなのですが、胎児の超音波写真がはやくみたいなぁと思っています。来週6週目なので、検診があるのですが、そのとき、超音波写真はもらえるのでしょうか。
ふつう、胎児の超音波写真はいつぐらいからもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.4です。

NO.5の方もおっしゃってる通り診察前に言ってみてもいいと思います。(内診台に上がる前です)
そうすれば、先生の顔を見て言えるので、抵抗がないのでは?

超音波写真が欲しいというのは何も遠慮するような事ではないので、遠慮せず言っていいと思いますよ。
私の時は言わなくてもくれましたが、もしくれなかったらきっと「欲しい」と言っていたと思います。
勇気を出して、言ってみて下さいね。
可愛い我が子の写真ですから。。。

Q最近風邪を引いたのですが朝咳き込んたりすると血の混じったたんが出てきます でも起きてしばらくすると血

最近風邪を引いたのですが朝咳き込んたりすると血の混じったたんが出てきます
でも起きてしばらくすると血は出てきまさん
コレはヤバイ病気でしょうか?

Aベストアンサー

喉がやられたと思います。一応、お近くの内科で診てもらってください。
レントゲンも撮るでしょうね。肺炎になっていたら大変です。
早めに行ってください。

Q超音波検査が普及する以前には、胎児が双子である事はどうやって分かったのですか

妊娠中の胎児が双子であることは、超音波エコーの検査によって分かりますが、
超音波検査が普及する以前の時代には、胎児が双子である事はどうやって分かったのですか。

Aベストアンサー

こんにちは、双子の母です(というのは関係ないですが(^_^;))。
超音波が普及する以前には「トラウベ」という聴診器の親玉みたいな器具を使っていました(今もあるのかな?画像検索したのですがhitしません)。
これで胎児心音が聞けるのは20週程度になってから、少なくとも胎動がある頃までは無理だったと思います。
それよりも、双胎妊娠はお腹が大きくなるのが異様に早いですから、子宮底長や腹囲が重要な検査項目だったのではないかと想像しますね。
ところで、私が母のお腹にいた時。私一人だけの単胎だったんですけど、8ヶ月になってから「双子かも?!」と言われたらしいです。横に寝そべったように位置していたので、頭が二つ(実は一つはお尻)と触診で疑われたとか。何てノンビリした時代だったのでしょう(笑)

Qレントゲンで肺に影、リンパに結核?

じん肺の父が肺炎をおこして入院しています。
肺炎治療の副作用ですい炎になり、生死をさまよいました。
父は心臓疾患、糖尿病があり、治療中に軽い心不全を2回おこしており治療も困難だったようです。
現在はすい炎も肺炎もよくなっていると言われ、最近は調子がよくなったので安心していたのですが、昨日のレントゲンの結果、肺に影がありリンパに結核が入ったと・・・
母が医師から聞いていたので、母親の説明ではよく理解できないのですが、
結核と言っても菌のある結核ではないとのこと。
そんなものがあるのか?と調べてみたのですがヒットしません。
とりあえず、今の状態では薬で治すしかない、簡単な病気ではないし、体力も落ちているし心臓や糖尿のこともあるので、覚悟はしておいてくださいと言われたそうです。
すい炎の時も覚悟しておいてくださいと言われましたが、今回もかなりのダメージを受けてしまいました。
菌のない結核とはどういったものなのでしょうか?
また、症状はどのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

No3です、非定型好酸菌症は結核菌に似ているが別の種類の菌によって引き起こされる肺炎で臨床上は結核に類似しています。
好酸菌は抗生剤に良く反応しますので比較的よくなるのは早いです。
リンパ節結核は肺結核と違い排菌しませんので隔離されたりもしません、
結核は全身に発症しますが排菌するのは肺結核だけです。
お父様の件は糖尿病はいろいろな合併症を引き起こしやすく、結核用の薬も効きにくくなってきます。一般的に結核は薬剤投与が半年ですが、糖尿病があるだけで9ヶ月から一年くらいに延長してしまいます。すい炎のほうは落ち着いているようですので心配は糖尿病のコントロールだけでしょう。

Q超音波検査が胎児に悪影響を及ぼすってほんとですか?

他の質問で「アメリカでは超音波検査が胎児に悪影響を及ぼすので同意書まで書かされる」ということを知って非常にいたたまれない気持になりました。

左利きの子供が生まれる確率が上がるとか・・・
ウチの次男も左利きです。
夫の家系にも私の家系にも左利きはいないので不思議に思っていただけに不安です。
私の場合は10回は受けてます。
同じくらい受けた方は多いと思うのですが、ご自身の中でどう納得されますか?
どうやってこの不安を取り除けばいいのかわからなくなってしまいました・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200608140022.html
こういう実験がありますが、これは人間での使用方法とは全然比較ができないお話です。

脳に集中して30分照射すると云々って言ってますが、婦人科のエコー検査でこんな使用方法は全く存在しません。
大体30分もエコーで見つづける事自体まずあり得ないでしょう。
ましてや動いてる胎児の脳を追いかけて見つづけるなどという事は水頭症などの脳の異常がある場合でもあり得ません。

同記事や、それをうけてFDA(アメリカの厚生省みたいなもの)が出した警告
http://health.yahoo.co.jp/news/detail?idx0=w30060208
でも、医療用の技術者が行うエコー検査については否定してません。
「医学的理由のない胎児の撮像は、経験の少ないスタッフによって行われることが多く、医療技術者が行う場合よりも撮像に長時間かかる可能性がある。」がアメリカでは広範に行われており、これに対する警告となっています。

日本の産婦人科EM学会も
http://www.obme.umin.jp/right/public/200608PNAS.htm
のようなコメントを出しています。

エコー検査により、安全にあるいは病気を早期に発見し、無事に生を受けられる沢山の赤ちゃんがいるという現実からすれば、今回の話は、まあ要らない照射は避けるべきかもしれないけど、これを廃止しようという話にはなりえないでしょう。

以上より、たった10回のエコー撮影を受けたから左利きという影響は現在では全く考えられないというのが、通説だと思います。

ちなみに、私も家系に左利きはほとんどいませんが、左利きです。
私が生まれた当時はまだエコー検査は存在してません。

こんにちは。
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200608140022.html
こういう実験がありますが、これは人間での使用方法とは全然比較ができないお話です。

脳に集中して30分照射すると云々って言ってますが、婦人科のエコー検査でこんな使用方法は全く存在しません。
大体30分もエコーで見つづける事自体まずあり得ないでしょう。
ましてや動いてる胎児の脳を追いかけて見つづけるなどという事は水頭症などの脳の異常がある場合でもあり得ません。

同記事や、それをうけてFDA(アメリカの厚生省みた...続きを読む

Q結核 レントゲンの安全性

別棟に住む父がおととし結核になり、入院しました。家族は年に3カ月おきぐらいににレントゲンを撮るよう保健所の方から指示が来ます。(2年間)子どもたちが頻繁にレントゲンを撮るのが、心配です。今月また父の結核が再発したので、またレントゲンを撮り続けなくてはいけなくなりそうです。そこで、安全だといわれるけれど、まだこんな決まりができてから結果が出るほどたっていないので、信用しきれないので、家族の結核の検査にレントゲン以外に選択肢はないのでしょう?知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

総合的に考えて、1シーズン1回のレントゲン検査は妥当。

ツベルクリン~BCGは、抗体の有無検査~予防の意味ですが、これは別の話。
また、その他に「喀痰(かくたん)検査」等もありえますが、
それで分かった時には既に手遅れ → 基本的に即入院。

Q胎児 超音波スクリーニング検査結果について

みなさまのお知恵をお寄せくだされば幸甚です。

パートナー(元の交際相手、現在人妻)が妊娠しました。今日6月12日は週齢8週目です。

6月2日に初期超音波スクリーニングを受けました。週齢6週末~7週始のときです。

発育に問題はなく、内臓の発達も正常(器官は揃っていて心臓の弁も確認できた)で、奇形なども見当たらないとの診断でした。手足をバタバタして元気そうにしていて指も見えたそうです。

しかし早産の危険があり、医師から即入院または胎児治療(投薬により胎児の発育を促す)を勧められました。放っておくと母子ともに死の危険があるとのこと。

後者を聞いて大変ショックを受けましたが、パートナーは普通に仕事をしており、つらそうにはしていません。
また母体は健康で赤ちゃんの出口が緩んでいるようなこともないと医師に言われたそうです。ただストレスが原因で上記のような心配があるとやはり同じ医師に言われたというのです。

現在、かなりお腹が張り出しています。

スクリーニングを受けたことも含めて上記はすべて事後報告でした。いろいろ調べていくうちにパートナーの説明に疑問を持つようになってしまいました。

お分かりになる方がいらっしゃれば、以下の3つについてご教示お願いいたします。

(1)スクリーニングのタイミングが早すぎませんか(普通は20週~とパートナーの通院するクリニックの情報にあります)

(2)週齢に比べて発育が早すぎませんか、

(3)早産に対応する医師の説明は適切でしょうか、似た体験をした方はいらっしゃいますか。よい病院はありますでしょうか?

週齢と胎児(胎嚢)の状態が一般的な週齢の例と比べて大きく違うと思っており、そういう例が他にもあるのかどうかを知りたいです。その上でパートナーと話し合いたいと思います。

性交日は5月2日の一日だけです。その前は1年半以上会っていませんでした。5月3日以降もありません。

パートナーは旦那に内緒で自分の家族として育てると言い、それに全く迷いはないようで、すでに旦那に妊娠したことを告げています。その上で入院、治療費を負担してほしいと言われています。

私はその子が自分の子であるなら、子供の無事を第一に費用負担を含めてできることをしたいと思っています。

恥をしのんでお聞きする次第です。

どうぞよろしくお願いいたします。

みなさまのお知恵をお寄せくだされば幸甚です。

パートナー(元の交際相手、現在人妻)が妊娠しました。今日6月12日は週齢8週目です。

6月2日に初期超音波スクリーニングを受けました。週齢6週末~7週始のときです。

発育に問題はなく、内臓の発達も正常(器官は揃っていて心臓の弁も確認できた)で、奇形なども見当たらないとの診断でした。手足をバタバタして元気そうにしていて指も見えたそうです。

しかし早産の危険があり、医師から即入院または胎児治療(投薬により胎児の発育を促す)を勧められました...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。


貴方との子ではないのではと思いますね。
ご質問に入る前のいきさつから、おかしな点がいくつかあり、
(ん?)と思っていたらやはりご質問内容がそうでしたので・・。
とりあえずご質問から答えていきますと。

(1)スクリーニングのタイミングが早すぎませんか(普通は20週~とパートナーの通院するクリニックの情報にあります)

DEERはその手の検査は一切受けていないのでわかりませんが、
胎児スクリーニング検査は大体早くて15週からですかね、
6~7週のまだ臓器もできていない時でできた検査ではありませんよ?
6~7週だとしたら、まだ赤ちゃんはUFOみたいなものです。


(2)週齢に比べて発育が早すぎませんか、

上にも書きましたが、5/2の1回しか性交があなたとはないなら、
5/2を仮に排卵受精日として、6/2では6週2日ですよ。
そんな時期でスクリーニングはされませんよ。
しかもあなたは臓器が見えただの書いていませんでしたっけ?
臓器など見えないですよ、タダのUFOです。心臓らしきもの(心臓に見えない)
がポコポコ動いているくらいがやっとです。
これでおかしいなと思いました。

(3)早産に対応する医師の説明は適切でしょうか、似た体験をした方はいらっしゃいますか。よい病院はありますでしょうか?

切迫流産のことを言っておられるのか?(*_*)と思えたくらいです。
にしても、パートナーさんは普通に動かれているんですよね?
おかしな話です。切削流産なら絶対安静ですしね。
「早産」心配で間違いないのなら、今から早産の心配など誰にもわかりませんよ。


>週齢と胎児(胎嚢)の状態が一般的な週齢の例と比べて大きく違うと思っており、
>そういう例が他にもあるのかどうかを知りたいです。その上でパートナーと話し合いたいと思います。

ええ、大きく違いますね。ありえないですよ。

貴方との妊娠なら本日で7週5日です。
心臓はピコピコしていますが、たぶん手は見えないですね。
足は何とか見えているかも?しれないので「手足をバタバタ」というところでも(ん?)と思えましたね。

エコー写真で、胎嚢サイズやCRLサイズが判るものはないですか?
パートナーに聞かれても、サイズをごまかされる可能性もありますし、
あなたがエコー写真の記載の数値を見る方がいいですね。
何月何日でCRL●●mmとかGS●●mmと書いてある、
もしくは「D=●●mm」「DIST=●●」と書いてあり、
CRL(胎芽)GSは胎嚢で+から+を計ったものです。
貴方がこの見方を理解していれば。

お話から、どうもその赤ちゃんは10週以降だと思えます。

>パートナーは旦那に内緒で自分の家族として育てると言い、それに全く迷いはないようで、すでに旦那に妊娠したことを告げています。その上で入院、治療費を負担してほしいと言われています。

何かもやっとするお話ですねぇ。
自分たち夫婦の子として育てる、費用は貴方が負担して?
なにかイラッと来る話ですがね。

こんにちは。


貴方との子ではないのではと思いますね。
ご質問に入る前のいきさつから、おかしな点がいくつかあり、
(ん?)と思っていたらやはりご質問内容がそうでしたので・・。
とりあえずご質問から答えていきますと。

(1)スクリーニングのタイミングが早すぎませんか(普通は20週~とパートナーの通院するクリニックの情報にあります)

DEERはその手の検査は一切受けていないのでわかりませんが、
胎児スクリーニング検査は大体早くて15週からですかね、
6~7週のまだ臓器もできていない時でできた検...続きを読む

Q乾いた咳が続いています。

2週間ほど前から酷い咳が出始めました。
激しく咳き込み筋肉痛や腰痛になり、常に咳が出ているような状態でした。
今は初期に比べれば大分落ち着いていますが、喉の違和感と少しの咳は残っています。
以下に現在の症状をあげます。

・乾いた咳
・常に喉がくすぐったいような違和感
・喉の痛みはなく、声も嗄れていない
・夜横になってからしばらくと、朝起きてしばらくは強く咳き込む
 (時々うとうとしていて咳き込んで起きたり、朝方に咳き込んで目が覚める事がある)
・昼間は時々ケホケホと軽く咳が出るぐらい
・痰はあまり無い
・熱やだるさはまったく無く食欲もある
・咳が出る以前に風邪をひいていた訳でもなく、体調も崩していない
 突然咳のみが症状として表れた

部屋は昨年の春に越してきたので、既に1年半暮らしています。
電気代がかからないためエアコンは頻繁につけており、
昨年夏、今年にかけての冬、梅雨場のドライ、今年の初夏など
症状が出る半月前からほぼ毎日使用していましたがまったく問題はありませんでした。
症状は徐々にではありますが落ち着いてきているので、このままでも治ると思うのですが
もし病院にかかるならまずは内科で大丈夫でしょうか。
(念のため呼吸器科・アレルギー科が併設されている病院に目星をつけているのですが)
また、考えられる病気としては何がありますでしょうか。
同じような経験をされた方がおられましたら、アドバイスお願いします。
病院に行く時間があまりとれないため、できることならこのまま治ってくれるのを祈っているのですが…。
(褒められたことで無いのは十分承知の上です…)

2週間ほど前から酷い咳が出始めました。
激しく咳き込み筋肉痛や腰痛になり、常に咳が出ているような状態でした。
今は初期に比べれば大分落ち着いていますが、喉の違和感と少しの咳は残っています。
以下に現在の症状をあげます。

・乾いた咳
・常に喉がくすぐったいような違和感
・喉の痛みはなく、声も嗄れていない
・夜横になってからしばらくと、朝起きてしばらくは強く咳き込む
 (時々うとうとしていて咳き込んで起きたり、朝方に咳き込んで目が覚める事がある)
・昼間は時々ケホケホと軽く...続きを読む

Aベストアンサー

今年の5月頃に同じような症状で病院に行ったところ「百日咳」と言われ、長い間抗生物質や咳止めなどを飲んでいました。
その時はすごく流行していたようで、子供の頃に百日咳にかかっていないか、もしくはワクチンを接種していても、途中十数年もかからなかった場合は効果がなくなり、感染してしまうそうです。

今もまだ流行っているのかも知れません。
百日咳というくらいだから、放っておくと3ヶ月くらいはひどい状態が続くのではないでしょうか?
抗生物質はなるべく早く飲み始めた方が効くらしいので、早めに病院へ行かれたほうがいいと思います。

Q超音波写真に胎児とは別に人のような顔が写りました

先日、胎児のエコー写真を撮ってもらったところ、胎児の顔(頭の)よこに、人のような顔が写りました。どうすればいいでしょうか・・・

Aベストアンサー

 人の顔のように見えただけだと思いますよ。
 人間の心理として、どうしても目と鼻と口を探してしまうものだそうです。
 だから、なんでもない染みや天井の木目が人の顔に見えたりするのです。

 私も人の顔のようなものが写っていたことがありますよ。
 超音波が跳ね返ってきたものを映像化するので、何かの加減でいろいろな影が映ってしまうものです。
 もしかしたら、たまたま手を頭の横にやっていた瞬間だったのかもしれないし。

 どうもしなくていいですよ。

Q妊娠中の結核感染による胎児への影響について

早速ですが、妻が仕事柄、結核罹患(ガフキー10号)の患者と接しており、ツ反で強陽性と出ました。その後すぐ検査で妊娠4週目だと判明しました。それで、現在初産という事もあり出産するか堕胎するかで悩んでおります。産婦人科医、妊娠中の合併症専門医にも聞きましたが、その内容が今ひとつ決断に至りません。その内容と言うのが、科学的予防薬の方は安全なものと危険なものと判断がある程度つくので胎児への影響は少なくすむと言う事で分かりました。しかし、今詳しく知りたいのが結核自体が胎児及び出産時の新生児に与える影響のことです。一人は危険なので産まないほうが良いと言い、一人は管理さえしていれば大丈夫と言っております。ネットで調べてもその意見は、千差万別です。それで何時も相談の括りが、ご夫婦でしっかり相談してください。なのです。自分たちでもかなり調べたのですが、もし胎児に結核が入った場合の多くが命に関わり、後遺症を残す恐れのある段階まで進むことがあり重度の症状が出る。(粟粒結核など)という事でした。これは天に任せるということなのでしょうか?確率とか何か、指針に有るような意見は無いでしょうか?
どんなことでもいいのでたくさん教えてください。

早速ですが、妻が仕事柄、結核罹患(ガフキー10号)の患者と接しており、ツ反で強陽性と出ました。その後すぐ検査で妊娠4週目だと判明しました。それで、現在初産という事もあり出産するか堕胎するかで悩んでおります。産婦人科医、妊娠中の合併症専門医にも聞きましたが、その内容が今ひとつ決断に至りません。その内容と言うのが、科学的予防薬の方は安全なものと危険なものと判断がある程度つくので胎児への影響は少なくすむと言う事で分かりました。しかし、今詳しく知りたいのが結核自体が胎児及び出産時の新...続きを読む

Aベストアンサー

ご存じかもしれませんが、結核の感染性はガフキーの号数と咳込みの期間によって決まります。ガフキー10号というのは、排菌の程度としては最も強いものですから、この患者さんが有症状であれば、強い感染性をもちます。もしこの患者さんの診断がつく前に感染を防ぐための措置(感染予防のための特殊なマスクをするなど)を講ずることなく接触していたのであれば、今回の感染を疑わざるを得ません。
さて、今回感染したという前提で考えると、発病を予防するための治療(化学予防)が必要です。通常、化学予防にはINH(イソニアジド)という薬剤を半年間服用します。この薬剤は、妊婦に対しても比較的安全に使用することができます。INHの6ヶ月内服で、結核の発病を5-9割減少させるといわれています。
化学予防は、状況が許せば出産後に行うのが望ましいのですが(活動性の肺結核を発病している場合は、直ちに治療を開始しなければなりません。)最近、感染したことが明らかで発病の危険性がある場合は妊娠中でも服薬します。この場合も、できれば妊娠4ヶ月以降の服薬が望ましいといわれていますが、INHについては、催奇形性や胎児に対する有害な報告がないため、明らかな感染があり発病の可能性がある場合は、4ヶ月以内に投与開始してもよいと思います。(ただし妊娠初期には肝機能障害が起こりやすいという報告はあるようです。)

質問を読んでいて、疑問に思うことは、現時点でなぜ中絶を考えなければならないかです。
結核菌が肺胞の中に入り、感染が成立しても発病していない時期は、結核菌は局所に封じ込められており、胎児には何の影響もないはずです。発病すると肺の中に病変を形成し、リンパ節が腫れたりしますが、この状態でも胎児に影響があるとは思われません。この時期には、治療が必要ですが、薬剤の使用も軽い結核であればINHとEB(エタンブトール)の併用、中等症以上ではこれにRFP(リファンピシン)を加えるなど治療の方針は明らかです。
結核を発病して胎児に影響が出るのは、血行性に全身に散布して胎盤に結核感染がおきるなど重症の結核になった場合だけです。(粟粒結核も血行性に多臓器に結核が播種した状態です)中絶を考えるのは、多剤耐性結核を発病し、十分コントロールできないなど特殊な状況のみと考えてよいでしょう。もちろん、発病して排菌がある状態で出産し、子供と接触するのは大変危険ですが、治療を開始し、きちんとしたコントロール状態で出産に望めばまず問題ないと思います。

妊婦さんの結核治療というのは、かなり専門的になりますし、化学予防を開始する時期については、大変難しい問題だと思いますので、お近くの結核病床のある病院での結核専門医を受診され、今後の方針を相談するとともに、服薬開始時期を決められてはどうでしょう。
下記のサイトでも、電子メールで相談に応じてくれます。

参考URL:http://www.jata.or.jp/jata/jj/SHI12A.HTM#A

ご存じかもしれませんが、結核の感染性はガフキーの号数と咳込みの期間によって決まります。ガフキー10号というのは、排菌の程度としては最も強いものですから、この患者さんが有症状であれば、強い感染性をもちます。もしこの患者さんの診断がつく前に感染を防ぐための措置(感染予防のための特殊なマスクをするなど)を講ずることなく接触していたのであれば、今回の感染を疑わざるを得ません。
さて、今回感染したという前提で考えると、発病を予防するための治療(化学予防)が必要です。通常、化学予防に...続きを読む


人気Q&Aランキング