人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

【中国】新型戦略爆撃機「轟6K」が服役 ハワイへの急襲も可能

中国の新型戦略爆撃機「轟6K(H‐6K)-戦神」は中国が独自に研究開発した新型の爆撃機であり、「轟6(H‐6)」爆撃機シリーズの改良型である。

カナダ軍事専門誌「漢和ディフェンスレビュー」は、「射程距離約2000キロのCJ‐10A型巡航ミサイルを6発搭載している
轟6Kは既に戦略爆撃機としての特徴を備えており、これまで開発されてきた轟6シリーズに比べ、大きな飛躍を遂げている。
射程距離や搭載しているミサイルの数で言えば、世界最先端の爆撃機とはまだ大きな差があるものの、
轟6Kは既にアメリカのグアム島やミッドウエイ諸島、ハワイ諸島への空からの強襲作戦が可能なレベルに達している。
これにより、中国はアメリカ、ロシア、イギリスに次ぐ第4の、戦略爆撃機を有する国となり、重要な戦略的意義を持つ」との見方を示している。

ソース 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2013年8月10日 新型戦略爆撃機「轟6K」が服役 ハワイへの急襲も可能
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-0 …
画像
http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/ …

中国軍の飛行機って強いんですか?
中国製品が低品質でよく爆発してるんで、
兵器もダメダメで自爆してますか?
日本はこれからF35とかオスプレイ導入したら、
中国は日本の足元にも及ばない?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 「服役」、いいですねえ。


 いくらなんでも、原型初飛行が1952年の機体の改良型を「中国が独自に研究開発した新型の爆撃機であり」ってのは、あまりにも厚顔無恥っていうか、多分韓国でも言わない、そんなこと。
 それから「ハワイへの急襲も可能」って、戦闘行動半径が2000km程度なのに、10000kmも離れたハワイにどうやって・・・。燃料だけ積んでホノルル空港に着陸しても「急襲」とは言えんし、巡航速度がそこら辺の旅客機並みで、低高度高速進入もできない機体で「急襲」なんてできるわけもないでしょう。
 「燃料満タンでハワイまで飛んで行けますよ!多分」を中国では「急襲」って言うんだろうか。

 それに「中国はアメリカ、ロシア、イギリスに次ぐ第4の、戦略爆撃機を有する国」って、歴史としてはそうかもしれないけれど、戦略爆撃機として使っているのは今じゃ事実上アメリカだけだしなあ。ロシアはなんだかTu-160を復活させるみたいだけれど。

 つまり、この記事自体が「航空知識の基礎も素養もない」方が書いたものではないかと。

 ということで、
>中国軍の飛行機って強いんですか?
 →兵器は単体で強いとか弱いとかあんまり言わないです。要は使い方と数だもの。

>中国製品が低品質でよく爆発してるんで、兵器もダメダメで自爆してますか?
 →あんまり自爆はしていない(しても公開しない)みたい。ただ、兵器を汎用品と比較してもねえ。下手に国産にこだわらずに外国のいい製品を勝手にコピーしているので、そこそこの性能は出せるかも。

>日本はこれからF35とかオスプレイ導入したら、中国は日本の足元にも及ばない?
 →F35はともかくオスプレイはこの記事とは関係ないですが、前述したように要は使い方と数です。
    • good
    • 0

不用品です。

戦争になれば中国では内乱が起こり、隣国は越境するでしょう。必然的に兵糧攻めの状態になり戦争どころではなくなります。単なる内向けのパフォーマンスだと思います。
    • good
    • 0

いまどき戦略爆撃機って・・・・大陸弾道弾があるご時世でまったく無価値なものです。


そういえば昔、日本の官僚だったか記者だったか忘れましたが、兵員輸送機が配備されただけで日本は侵略国家となったといった人がいたそうです。
普通考えれば制空権もまったくないところで爆撃機や輸送機を飛ばし敵対行為におよべばかならず撃墜され、「おまえなにしにきたの?」って相手国にバカにされるだけです。
かつて太平洋戦争において真珠湾を攻撃した日本軍でさえ、空母6隻を要しかつ、完全無線封鎖を行い、敵船に見つからないよう通常の航路よりかなり北のルートをとおりました。
偵察衛星が空にある現在、ハワイまで相手に気づかれず爆撃を行うなど不可能に近いです。
強い弱い以前に使い物にならないただの兵器の見本市といったところでしょうかね。
    • good
    • 0

>中国軍の飛行機って強いんですか?



 記事を良く見てください、面白い事が書いてますよ…。

   >中国はアメリカ、ロシア、イギリスに次ぐ第4の(以下略)

 イギリスは、戦略爆撃機を持ってないんですよ実は…。
 (核弾道ミサイルあるから撃墜される戦略爆撃は必要無いとの判断)

 つまり、中国の新型爆撃機「轟6K」って、配備すると1機も持っていないイギリス以下の評価になるマイナス性能の機体って事に…。
 (まあ、ちゃんと有力な戦力に成るなら、日本以外の先進国は挙って採用するはずですので)

 まあ、流石にロシアで数十年前に開発した機体を今更、多少手を加えたといっても程度が知れているとの自覚は有るんでしょうね…。

 関係ないけど、記事のタイトル見た時に「服役」何てあるので、性能が低すぎて開発担当者が刑務所に服役させられたのかと思いました…。
    • good
    • 0

中国軍の戦闘機が強い訳がない。

あり得ない。不可能。
    • good
    • 0

いくら高性能でも、爆撃機による爆撃は、ある程度制空権、制海権を確保していなければ出来ません。


中国が爆撃機の飛び立つ基地から、アメリカまでの制空、制海権(つまり太平洋の制空、制海権)を得るのはほぼ不可能です。
アメリカのB29が日本本土を爆撃できたのは、サイパン、グアムから日本までの制空、制海権を完全に確保できたからです。それが出来るまでは、いかにB29が高性能爆撃機でも出来ませんでした。
そう言う意味で、空母ヴァリャーグも今回の轟6Kも張り子の虎です。
ハワイ、ミッドウエイへ強襲などと言っても、中国本土からハワイ、ミッドウエイまでは4000キロ近くあります。時速1000キロで飛行しても5時間はかかります。すぐに探知されて、強襲作戦など不可能です。あんなもの、何に使うつもりなんでしょうね。中国は時々こういう意味不明なことをやります。
    • good
    • 0

Tu-16 バジャーを70年代から使い続け、性能が陳腐化したから、エンジンとアビオニクス改良しただけだろ。


ただ単に航続距離と搭載兵器バリエーションが増えただけで基本はバジャー。

ロシアがエンジン供給してくれないから、アメリカのボーイング社か何かの古い機体の設計書が何かを手に入れて、3Dプリンターで加工した「プラモ」ですよ?
空母用のJ^15ですらエンジンは3Dプリンターで試作の1機しか生産できていませんから、心配するほどではありません。
    • good
    • 0

おかげさまでこちらの軍用機などの開発にも弾みがつくというものです。



グアム、ミッドウェー、ハワイ・・・ってなんだかこの時期に合わせてきたような島々ですね。いっそ急襲した後逆襲されて「敗戦国」になっていただきたいものです(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング