今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ポスターを作ることになり、「問い合わせ」か「問い合わせ先」か、「お」をつけるか否かで担当者間で意見が分かれます。国語的にどうなのかご教示いただけますでしょうか?

「問い合わせ」に書く内容は自社のことなので、どちらにしろ「お」をつけない派
(結婚式招待状に「ご」や「お」をつけるようなものだよ派)

問い合わせは、聞きたい人の行為なので「お問い合わせ」にするべき派

「問い合わせ先」は自社のことなので、「お」は不要派

「問い合わせ」する行為の先なので、「お問い合わせ先」とする派

これに、自社ホームページでの発表と他組織に乗せてもらう場合にお願いする内容とで、複雑化する一方で決まりません。
東大が講演会の案内を作成し、東大で発表する場合と、京大にも公開を頼む場合で文案が変わるのか否か?

内容は、会社名・担当部署名・住所・電話番号・メールアドレスとなります。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。


最初の派を見落としていたので説明表記にまちがいが生じてしまいました。
また、最後の派の意図を勘違いしていたようです。
部分的に修正してもよいのですが、見づらくなりますので、お詫びしつつ以下に全面的に書き直します。


尊敬語は、相手の動作・行為を表わす言葉について使います。
謙譲語は、「相手」及び「相手に属するもの」に向かう「自分(側)の動作・行為」を表わす言葉について使います。

「問い合わせる」というのは相手(顧客)の行為ですから、「お問い合わせ」という尊敬表現をするのが一般的で、2番目に挙がっている派が妥当でしょう。

最初の派は、「問い合わせる」という行為の向かう先が【自社に属するもの(自社名や自社TEL)】なので、尊敬表現にするのは不自然、ということなのでしょう。
直後に自社名などを明記するため、自社に向かうというニュアンスが強いと感じてしまうのだと思います。一理はあるかと思いますし、全否定はしません。
ただ、これは、あくまで会社側の視点でしょうね。
顧客の視点に立った場合、その行為に対して尊敬表現が使われているほうが無難ではないかと思います。

3番目の派は、最初の派と似ていますが、若干ニュアンスが異なっていて、「問い合わせる」という行為の向かう先が【自社】なので、尊敬表現にするのは不自然、ということなのでしょう。感覚的にもわかりますが、向かう先が自社であっても「明日10時までに、当社へお越しください」のような表現もあります。
シチュエーション次第ではあるのですが、ホームページなどの場合であれば、お越しになる(来る)のが相手である以上、来るという行為の先が自社であっても、相手の行為なので尊敬表現が必要になると考えて良いでしょう。
自社名などを表記しないケースであれば、「問い合わせは一切お断りいたします」のような表現はおそらくしないはずです。

4番目の派は、「行為の向かう先」と「行為を発する元」を勘違いしているようです。
「問い合わせる」というのは相手(顧客)の行為ですから、その向かう先は自社になり、「向かう先だからという意味で尊敬表現にすること」はできません。
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明いただき、ありがとうございます。

間違っている派を除去できたのでありがたいです。また、グレーの部分、国語的ではなく感覚的な部分もご指摘いただき大変参考になりました。

お礼日時:2013/08/10 06:51

尊敬語は、相手の動作・行為を表わす言葉について使います。


謙譲語は、相手や相手に属するものに向かう【自分(側)の動作・行為】を表わす言葉について使います。

「問い合わせる」というのは相手(顧客)の行為ですから、「お問い合わせ」という尊敬表現をするのが一般的で、最初に挙がっている派が正解でしょう。

2番目の派は、「尊敬語の向かう先が自社」ではおかしいだろう、ということなのでしょう。
一理はあるかと思いますし、感覚的にもわかりますが、向かう先が自社であっても「明日10時までに、当社へお越しください」のような表現もあります。
お越しになる(来る)のが相手である以上、来るという行為の先が自社であっても、相手の行為なので尊敬表現が必要になると考えて良いでしょう。
自社名などを明記しないケースであれば、「問い合わせは一切お断りいたします」のような表現はおそらくしないはずです。
とはいえ、直後に自社名などを明記するため、自社に向かうというニュアンスが強いと感じてしまい、「問い合わせ先」のように表現したくなる感覚はわからないでもありません。
ただ、これは、あくまで会社側の視点でしょうね。
顧客の視点に立った場合、その行為に対して尊敬表現が使われているほうが無難ではないかと思います。

3番目の派は、おそらく「問い合わせる」を謙譲語として解釈しているのだと思いますが、先に触れましたように、謙譲語というのは、あくまで行為者の動作を低く表現して、その向かう先に敬意を示すものです。
「お問い合わせ」を謙譲語と判断すると、顧客が自らを低くして、その向かう先である会社に敬意を表わしていることになりますから、真逆の解釈になってしまいます。
ただ、自社から相手に対して何か問い合わせる場合にも「お問い合わせ」という表現は使います。
この場合は、「問い合わせる」という行為が自社であって、相手ではない、という違いがありますが、このシチュエーションと勘違いされているのだと思われます。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「お問い合わせ」が一般的なのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/10 06:45

問合せ先

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/10 06:39

要するに書く人の心の問題で、「国語」ではどちらでもOKです。



「興味を持ってお問い合わせいただく場合には、こちらまで連絡を下さい。」ってへりくだった意図をもって掲載する場合、「お問い合わせ先」と書くのが”一般的”です。問い合わせようとしてそこを見るのは読者側。企画側にとって読者はお客様ですから、自社で発表する場合も、他に依頼する場合も、実際に問い合わせるのは読者なので「お」を付けてへりくだった表現としてOKなですね。

とはいえ、「お」がなければ礼儀に背くというほどでもないので、「問い合わせ先」として事務的に掲載しても良いし、他にも例えば「お問い合わせは下記まで」と口語体風にしても良いですし、「お問い合わせ窓口:」でも「連絡先:」でも構いません。

・・・つまるところ、ご自由にどうぞとしか言えないと思いますよ。


結婚式招待の往復はがきに「ご出席・ご欠席」と書いて送るのは、相手に対する礼儀。
返信を送る場合には「ご」に取り消し線をして「喜んで させていただきます」などに書き換えるのもこれまた礼儀。
最初から「出席・欠席」では事務的な手続きに感じますが、「ご」をつける事で、(面倒ながら)互いに相手を思いやる心が表せるというものであり、別に国語のルールで決まっているわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらでもいいのですか。ネットでもポスターを調べたのですが、実際にどれもあります。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/10 04:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丁寧語の「ご質問」「お問い合わせ」の使い方

問い合わせ窓口に自分が質問したとき、よくオペレーターは質問者である私に
「お問い合わせの内容は」とか「ご質問は」とかいう感じで
「お」「ご」を付けますが、
質問者である方の自分がオペレーターに「お問い合わせ」「ご質問」と言うのは
おかしいでしょうか。
また、質問する相手が上司とか先輩といった目上の人の時でも
「お問い合わせ」「ご質問」と言うのはおかしいでしょうか。

Aベストアンサー

「美化語」と解釈することも可能ですが・・・。

「説明」などであれば、「ご説明します」でも良いですが、「質問」とか「問い合わせ」は、方向性がある語句です。

即ち、質問者側が「ご質問」「お問合せ」と表現すれば、質問や問い合わせする主体である「自分自身」に敬意を向けた表現と受け取られる可能性があるので、質問者側は、余り使わない方が良いと考えます。

Qお問合せ?お問い合わせ?

現在、ホームページの制作を依頼しています。
一通りサイトが仕上がりチエックの段階です。

ヘッダー画像の右下の連絡先を「お問合せ」
と記載しております。

サイドメニューのバナーも「お問合せ」
と記載しております。

サイドメニューのテキストリンクも「お問合せ」

しかし、メニューボタンは「お問い合わせ」
ホームページ上の文言も「お問い合わせ」です。

質問です。

●『お問合せならお問合せ」、『お問い合わせならお問い合わせ』と統一しないと変でしょうか?

●『お問合せ』?『お問い合せ』?どちらが一般的でしょうか?

素人の質問で恐縮ですがよろしくお願いいたします。





メニューボタン
ホームページ上の文章

Aベストアンサー

ひとつだけ。良い悪い、どっちがよい、という話ではないのですが。
受付 ・・・名詞。特に係などの役名を示す名詞ですね。
受付け・・・名詞。受付けをすること。係などではなく、業務を表してます。
受け付け・・動詞。受け付けるの一部ですね。

問い合わせは、問う、合わせる の2つの動詞がくっついた言葉。合せると書くのは現代仮名遣いでは誤用。
なので、「合せ」というときは、名詞として使うケースのみ。なので、「問合せ」を使った場合、お問い合わせは、もしくは、お問い合わせの時はなど動詞を想定させるときの表現での使い方は微妙で、問合せ先など、はっきりと名詞と思われる使い方が違和感を感じにくいかと。
問いも、いを省くのは、合成された名詞の時だけなので、表記統一には不向きです。

Q問い合わせ?それとも問合せ?

日常的に使う言葉ですが、表記は「問い合わせ」と「問合せ」どちらが正しいのでしょうか?なにか、使い分けがあるのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

一般的に、動詞の場合、活用語尾を送ることになっています。
「とう」は「問う」ですし、「あわせる」は「合わせる」です。
それらが重なった複合語の場合、それぞれの送り仮名を付けたまま、合体させるのが普通です。
ですから、「といあわせる」の場合、「問い合わせる」とするのが一般的です。

以上の説明は、「内閣告示第二号 送り仮名の付け方」によっています。
以下、該当する箇所を抜粋します。

通則6
本則 複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。
〔例〕
(1) 活用のある語
書き抜く 流れ込む 申し込む  打ち合わせる 向かい合わせる 長引く 若返る  裏切る 旅立つ
(以下略)

通則7
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
〔例〕
(1) 特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。
ア 地位・身分・役職等の名。
関取 頭取 取締役 事務取扱
イ 工芸品の名に用いられた「織」,「染」,「塗」等。
((博多))織 ((型絵))染 ((春慶))塗 ((鎌倉))彫 ((備前))焼
ウ その他。
書留 気付 切手 消印 小包 振替  切符 踏切
請負 売値 買値 仲買 歩合 両替 割引  組合 手当
倉敷料 作付面積
売上((高)) 貸付((金)) 借入((金)) 繰越((金)) 小売((商)) 積立((金)) 取扱((所)) 取扱((注意)) 取次((店)) 取引((所)) 乗換((駅)) 乗組((員)) 引受((人)) 引受((時刻)) 引換((券)) ((代金))引換 振出((人)) 待合((室)) 見積((書)) 申込((書))
(2) 一般に,慣用が固定していると認められるもの。
奥書 木立 子守 献立 座敷 試合 字引 場合 羽織 葉巻 番組 番付 日付 水引 物置 物語 役割 屋敷 夕立 割合
合図 合間 植木 置物 織物 貸家 敷石 敷地 敷物 立場 建物 並木 巻紙 受付 受取
浮世絵 絵巻物 仕立屋
(※「問い合わせ」は、通則7に含まれないと思われます)

と、以上の説明は、あくまで公文書やビジネス文書、改まった文書などに用いるべき用法であって、私的なものであれば、「問合せ」「問い合せ」などと表記しても、必ずしも間違いとは言えません。
事実、昔の文書や小説などには、「問合せ」などという表記はいくらでも見受けられます。
そして、そう書いたからといって、意味が通じないわけではありません。
日本語の表記の仕方は、幾通りもあって、それは使う人の感性による場合が多分にある、柔軟性(というのかな?)のあるものだと思います。

一般的に、動詞の場合、活用語尾を送ることになっています。
「とう」は「問う」ですし、「あわせる」は「合わせる」です。
それらが重なった複合語の場合、それぞれの送り仮名を付けたまま、合体させるのが普通です。
ですから、「といあわせる」の場合、「問い合わせる」とするのが一般的です。

以上の説明は、「内閣告示第二号 送り仮名の付け方」によっています。
以下、該当する箇所を抜粋します。

通則6
本則 複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の...続きを読む

Qお間い合わせの意味は何ですか?

お間い合わせありがとうございますは何の意味はなんですか??
間に合うの意味は分かりますが。。。間い合うはしらないので質問します
まいあうって言います?
意味も教えて下さい

Aベストアンサー

「お問い合わせありがとうございます」
のまちがいですね。

「問」と「間」はよく似ているので注意してくださいね。

意味はもちろん、おわかりだと思いますが、
「聞いてくださって、ありがとうございます」です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「遠慮なくお問い合わせください」の言い回し、表現

会社である報告を取引先にFAXするのですが、
最後に「ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。」
という意味のことを付け加えたいのですが、
何だか上記だと違和感があって(特に「遠慮なく」のところが)、よい言い回しが思いつかないのですが
うまい表現あったら教えてください。

Aベストアンサー

 「ご遠慮なく」でいいのではないでしょうか。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング